2011年08月02日

「安愚楽牧場」が経営悪化原発事故の牛肉価格下落で

 東京商工リサーチ宇都宮支店は1日、黒毛和牛生産を全国展開する畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県那須町)が資金繰りの悪化で、牛の餌など資材の購入代金が支払えない状況に陥ったと明らかにした。東京電力福島第1原発事故の影響で、牛肉の価格が急落したことなどが原因としている。

 同支店によると、負債総額は3月末時点で約619億円で、安愚楽牧場は担当弁護士に資産や負債の調査を依頼。9月初旬に調査を終え、今後の方針を決める見込み。

 安愚楽牧場は1979年に那須町で牧場経営を開始。繁殖牛のオーナーを募集、生まれた子牛を買い取る「和牛オーナー制度」で独自ビジネスを確立した。


安愚楽牧場 ~ 重大犯罪だ! 口蹄疫発生1ヶ月も隠ぺい (旬刊宮崎新聞社 ...
2010年5月21日 ... 和牛種の委託オーナー制度で知られる(株)安愚楽牧場(本社・栃木県、三ヶ尻久美子社長
)は4月はじめ、児湯牧場(川南町)で、口蹄疫の疑いのある牛を発見したにもかかわら
ず、約1ヶ月間も事実を隠ぺいしていた。この間、数頭を県外に出荷 ...


タマちゃんの暇つぶし 口蹄疫発生〜安愚楽牧場:創価学会・・・・
2010年5月11日 ... 今回の口蹄疫発症源とされる安愚楽第七牧場前5月7日。安愚楽第七牧場のカンバンは
撤去。牧場内は立ち入り禁止。 ... 3月 川南町の安愚楽第七牧場で口蹄疫発症、これが
報道されない真の一例目。安愚楽牧場は隠蔽し、感染した水牛を預託 ...


口蹄疫の不適切対応
2010年に起こった口蹄疫の問題に関して宮崎県の検証委員会は家畜伝染病予防法に違反している不適切な対応があったとして指導を行う方針を固めた。具体的には

複数の牛に発熱やよだれなどの症状を確認したが通報しなかった
獣医師がすべきところを一般従業員による家畜への投薬が日常的に行われていた
が挙げられる。これに対して安愚楽牧場は「真摯(しんし)に受け止め、改善策をさらに進めたい」とコメントした。[2][3]
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ