2012年11月20日

11月16日衆議院解散 焦る橋下、みんなの党、石原慎太郎

11月16日衆議院解散 焦る橋下、みんなの党、石原慎太郎
野田佳彦首相が16日の衆院解散を決断し、政府・民主党が12月4日公示−16日投開票の日程を決めたことを受け、早期解散への慎重論が大勢だった民主党から15日、離党の動きが顕在化、同党の混乱が続いた。一方、国会は15日午前、積み残しの重要案件の処理を加速。最高裁が違憲状態とした衆院選小選挙区の「1票の格差」を是正するための「0増5減」案は同日午後、衆院を通過し、16日に成立する運びだ。
民主党の富岡芳忠(比例北関東)、山崎誠(比例南関東)、長尾敬(大阪14区)、中川治(大阪18区)各衆院議員は15日、離党を決断。小沢鋭仁元環境相も離党して日本維新の会に合流することを決めており、衆院での民主党の実質勢力は237議席にまで減り、党単独で過半数を割り込むことになる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012111500055

恥ずかしい民主党議員。
民主党の富岡芳忠(比例北関東)、山崎誠(比例南関東)、長尾敬(大阪14区)、中川治(大阪18区)、これらに入れた有権者たちのなんと見る目のないことよ。

離党する民主党議員の中には比例当選議員が目立つ。
党の力でなんの実力もない普通以下の人が政治家になれて、山のように国民の税金から給与をもらい、嘘だらけだったマニフェストで日本国民を騙し、政治の素人であるが故に日本にとってよい政治ができなかったことから解散となり、このまま民主党にいたら落選すると困るからと離党をし、維新に入れてもらってまた比例当選させてもらおうという魂胆である。
また日本人の何人かが騙されて彼らに投票するのだろうか?


富岡芳忠(比例北関東)
2005年衆院選に栃木5区から出馬するも茂木敏充に83,624票で落選。
2009年衆院選に茂木に8,791票差で落選して比例復活。

山崎誠(比例南関東)
神奈川県第8区から出馬し、選挙区ではみんなの党の江田憲司に54,209票の大差をつけられ落選、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し当選した。
永住外国人への地方選挙権付与に賛成議員。

長尾敬(大阪14区)
2002年(平成14年)8月 明治生命保険相互会社退社。同年9月、民主党大阪府第14区総支部長に就任。翌年11月9日の第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補するも、78,654票で次点に終わる。
2005年(平成17年)9月11日の第44回衆議院議員総選挙に、民主党公認候補として立候補。89,142票で、再び次点に終わる。
2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、自民党現職の谷畑孝を制し、136,798票を得て、初当選を果たした。
自民党への移籍を希望。

中川治(大阪18区)
衆議院議員秘書や、部落解放同盟の研究部門である部落解放研究所勤務等を経て、1991年(平成3年)に大阪府議会議員選挙に和泉市選挙区から出馬し、初当選。以後3期連続当選。

長尾敬議員は自民党への移籍を希望しているが、この時期に移籍を希望するということは、このまま民主党にいたら負けてしまうので、今のうちによそへ逃げ出そうとしているだけである。
この人が本当に自民党議員として政治を行いたいのであれば、一度無所属で選挙を戦い、自力で当選した後で移籍してもいいのではないか?
それが筋だろう。安倍総裁をダシにして奇麗事を述べてるがはっきり言って見苦しい。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく自民党支持者でありながら

よく自民党支持者でありながら「次の選挙では自民党の中にいる売国議員を落選させなければならない」となどと寝ぼけたことを平気で言う人がいるが、自民党は今現在野党である。
まずは民主党から政権を取り返して、一人でも多くの議員を当選させて議席を確保するのが党の方針であり、数で決まる政治の世界において多数決で法案の取り決めが行われることを考えると少しでも民主党の議席を減らして、自民党の議席を増やすのが最良である。
自民党の中の売国銀は与党になってから落選させればいいのであり、なんとしても民主党に二期続けて政権をとらせることを阻止するのが一番の目的だろう。

また小選挙区制は選挙が一騎打ちになる傾向が強いために「落選させる」方法としてはライバル候補にいれるしか方法がない。自民党の売国議員を落選させようと言っている人間は「民主党議員に投票しよう」と言っているのと同じである。

仕事をしていない人間ほど世間を知らず「もう民主党は終わっている」と自分の脳内=世間だと勘違いするが、まだまだ地方公務員の中には民主党支持者が多いのは事実である。

こういった人間は同じような傾向があり、ツイッターなどで発言しているのを見かけるが、共通しているのは自民党総裁選で国民投票ではないのに同じ自民の「石破氏」を叩いて「安倍さんを当選させましょう」、「石破氏は元々在日の可能性があります」とまで言い出す人たちである。
要は自分が支持している人と対極に位置する人が出てきた場合、それが同じ自民党議員であっても「在日朝鮮人!」と認定して攻撃をする、いわゆるネトウヨと呼ばれても仕方がない人たち、頭の悪い人者達である。

こういった人間は日本人になりすました韓国人左派、または北朝鮮人の可能性も高いが、ツイッターは馬鹿発見器とはよく言ったものである。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ