2012年10月26日

角田美代子「鬼女の犯歴」

複雑な人間関係がわかる事件年表付き
▼父親は赤線に入りびたり ドスを背に登校
▼中学の担任が語る「少年鑑別所の常連だった」
▼女子高を一年で中退してスナック経営 伊勢佐木町に進出
▼16歳の少女に売春強要 10代、20代で2度の離婚 ほか
美代子に「洗脳」され「崩壊」した家族の悲劇
大江家 まじめな電鉄マンが妻を売春街に…「地獄の16時間家族会議」同席親族が告白
谷本家 PTA会長が素っ裸で逃げてきた!“高松の名家”は4000万円シャブられ壊滅
角田瑠衣 美代子の長男と結婚、両親を殴る蹴る 名門進学校の美人女子高生が赤毛のヤンキーに堕ちるまで
皆吉家 美代子の暴力装置「李正則」努力家の高校球児は覚せい剤で逮捕され暴走

橋本家 美代子姉妹と同居 兄は沖縄で“保険金殺人”疑惑 弟は昨年夏に殺され瀬戸内海に消えた
滋賀の一家 家族4人で夜逃げ 結婚目前の息子は不審死
虚言男 野田首相が年内解散に追い込まれた
維新橋下徹代表「政治資金規正法違反」の動かぬ証拠
下地郵政相二代目「疑惑のデパート」襲名
田中真紀子“じゃじゃ馬ならし”役は「文科省の森口氏」
なりすまし脅迫メールの「真犯人」
▼AKB悩ます“尖閣”と“パチンコ”って?
▼ヒットはなくても浜崎あゆみ当確の理由 ほか
政治 早くも組閣人事が渦巻く自民党「気分はもう与党」
国際 金正日の孫ハンソル氏がTV出演した本当の理由
スポーツ 微妙な成績でシーズン終了 イチローは残留できる?
芸能 三期連続ドラマ主演 武井咲が視聴率一桁でピンチ
家族 羽鳥慎一アナ元妻はなぜ旧姓を名乗り続けるのか
ペット ゼニガメ買ったら住所氏名の登録が義務

実録! 尼崎「女モンスター」の揺り籠から監獄まで
▼「高校中退」「同棲」で二十歳は「売春元締め」という狂った青春
▼背中にヤッパ! 「女子少年院」から脱走! 凶暴すぎた中学時代
▼バカ息子を溺愛で「卒業式乱入」「教頭軟禁」のモンペ伝説
▼「殺人カンパニー」を支える全身刺青「暴力装置」の手なずけ方
▼懲罰は「素っ裸で親戚に借金行脚」だった被害家族の日常
「解散の人質」の価値検証「特例公債法」不成立なら国が破滅か? 38兆円の倹約か?
「おい、小池!」を逆ナンパした「67歳」現役女の情念
(1)「アッキー」居酒屋と「田中真紀子」イタメシ屋を食べ比べ
(2)チェコで大統領候補になった日系人大富豪「トミオ・オカムラ」
(3)「猫ひろし」アクアラインマラソンは7位で帰化の日
(4)ピンでは影が薄かったグリーンカーペットの「前田敦子」
(5)「田中美絵子」選挙区が東京国替えで「青木愛」と不倫対決!
(6)「シャープ」危篤状態でも戦犯「町田前会長」の後妻と豪邸
(7)「紅白歌合戦」出場枠で芸能界に巻き起こるパワーゲーム
(8)これから失業保険で食っていく「iPS元研究員」かく語りき
「人形遣い」の錬金術 時代の寵児「秋元康」研究 メディア支配とAKB商法の根幹
ドラッグ・破産・ガン闘病 「エマニエル夫人」シルビア・クリステルの辿った数奇な運命
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国では人件費の高騰が恐ろしい事になっているそうです

中国では人件費の高騰が恐ろしい事になっているそうです。いま中国は「所得倍増計画」を推進しており、昨年から開始された第12次5か年計画で所得を2倍にすることが決定されました。そうなると、支那人労働者の賃金は、アメリカ人労働者の賃金を上回る事になるそうです(http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50352318.html)。つまり、アメリカの工場で作った方が安く作れる。

 即ち、中国で物を生産する利点は何も無くなります。逆にリスクばかりになる。中国では知的財産が守られません。ノウハウがどんどん流出していく。工場の設備にしても、もともと中国では私有が認められないため、移転したりすることも容易でない。工場を辞める場合、そのまま中国に無償で引き渡すことになる。それは中国の役人にしてみれば利権の一つでしょうから、ビジネスを守っても貰えない。むしろ、ストライキを労働者にけしかけて、工場で利益が全く出なくなるよう工作してくるでしょう。

 工場を失いたくなければ高い賃金を払い、利益が無くても操業しなければならない。もともと共産主義国ですから、当たり前のことなんですが。・・・中国進出した企業は、中国に無償で設備をくれてやったようなものです。全部取られて、後は競争相手になるだけ・・・まあ、向こうにしてみれば、最初からこういう筋書きだったわけで、その危険を指摘している人も日本に大勢いましたから、中国に買収されたマスコミの報道に乗せられた方は、バカを見たと言うべきですかな。

 或いは、一歩引いて、市場を育ててやったと見るべきでしょうか?・・・もしもまだ中国と関わるなら、高い賃金の支那人労働者に、日本国内で作った製品を高値で売り付けましょう。くれてやった設備も、どうせ古くなる。連中は自前の改良など出来ないでしょうから、いずれ高度な製品は作れなくなる。

 もう二度と騙されないように・・・それから警戒も怠りなく。


外資系企業の多くは、中国の知的財産権の保護は不十分であると考えている。
ある企業は、「中国は海外企業の技術を奪い、これらの技術を
中国国内や海外市場で利用している」との不満を漏らす。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ