2012年12月01日

習近平は抹殺される!中国内部崩壊「7つの証拠」

■爆弾
[状況、展望など]
[ヤバさ度]

【政権内部】
■太子党
[状況、展望など]
自らも身を置く太子党内でも、親の出身機関に応じて、党系、国務院系、軍系がある。習近平は国務院系。他の党系、軍系をいかに抑えられるかが問題。もしコントロールに失敗すれば、太子党内から分裂の火の手が……。
[ヤバさ度]
ここを束ねられなければ就任早々、厳しい事態に……。

■団派
[状況、展望など]
前最高権力者である胡錦濤ら共産主義青年団派(団派)は、太子党とともに今後も政権内を二分する勢力であり、陰に陽に権力闘争(勢力争い)が展開されるだろう。いかに太子党と団派とのバランスを取り、使いこなせるかが政権安定のカギとなってくる。
[ヤバさ度]
コントロールできなければ、指導力は大幅に弱体化、中国政治は極めて不安定化する。

■公職者の腐敗・不正問題
[状況、展望など]
この問題は、いまだ深刻の一途。公職者による脱税、横領、資金の海外逃避、マフィアとの結託、情報漏洩……。これらは大衆の不満を鬱積させるだけでなく、党および政権の財政、モラルの混乱、崩壊の引き金になりかねない。
[ヤバさ度]
年々深刻化しており、このままでは共産党の存続自体にも関わってくる。

■軍部との協調
[状況、展望など]
国際関係の緊張、中国の海洋進出の拡大、宇宙空間への進出などを背景に軍の発言力は着実に増大。また、地方独自の経済システムの整備が進むにつれ、中央からの独立性を各軍区が見せ始め、「国家の中の国家」化が表われつつある。軍と折り合いをつけながら、しかも独走を決して許さない体制を固められるかがポイントになる。
[ヤバさ度]
ひとつ誤れば、中国分裂の危機をはらんでいる。

【外部】
■民族運動
[状況、展望など]
チベット、ウイグルなどの民族独立の動きは、現在は小康状態にあるが、それは徹底的な監視と予防的措置などで抑え込んでいるだけ。したがって、ひとたび突発的な事件などが起これば火の手が拡大する可能性は絶えずある。外には漏れないが、暗闘は続いている(死者、拘束者は断続的に出ている)。
[ヤバさ度]
常に発火点に達する可能性がある。

■貧富の格差、機会の不平等
[状況、展望など]
まだまだ沿海部(都市部)と地方(内陸部、特に農村)の格差は大きい。また、経済成長、企業利益優先の強引な開発事業が進んでいることや、コネとそれに伴う"袖の下社会(金権主義の風潮激化)"のため、就職難が深刻化。こうした状況下で大衆の不満、憤り、反感は膨らみ続けている。そして、それが反日暴動となって噴出している面もある。「第2の天安門事件」の恐れは常にある。
[ヤバさ度]
いつ爆発してもおかしくない状態にある。

■国際関係
[状況、展望など]
世界一多くの国を隣国に持つゆえ、それだけ抱える問題(紛争)も多い。また、大国としての振る舞いを要求される。
[ヤバさ度]
経済にも悪影響があり、同時多発で国家崩壊も。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険 できもしないことを並べて馬鹿を騙す橋下市長

危険 できもしないことを並べて馬鹿を騙す橋下市長
動画
http://www.youtube.com/watch?v=hxuUaFlyB_g#t=2000s

テレビに出演した橋下市長は衆院の定数半減について、「それは我々が過半数とれればね、一週間でやりますよ」と暴言。
彼独特のデタラメ戦法である。多くの国民は発言の真偽などどうでもよく「威勢の良い」をことをいう人間に対して「いいぞ、やれやれー」「よくぞ言った」と手放しに喜ぶ人が多い。
嘘でもなんでもいい、大きなことを言う人間=器が大きい、期待してみたい、となるのである。

そもそも維新は過半数を取れるほどの議員を擁立していない、これでどうやって衆議院で可決することができるのか?可決するには参議院もあるのだが、参議院に維新の議員はいない。もちろん、一週間でできるはずがない。
石破氏が真剣に話をしようとしているのに、橋下氏は常にテレビを気にして馬鹿な国民の票を集めようと大風呂敷を広げているのである。

また衆院の定数半減と共に維新の会は参議院廃止をすると「維新八策」という政策集に盛り込んでいたが、突然橋下市長は「次の参院に挑戦させてもらいたい」などと発言。

◆日本維新の会、相次ぐ政策転換に高まる批判・・・維新八策「参院廃止」→橋下代表代行 「次の参院に挑戦させてもらいたい」
日本維新の会が、衆院選を前に相次いで政策を変更している。
合流した太陽の党メンバーへの配慮などが背景にあるが、既成政党からは「大衆迎合で、思いつきの政策を発信してきた結果だ」などと批判が出ている。
維新の会の橋下徹代表代行は20日のTBSの番組で、「(首長と国会議員の)兼職禁止規定というものがあるが、この禁止を外してもらえれば、僕は次の参院に挑戦させてもらいたい」と述べ、首長と国会議員の兼務を禁止した地方自治法が改正されれば、大阪市長のまま参院選に立候補する考えを表明した。
維新の会は、8月にまとめた維新八策で「参院廃止を視野に入れた衆院優位の強化」「二院制だとしても現在の参院は廃止」と掲げている。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121121-OYT1T00231.htm


民主党と維新の会の共通点
@経験不足の素人政治集団
A選挙で勝つことだけを目的として、その手段として実現不可能なことを言い大風呂敷を広げる
B政策論のバラバラの人間を集めた烏合の衆

◆元セクシーアイドルの佐々木理江氏が年齢を1歳サバ読みしていたことを認めた!
日本維新の会は21日、大阪市内で衆院選小選挙区の3次公認候補60人を発表、
東京21区(立川市、昭島市、日野市)から元グラビアアイドルの佐々木理江氏=芸名・佐々木梨絵=(30)が出馬する。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121122/elc12112208010034-n1.htm
佐々木理江さん
http://dengekitsuushin.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e1b/dengekitsuushin/sasakirie03-de335.gif


◆吉本芸人・富山泰庸(41)日本維新の会から出馬 神奈川16区
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/22/0005546008.shtml

橋下氏が吉本芸人の次長課長の生活保護問題に関して一切の沈黙を守っていたのは、実は吉本とズブズブだったことが判明。とうとう選挙区に吉本芸人が登場。


◆田村淳、参院選に「維新の会」から出馬予定も、警官口論騒動でおじゃんに!?
http://news.infoseek.co.jp/article/cyzowoman_20121115_267031

韓国大統領の天皇を侮蔑した発言に対してツイッターで突然異を唱えだしたロンドンブーツの田村淳。
心にもない言葉を並べ立て、天皇陛下を擁護し韓国大統領を叩いて、在日から反感を食らうとここぞとばかりに在日と対決して見せて点数を稼ごうと愛国ツイートを開始。
そしてたった在日との自作自演に近いやり取りをみただけで「淳は愛国者」だと喝采を送る右よりのネット利用者たち。これほどの馬鹿馬鹿しい茶番はみたことない。



共産党は脱原発記事で赤旗に中核派載せて褒めまくっていた


◆元たちあがれ日本 堕ちていく西村眞悟氏
彼のブログを見ると維新を持ち上げるために「民主もだめだけど、自民もだめ」だと明確な根拠なく、「両方とも戦後体制」と大雑把な理由から、そういった言葉が連なっている。
そして、自身がなぜ維新から選挙を戦うことになったのか書かれている。
読んでみると、自分の選挙区である大阪十七区には別の候補者が維新から擁立されてしまった経緯が書かれており、平沼氏から「自分も我慢した、頼む耐えてくれ」と言われて「腹を決めた。我を捨てる。大義の前で旧勢力を利する内紛をしない。」と締めくくっており、なぜそこまでして維新なのか?と疑問を感じたのだが、なんのことはない、西村眞悟氏は当選確実な比例の名簿上位に入れてもらっただけである。

西村真悟氏を比例・名簿上位に 維新、合併で調整
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121121/waf12112109390006-n1.htm

国士と言われていた政治家が当選したいがために、政策や方針が違う政党へ集まるさまは、民主党という沈みがかった船から逃げ出す売国ねずみ、勝ち馬を求めて奔走する理念なき者と同じである。
もはや維新の会は節操のない者の溜まり場と化している。

過去の西村氏の「橋下氏」に対する発言、ブーメラン
「この頃関西の方でマスコミに脚光を浴びてる人が『理念が一致』だとか言ってまるで拉致があかない。情がわからない人に情の民族である日本人の政治に携わってほしくない。理念なき者が理念を振りかざすな!政治に大切なのは情だ。」


◆維新の会は第二民主党 よそから維新へ逃げてきた人たち コピペより
・今井豊   (大坂維新の府幹事長)元自治労東大阪役員、元同和利権組織ティグレ生野所長

・浅田均  (大阪維新の政調会長) 後援会の代表者が産廃処理業者JーPORT会長

・井上哲也 (元社会党) 社会党副委員長で同和利権ボスの井上一成の甥

・谷畑孝  (元社会党・外国人参政権賛成) 同和利権組織ティグレの候補 部落解放同盟 ハンナンから支援

・小沢鋭仁 (元民主党・外国人参政権賛成) 小沢一郎支持★ 「脱原発して、韓国から電力の直接輸入を行う」

・松野頼久 (元民主党) 小沢系★ 鳩山内閣のブレーン TPP反対(維新はTPP推進)

・水戸将史 (元民主党) 選挙で握手のため車のドアを開きバイクと事故、救護せず

・今井雅人 (元民主党・外国人参政権賛成) FX情報会社会長 芸名マット今井

・柳ケ瀬裕文 (元民主党) 東京都都議 「蓮舫」公設第一秘書

・栗下善行 (元民主党) 東京都都議 児童ポルノ関連でイベント参加者に対し謝罪を都知事に要求

・石関貴史 (元民主党) 小沢系★ 習近平の特例会見を擁護 丸刈り白スーツ

・阪口直人(元民主党・外国人参政権賛成)


民主党支持者は労組に限らず地方公務員が多い。しかしながら今回の選挙では惨敗の色が濃い。
もはや敵はテレビがもちあげる維新だろう。

選挙はあらかじめそれぞれの政党がもっている組織票と、どこにいれるか流動的な浮動票によって決まる。
投票率が上がるということは浮動票の影響が強くなるということ。
そしてその浮動票とは、テレビの影響を受けた層であることから「テレビ票」とも言われる。すなわち、投票率が上がるということはテレビが持ち上げる維新への票が増えることを意味している。
もちろんこの中には3年前よりもネット利用者の割合も増えているだろうが、自民党も決して楽な選挙ではないはず。油断せずに頑張って欲しい。


国民はもう騙されない
民主党と生活の共通点
注目集め話題作りに必死


テレビなどで「美人すぎる市議」として話題になった埼玉県新座市議・立川明日香氏(27)が24日、衆院選の埼玉4区から「国民の生活が第一」の公認を受け、立候補することを明らかにした。立川市議は2月の新座市議選で初当選。その後、公選法の定める3か月以上の居住実態がないとして市や県選管から当選無効の決定を受けた。立川市議は近日中に市議を辞職する意向を示したが、「有権者の理解を得られるかどうか」を指摘する声もある。

 立川市議はスポーツ報知の取材に「次の衆院選に出ます。脱原発と消費増税反対を訴えたい」と明かした。すでに、生活の小沢一郎代表(70)と会談。立候補する意向を伝え、了承されたという。選挙区は埼玉4区(新座、朝霞、志木、和光市)で、26日に正式発表される見通し。

 新座市議会で同じ会派「市民と語る会」に所属し、立川市議を支えてきた高邑(たかむら)朋矢市議(58)は「22日に突然伝えられました。『国民の生活が第一』から出馬要請を受けた、とのことでした。事前の相談は一切なかったです。彼女はいつも相談がない」と困惑気味。「本人の人生だからしょうがないですけど、厳しいと思う」とした。


民主はウンザリ自民はコリゴリ。
こうなると庶民票の行き場は共産と生活しかない。
志位の表情がにこやかだわ。


>志位さん

1番まともに見えるから困ってしまう


 志位さん
みなさん有難う 今の政治を見てますとね、民主、自民も政策に瑕疵が
露見しているでしょう わたしね 思うんですよ これからは共産党が
政権担っていかないとだめだと 
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公明党の日本再建

公明党の日本再建
1責任感と経験 ←ナマポの大量生産
2具体的政策実行力 ←10兆円大型補正予算 また赤字かよ
3地域に根ざした政策 ←被災地では見て聞いて入信させてかい

いじょ


ミンス党はね
与党じゃなんも言えんの
野党になると偉そうになるんだ
よく覚えておくように


おいおい
沖縄
今度は戦闘機の騒音で
健康被害の訴えかよ
騒音だのなんだのと
いろんな苦労はわかるが
本当に米軍を追い出しても良いの?


解りました
騙されないようにします
ありがとうございました


尖閣はあっというまに上陸され
与那国と八重山と石垣が乗っ取られ
軍隊基地作られる次は対馬から九州だ
中共は恐ろしいが
米軍はトモダチだそれを忘れてはいけん
いいかこの選挙は国防選挙だ
覚えとけ


>健康被害の訴えかよ
>騒音だのなんだのと

たかり屋は
どこにでもいます


宜野湾市民はたしか
公共料金無料なはず


自分が不甲斐ないのは
民主のせい


ガス料金だけ無料だた
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先に福島のコシヒカリを高齢者に食べさせようとする運動を見て

先に福島のコシヒカリを高齢者に食べさせようとする運動を見て、
私は憤慨し批判しました。というのも、
私が当該販売者白河市の「酒井商店」から入手した米に
添付された県の検査票ではNDでしたが、
現物を測定するとCsがトータルで184Bq/Kg以上出ていたものですから、
信用できないと思います


昨日友人から恐ろしい話を聞いた。
彼女の親戚は福島のコメ農家で、原発事故以降コメが全く売れない。
5kgで4〜5000円だったコシヒカリが今は30kg1万円でも売れない。
なので新潟に卸して「新潟産コシヒカリ」として売っていると言う。
「風評被害のせいだから仕方ない」と彼女は言っていた。


「日立市、高萩市で収穫した50%以上の米に
基準値超セシウム(300〜500ベクレル)が検出された。
この検査結果についてJAは一切公表しない。
理由は米をNDの米とブレンドするから。」


「百貨店59店舗とインターネットを通じて販売されていた「新潟県産コシヒカリ」
と表示されたコメからサンプルをとって、DNA鑑定しました。
その結果、表示通り「新潟県産コシヒカリ」と確認できたのは
全体の53%にとどまりました。」


 高辻氏は、その志田名地区での実地調査を続ける放射線衛生学の専門家、獨協医科大学准教授の木村真三氏の依頼を受け、米などの農作物や土壌、水などの放射能汚染を測定してきた。その過程で、衝撃的な“超高濃度汚染米”の存在を発見したのである。

 その“ホットスポット”で昨年、試験的に採取された米からは、1kgあたり357Bq(ベクレル)という高い放射性セシウムの数値が測定された。厚生労働省が定める規制値は100Bq/kg。およそ3.6倍もの高濃度汚染である。

 高辻氏は、より精密に汚染を調べるため、以下のような測定を行った。汚染米から2つのサンプルを作り、それらを別個に測定したところ、全く同じ米のはずが、一方からは約18gで6.5Bqの高濃度の汚染が測定されたのに対し、もう一方からは1.27Bqしか検出されなかったのだ。疑問を持った高辻氏は、さらに、高濃度のサンプル米をまた半分に分け、それぞれの汚染を測定した。

 この作業を何度も重ねていき、最後にはサンプル米3粒が残った。測定の結果、そのうちのひと粒は2.9Bqで、残りの2粒は0.0048Bq。驚くべきことに、約18gのサンプル米がもっていた汚染のうち、なんとおよそ半分の汚染が、0.02gの米ひと粒に集中していることが明らかになったのである。この0.02gで2.9Bqという濃度は、1kgあたりに換算すると約14万Bq/kgにもなる。

 これは、放射能汚染が均等に広がるのではなく、ひと粒、ないしは田んぼの中の1本の稲穂など、極端に偏った状態で進む可能性があることを示している。そして、そうした米だけを検査で弾くことは、現在の検査体制では不可能なのだ。

「高濃度汚染米を取り除こうとするなら、米ひと粒ずつをチェックしなければならない。でもそれは現実的に難しいですし、個人が5kg、10kgのお米を買ってきて、その中のひと粒だけ弾いて食べないようにするなどということもできません。高濃度の汚染米を食べてしまうという、ある種“貧乏くじ”を引いてしまう可能性があるわけです」(高辻氏)
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ