2012年02月07日

これから日本企業は社員を解雇、海外移転

全員希望退職?

自動車部品大手の八千代工業は、全従業員である2300人全員へ希望退職を募集しており、制限を設けない異例のリストラになっています。

仮に全従業員が応募しても受け付けるという形になっていますが、その裏にはHPを見ますと以下の記載があります。

『メキシコに新工場を建設』

この八千代工業は売上こそ2700億円ありますが、純益は赤字になっており、ここで企業存亡をかけて日本脱出を狙っているのかも知れません。

このままいけばじり貧であり、体力も消耗し、会社が消滅するかも知れないと経営陣が判断し、給与水準の高い日本人を削減し、メキシコに工場を作り、メキシコ人を採用してコストを削減し、社運をかけようとしているのかも知れません。

このような会社が続出してくれば、日本の本当の雇用情勢(失業率)はヨーロッパ並みの10%を超えるかも知れず、スキルを持たない若者の失業率はスペイン並みの50%近辺にも達するかも知れません。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ