2010年10月31日

鳩山前首相DQ編

鳩山は 高速道路無料化 を 唱えた!
財源 が足りない!
鳩山は 公立無料化 を 唱えた!
財源 が足りない!
鳩山は 子供手当て を 唱えた!
財源 が足りない!
鳩山は 環境税とCO2削減25% を 唱えた!
工場 が 中国に逃げ始めた。
鳩山は 国債発行30兆円発行! を つかった!
国民の借金が30兆円増えた!
鳩山は 消費税15% を 唱えた
GDP が ‐2%のダメージ
鳩山は 米国債 を 売却!
アメリカ が こっちを 睨んでいる!
G20 は 自己資本比率規制の強化 を 唱えた
メガバンクは 193のダメージ
超円高 の 猛反撃!
輸出産業 は 死んでしまった!
投機資金 が 逃げ出した!
工場   が 中国とインドに逃げ出した
民主党は  政権交代は景気回復 を 唱えた!
株価が暴落した。
民主党は  円高は内需拡大につながる を 唱えた!
失業率が10%にアップ

中国が仲間になりたそうにこちらを見ている。

仲間に入れますか?

ア はい
  YES
鳩山は 馬車をのっとられた!!!
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

民主党政権になれば・・・

民主党政権になれば
生活が楽になり
国内景気がよくなります

ガソリンを25円安くします
高速道路を無料にします
収入をアップします
安心できる「年金」「医療」「介護」にします
子供手当て26,000円を創設します
農業・酪農・林業・漁業の所得保障をします
補助金15兆円以上を地方に移譲します

生活が第一と思う人は
一度やらせてみてください

週刊朝日9月18日号
「民主党政権で日本の未来はバラ色!これで日本が変わる!!」
国民の暮らしがこんなに変る 民主党政権1年後のニッポン大予測
http://publications.asahi.com/syukan/nakazuri/image/20090918.jpg
▼政権交代の経済効果は2兆円超で日経平均株価1万3千円突破!
▼大企業の下請け「いじめ」が激減し、所得は底上げ
▼公共事業のムダ撲滅で仕事のないゼネコンは海外へ脱出
▼選挙権年齢の引き下げとインターネット選挙でゲーマー議員が誕生
▼「国民総背番号制」で年金未払いや脱税は激減
▼不妊治療に保険適用、子ども手当で「平成団塊ベビー」が日本を救う!?ほか

政権交代より一年。
日本は民主党に救われたね。


政権交代より一年。
日本は民主党に救われたね。

自慰民党政権が続いていれば、もっと情けない国になっていたのは明らかだからね。
本当に良かった。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

苦境に陥る居酒屋産業

 苦境に陥る居酒屋産業

大庄          ;40店舗の閉鎖(現有669店舗)>
 創業以来の赤字転落
ダイヤモンドダイニング ;全店100店舗の5%を閉鎖>
 創業来初めて店舗閉鎖  

今の日本は居酒屋ではなく、
スタンディングバー(立ち飲み)形式の安い店や
全品280円居酒屋がはやってきており、
旧来の居酒屋ははやらなくなってきているのです。

今の日本人には、居酒屋=安い、というイメージではなく、
居酒屋=高いとなっているのです。

どこまでも進むデフレが日本の旧来の外食産業を
破壊していくかも知れません。

流行るのが立ち飲み屋かたこ焼きバーでは
日本のサービス産業の雇用は増えようがありません。
posted by РМН at 00:00| Comment(1) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

日本人の生活は実質破綻の一線を越えたのだろうと思うやあ

日本の製造業の70%が中小企業
未だ週休平日一時休暇数日で正社員も満額給与不可能
そこから社会保険料だけは律儀に天引き
最早生活保護以下に陥る有様
こんな労働犠牲者で成り立つ社会保障の国などない


生きる希望が消えてしまった国
自殺に追いやられる悪夢に苦しむ国民
日本


基準が
贅沢前提だからね
人は最低限の衣食住があれば
生きていける
生きる権利を自ら放棄する人に
手を差し伸べる必要は
ないかと


デリケートな善人が
ノイローゼで氏に逝く国
日本


貧しい国から
住込みで働いて
給与のほとんどを
母国に送る外国人労働者からみれば
働かずにテレビ冷蔵庫エアコンに
携帯電話や寿司まで付いて
文句とは
もうアフォかと


日本人の生活は実質
破綻の一線を越えたのだろうと
思うやあ


税収もままならん国の公務員が
セレブ三昧
国民の大半が自殺の危機
人間の所業じゃおまへんがな
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

2000年頃からの経済の長期的な変化は

次のような、2000年頃からの経済の長期的な変化は、
はたして、景気がよくなれば、解決するのだろうか?
『車の販売台数の減少。』
『家電製品の販売台数の減少。』
『住宅の購入額の減少。』
『外食産業の売上額の減少。』
『百貨店の小売販売額の減少。』
『スーパーの小売販売額の減少。』
『書籍・雑誌の販売部数の減少。』
『国内貨物総輸送量の減少。』
『国内の旅客の輸送量の減少。』
『国内の酒類販売量の減少。』
『日本人の水道使用量の減少。』
 ここで著者が問題にしているのは、
それぞれの『対前年同期比』(比率)ではなく、
長期的なトレンドの『絶対数』の減少のことである。
 はたして、このような2000年頃からの長期的な減少傾向は、
景気がよくなれば、解決するのだろうか?


日本は今後10年以上デフレから脱却できない
過去20年間がそうであったように
この事に気付いた企業経営者は
国内の事業・資産の売却に動き始めている
日本経済に見切りをつけ
新興国の成長に賭けることが
株主価値の拡大化に最も適切な方法であることに
気付いたということであり彼らの今後の行動は
日本のデフレの更なる進行・消費の低迷・雇用悪化
景気後退期の長期化に決定的な方向性を与えるであろう
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ