2012年11月10日

はったりだけの政治活動 田中真紀子

はったりだけの政治活動 田中真紀子
◆田中真紀子大臣 「3校、認可しない」→朝「不認可などしてない」→夕「認可します」
田中真紀子文部科学相が秋田公立美術大(秋田市)など3大学の新設を不認可とした問題で、田中文科相は7日、衆院文部科学委員会で「本委員会での審議や諸般の事情もかんがみ、現行制度にのっとり適切に対応する」と述べ、一転して新設を認可する考えを表明した。3校側の反発や訴訟リスクのほか、野党だけでなく与党からも即時撤回を求める声が強まったことから判断を覆した。

田中文科相の不認可判断は、3校側や受験生らに加え、文科行政に大きな混乱を招いており、野党側は政治責任を厳しく追及していくとみられる。
ほかの2校は、札幌保健医療大(札幌市)と岡崎女子大(愛知県岡崎市)。
田中文科相は2日、「大学設置認可の在り方を抜本的に見直す」と発言し、設置認可手続きを厳格化する考えを表明。
「見直しを先送りにしたままの新設は認められない」として3大学を不認可とした。しかし公私立大の設置を審査する大学設置・学校法人審議会は、法令上の問題がないことから「新設を認める」と1日に答申していたため、既に校舎の整備や学生募集の準備を進めていた大学側は「理不尽だ」などとして、いずれも法的措置の検討を表明するなど強く反発していた。
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/121107/cpd1211071720019-n1.htm

http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto557.jpg
ハッタリだけで政治活動を行っている田中真紀子。大臣になる=偉そうにすることだと勘違い。
実力のない者ほど立場を悪用して威張りたがる民主党の典型的な人。


◆ 田中真紀子大臣 「不認可にしてない。世間が誤解してる」「3校のどこが悪いかなんて知りませんし」「新審査の撤回?無理」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/11/07/kiji/K20121107004502430.html

◆田中真紀子文科相…大学設置の在り方の見直し、かなりの方が賛成していると分かった。「これが私が知りたかったことだ」記者団に
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/11/07/kiji/K20121107004503350.html

言い訳もできないほどの失態を繰り返した結果、これが私が知りたかったことだ」などという恥知らずな答え。
これはまるで橋下市長と同じ後だしジャンケンである。似たり寄ったりのところだろう。
民主党幹部もまったく擁護できない事態となったが、田中大臣は夫ともども精神鑑定の必要があるのではないか?
最後は「覚えとけよ!」って捨て台詞を吐いて逃げるくらいしかできない人物である。

父親の田中角栄はアメリカからマークされるほどの人物であったが、その父の名前を利用して自分自身を必要以上に大きく見せることだけに政治生命を使っただけの田中真紀子。
未だに日本国民が「あの角栄の娘だ」と自分を見てくれているとたった一人で勘違いしている。
もはや国民は「角栄の置き土産は馬鹿ばかり」としか見ていない、自分がしゃしゃり出てくることが自分の父親の顔に泥を塗っていることだと気がつくことはないだろう。

小沢一郎が自民党時代、改革派として慕われて多くの若手議員らが小沢の下に集まったが、後になって石破氏は「偽者」だとわかり離れた経緯を語っていたことがある。
角栄はどんなに手が汚れようと、自分から進んで農作業中の老人に自ら「握手」を求め泥がつくことなど一切気にしない男であったが、小沢は老人を見ると露骨にいやな顔をして見せたり、老人から握手をお願いされると冷たく断ったりする態度を見て「本物ではない」と感じたという。
角栄からは日本を愛する気持ちが現れていたが、小沢には一切ないということだろう。


田中真紀子は安倍元総理のことを「種なしスイカ」、石原都知事のことを「暴走老人」などと揶揄、こういった口の悪さ、威勢の良さだけで政治家として生きてきたが、こういう人物が選挙に当選することも問題である。
「暴走老人」とはまさにこの人のことだろう。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『PBが対GDP比3,2%赤字の日本で消費税を5%上げたところで焼け石に水だ。』

『PBが対GDP比3,2%赤字の日本で消費税を5%上げたところで焼け石に水だ。』


実際には毎年50兆円もの赤字を出している日本の財政はもはや破綻しており、政治家が何もできない以上、財務官僚が再建させるしか道はないと判断しているのですがそれには外部からの力が必要になります。
すなわち、格下げです。

財務省内ではすでにその準備は終わっており、あとはタイミングを図るだけになっているはずであり、格下げと同時に日本人の金融資産は全て消滅することになります。
勿論、同時に国の借金も全て消えます。

これで国を管理する財務官僚からすれば、フリーハンドで財政をコントロールできる訳であり、政争を繰り返してまともな政治をしなやい政治家に国民金融資産消滅の責任を負わせるには最適な時期に来ています。
シャープ、パナソニック、東電、関電と言ったそうそうたる大企業が経営危機に直面すると言った事態でも日本国民は我関せずとなっています。

金融資産が消滅しましても当然でしょうし、またそうする必要があるとも言えます。

昭和21年に戻り国民全てが貧乏になり餓え死にする日本国民も数千万人出るでしょうが、それも日本国再生に必要とあらば致し方ありません。

まともに働かなくなった日本人が圧倒的多数となった今の日本を再生させるには生き残った強い日本人にその将来を託すしかありません。

ロシア、韓国、中国にかなりの日本領土は取られるでしょうが、アメリカにより護られた領土で日本再生を図ることになります。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ