2010年09月21日

24時間テレビに批判続々 「ギャラ払うな」「障害者利用するな」

24時間テレビに批判続々 「ギャラ払うな」「障害者利用するな」


日テレのチャリティー番組「24時間テレビ」に、ネット上での批判が止まない。タレントにギャラを払うとしたらおかしい、といった指摘の数々だ。毎回のように噴出するが、それでも稼ぐ視聴率が番組を支えているようだ。

「日本テレビは、数億円のCM収入料とタレントのギャラを、全額募金するべき」
「チャリティーの割にギャラ入るとか矛盾してるよな」
「出演タレントが募金用の小銭を手渡されて・・・」
これらは、2010年8月29日付ヤフー・ニュースのコメント欄上位にあった書き込みだ。
ニュースの見出しに「<はるな愛>母と抱き合い涙のゴール
『24時間テレビ』チャリティーマラソン」とあったが、
ネットユーザーは冷めて見ているわけだ。

日テレが同日までの24時間で集めたと明かした募金額は、
3億円弱。最終的には、それより多くなる見込みだが、
ギャラなどを含めて番組制作に多額の出費があるとみられており、
それに厳しい目が向けられている。

さらに、ツイッター上では、番組ボランティアをしたという男性の家族が、
こんな告発をして注目を集めている。
ある出演タレントがテレビスタッフに募金用の小銭を手渡されて、
それを募金箱に投げ入れたというのだ。

タレントに高額のギャラが払われたり、
自らは募金もしていなかったりというのは本当なのか。



日本テレビの総合広報部に取材したところ、
担当者が忙しいということだった。そこで、少し古いが、
視聴者からBPOに寄せられた疑問に対し、
日テレが2000年11月に回答したものがある。

それによると、タレントには基本的にボランティアで依頼しており、
長時間出演の場合などに謝礼を支払っているという。
それも通常のギャラより少なく、タレントによっては辞退することもあるとしている。
また、ほとんどのタレントが自前で募金を持ってくるという。

批判多数でも止めない背景に高視聴率
さらに、ネット上で目立つのが、障害者を見世物にするなという批判だ。

前出のヤフー・ニュースのコメント欄上位には、
こうした書き込みがいくつか見られた。障害者というユーザーは、
食い物にされていい迷惑だとして、
「いい加減上から目線の番組作りはやめてください」と訴えている。

同じ障害者でスポーツライターの乙武洋匡さん(34)は、
ツイッター上で2010年8月27日、
「24時間テレビ、僕も好きな類の番組ではありません」と明かした。
AKB48のメンバーが24時間テレビでダウン症の人たちとダンスをすることについて、
あるユーザーが障害者を利用して視聴率を稼ぐのは
許せないとつぶやいたのに共感したコメントだ。

このほか、ニューハーフタレントのはるな愛さん(38)が
チャリティーマラソンを完走したことについても、
疑問が出ている。ヤフーのコメント欄上位には、
「放送終了目前のゴールこそ、毎年胡散臭いと感じる」
「本当に85キロ走ったのか?」といった書き込みが並んでいる。

こうした批判が毎年繰り返されながらも番組を止めないのは、
その高視聴率にあるらしい。今回は、平均視聴率が15.8%で、
はるな愛さんがゴールした直後に瞬間最高視聴率35.7%を記録した。
ネット上では、番組の存続に理解を示す声も一部であり、
2ちゃんねるでは、「やらない善よりやる偽善」
「TVでやってるのは全部娯楽」などと書き込まれている。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ