2012年10月21日

「ヤクザの息子が保守王国・大阪の市長になった」

「ヤクザの息子が保守王国・大阪の市長になった」(2011年11月24日)

BBCの記事を読めば分かりますが、橋下徹の父親が暴力団組員であったこと、ギャンブル狂いだったこと、そして、橋下自身が、その血を受け継いでおり、賭博産業と風俗産業の二本柱で大阪経済の再興を企図していることなどが書かれてあります。

橋下は、こうした報道について否定しておらず、本人も暴力団員の息子であることを認めています。
ただし、それは、橋下にとって、メリットがあるからなのです。

大阪維新の会の体質が、突然、変質してしまったのは、橋下が国政に打って出る、と言い出したときからです。
彼のバックにいる人々は、今まで日本を破壊してきた人々ですから、警告の意味で、当ブログでも彼の正体の一端について触れてきました。

橋下徹が、島田紳助の「行列のできる法律相談所」で全国区の弁護士タレントになる前は、人道的、倫理的に問題大有りの酷薄ともいえる弁護士活動をやってきました。

あの、一見、爽やかそうな横顔には、彼の、そうしたアンダーグラウンドな陰影が見えるはずです。

サラ金取立て、売春業のケツもち弁護士から、政党の代表まで上りつめた

「橋下徹の実父は橋下之峯という名前で、暴力団土井組系の津田組の組員だった。

一時期、津田組6人衆の一人と言われ、羽振りのいい時代には、肩で風を切って闊歩していたが、ギャンブルでことごとく負けが続き、暴力団からの借金返済に窮して、最後はガス管をくわえて自殺した」。

このことについては橋下徹本人も事実であることを認めていて、国民の多くもすでに周知のことです。

父親の橋下之峯氏の背中には全面に刺青があり、そのためか、橋下徹は極端に刺青を嫌悪し、前代未聞の大阪職員に対する刺青検査に発展しました。
(しかし、大阪市職員のうち、110人も刺青をしていたとは驚きだ)

橋下は早稲田大学政経の最後の年に、司法試験に合格して弁護士登録した後、すぐに橋下総合法律事務所を開設。

当時の弁護士活動は、大阪の売春地帯「飛田新地」の顧問弁護士や、サラ金大手「アイフル」傘下の取立て悪徳業者で有名な商工ローン会社「シティズ」の代理人弁護士としての仕事が中心でした。



彼の、法律を盾にした取立て方法は、利息制限法を超える高額の利息支払いを求め、一日でも遅延すると、残金を一括して支払うように債務者に迫る、というような苛酷なものだったといわれています。

あの博多人形のような優しい顔からは決して想像できないほど、債務者に対しては、酷薄な態度で臨んでいたのです。

彼は、その当時のことをバラエティ番組で、「債権回収のうまい優秀な弁護士である」と臆面もなく話しています。

まさしく、ヤクザのケツもち弁護士。

もっと詳しく知りたい方は、「橋下徹氏の生い立ちから府知事選出馬まで (青空の社会学)&(週刊朝日)」へどうぞ。(これは事実です)

アナウンサー:
「4年間で1000億円、借金を減らしたと話していた橋下大阪前府政に対し、自民党の議員が、逆に財政が悪化していると議会で追及しました。

借金が減ったはず大阪府。実は、今年度、財政健全化団体の一歩手前の状態に陥っていまして、自民側の主張を元に調べてみました」。



橋下が大阪府知事に就任したとき、職員たちに向かって、何と訓示したかご記憶の方も多いでしょう。
「大阪府は事実上、倒産状態です。職員のみなさんは、それを自覚してください」と。

彼は、大阪府の財政を立て直すどころか、さらに借金を増やしただけでした。そして、このままいけば5年後には、財政健全化団体に転落してしまうのです。

彼は、大阪を破壊するために知事になったのです。それは、「頑張ったけれど努力及ばす」ではなく、明らかに「破壊」を目指した行為なのです。
いったい、橋下徹とは何者?

しかし、彼の「魔法の弁舌」にかかると、「大阪府の職員の皆様方は、優良会社の従業員であります」に変わってしまうのです。これは真っ赤なウソで、橋下は大阪府の破産をさらに引き寄せたのです。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下市長の条件クリア西成の市立幼稚園“廃園”免れる

橋下「定員割れしてるから閉鎖やあ」
住民「閉鎖しないで、署名集めてきました」
橋下「こんな紙切れいらんねん、定員の7割以上集めてこいや」

住民の募集活動で24人達成、存続へ・・・・

完全に住民と政治家の立場が逆転してるな
でもこれが本当の住民自治じゃないの
地域の学校を残せとか守るとか言って口だけじゃね。

集めれば存続してもらえるんだから悪い話じゃないね
人気のある幼稚園は残るしダメな幼稚園は閉鎖される。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ