2011年11月26日

怖すぎ

お・・・おい・・・みんな・・・。
これやばくねぇかぁぁぁぁぁああああああ!!!

福島県双葉郡川内村村議会議員・西山千嘉子のブログ
>http://megalodon.jp/2011-1107-1305-15/blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7006995.html
>今日、ある内部関係者の方とお話した。『原発作業員が百数名、亡くなっていて、
遺体は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として管理されている話。
>福島第一原発で作業員百数名が行方不明は嘘。
>瀬戸教授の精一杯の内部告発。たけど現実は、もっと酷かった。
 
>作業員死亡者数 約4300人
>一遺族への口止め料 3億円
>口外したら全額没収
 
>3億以上、払う約束をされた人もいるらしい。これまでに福一原発で作業した作業員人数、のべ10万人。
>その4パーセントが現時点で死亡。そのほとんどが現場で死亡するのではなく、作業が終わった人が
家で亡くなる場合がほとんど。
>死因は心筋梗塞、とか。遺族も口止め料を貰っているので、葬式も出せない。
>これだけネットやメディアにも告発が出てこないのは口止め料を没収されるのが怖いのだと思う。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

韓国政府から勲章を受けた日本在住者(在日含む)

25 :名無しさん@12周年:2011/11/22(火) 14:10:20.56 ID:sHTFR7nN0
韓国政府から勲章を受けた日本在住者(在日含む)

1等級 : 森喜朗 成田豊 扇千景 二階俊博 清水信次 前田勝之助 
     瀬戸雄三 岡野俊一郎 韓昌祐 張本勲 青木定雄 

2等級 : 枡富安左衛門 高木健一 金両基 趙治勲

3等級 : 望月カズ 中川和雄 福村三男 原f 岸昌 藤本幸夫

4等級 : 藤塚明直 伊藤亜人 佐藤忠男

5等級 : 細田早苗 布施辰治 小島鐐次郎 池田大作



1等級 : 森喜朗 成田豊 扇千景 二階俊博 清水信次 前田勝之助 
     瀬戸雄三 岡野俊一郎 韓昌祐 張本勲 青木定雄

こいつら
全員死刑



スクール水着は出番がない\(^o^)/
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多額の借金を抱え大学を卒業しても職は無し。アメリカの若者が怒る理由

ニューヨーク・ウォール街のズコッティ公園で続けられている「格差是正デモ」。10月末には大雪が降ったものの、毎晩テントで寝泊まりする参加者は今でも100〜200人程度いる。その多くが学生、もしくは大学を卒業したばかりの若者というこのデモの参加者に、それぞれの参加動機を聞いた。

3年前に中西部の小さな町から大学進学のためニューヨークにやって来たトム(22歳)は、この若さで多額の“借金”を背負っている。原因は高騰する学費だ。

トムの場合、私立大学経済学部の授業料は年間4万ドル(約300万円)。これとは別に、生活費が2万ドルかかる。アルバイトで必死に働いたが、学生ローンが払いきれずに中退した。結果、残った“借金”の月々の返済額は600ドル(25年払い)。ニューヨークの家賃は東京よりはるかに高く、アパートを3人でシェアしているにもかかわらず800ドルかかっている。一方、パートタイムで働く洋服店の時給は10ドルで、月にすると1700ドルにしかならない。

「実家に帰ることも考えているけど、田舎は産業がないからね」とトム。卒業しても職がなければ、学生はただ借金を背負うためだけに大学に通うことになる。デモに参加した大学生のジェシー(21歳)も、「学費が高いから、みんな卒業する頃にはとんでもない額の借金を抱えているの。その上、仕事がないんだから、モチベーションなんて持てっこないわ」と同意する。かといって、大学に通わなければ高収入の職業に就ける可能性は低い。

実家通いだったたパトリシア(25歳)は、学費の一部を負担しただけにもかかわらず1万3200ドル(約99万円)もの借金が残った。しかも、卒業後に就職した仕事がうまくいかず、1年余りで無職に。もし返済が滞ると、270日で債務不履行と認定されて利子が大幅に増える上、記録に残るために、一定期間は借金はもちろん、家を借りることも困難になってしまう。借金のことを恋人に伝えられず、結婚を引き伸ばしにしていることも彼女の悩みだという。

彼女のように正規の仕事に6ヵ月以上ついていない人の割合は、2008年のリーマン・ショック前の10%から、現在は45%に膨れ上がっている。それにも関わらず、アメリカの学生またはその親が、大学卒業後に抱える借金の平均は3万4400ドル(約258万円。2010年)にも達しているのだ。

「ビジネススクールに通うような学生も就職状況が相当悪くなっているようです。昔だったら優秀な学生は金融業界が採っていたのが、それが難しくなった。リーマン・ショックの前と後の落差が大きすぎて、若い人がどうしたらいいのかわからなくなっている印象があります。アメリカは経済のソフト化が進み、アップルの業績はよくても、製品を作っているのは中国だから、スムーズに雇用につながらない。GDPが増えても雇用が増えない経済になっているんです」(信州大学の真壁昭夫教授)

アルバイトに励みながら頑張って卒業しても、大した職がない現代のアメリカ。しかも、学費は借金という形で残ってしまう。アメリカの若者たちが怒る背景には、そんな事情がある。



 ハーバード大      年間 37,012ドル  四年間 148,048ドル
 エール大        年間 36,500ドル  四年間 146,000ドル
 プリンストン大     年間 35,340ドル  四年間 141,360ドル
 スタンフォード大    年間 37,881ドル  四年間 151,524ドル
 マサチューセッツ工科大 年間 37,782ドル  四年間 151,128ドル
 カリフォルニア工科大  年間 34,584ドル  四年間 138,336ドル
 コロンビア大      年間 41,316ドル  四年間 165,264ドル
 ペンシルバニア大    年間 38,970ドル  四年間 155,880ドル
 ブラウン大       年間 38,848ドル  四年間 155,392ドル
 ダートマス大      年間 38,679ドル  四年間 154,716ドル
 コーネル大       年間 37,954ドル  四年間 151,816ドル
 シカゴ大        年間 39,381ドル  四年間 157,524ドル
 ノースウェスタン大   年間 38,461ドル  四年間 153,844ドル
 デューク大       年間 38,975ドル  四年間 155,900ドル
 ジョンズ・ホプキンス大 年間 39,150ドル  四年間 156,600ドル
 ワシントン大      年間 38,864ドル  四年間 155,456ドル
 ジョージタウン大    年間 39,212ドル  四年間 156,848ドル

posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

民主党政権になってマスコミが使わなくなった言葉

朝鮮人民主党政権になってマスコミが使わなくなった言葉

・埋蔵金          ・消えた年金
・後期医療         ・党利党略
・セーフティーネット ・説明責任
・任命責任         ・総理のリーダーシップ
・監督官庁          ・二大政党制
・バラマキ          ・マニフェスト
・庶民感覚          ・格差社会
・漢字の読めない     ・ブレ
・閣内不一致        ・人気取り
・選挙目当て        ・強行採決 
・総理としての自覚    ・国民が大変なこの時期に
・料亭            ・国民目線
・コップの中の嵐      ・国民そっちのけ
・引き際           ・政治空白
・直近の民意        ・民意を問う
・国民の審判        ・解散総選挙 
・お友達人事        ・軍靴の音が聞こえる
・政冷経熱         ・単なる儀礼的会談
・実感なき景気回復    ・派閥
・派遣村           ・新卒
・民主党公認候補     ・民主党推薦候補
・大企業優遇、庶民いじめの大増税  ・閣僚の更迭
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

TPPに反対している人間は

あおなみりょうさんのなうより転載

役人の「試算」に騙されてはいけない、経済は机上では動かない。現場でしか動かない何でめんどくさい生き物なんだろう。財界の言うような展開になる可能性もないかも知れないが、TPPは参加するべき。ああ、交渉のテーブルに付かないと国際社会から孤立するだけ。


TPPに反対している人間は反乱分子として逮捕監禁すればいいのに。kぉう言う非国民な人間から1000%の税金を取ればいい。



皆さん、あおなみりょうさんの意見も参考にして下さい。
TPPに反対する人は「非国民」だそうです。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | あおなみりょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ