2012年09月12日

フジが放送中止!韓国女優の過激発言

 13日から予定されていた台湾ドラマ「絶対彼氏〜My Perfect Darling〜」の放送を8月末にBSフジが見合わせた理由は、主演女優の“過激”発言にあったようだ。ヒロインを演じる韓国人ク・ヘソン(27)の過去のコメントが、「韓流偏重」などと一部で批判されるフジテレビをして腰を引かせたとみられる。

 ヘソンは3、4日に日本で行われる予定だった同ドラマのDVD発売記念イベントをキャンセルした。韓国メディアによると所属事務所が「諸事情により訪日をキャンセルした」とコメントした。

「諸事情」とは、2008年にインタビューを受けた際のヘソンの発言内容を指していることは間違いなさそうだ。ある制作会社関係者は「インタビューで『独島(竹島)が私たちの領土と言うのは基本的な常識』と言い切り、日本政府の対応がおかしいとまで言っている。しかも『このような考えが、これから日本での現地活動に障害になるのなら、敢然と(日本での仕事を)捨てる』とまで言った。竹島に泳いで渡ったソン・イルグクのように、過激な思想の持ち主と見られたんです」

 こんな過激発言があったのでは、さすがのフジも「昨年以上の暴動になる可能性がある」(同関係者)と考えるだろう。ただ、ある韓国芸能事情通は「このインタビューが行われたのは、ヘソンの出演するドラマが日本で放送される直前。多少はインタビュアーに乗せられたところはあるでしょうし、そう言わなきゃいけないのが韓国の芸能界ですからね。だからって、こんなタイミングでクローズアップされては今度大きな足かせになる」。

 日本には不満があるが出稼ぎはしたい――。こんな韓流芸能人が多すぎやしないか。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎市の小学校給食

川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むと分かった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、
阿部孝夫市長は四日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。

 市の検査で、冷凍ミカンは一キログラム当たり9.1ベクレル、リンゴ缶詰は同1.6ベクレルの放射性セシウムを検出。
市では、国の基準値(一キログラム当たり100ベクレル)を下回っていることから、冷凍ミカンは四月から給食で出しており、リンゴ缶詰は九月から使用。

 横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」とし、
「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違ったあかの他人に刺される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」とも。

 納得していない保護者もいるが、「ビクビクしなさんな」と話した。(山本哲正)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/10567.jpg
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石原はこの責任取れよ

上海マラソン:会見が打ち切り、尖閣問題影響か

毎日新聞 2012年09月11日 13時18分(最終更新 09月11日 13時25分)

 【上海・隅俊之】日本企業がスポンサーで、今年で17回目となる「東レ杯上海国際マラソン大会」の開催についての記者会見が11日、上海市内のホテルで開かれたが、始まって間もなく突然打ち切られた。日本政府が尖閣諸島の国有化を決定したことをめぐり、日中関係が緊張していることが影響しているとみられる。

 大会は東レが特別協賛し、今年からユニクロも協賛企業に加わる予定だった。関係者によると大会が中止されるかどうかは未定という。中国国営新華社通信は11日午前、日本政府の尖閣諸島国有化を速報で伝えた。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲームセンターで盗撮し「コイツの見た目が生理的に受け付けないと思ったらRT」とTwitterに投稿

『Twitter』は数多くの人が目に触れることができる場であり、良い意味で誰にでも発信出来る、しかし使い方を間違えれば変な発言も誰かに見られてしまいすぐ炎上してしまうというメディアになってしまった。そんな『Twitter』でまた炎上騒ぎが起きようとしている。

今回はゲームセンターでの盗撮写真が問題になっている。ゲームセンターで遊んでいる男性をスマートフォンで盗撮し、それをTwitter関連の画像投稿サービスにアップロード。それだけではなく、「コイツの見た目が生理的に受け付けないと思ったらRT」と投稿している。そのツイートを見た人の多くがリツイートしており、現在も拡散中である。しかし投稿した本人はツイートを削除している。

しかしこれだけでは終わらず、投稿者の過去のツイートを見てみると数々の盗撮写真が出てきたのだ。「何なのこのオッサン!?w いびきすげぇwww」と寝ているおじさんを晒したり、飲み屋で隣に飲んでいる女性を盗撮し『Twitter』に晒したりとまだまだ数々の余罪がありそうだ。
そんな彼のツイートから『2ちゃんねる』ユーザーが彼の職場の特定に急いだところ、某テレアポに務めていることが判明。彼の職場も難なく特定されてしまったのだ。

24時間前は別のユーザーが無免許運転を写真付きで『Twitter』に暴露し炎上となったが、彼はその件に言及していた。そんな他人の炎上事件の直後に、自分が炎上の渦中になるとは思いもしなかっただろう。

スマートフォンと『Twitter』の普及でその場で起きたことや写真などを気軽にネット上にアップロードできるようになったのは便利な反面、このようにモラルの欠ける行動が炎上を招く弊害もあるのである。今までのように友だち同士でメールでやりとりしてる感覚で『Twitter』に投稿している人が多いのではないだろうか?
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ