2012年04月12日

ヤブロコフ「チェルノブイリ」の先天性奇形の節を読んでみよう

ヤブロコフ「チェルノブイリ」の先天性奇形の節を読んでみよう。まず、公的に戸籍記録された
先天性奇形の何倍もの異常があることを踏まえて以下のデータを見る必要がある−政府は
公式記録として異常の件数を少なくカウントする傾向がある。一般に低汚染エリアほど、奇形は
遅く出現してくる−時間差を伴って奇形が発生する。

ただし、肺がんのように20年も経ってから出現するようなものではなく、高汚染エリアなら事故の
翌年から発生し、低汚染エリアなら4〜5年後から発生してくる。

福島は高汚染エリアなので来年にはもうすでに奇形児がどんどん生まれてくるだろうし、
東京なら4−5年後からそういう傾向が出てくる。

首都圏や全国のゴミ処理工場で、汚染されたものを燃やす清掃作業員は、日本の
リクビダートルになってしまっており、非常に危険だ。リクビダートルの子供たちの
先天性奇形は他と比べて有意に多い(5.12.2 Ukraine(12),5.12.3 Russia(7))。


ヨーロッパ諸国で広範に先天性奇形(とりわけ中枢神経の異常)が発生していることから、
旧ソ連が80万人ともいわれる膨大な数の男女のリクビダートルを投入して速やかに事故を
収束させなかったら、ヨーロッパに人は住めなくなっていただろう。

チェルノブイリの原発事故はヨーロッパ文明を滅ぼす寸前であった。それに比べて、福島では
現在でも間歇的に核分裂が起きていて、ヨウ素131は周辺の米で検出されるし、まったく
事故収束の見込みは立っていない。東日本では、生命の設計図であるDNAが被曝で
日々損傷していっており、これからどれだけの奇形と堕胎が増えるのか、考えるだに恐ろしい。

ベラルーシでは、チェルノブイリの原発事故後、1987-1988年にピークを迎える奇形と
4-14年の間にピークを迎える奇形(無脳症・脊髄ヘルニア)とがある(表5.70)。

また、1Ci/km2以下の低汚染エリアと5Ci/km2の高汚染エリアで、発症率に差異が
見られる奇形とほとんど差異がない奇形とがある。

唇の欠陥や縮小と多指(趾)症および複数の先天性奇形は、高汚染エリアでは、
1987-1988年にピークを迎えるが、低汚染エリアでは 1990-2004年でピークを迎える。

食道および肛門の閉鎖症は、低汚染エリアでは1987-1988年にピークを迎えるが、
高汚染エリアにおける発生率は1987年以降一定である。図5.14を見ると、事故直後の
1987-1988年に0-3歳までの脳腫瘍が急激に増加し(2人から18人へ)、また、
1991-1994年に第二のピーク(18人)が来る。

1999年が第3のピークである(14人)。さらに、ノルウェーでは、低線量ほどダウン症が
増えるという恐ろしい報告がなされている。


幾千もの大小の先天性の奇形が存在する。一つは、説得力のある遺伝的背景を
もったもので、もう一つは胎児期の発達中に被曝したダメージに起因する発達上の異常である。

それらの内訳は、いわゆる平均以上の“大きな”先天性奇形であり、異常として公式に
戸籍登録されたものの大半はこういった大きな先天性奇形だけだった。

そのほかの発達異常は、出生前の発達時期における被曝ダメージの結果として生起し、
また突然変異によって引き起こされるような遺伝的なものでありえたし、毒物の外的影響に
よって引き起こされるような催奇性のものでありえた−それらは妊娠の16週目までに通常起きる。

チェルノブイリの放射能汚染があるところではどこでも、遺伝的そして先天的奇形をもった
子供の数が増えた。これらは、以前にはめったに見られなかった構造上の複数の損傷
(四肢・頭・胴体)を含んでいた。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

運転士って皆人殺しなんだな

黄車掌 確かに。運転士から言わせてもらえば、ケータイいじってて轢かれたと聞いてもかわいそうとは思えないし、そんな人たちにいちいち気を使っていると精神的にもたない。だから上司から事故にあったとき、「自分は悪くないと思え」と、教えられました。申し訳ないけど運転士は決まったレールの上を走っているだけなのだから。

赤車掌 そうだよね、轢かれた人のことを気にする奴はダメになってしまう場合が現に多いしね。 たのむから他の乗客の為にももっと注意してほしいですね。

黄車掌 そういえば私も一度、線路に落ちてホームに戻ろうとしている人をスレスレで轢き殺しそうになったことがあるよ。あとで聞いたんだけど、やはり不注意で落ちてしまったとのこと。もうね、不注意で電車に轢かれそうになるってバカじゃないの?信じられないよって思います。もし間に合わなかったらと思うと本当にいやな気分になりますね。

黄車掌 このエリアだけでも鉄道会社全社をあわせれば、人身事故を聞かない日がないですね。

赤車掌 昔は2〜3日に一回程度でしたけど、今はほぼ毎日。去年は2カ月で5人も亡くなった自殺の新名所と呼ばれている駅までありましたね。駅や車内放送で『人身事故の為遅れています』ってのあるでしょ、あれはほぼ間違いなく人が電車に飛び込むなりぶつかるなりの事故なので、概ね死んでますね。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

「肩から指が生える手足の奇形や中枢神経の異常、知能障害の可能性」

「肩から指が生える手足の奇形や中枢神経の異常、知能障害の可能性」ドイツZDFテレビ


福島での被曝労働について、ドイツの報道番組では、強烈な批判が行われていることを私たちは知っておくべきです。海外で行われているこのような批判が、福島原発事故への不信感、ひいては日本への不信感に繋がっているわけです。

日本国内で大丈夫大丈夫と言えばいうほど、海外での「日本は危ないね」という評価に繋がっていきます。つまり「大丈夫だよね」といえる人は、国内の事情しか見れていないということになります。この視野の狭さが、私は国を滅ぼすと思っています。

福島原発事故の問題は、どんどん領域を広げています。被曝労働者問題、食料汚染問題、除染問題、一般人の被曝限度量引上げの動き、などなど、どれに対しても、「大丈夫」という人がいます。しかし、それは海外から見れば「大丈夫じゃないだろ」というものなのです。このことが、現在のグローバルな時代には、深刻な問題です。

「大丈夫」と誰よりの言いたい人たちは、原発を守りたい人たちだということを認識しなければいけません。


福島原発、原爆168個のセシウム。奇形の植物や動物の情報が続々

いよいよ始まっている植物・動物の奇形
-------------------------

放射能が生物の遺伝子を傷つける作用があるのはよく知られている。遺伝子が傷つくというのはどういうことなのかというと、奇形や重篤な障害を持った生物が生まれてくるということである。

しかし、奇形や障害というのは、放射能だけが原因ではないので、その因果関係を調べるのが非常に難しい。

私たちにできるのは、あまり見受けない異様な奇形や障害を、記録していくくらいでしかない。

最後には、統計が答えを出してくれる。

ある時点(2011年3月11日以降)から奇形・障害が増えていることが確認できるようになると、これらの奇形・障害が「放射能によるものだったのか」と分かる。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

福島で奇形動植物の目撃情報が増加

●いわきの菜の花をはじめ次々と情報が…
 放射能汚染はどうなるのか。原発事故から100日以上経ったが、事態は一向に改善しない。
 そんな中、5月頃から続々と目撃情報が出てきたのが、“奇形”として話題になっている耳のないウサギをはじめとした動植物の存在だ。
 
 有名なのはいわき市の公園の土手で見つかった奇形菜の花。採取した市民活動団体「たんぽぽ舎」の今井丈夫氏は 「土手は菜の花畑のようになっている草むらなんですが、奇形の菜の花が探すまでもなく、そこら中に目に付くように生えています。異様な光景です」と言う。

 基準値を超える放射性物質が出た「足柄茶」の産地・神奈川県では、高さ2メートル、茎の直径約10センチの巨大化したノゲシ(キク科)や寺の境内に 一部膨れ上がった葉っぱを見たなど日刊ゲンダイ本紙にも続々情報が寄せられている。
 不気味な事態だが、放射性物質との因果関係はあるのか? 東北大学大学院准教授の日出間純氏(環境遺伝生態学)はこう解説する。

「今の放射線量ではすぐに奇形が出る可能性は少ない。育っている植物が放射能を浴びた場合、
枯れることはありますが、育ちながら浴びて奇形化することは生理学的には低いです。特に植物は放射線に対して動物や人間よりも強い。
ただ、一定線量を長期間浴び続けたら、奇形が起きる可能性はあります。それが1年後なのか、50年後、100年後なのかわからないのが難しいところです」
 奇形動植物と放射性物質との因果関係はいまだ不明だが、原発事故以来突如現れた“奇形”の
目撃情報は確実に増えている。国民に不安を与えないためにも、政府は調査を急ぐべきである。

http://gendai.net/articles/view/syakai/131166


奇形に
害はないよ
遺伝子が破壊
されてる
だけだから
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

不良韓国人が新大久保で荒稼ぎ

不良韓国人が新大久保で荒稼ぎ 

 韓流ブームが冷めやらぬ一方で、キナ臭い話も出始めているのだ。昨年12月、CDやポスターなどを販売する韓流ショップが法人税4000万円を脱税。また今年2月中旬、韓流アイドルグループを興行資格のない短期滞在ビザで入国させ、3か月間に60回以上ライブを行ったライブハウス経営者と、そのグループが書類送検された。
 
 “韓国人ワル”の根城とされる東京・新大久保で10年ほど前から食堂を経営する在日韓国人のA氏は、「彼らが街を牛耳ったことで、負の連鎖が始まった」と嘆く。
 
「彼らに共通しているのは、私腹を肥やすためなら手段を選ばない点。ビルオーナーの代理業務を行う不動産業者に裏金を渡すことで結託し、『この大きさの店舗なら権利金は○○○万円!』という具合に、街全体の家賃をつり上げた。結果、店舗の家賃は10年前の5倍以上になってしまいました」
 
 また、現在の新大久保にある韓国料理店は“安かろう悪かろう”ならぬ、“高くても悪かろう”。家賃高騰の穴埋めとして安い食材を用いているというのだ。「テキトーに作っても日本人にはわからない」といった具合に、質の低い料理を提供するようになったとか。
 
「被曝食材を使っている店もあるという噂です」(A氏)

 こうした状況は自らの首を絞めることになりかねないと、韓国大使館も眉をひそめているという。新大久保で飲食店を営む、あるニューカマーもこう話す。

「大久保通りにある大型ショップビル『K』に、韓国最大手の芸能事務所『C』の傘下団体が資本投下する話があったが、立ち消えになった。『K』が地下1階で海賊商品ばかり扱っているからというのが原因です。同じく、『C』はKINOやSOS(解散済み)など『新大久保発アイドル』を擁するライブハウス『聖地』に資本投下する話もあったけど、ポシャった。ご存じの通り、労働ビザや免許の問題がボロボロだし、オーナーも素人。このように今の韓流ブームは、ちゃんとした会社が二の足を踏むような、危ういバランスの上に成り立っているわけですよ」

 だが、ひとたび爆発したブームの勢いは無軌道に広がる一方だ。匿名を条件に、事情通が話す。

「『聖地』が労働ビザ問題でガサ入れされて、昨年12月に閉鎖した。その後釜を狙い、現在、敵対し合っている界隈の有力者3人がそれぞれ、素人の韓国人男子がショーをするライブハウスを新たにつくるべく、動いていると聞きます。エンターテインメントショーは儲かりますから、血みどろの争いになることは必至です」


いっそガレキで
新大久保を
埋めてはどうか



新大久保
こえー



あれれ
新大久保での
店子の入り
ここでいう
うはうは状態ですけど


可愛そうに
底辺は新大久保に持ってないんだ



新大久保の店子料
うはうは状態なんだけどねえ


新大久保の
挨拶は
殴り合いとか
だろ


おいおい
新大久保なんて
犬を食わす店とか
底辺しか
いかないからな


新大久保に集まってるのは
犯罪者だけだろ


新大久保は一度掃討した方が良い。
この前税務関連の仕事でイヤイヤ行ったけど、最悪の土地だった。
駅降りた瞬間マジでニンニクくせーの。
金浦空港の匂いと一緒!
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ