2012年09月24日

南京虐殺はあった、数の問題ではない。日本は中国に謝罪するべき

しかし石破氏の主張は 「従軍慰安婦強制連行は事実。河野談話を踏襲する」
「南京虐殺はあった、数の問題ではない。日本は中国に謝罪するべき」
「靖国参拝はしない。A級戦犯を分祀しろ」「人権擁護法案を支持する」
「デフレ維持。大規模量的緩和に反対。消費税は10%では足りない。さらに15%まで急増推進すべき」
「TPPには積極的に参加したい」「外国人参政権」は賛成したり反対したりどっちつかず。

安倍氏の主張 「河野談話に代えて、強制連行をハッキリ否定する安倍談話を発表する」
「自虐史観から脱却するべき」
「今度は靖国参拝する。前回は判断を誤った」
「人権擁護法案は絶対反対」
「外国人参政権は絶対反対」
「大規模量的緩和など政策総動員でデフレ脱却。デフレ脱却するまで増税しない」
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア 「日中開戦すれば、中国は1〜2週間で全面敗北する」

ロシア 「日中開戦すれば、中国は1〜2週間で全面敗北する」
2012年9月19日、日本と中国が尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐって大規模な軍事衝突となった場合、中国空軍は米国の全面介入により大損害を被ることになると、ロシアのニュースサイト「ブズグリャド」が複数の専門家の意見として報じている。20日付で新華社通信(電子版)が伝えた。以下はその概要。
日中の海軍力について、中国はある程度の脅威を日本に与えられる潜水艦を所有してはいるものの、海上自衛隊は一貫して対潜能力の向上に力を入れており、米軍事専門家が「米国より優れている」と評価するほど。中国の海軍力は数・質・経験・戦術のいずれをとっても、日本にはかなわない。

日中が開戦すれば、中国空軍は尖閣諸島(釣魚島)を奪い取るために戦闘機400〜500機、ディーゼル・エレクトリック潜水艦を少なくとも20隻、原子力潜水艦を1〜3隻送り込むことになると予想される。

だが、別の専門家は「日本は兵器の質も個人の戦闘能力も中国より高い」と指摘する。これらの意見を総合すると、日中の戦闘能力に大差はないともいえるが、日本にはなんといっても盟友・米国という力強い存在が控えている。米軍が参戦すれば、中国は1〜2週間で重大な損害を被ることになるだろう。中国対日米という図式になれば、中国に勝ち目はない。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64856&type=


そもそも中国は日本に対して突然爆撃を開始するといった軍事攻撃をすることはないと以前のブログにも書いた。
戦争を始めるとするならば国際社会のルールがあり、覇権主義の中国と言えども、国連安保理の乗船理事国でありながら、すべてを無視して日本に対して戦争を仕掛けてくるほど馬鹿ではないが、マスコミや日本人になりすました者によって「戦争が始まる」と煽り立てられているだけである。

そうして中国に対して脅威を感じるように印象操作し、プロ市民にお金を渡して漁船を尖閣へ仕向ける、国内で反日デモや略奪をする、その行為によって日本が恐れをなして、または平和のためにという名目で「もう尖閣は中国にあげてもいいのでは」という風潮を作り出そうと必死に脅しているだけである。

韓国もまた似たようなもので騒ぐだけ騒ぎ、国内の在日らに乗っ取られたマスコミが日本人の不安を煽って、ただゴミのような国である「韓国」に対して脅威を少しでも抱かせようと印象操作している。
アメリカ自身も日韓関係のいざこざに関してはたいした興味もないだろう。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、琉球新報 ぶっ飛んでるなー

最近、琉球新報 ぶっ飛んでるなー 一時、穏健路線にいっていたと

思ったけど、ここ1年前ほどから編集方針変えたのね・・・

沖縄タイムス「こりゃいかん、過激は当社の専売特許!!」

と 沖縄二紙の 過激記事競争がおこってるね こりゃ〜

沖縄タイムスと琉球新報の 過激記事競争
最初に仕掛けたのは琉球新報 

二紙とも夕刊をやめ 収入減らしたから 僅かの新聞購読需要の取り合い
が始まったね 過激記事で読者獲得を目指してるようだけど
そんなこんなで「今2紙とも週刊実話」状態、勘弁してやってね

読者離れで共倒れ予想に一票ってとこかな・・・

因みに琉球新報200,043 沖縄タイムス185,439 公称だけど
多分おしがみ 2紙とも3割ってところかな
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ