2010年09月06日

フリーター、採用事業所1割強=正社員は狭き門―厚労省09年調査

 厚生労働省は2日、「2009年若年者雇用実態調査」の結果を発表した。アルバイト・パートとして働いていたフリーターを、過去3年間に正社員に採用した事業所は、1割強にとどまった。フリーターは待遇が低く、ワーキングプア(働く貧困層)の温床ともみられており、正社員への登用は狭き門であることが浮き彫りになった。
 フリーターはアルバイト・パートのうち、年齢が15〜34歳の人。調査は09年10月、全国約1万6800事業所(労働者5人以上)を対象に行い、有効回答率は56.0%。
 フリーターを正社員として過去3年に採用したことがあるか尋ねたところ、「採用した」が11.6%だったのに対し、フリーターの応募は受け付けているが「採用に至らなかった」が25.3%、そもそも応募を受け付けていないのが11.1%に上った。最多は「正社員の採用予定がなかった」の47.6%。





新卒者雇用支援
木を見て森を見ず


そもそも
フリーターで苦しいからって
1割も就職できるってのは
素晴らしい国だね


うむ
フリーターそのものを
減らさないといけないのに・・・


公明とも似てるな
弱者ありきから考えが始まる
弱者そのものを減らす対策は
何も提案しない


雇用を三連発してたが協賛も最近は雇用をスローガンにしてるな
どっかから指示が出てるんじゃないのか


>フリーターそのものを
>減らさないといけないのに・・・
だから
そんな事だれでもいえるだろ
お前が雇用しろよ

おまえ何人ぐらい
雇用してるの?
菅君の
林業雇用100万人はまだかよ


林業雇用100万人はまだかよ

林業語りの林業知らず
そんな甘いもんじゃおまへん


パート・フリーターで成り立つ会社は
社会保険適用除外
健康保険負担・年金負担割り増し
社会貢献なしで暴利を貪っている訳で
そらそうよ


経団連・商工会と
まともに話出来ない総理が
雇用雇用雇用
お笑いです


外人輸入して
日本人の賃金雇用下げる事だけは
きっちり仕事したな厚生労働省
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ