2012年06月30日

女性申請者に「体を売ればいい」生活保護受給窓口の冷たい対応

人親族の生活保護「不正受給」疑惑でワイドショーが賑わった。まるで不正受給の横行で自治体財政が逼迫しているかのようなイメージが植えつけられているが、その総額は全体の0.38%。その一方で、「受給資格があるのにもらえない」という大きな問題があった!!

◆多くは窓口で追い返される生活保護申請の“狭き門”

「簡単に受給でき、不正受給が横行」「働くより受給したほうが楽で得」etc.過熱する報道に、当の生活保護受給者たちは困惑を隠せない。自身も生活保護受給者で、同じような境遇の人の相談に乗っている田中秀雄さん(仮名・57歳)は「報道されているのは稀なケース。多くの場合、受給にこぎ着けるまでが、まず大変なんです」と語る。

「生活保護の受給申請に行っても、必ずといっていいほど窓口で『働きなさい』と突っぱねられます。受給申請に行く頃には、住所や携帯電話もなくなっている場合も多い。そんな状態で雇ってくれるところはどこもありません。仕方なく受給申請に行っても、役所の人は『何しに来た』と罵倒するなど高圧的な態度を取って、わざと申請者を怒らせて自ら帰らせることもあります。女性に対しては『体を売ればいい』と暴言を放つ例もあると聞きますが、これも怒らせるためなのかもしれません」

 これまで3回、生活保護の申請窓口に行ったが申請させてもらえなかったという久保田健二さん(仮名・62歳)はこう語る。

「『稼働年齢(働くことができる年齢)なので受けられない』とウソの説明をされました。『まずは仕事を見つけてきてください』と。でも、仕事がどうしても見つからずに家賃も払えず、困っているのです。助けてくれる親族もいません。アパートを追い出された後に再び相談に行くと、『住所がない人には出せない。住み込みの仕事があるでしょう』と言われました」

― 本当は[厳しい/冷たい]日本の生活保護制度【1】 ―


 5月末に生活保護申請が認められ、今月から「本格的に生活保護生活を始めた」という東京23区内に
 住む26歳の木村明彦さん(仮名)も新たな受給者の1人だ。
 生活保護を申請した際、福祉事務所から、扶養の可否を問われた父親は、これを拒否。
 「俺は関わりたくないから、勝手にしろ」──。
 木村さんに電話をかけてきて、こう言い放ったという。
 木村さんの両親は1昨年に定年退職。しかし、元地方公務員だけに年金支給額は、民間のそれを
 大きく上回る。しかも、木村さんの妹は、都内の私立医大に通う現役医大生だ。私立医学部で卒業までに
 必要な金は学費だけでも、平均で約3000万円。さらに、妹が個人的な事情でつくった400万円以上の
 借金も、すべて両親が立て替えたという。

 「これだけもらえるなんて驚きました。正直言って、働く意欲がなくなりますね」
 木村さんは、生活保護の「保護決定通知書」を手に、そう苦笑いを浮かべた。

 1ヵ月の支給額は、生活費に当たる「生活扶助」の8万3700円に、家賃相当の「住宅扶助」の
 3万円を加えた11万3700円。当然、住民税などの税金や国民年金保険料などが免除されるため、
 すべて可処分所得になる。
 生活保護を受ける前、木村さんが勤めていた派遣会社の給料は、週5日、フルタイムで働いても
 生活保護より少ない月10万円程度だった


 都内のあるハローワークにいた中島祐樹さん(24歳・仮名)も、今月から受給者になった1人だ。
 金色に染めた長髪に、首や指にはアクセサリー。歌舞伎町のホストと言われても違和感はない。
 先月、地方から単身で上京してきたという中島さんは「親とは縁を切っています」と穏やかな口調で話す。
 右目の視力がほとんどないといい、生活保護により医療費が無料となったことで、手術を受けるつもりだという。
 「紹介される仕事は、工場や土木工事ばかり。俺、女っ気のない職場は考えられないッス」
 ハローワークの喫煙所で仲間の受給者とそんな談笑をする中島さんの夢は「ソムリエかパティシエに
 なって、自分の店を持つこと。だから、国もレストランとかの仕事を紹介してほしい」。(以上、抜粋)


でも
ノンアルビールって
凄く売れてるんでしょ
一体どういった層が飲んでるんだろう


パイポが売れてるのと
同じ理由やあ


>一体どういった層が
創価学会


缶ビールなんぞ貧乏人が飲むもんやど


ビールは貧乏人の飲み物
金持ちは
ワイン
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何でも出来る状態だと言える。

976 :闇の声:2012/06/28(木) 09:19:19 民主党の党運営に関して言えば、これは輿石がフリーハンドで何でも出来る状態だと言える。
これは小澤にとっても輿石にとっても理想的な展開だろう。
党を割っても割らなくても、主導権が何処にあるか、それだけが問題なのだ。
民主党は恐らく、世間の風を読みつつ消費税をどうするか決めるつもりだし、野田ー前原のラインを放逐して
再度マニフェスト遵守の方向性を打ち出すのではないかと思う。
それしか民主党が生き残る方策は無いし、同時に国民の声を反映させる方策は無い。
国として教育関係への予算投下などやるべき事は山積しているが、そんな事よりも
まずは生活防衛が国民の声であり、何に金を使うから結果こうなりますの予測を出しても国民は納得しない・・・
と言うか、はっきり言って既成政党が何を言ってもやっても信用はしないだろう。

今、政治が恐ろしく近視眼的になっている。
本来なら国を成長させる戦略を示して、そのコストがこうなるから税金をこう使いますと言うべきなのだが
どこの誰が言っても国民の多くは絶対信用しない。
ならいっそ全部壊してしまえと、それこそ赤毛のレイプ野郎にでも政治をさせた方がましだろうと
その位の厭世感が蔓延しても不思議じゃないし、恐らくそうなるだろうね。


989 :名無しさん:2012/06/28(木) 12:15:20 造反処分しなくていいってさw

造反処分より審議優先=山口公明代表、自民と一線
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012062800402

 公明党の山口那津男代表は28日午前の党中央幹事会で、社会保障と税の一体改革関連法案に関し、「速やかに参院で審議を開始して成立を図るべきだ。
民主党の中の混乱と混迷は目に余るものがあるが、国会審議に影響を与えることは断じて許されない」と述べた。
 自民党は民主党に対し、法案の衆院採決で造反した小沢一郎元代表らを厳正に処分するよう求め、軽い処分に済ませたり、処分を先送りしたりすれば、
参院での審議に協力しない構えを見せている。公明党は自民党とは一線を画し、参院審議を優先すべきだとの立場を示したものだ。 
 一体改革法案をめぐり、公明党は、党内に異論がある中で民主、自民党との修正合意に踏み切った経緯があり、審議引き延ばしとも受け取られかねない対応は避けたいとみられる。
(2012/06/28-11:56)


公明はお得意の
二股戦略


>闇の声

取り立てて議論の場に
あげる必要なし
何でも勝手に書いててくださいって
感じですかね
この人たぶん
そこいらのしょうもない週刊誌の記者だと
思いますやあ


公明が小沢よりに
軸足を移してきたな
ブタの辞任は近いぞ
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須田慎一郎

946 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/05(火) 16:13:36 ID:t+oIARoX0
検索してて、こんなの見つけたけどw
http://www.nikaidou.com/2008/01/post_863.html
須田慎一郎

さて、金融ジャーナリストを自称する須田慎一郎をご存知でしょうか?
彼は今から約20年前、当時勤めていた会社の金を使い込み、懲戒免職になりました。
私は彼と同じ会社に勤めていましたので、詳細を知っております。
また、大阪在住ということもあり、同和問題などもある程度知っております。
喜んで情報を提供させていただきます。
当時勤めていた会社は、日本金融通信社という、銀行をはじめとする金融業界紙です。
彼は当時、大阪支社に勤務しており、和歌山県の金融機関を担当していました。
いまから20数年前は、法人購読の新聞代や資料代、広告代などを現金で集金していました。
彼はその集金した金を横領したのです。
横領した理由は、当時熱を上げていたスナックのホステスが原因でした。
毎日スナックに通い詰め、給料の大半をそこで使い、金に困って横領したということです。
もちろん懲戒免職です。
私が勤務していた10数年前でも、当時の和歌山信金や新宮信金などでは評判になっておりました。
恐らく、いまでも古株の職員なら知っているでしょう。
東京で有名になりましたが、大阪に来る用事があってもすぐに帰ったそうです。
いまはほとぼりがさめたと思っているのが、関西ローカル番組に出演しています。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

小澤の役者ぶりに谷垣がまた引っ掛かったって事だね。

743 :闇の声:2012/06/26(火) 23:02:43 呆れたと言うか、まあ驚いたと言うか・・・結果的には野田と小澤の
役者ぶりに谷垣がまた引っ掛かったって事だね。
これで代表選まで消費税の決着を延ばせるだろう。
輿石がなかなかサインをしなかった理由、そして三党協議の責任者に
長妻を持ってきた理由、そして懇談会だか何だかの仕切りを前原に押し付けた理由・・・
前原と長妻、そして岡田・・・こいつら捨て駒だったって事だろ。
野田はこの三人を切って、恐らく代表選で敗れて一旦は退く。
しかしそれはある意味復活の途を切らない形での撤退であり、小澤との談合政治の結果と言える。
前にも書いた様に、野田は一旦は小澤に代表の座を譲るんだろう。
ただ選挙があるから選挙管理内閣的な色合いが強まるので、中間派から誰かを持って来て総理をやらせる。
前にも書いたが馬淵あたりが適任だろう。
党を割ろうが割るまいが、小澤にキャスティングボードを握られた格好であり、反消費税と公務員制度改革を
柱とした第三極を交えた連立政権が総選挙後に発足するんだろうね。
そこでまたマニフェストを守るの守らないの始まるんだろうが、予算執行権と陳情の窓口を一本化すれば小澤は
満足する・・・誰が総理をやろうが関係ない。
この三年間ぐるぐる回りをして時間だけが経過したが、それと同じ事がまた続くだろう。
先行きを見据えた反消費税ではなく、取り敢えずの・・・政局の為の反消費税だから当然政策も付け焼刃だ。
それでも自民党よりはましだと国民は感じるだろうから、まあ目出度し目出度しで政治は滅茶苦茶な素人政治になるよ。

747 :闇の声:2012/06/26(火) 23:15:54 今日の結果は自民党の大敗北だ。
国民の目にはただ消費税を上げたい自民党としか映っていない。
しかも政権亡者の自民党と言う印象も呼び起こしてしまった・・・
結果的に選挙をやっても全く議席回復は望めないだろう。
テレビでひたすら民主批判をやっても党内論議を尽くすのが民主主義だと刎ね付けられる。
三党合意は崩れた訳だが、法案を通してほしければ頭下げて頼みに来いってのが輿石の考えだろう。
滅茶苦茶な党運営と言う煙幕で全てを煙に巻いてしまった民主党・・・しかし、国民が望んだのは
飽く迄反自民であり、その結果は民主党のダメさ加減を伴っているとはいえ、消費税増税案が通らない可能性を
遺した・・・と言うか通さないんじゃないかと言う芽を残した事で、小澤はさすがだになるんだろう。
小澤の正体を知らないからそう言う事が罷り通ってしまう訳だ。
任期満了まで行って自民党は橋下と小澤のサンドイッチ攻撃で消えて無くなるよ。


今日も朝から
創価学会を一生懸命
まるで仕事の様に
擁護してたし 笑
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「脂肪にドーン」CM、誤解招く恐れと改善通知

 サントリー食品インターナショナルが販売する特定保健用食品「黒烏龍茶」のテレビCMが誤解を招く恐れがあるとして、消費者庁が同社に改善を求める通知文を送っていたことが25日、わかった。

 対象となったのは、アニメの主人公が「脂肪にドーン」とひとさし指を突き出し、「食べながら脂肪対策」というテロップが流れるなどする内容。昨年8月から今年6月中旬まで全国で放映された。

 通知文は3月26日付。内閣府消費者委員会の指摘を受け、「偏った食生活を助長する恐れがあり不適切」として改善を求めた。

 サントリーホールディングス広報部は「指摘を真摯に受け止め、秋に再開する広告の内容を検討したい」と話している。


 トクホって、商品のラベルに「血圧が高めの人におすすめ」とか、「中性脂肪が気になる方の食生活改善に」とかあるものですね。

「トクホの背景には生活習慣病があります。高齢化社会に伴う医療費の増大を食い止めるため、食生活で病気になる危険性を減らそうと、国が考えました。一方で、様々な効能をうたう健康商品が氾濫し消費者を惑わせている。科学的な根拠のある食品を国が認定すれば、インチキ商品を淘汰できるというわけです」

 国のお墨付きを得ているから効果はあるでしょう。

「それが疑問なんです。私は、80年ごろから油脂と肥満の関係を研究してきました。食品企業がトクホの申請で実験論文を出す前にその論文の指導や助言にもかかわり、ある程度事情がわかります」

「エコナの宣伝を見て、ホントかなと。主成分のジアシルグリセロール(DAG)を含むエコナと、普通の植物性サラダ油(大豆油)を使い、ラットと人に摂取させて比べました。ラットでは体脂肪の蓄積を小さくする作用はエコナには認められず、エコナとサラダ油でそれぞれ揚げたコロッケをご飯とみそ汁と一緒に学生に食べさせた実験でも、脂肪の燃焼と血中中性脂肪の上昇の程度に差はなかった」


 安全性について、医薬品なら何度も企業にデータを提出させるなど厳しく審査しますが、トクホは?

「そこが不十分なのです。国は、食品だから元々安全性は確保されているとして、安全性を確認する実験も企業の自主判断に任せています。でもエコナのように製造の過程で副産物ができる可能性があるのだから、安全確認を義務づけ、問題があれば国の研究機関で確認すべきです」

「エコナで国の対応がまずいのは許可後に安全性を国が試験していること(表03年6月参照)。順序が逆です」

 エコナマヨネーズタイプの国の審査にかかわった研究者の一人は私に「花王のデータに疑いがあり、会議で安全確認の実験を求めたが、国は追試の結果が出る前に許可した。最初から許可ありきの姿勢だった」と言いました。

「委員会で官僚の作ったシナリオを乱すと嫌われます。それでも花王は質のよい学術雑誌に論文を載せているのでまだいい方。企業から出てくる論文には内容不十分なものがかなりあります」

「私はトクホの申請に必要な、人を使った臨床試験を主として掲載する『健康・栄養食品研究誌』 (財団法人日本健康・栄養食品協会発行)の論文検討委員を担当していますが、食品業界は中小企業が多く、研究設備も人員も乏しく論文をきちんと書ける人も少ない。そこで論文審査のほか、書き方なども指導・助言しています」

 不十分な論文があるわけですね。

「審査では、実験の組み方の改良や追加試験が必要だと出し直しを求めることもあります。食品企業は、実験の枠を超え、商品に、誰にでも有効であると書きたがる。研究者から『限定した条件で効果があるのに、宣伝担当が聞き入れない』と悩みを聞かされたこともある。限定された条件で効果が期待できるかもしれないというような表現にとどめるよう指導しました」
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ