2012年05月31日

モーニングバードの正しい報道

モーニングバードの正しい報道
吉本は金をばら撒きいろんな有名人にテレビで河本擁護の発言をさせているが、共通点は「片山議員の売名行為」という点である。これは誰かが書いたシナリオ通りに口裏を合わせて、片山議員のみに攻撃の的を絞って「売名行為」発言をさせているのだろう。
それに乗っかって吉本の言いなりに発言をしている芸能人の共通点はどれもこれもたいした芸もなく、芸能界にしがみついている今にも消えそうな芸能人ばかりだ。

反片山派
大谷昭宏、春川正明、松尾貴史、麻木久仁子、高橋ジョージ、荒川強啓、宮台真司、大竹まこと、室井佑月、城繁幸、河口恭吾、茂木健一郎、ターザン山本、山崎元、熊沢透、奥田泰、中尾ミエ、太田光、八代英輝、杉村太蔵、江川紹子、和田秀樹、豊崎由美、小田嶋隆、河信基(ハ・シンギ)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、篠房六郎、島田雅彦、杏野はるな、立川談慶、山下廣大、しぎょういつみ、マツコ・デラックス

モーニングバードの放送をまとめ
河本準一は今年の正月はビジネスクラスで総額400万円一家全員ハワイ旅行。
まさに生活保護不正受給。

河本準一は福祉担当者に大嘘 恫喝 脅迫の可能性がある。
モーニングバードはレポーターが岡山の福祉職員にインタビューしており、「嘘を書かれても調べる権限がないんです」と応えてた。

河本の少年期にすんでいた借家が立ち退きの際、業者が解体してるのに母親が抵抗して半分壊れた家で住んでたことも放送。

河本が記者会見で収入について言わなかったのは、役所に虚偽の申請をしていた可能性があるからではないか?
そもそも河本ほどの収入があれば生活保護は即、打ち切りである。
このままうやむやにして逃げ切ろうとしているのだろうが、現在の河本が置かれている状況は起訴されていないだけで、詐欺罪が適用になる可能性が高い。


>そもそも河本ほどの収入があれば生活保護は即、打ち切りである。

常識的にこれで始まりこれで終わる
打ち切らなかった行政がクソ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングコングの梶原雄太も母が生活保護 昨年3月から140万円

キングコングの梶原雄太も母が生活保護 昨年3月から140万円

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)の母親が生活保護を15年間受給していたことが問題となった中、
同じ吉本興業所属のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(31)の母親(63)が昨年3月から
生活保護を受給していることが28日、分かった。祖母の介護とパート先を失ったことが重なり、
福祉事務所に相談し受給が決まった。母親の住居のローンを全額負担している梶原は
「今年8月に完済したら、受給を打ち切ることにしていた」と話している。

梶原は都内でスポニチ本紙の取材に応じ「誤解をされたくないし、隠すこともないので
自分から全てお話ししたい」と受給の経緯と事情を説明した。

母親への受給が始まったのは昨年3月。祖母の介護をしながら弁当店で働いていたが、
その会社が倒産して収入がなくなった。その上、足を骨折し、年齢的にも働き口が
見つからなくなったのがきっかけ。梶原によると、母親が知人に相談したところ
福祉事務所に行くことを勧められた。そこで「祖母ではなく、あなたが生活保護の受給者になった方がいい」と
アドバイスをされ、梶原ら親族の経済状況の申告書類を提出後、受給が決まった。


キングコング

チンゲマンゲは
ほぼ似ている


マンションローンに当てるために生活保護費を受給してたって……

もう国民全員に生活保護渡すべき。


河本だの梶原だの
こんな奴らが居るから
本当に困ってる方に
手が回らないんだな


そこらの
零細中小の安月給ならいざ知らず
芸能界で人一倍儲けてるんだから
親の面倒くらいみろよ
あほ


こんな理由で受給申請してるんなら
おそらくもっといるはずだなあ
吉本だけでなく、ゲイ膿界全体によ
叩けば埃が
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンニング竹山さんが片山議員に激怒!

「片山さんのことを好きとか嫌いとかないです。でも内容を確認もせずに、マスコミに出てきて、ネットの情報を信じている。これがおかしい」
「一国会議員という人がね、何をネットを信じ込んで、それもテレビというマスコミで言ってるんだと。それおかしいでしょ!? どう考えてもそれおかしいでしょ!? 確認したらわかるわけでしょ!?」
「何が一番問題かいうと、片山さつきさんという人は、国会議員なわけです。国会議員ということは、国民に選ばれてるわけですよ。国民を守らなきゃいけないわけですよ」
「(国会議員が)個人名をマスコミで出してどうすんだよ。国民ひとりでも犠牲にしちゃいけない。自分の身が危ないと感じても、個人名を出してどうすんだよ」
「極端なことを言うと、(片山議員は)生活保護問題を追及するというけど、こんな真実ではないことを言っちゃう人が真実を追究できるか?」
「ネットニュースだけ信じて発言するのはダメ。ちゃんとして欲しい!人間としてやらなきゃいけないことがある。間違ったことは間違ってる」
 
……など。どうやら竹山さんは、片山議員が自身で番組VTRを確認しないまま、生放送中にせいじさんの名前を出したことを許せない様子である。河本さんの疑惑に端を発した今回の騒動は、各所にその火種が飛び火しており、さまざまな議論を呼んでいる。河本さんは謝罪会見したものの、当分収まりがつきそうにない状況である。


カンニングは
河本氏が悪いのか悪くないのかだけを
言えばいい
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河本準一「生活保護疑惑」説明してほしい!何がめちゃ甘かったのか?

母親がこの4月(2012年)まで生活保護を受けていたと指摘された人気お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)が会見して「むちゃくちゃ甘かったと反省している」と謝罪した。
「福祉の方の了解のもとだった」と開き直り

「推定年収5000万円」(週刊誌)の芸人が!とだれもが驚いたが、河本は会見で「報道は事実でございます」と認め、いきさつを説明した。それによると、岡山に住む母親 はスーパーで働いていたが病気になり、生活保護を受けるようになった。14、5年前だという。そのころ、河本は「芸人としてまったく仕事がない時期で、年収100万円以下」で、福祉事務所に「今の段階では母の面倒をみられない」と一筆書いた。その後、5年ほど前からテレビに出るようになって母親に仕送りするようになり、それを差し引いた生活保護は受け続けていた。

河本は「自分も入院するなどあったが保険もなく、またあすの仕事の保証もなく、仕送りはできる範囲でしかできなかった」といい、1月から援助の額は増やしていたが生活保護は続き、母親が辞退したのは週刊誌の報道が出てからだった。

河本は「収入が多くなったあとも保護を受け続けた点は、考えが甘かった。情けなくて、 恥ずかしい」といった。しかし、「正しいと思う。福祉の方の了解のもとだったので気づかなかった」と不正受給を否定した。

会見を聞いた自民党の片山さつき衆院議員は、「高収入の人には許されないこと。これを理解するのに1か月かかったということでしょ」と手厳しい。有名人の事件だけに、あらためて生活保護の実態に目を向けさせることになった。

手が足りない福祉事務所調査―スキ付いて不正受給急増

いまの生活保護受給者は過去最多の210万人。支給額は本年度3兆7232億円になるとみられる。問題は不正受給の増加だ。10年前は30億円レベルだったのが、2010年には発覚しただけで128億7400万円にもなった。多いのは、働き始めても収入を隠して保護を受け続けるケース。明らかになった不正は、収入の無申告50.1%、収入の過小申告10.1%、年金等の無申告20.4%などとなっている。

しかし、それが発覚するのは9割近くは照会・調査だ。専門家によると。福祉事務所の担当者は1人で都市部なら80世帯、郡部で65世帯を受け持ち、実際は100〜200世帯ということもあるという。つまりは、手が回らないという現実がある。
医師「診断書に『働ける』と書くと来なくなる申請希望者」

司会の加藤浩次は「河本は不正受給ではないが、不正受給が多いんですね」と一般論の方へいってしまった。受給額がどうとか、実際働いても収入が生活保護に追いつかないとか、話も河本からどんどん離れる。

勝谷誠彦(コラムニスト)「問題はチェックできないこと。悪いと思わなくても、もらえるものなら…となる。もうひとつ、口利きの問題もある。議員とか」

キャスターのテリー伊藤「制度は性善説でできている。だけど世の中が荒っぽくなってしまった。チェックしないといけない」

医師の友利新は「生活保護のために、診断で働けまますよと書くと来なくなっちゃったりする」と話す。

テリー「悪質な人がいるという前提の制度にしないと」

こっちは河本の「甘かった」部分をもっと聞きたかったんだけどな…。


河本の「甘かった」てのは
姉ちゃんとオカンにキツく口止めすべきだった
(゚Д゚)ノ
ってことちゃうかー
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

原発稼動キャンペーンの一環か

関西電力は28日、和歌山県海南市にある石油火力の海南発電所3号機
(出力60万キロワット)から蒸気が漏れ、停止したと発表した。
管内の電力需給は安定しており、停止による電力不足は生じないという。

関電によると、27日午後8時10分ごろ、巡回中の作業員が配管付近で
水漏れを見つけ、翌28日午前0時過ぎに運転を停止した。配管からの
蒸気漏れが確認されたため、修理する。3号機は4月にも別の配管が損傷して、
6日間停止した。

28日の電力使用率はピーク時(午後1時台)で88%と予想。約260万
キロワットの余裕があるという。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ