2012年05月26日

*ばか でも わかる たのしい なまぽろんだりんぐ の かたち*

69 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/23(水) 20:21:18.86 ID:HeVTSKjz0
 *ばか でも わかる たのしい なまぽろんだりんぐ の かたち*

【大株主・TV局】
  ↑利益 ↓所属タレントを番組で大量に使う
【親会社・芸能ビジネス(○○興行)】←融資――利子を付けて返済→【銀行】
↑      ↓(大勢集める・給料激安)
連      ↓子会社から借金をさせる・生活保護を推奨・斡旋
結      ↓
決     【若手芸人(とその家族)】←―生活保護←――――税金
算      ↑      ↓
↑      融資    利子を付けて返済
↑      ↑      ↓
【子会社・金融業(○○ファイナンス)】
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

社民・福島氏「橋下氏は人権感覚欠如」 入れ墨調査批判

社民・福島氏「橋下氏は人権感覚欠如」 入れ墨調査批判

 「入れ墨調査は巨大なるパワハラだ」。社民党の福島瑞穂党首は23日の記者会見で、橋下徹伏字市
長が進める市職員の「入れ墨調査」を痛烈に批判した。

 福島氏は、橋下氏の「入れ墨をしたいなら民間にいけばいい」との姿勢について「普通の企業で『いや
なら出て行け』と言ったら解雇権の乱用だ」と指摘。

 そのうえで「入れ墨がある人を配置転換するというのは過去に対する制裁。弁護士としての人権感覚
がない。放置するとエスカレートするのでは」と述べ、同じ弁護士の立場から疑問を突きつけた。

http://www.asahi.com/politics/update/0523/TKY201205230771.html
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚民政策

愚民政策

民主党のマニュヘストですよ
子供手当て
高速無料化
授業料無料化
コンクリから人へ
生活が一番

愚策の最たるものは「コンクリートから人へ」だろう
都市基盤、社会資本が充実して始めて人は育つ
都市が衰退して、道路が寸断されて、人が育つという
そのアンポンタン理論が拙者にはわからないのであった
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

橋下徹大阪市長の号令でコストカットの市バス職員に「自殺者が出た」の噂

 府知事時代、コストカッターとして鳴らした橋下徹氏が、大阪市長として最初に選んだターゲットは意外にも、市役所では地味な存在に過ぎない市バスの運転手だった。「大赤字なのに、1千万円近い年収をもらっている職員がいる」と交通局の腐敗を訴え、職員給与の4割弱のカット案を打ち出したのだ。大阪弁護士会に属し、市の労働問題に詳しい大前治弁護士がこう解説する。

「交通局の正職員の年収は平均で約730万円と確かに高いが、これは勤続14年以上の正職員だけで、現在は10営業所の半分を民間へ業務委託しています。制服を着ていても民間からの派遣運転手の年収は200万〜400万円と低く、市役所では弱者です」

 現在、民間の業務委託で市バスの運転手をしているAさん(49)は10年前から給与が上がらず、基本給約17万円の据え置きでずっと働いている。Aさんは言う。「それでも、お客さんから『あんたらええご身分やな』と言われるのでつらいわ。給与をカットされるので、多くの仲間がやめ、人手不足に陥り、今では休みも抽選や。みんなは疲れ切り、いつか大きな事故が起こると思う。最近、ある営業所の運転手がこれからローンが払えなくなる、と投身自殺したと聞いた」

 府知事時代に橋下氏は「2012年度以降、10年間は約500億円の通常収支不足が見込まれる」と大阪市の厳しい財政状況を試算した。これを受け、「グレートリセット」と銘打って5月11日、市民サービスの大幅カットや職員人件費の削減、市外郭団体への事業発注の見直しなどを断行し、今年度から3年間で最大1700億円の削減を目指す市政改革プランを発表した。

 しかし、この試算ほどの財政悪化はしていないと公明党の土岐恭生大阪市議は話す。「橋下市長は後に改革の成果を強調するため、市民に財政を悪く見せておきたかったのでしょう」悪い見通しを見せておいて、結構いい数字を残す。これこそ「橋下トリック」なのかもしれない。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

さすが俺らの自民党、優しくて力持ち

 太田容疑者のブログ http://ohta-masaya.ldblog.jp/

私は学生時代にマジメな人間ではありませんでした。
大きい体躯・怪力である事をいいことに、やんちゃで毎日ケンカをしていました。
テストの成績も素行も悪く、先生に怒られてばかり。

その事を地元から言われたら仕方がありません。だけど、イジメや女の子に手をあげたりはしませんでした。
そんな出来の悪い私ですが、同級生や先輩・後輩、そのおっちゃん、おばちゃんが応援してくれました。
こんな嬉しい事はありません。

ある方が私に、「あんたの方が親父さんより人間味があってええで。」
「橋下にケンカ挑むんは、やっぱり太田君しかおらんなぁ。あんたらしいわ。」
「大阪市も福島区も悪いところちゃうで。市も区も守ってや!あんな橋下の独裁許したらアカン。」
「そのデッカイ体で、悪いモンや維新の会をブッ倒したれ〜」という声を沢山頂きました。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ