2012年08月18日

山本太郎、「竹島は韓国にあげたらよい!」発言の真意を告白!批判に対し真っ向から反論

領土問題に弱腰姿勢を取る日本政府に鋭い指摘をする山本太郎
16日、オーディトリウム渋谷で行われた岩井俊二監督のドキュメンタリー映画『friends after 3.11【劇場版】』のトークショーに俳優の山本太郎が出席し、ネット上で自身の「竹島は韓国にあげたらよい」発言に対してあがった批判について、真っ向から反論した。
これは、2008年にバラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」で山本が「竹島は韓国にあげたらよい」と発言し、ネット上で反論が巻き起こった問題。これについて山本は「番組でカットされて、言葉尻だけを捉えられたもの」と説明。本来は何もアクションを起こさない日本政府にハッパをかけようという趣旨の発言だったことを明かし、「政府は竹島を固有の領土と言うだけで何もしない。領土問題はそんな簡単じゃないんだ」と語った。

 続けて山本は、北極圏の近隣諸国が地下資源をめぐってし烈な主権争いを行っていることを引き合いに出し、領土問題の厳しさを改めて強調。「温厚なカナダですら軍艦を出したそうなんです。領土問題とはそれくらい勢いのあるもの。それなのに、日本は竹島問題で何をしたかというと『固有の領土』と言うだけ」と政府の弱腰な姿勢を指摘した。

 韓国では竹島を“独島”と名付け、国をあげた活動を展開しており、「韓国ではそういった学校教育などでの刷り込みがすごい。町の看板にすら独島まで何キロと書いてあるし、実際に建物も立てて実行支配している。それなのに日本は国土を守るために何もしていない」と日本の現状を憂う山本。また、自身のことを「反日極左テロリスト」などと呼ぶ人々に対して「そういう人たちは、本当は領土問題とかどうでもいいんじゃないかな」とピシャリ。「本当にこだわるなら漁船に乗って(竹島に)行けって話。踏み込んでアクションしてみろ」と厳しい表情を見せていた。

 本作は岩井俊二監督が東日本大震災後に出会ったさまざまな立場の友人たちと、震災を経た日本の現在と未来を語り合うドキュメンタリー
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国のニュースサイト「ビューズ・アンド・ニュース」は

韓国のニュースサイト「ビューズ・アンド・ニュース」は、14日に李明博大統領が「天皇が韓国訪問を望んでいるようだが、独立運動中に亡くなった人々を訪ね、心から謝罪するならば」と発言したことについて、じつは訪韓を要請していたのは李明博大統領の方であったことを報じた。

同サイトの記事では、「歴史問題に対して進歩的な新聞」として朝日新聞を紹介し、「憲法上、国政に関する権能を持たない天皇の外国訪問は、あくまで国際親善が目的であり、訪問先も政府が決めるもの」という同紙の説明を引用。天皇がご自身の意思で訪韓を臨んでいると述べた李大統領の発言とは相反しているとした他、李大統領の発言について「理解できない」「これで訪韓は100年遠くなった」という、日本政府や宮内庁の反応を伝えている。

また、韓国大統領府は16日、李大統領の発言に反発した日本政府の抗議を受け、「(天皇が)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと言った」としていたが、「(天皇が)韓国を訪問したいなら…(中略)…心から謝るのがよい」と一部訂正している。

同記事のコメント欄には「稀代の詐欺師、李明博の仕業がまたバレたな」「李明博はいったい何がしたいのか」「李明博より日本の新聞の方が信用できるなんて…」「2009年共同通信、聯合ニュース、大統領府の共同インタビューで李明博が公式に天皇訪韓を提案したが、謝罪云々は当時から一言も言っていなかった」など、李大統領を非難するコメントが相次いで寄せられる事態となった


             __ ____
            |\         \
            〈 ..\______''ヽ
            .〉  .〉  U      ''ヽ
             .〈  .〈       U   .|
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 〉          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |  m9(^Д^)ハズレ  |〈  U         |.                |
 \________| 〉          |__________/
             〉  〈       U      |
             \  〉 U        |
               \|______,,,ノ


月山クンは大嘘つきというのが
全世界に知れ渡り、大恥をかいた日々辛いモノばっかり食らって、直情的なチョン国民は、暴動を起こす。

哀れ嘘つき月山クンは、裁判にかけられ一族と自己の汚職で死刑判決を受ける。

歴代の大統領と違うのは、その刑が執行されるということだ。


月山アキヒロこと李明博は
高校生のころ以来
一日たりと五時間以上寝た
ことはないんだ
と豪語している
ただしお昼寝は三時間
しているんだよね
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ民主党を解散させることができないのか?

なぜ民主党を解散させることができないのか?
それは先の衆議院選挙で300議席近くも民主党議員を当選させてしまった国民がいたからである。
それだけ多く議席を与えたので内閣不信任案を出しても可決されずに「反対する民主党の数の多さ」で否決されるのである。
要は野党をすべてあわせた数よりもはるかに民主党議員の方が多いのが原因。
消費増税反対反対といって数で負けているので解散させることはできないことを知りつつ、野党6党が共同で不信任案を提出して、否決されるだけというパフォーマンスほど馬鹿げたものはない。

もともと野党6党が提出した野田内閣に対する不信任決議案で、共産・社民がはいっている時点でおかしいと思わないといけない。
本当に不信任可決されるほど野党の数が多ければ、この党は提出しなかっただろう。最初から自公が加わっても過半数いかなくて否決されることがわかっているから対選挙に向けてのイメージアップの茶番なのである。

それすら知らずに「自民が賛成しなかったから解散にならなかった」と勘違いしている人たち。
こうやっていちいち不満を口にし、政党のあら捜し、マスコミの嘘を即座に信じて毎回腹を立てる人たち、この手の人たちはたぶん実際に選挙になったら投票に行かない程度の人たちの可能性が高い。
ネットやツイッターで愛国を叫び、マスコミは嘘ばかり言うからテレビを見ないと発言しながらマスコミの嘘にだまされ、やたらと韓国・朝鮮人を非難しているが、ではどのくらい政治に関心があるのか、たぶん、不平不満を言いたいだけでツイッターをしており、実際選挙になったらどうでもいいやと投票に行かない程度の自称愛国者だろう。

ネットで愛国を叫ぶこともなく、普通にテレビを見て、朝鮮人が嫌いだという発言もなく、ツイッターでも政治に関するつぶやきもしない人のほうが、日本のことを真剣に考えている可能性があり、間違った解釈もせずばかばかしい茶番を見抜いているのではないか。


では圧倒的に数で上回っている民主党政権を解散させるのはどうしたらいいのか?
それは民主党からもっと多くの議員が離党して与党の数が減るという現象が起こること、または野田総理に解散させるようにもって行く方法しかないだろう。

今の谷垣総裁を見ていると、かつての麻生太郎氏を思い出す。
国民のため、日本のためにがんばっていても「ホテルのバーで1500円の水割りを飲んでいるセレブに政治はできない」と総理が自らのポケットから出したお金で飲んだ水割りのことまで、さもしい発想でマスコミから叩かれ、テレビと一緒になって罵った人も多いはずである。
「麻生元総理にごめんなさいを言わないといけない」と後になって言い出す厚顔無恥な人たち。
そういう人は同じ過ちを繰り返し、愛国者と言いながら、結局左翼と同じことを口にしている自覚すらない。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ