2011年11月18日

【賭博】「カジノ議連はパチンコ業界から献金もらってる議員ばかり」「被災地にカジノなんていらない」と共産党議員が批判

【賭博】「カジノ議連はパチンコ業界から献金もらってる議員ばかり」「被災地にカジノなんていらない」と共産党議員が批判
1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2011/11/15(火) 13:19:51.56 ID:???0

日本共産党の大門実紀史議員は14日の参院消費者問題特別委員会で、民主、自民、公明、国民、
みんななど各党の議員が参加する「カジノ議員連盟」(古賀一成会長)が、震災復興と称し
カジノ解禁を狙うことは許されないと批判しました。

 「復興の起爆剤」「収益の一部を復興財源にあてる」として仙台空港周辺などに
つくるカジノ構想です。賭博行為禁止の理由について法務省の甲斐行夫官房審議官は、
「社会の風俗を害する行為として処罰するとされている」と答えました。

大門氏は、同議連の中心はパチンコ業界から献金やパーティー券を
購入してもらっている議員であり、解禁されればパチンコ業界が受け皿になるからだと指摘。
さらに、アメリカや韓国などを見ても、その国の人間をギャンブル依存症にし、
犯罪を誘発し、暴力団が巣食っていることをあげ、「震災復興のどさくさに風穴を
開けたいということだ。恥ずかしい、おぞましい動きだ」と、同カジノ構想を批判しました。

また大門氏は、パチンコ業界の政治アドバイザーとして鹿野道彦農水相、古川元久国家戦略担当相など
現職大臣が名を連ねていることを厳しく批判。山岡賢次消費者担当相は、
「治安や青少年の影響、組織暴力対策など負の側面の対策を十分考慮して、
多面的な検討をしなくてはいけない」と述べました。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-15/2011111504_02_1.html
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ