2012年10月05日

片山さつきを叩いたマツコ・デラックスが安倍氏を捏造して叩く

◆片山さつきを叩いたマツコ・デラックスが安倍氏を捏造して叩く

「安倍さんはびっくりしたよね。総裁になってびっくりしなかった?腹壊したかなんかでいっぺん国を売り飛ばした人よ?いっぺんしくじった人がね、やり直すのは応援しま一国の総理大臣は話が別ですよ!まだ決まったわけじゃないけど総理になっちゃったらどうするのまた腹痛いって言い出すわよあんたー 」

このマツコ・デラックスという人物は才能も芸も何もない。
ただ巨体を揺さぶる男が化粧をしているのがおもしろい、それだけでテレビにでている乞食のような男。
この発言の動画はyoutubeにアップされても即、削除するという姑息なことをテレビ局側がやっているようである。
おそらくマツコに関してはテレビ局側から台本が用意されているのだろう。
芸で食っている人間はこのようにテレビ側の要求どおりの発言を請け負う必要もなく、芸で食っていける。
しかし、マツコ、テリー伊藤、ミッツ・マングローブ、真鍋かをり、松尾孝志、浅木久仁子などのなんの芸もなくテレビにでている人間はテレビ局にすがりついて、なんでもやらなければ食っていけないいわば寄生虫。
安倍氏を叩いている人間と片山さつきを叩いていた人間が重なるのはそういう訳なのである。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静かに進む韓国、中国対応

静かに進む韓国、中国対応

中国、韓国による常軌を逸した日本非難、罵倒に対して有効な対応策がないと政治家や官僚は述べていますが、一般日本人は既に極めて有効な手段に訴えています。

昨夜、赤坂の韓国人街を歩きましたが、給料日後の金曜日の夜7時というかき入れ時のはずが、ガラガラとなっており、中には閉店となっている高級韓国レストランもありました。
サウナのマッサージコーナーでも街の中国人経営のマッサージ店舗でもガラガラでかつての賑わいが嘘のような状態になっています。

官僚をはじめある程度の良識ある民間人は誰に言われることなく、中国、韓国関連から距離をおいているのです。

これは、対中国、対韓国に極めて有効な策となります。

スーパー、デパート、コンビニでも中国、韓国製品ではなく、日本製品コーナーを作れば、必ず日本製品を選んで購入する人は出て来ます。

日本人の作った物を日本人が買えば、日本国内で雇用が生まれ、日本国内で生産が生まれます。

我々は今回の事態を、中国、韓国製品など必要ない国内体制に作り変える良い機会にすれば良いのです。

中国からの観光客が来ないと嘆く観光地には修学旅行生を向かわせれば良いのです。
何も中国、韓国に行かせなくても沖縄、九州、富士山への修学旅行ではいけないのでしょうか?


日本人による日本人のためのビジネスを徹底的に行えば、中国、韓国などなくても十分やっていけます。

外交では負けていますが、今、現場では次第に日本は《勝ち》はじめています。
そしてこの《勝ち》がより顕在化してくれば中国、韓国内にいます良識あるビジネスマン、政治家を動かし、事態は収拾するかもしれません。

政治家や財界人に頼ることなく、一人一人の国民が日本を守るにはどうしたらよいか、ということをしっかり考え、徹底的に行えば良いのです。

家庭の主婦でも、出来ることはあります。
中国、韓国製品ではなく、日本製品を選んで買うようになれば、スーパー、コンビニは販売不振として中国、韓国製品を撤去するかもしれません。そして日本製品をよりおくかもしれません。

一人一人が月一万円でも中国、韓国製品から日本製品にシフトするだけで日本全体でみれば、月間で数千億円になるかもしれません。

静かに中国、韓国にわからせる手段を既に日本人はとりはじめており、この動きは中国や韓国が吠えれば吠えるほど進むはずです。

戦争という最悪な事態を避けるためには経済的制裁を日本人がどこまで徹底出来るかにかかっており、しかもやる時期は今しかありません。

ここでやらなければ、間違いなく日本は侵略されます


ネバダの話は
当たったためしがないおね
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ