2011年08月14日

被災松、一転受け入れ 京都市、新たに500本取り寄せ

報道によると中止決定の前は「中止せよ」との「市民」の声が多かったようだが、中止決定が報道がされるや、中止に反対する声が多かったと聞いて、京都市にも良識ある市民が多数いることを確認し一応納得したのだが。

それにしても「市民」の声に動揺して中止に踏み切った市当局の罪は大きい。 恥を知れと言っておく。

京都新聞によると、計画を中止したことに対し、「被災地の思いが無駄にする」「京都に裏切られた」などと批判する意見が、8日までの3日間で京都市に約310件寄せられた。

市への意見はメール約180件、電話約130件などで、所管する文化財保護課は一時電話がつながりにくくなった。

京都市民を中心に他府県からも多く、「放射性物質が検出されてないのに中止は疑問だ」「京都のイメージダウンにつながる」などと中止の撤回を求めていた。

京都新聞社には福島県内の男性から「仕事で京都の物産を勧めていたが、もうやめます」との電話もあったという。

 市役所内では8日、取材に対し門川大作市長が「今回の決定は残念で寂しい。市として別の形で実現できるよう協力したい」とコメント。陸前高田市長らにマツの一部を残すよう要望したが、現地から「予定通り燃やす」と返事があった。市議会経済総務委員会でも、市議から「風評被害を広げ、京都の信用失墜にもつながる。観光にもマイナス」との指摘が出た。

 一方、陸前高田市では、大文字保存会の松原公太郎理事長が、マツに犠牲者の氏名や復興の祈りを書く作業に協力した地元住民に中止を報告、謝罪した。「迎え火をすることで理解していただいた。地元の人が火をともすのを見守りたい」として、8日はマツを組み上げる作業を手伝った。


イラネー
持ってくんなよ
セシウム松なんか


陸前高田の薪なんか、絶対にいらん
京都叩いてる奴は
頭おかしい


マツに犠牲者の氏名や復興の祈りを書く作業

これを燃やすわけ?
なんか怖い


╋━━  ┗━━ ╋━━  ┃┃ ┏╋╋┓╋━━  ┃┃
╋━━  ━━━┓┃━━┓    ┃┃┃┃┃━━┓
┃   ┃   ┃┃        ┃┃┃┃┃          ━━━
┗━━┛  ━━┛┃┗━━    ┗┻┛┛┃┗━━


京都は
歴史遺産で儲ける
商売の街すよね
大坂の上品版


東電への批判を
京都に擦り付ける
陰謀だな


五山の送り火事件

法事やってたら通りすがりの人が来て、
丁度いいわうちもお坊さんにお経上げてもらいましょ法事来年だけど
ってやられるみたいなこと

わざわざ東北から薪なんか持ってくんな


汚染節だよ〜
人生わぁ〜


がれきから放射性物質 岩手・陸前高田市
2011.8.10 13:30

 岩手県は10日、東日本大震災で生じた陸前高田市のがれきから、1キログラム当たり1480ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は埋め立てが可能とされる国の暫定基準値(1キログラム当たり8千ベクレル)を下回っており、通常通り焼却処理するとしている。

 県は6月29日から7月13日、沿岸被災地のがれきを処理する際、陸前高田市、宮古市、野田村で、がれきに含まれる紙や繊維などを調べた。

 最も高い1480ベクレルが検出されたのは7月12日に採取した陸前高田市の仮置き場に置いてある繊維。同じ場所のプラスチックから510ベクレル、わらからも177ベクレルが検出された。宮古市の木くずからは135ベクレル、野田村ではちりから33ベクレルが検出された。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ