2012年12月15日

あとから振り返って「あの時が分かれ目だった」と、数年後に歴史の転換点に気づくことは多い

あとから振り返って「あの時が分かれ目だった」と、数年後に歴史の転換点に気づくことは多い。
ほとんどの有権者は、まだ気づいていないが、12月16日の総選挙は、歴史の転換点になるとみていい。
この選挙は、日本が終末に向かう序曲になるだろう。

法大教授の五十嵐仁氏(政治学)が言う。

「民主党に失望した有権者は『ほかに入れる党もないし』という軽い気持ちで自民党に一票を投じるつもりかもしれない。
しかし、軽い気持ちで投票したら、今回ばかりは、有権者の意図を超える重大な結果をもたらすと覚悟すべきです。

『3年前の自民党政権時代に戻るだけさ』と思ったら大間違いです。
3年前とは自民党の体質も、政治状況も一変しているからです。

さすがに3年前は、自民党も〈国防軍〉や〈改憲〉を前面に出すことはなかった。
安易に自民党に票を入れたら、こんなはずではなかった、という結果になりますよ」

国民生活も悲惨なことになる。まず、消費税が10%にアップされるのは確実だ。
原子力村とベッタリ癒着してきた自民党政権では、国民が切望する「脱原発」も絶望的。オスプレイに怯える沖縄県民も見殺しにされるだけだ。

「最大の懸念は、中国とコトを構えそうなことです。安倍総裁は『尖閣諸島に構造物を造る』と中国を挑発している。
しかし、中国との関係が決定的になったら、輸出もストップし、日本経済は大打撃を受けますよ。

消費増税とダブルパンチで、国民生活はもたない。最悪なのは、安倍総裁は勇ましいことを唱えるだけで、
国民生活にほとんど関心がないことです。このままでは、いつか来た道です。
〈国が第一、私は第二〉と、国民生活はないがしろにされるでしょう」(五十嵐仁氏=前出)
日刊ゲンダイ


小沢を持ち上げる事に終始したゲンダイの、悲惨な終末への序曲だな


ヒュンダイの見出し
6/28 民主党へ投票が最良の選択
6/29 今更自民に投票は時代遅れだ
6/30 民主党過半数で政権交代完了
7/1 民主60議席が争点
7/2 迷わずに民主党に投票しよう
7/3 多士済々の民主党に投票しよう
7/5 民主党60議席!民主党は大勝し自民は消滅へ
7/6 民主党の選挙有利が圧倒的印象
7/7 民主多数は微妙か否か
7/8 地方の選挙民の低水準が問題


脱原発なんて必死に争点にしてるけど、
プロ市民と被災地以外の国民は興味が無いことにいい加減気付くべきかと


>国民が切望する「脱原発」も絶望的。オスプレイに怯える沖縄県民も見殺しにされるだけだ。
まるで国民と沖縄県民の総意みたいな書き方だなあw
もし皆がそう思ってるんなら自民は負けるんじゃね?


脱原発なんて絵空事を本気で信じてるのは
左巻きのアホくらいじゃね?
あと、歴史の転換点なら3年前だろ。
とりあえず多くの日本国民は3年前の結果を激しく後悔し、
民主党政権に対して深い絶望を感じてるわ。


日刊ゲンダイ 11月27日 小沢 ・ 喜田連合100議席超え

日刊ゲンダイ 11月28日 小沢大仕掛け、脱原発連合130議席超え

日刊ゲンダイ 11月30日 小沢未来、選挙情勢、比例76議席超え

日刊ゲンダイ 12月03日 小沢未来、小選挙区60議席すでに確定


ゲンダイの断末魔がきもてぃーのうwwwwww


君たち
マスコミにぎゃふんと言わす為に
投票日当日に投票する奴は
もし出口調査に遭遇したら
「民主党に投票しました」と応えるべきだな


おいおい、ゲンダイ
お前さん、小沢一郎大センセイを信用してないのか?

あの小沢一郎大センセイが負けるわけねぇじゃんw
ビビってんじゃねーよw
ほっといたって小沢センセイ率いる日本未来が議席の過半数獲得して大勝利するよw

だから安心して身の丈にあったエロ記事でも書いてろ。な?


そういえば、最近、ゲンダイとかフジとか読んでる人
帰りの電車内で見たことない
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆議院選挙 脱原発を掲げる中核派 この人に日本を預けるのか?

衆議院選挙 脱原発を掲げる中核派 この人に日本を預けるのか?
私は原発推進ではないが、代替が用意されていない状態で「危険だ、怖い」という原発を止めてしまうことには反対である。
また突然活断層というのが持ち上げられて、それの上に原発があるから止めないといけないという馬鹿げた発想が生まれてきているが、原発には耐震機能が施されており、福島原発は津波による事故、それを証明しているのが震災に遭いながらも事故を起こしていない女川原発である。
日本の原発を止めさせている一番の理由は「日本の電気不足」を狙った外国勢力と知らず同調しているわずかな日本人である。

http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto584.jpg
反原発デモで使用された小道具。裏にはハングルの文字。

ほとんどありえないことを想定して「止めろ」「怖い、危険」だと本気で思っている方は、朝鮮勢力の「日本を電気不足に追いやる」ことに政治利用されてしまっている人たち。

その手の人たちはキチンとした知識には興味がなく、山本太郎のような低俗な芸能人の言うことは鵜呑みにする人が多い。万事において楽に楽に流れていく人たちだ。
そしてうわべを非常に気にしてブログやツイッターなどには、「絆」「命」「平和」などと一緒に「脱原発」の文字を入れて「何かいいこと」をしている人だと読者に思われている、と勘違いしている場合が多い。

「反原発」はいわばステータスであり、それが自分の夫の職を奪うことになりかねない現実、電気不足(他国から買わされる)ことこそが自分の子供の将来を潰していくことになることすら気がつかずに、自分に酔い、何か良いことをしていると勘違いしているのである。

民主党に騙された人と同様に将来「反原発に騙された」と言い出すだろう、日本にとってお荷物でしかないまじめで賢くない人たちはまた「騙したほうが悪いんだから」と開き直り、形を変えた朝鮮勢力に再び騙されるを繰り返す。


◆尖閣諸島のデモに乱入して邪魔をした人物と「反原発運動」の主催者は同一人物
http://twitpic.com/4jkuf6

◆「1記事500円で、出来るだけ『放射能は怖い』と思えるようなブログ書いて」 謎の記事作成者募集、発覚
http://gigazine.net/news/20120114-radioactivity-report/

◆左翼のデモでは参加者に日当 脱原発デモに参加したら1万円
土日夜行バスツアーを紹介したが、土岐は野宿のオプションにも参加していました。
福井から戻ってきて数日経ちましたが、デモに参加して実はちょっと怪訝なことが。
金がもらえました。

最終 土岐のツアー代金=4550円(2泊3日福井)
バスツアー代3000円(初日支払い)
3000円+11550(新幹線)−10000(配当金)
4550−4410(特急券)=鈍行で帰ればなんと140円

良く分かんないけどデモは得ね!
カンパを配当される「反原発バスツアー」はるるぶにもガテンにも載ってない穴場情報でこの夏も熱い?
http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/23_02/

http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto469.jpeg
原発反対といいつつトイレの電源元を勝手に破壊して充電をするデモ参加者たち


◆無所属・山本太郎氏「地震活動期の日本で原発を稼働させることは自殺行為なんです」東京8区
駅前のスペースに小さな“お立ち台”やスピーカーを組み、ライブ会場に。「山本太郎フェス」と題したイベントの冒頭でマイクを握ると、歌…ではなく、演説を始めた。「地震活動期の日本で原発を稼働させることは自殺行為なんです」と、これまで通り、脱原発を主張。「僕を国会に連れてってください。大きな声を出させてください!」と訴えた。
演説後は、商店街を練り歩き、その間にミュージシャンが屋外ライブを行った。同選挙区からは、自民の前職・石原伸晃氏、民主の円より子氏、共産の上保匡勇氏も立候補している。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121209-OHT1T00039.htm

薄っぺらな中核派とともに行動している山本太郎の言葉について「祈りがこめられていた」という人もいる。あなたはどのように捉えただろうか?
こうやってもっともらしいことを言うが、この人は地震学者でもなんでもない。
しかし賢くない人は、ギョッとすることには目をつけ耳を傾けてしまう。そして「怖い怖い」と言い出して煽られる。
これはくだらない陰謀論を繰り広げて人工地震だと騒いで野次馬を寄せ集めて恐怖や敵対心を植え付け、「嫌中国を嫌アメリカ」へと誘導しようとする陰謀論者のことを信じることと同じである。

http://blog-imgs-53-origin.fc2.com/c/a/h/cahotjapan/melto585.jpg
ダンス甲子園という番組で海水パンツ一枚で踊る高校生時代の山本太郎

山本太郎の言うこと一つにしても、今まで勉強や努力などとは縁遠い生活をしてきたことが言葉の端々に出ており、内容が受け売りで勉強不足、感情が先走る、話が下手 で何も伝わってこない。
申し訳ないがこのような男を尊敬し、素晴らしいと目を輝かせてしまう人間は日本人にはほぼいないだろう。ましてや日本の国会議員になどなれば、まともな政治ができないばかりか、税金の無駄遣いも甚だしい。
活動家として中核派や馬鹿を引き連れて騒ぐくらいが合っているだろう。

聞いている方たちの本音は、こんな人に政治家になって政治を混乱させてもらいたくない、反原発だけの政策で議員になって欲しくない、ではないか?
マドンナ旋風など過去にもブームに乗って世の中を変えたいといい、政治家になった人にロクなのはいない。


今頃
将軍様は
ひざを叩いて
喜んでいそうだな
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元グラドルの維新ガールズ・佐々木理江、年齢詐称に愛人疑惑のスキャンダル

元グラドルの維新ガールズ・佐々木理江、年齢詐称に愛人疑惑のスキャンダル

 東京21区から出馬する元グラビアアイドルの佐々木理江(30)。出馬直後にグラドル時代に年齢詐称していたことが暴かれるなど、早くも今後の活動に暗雲が立ち込めている。しかし彼女を知るグラビア関係者は、さらなる黒い過去が明らかになるのでは……と懸念しているという。

「彼女は、事務所の先輩で仲のよかった小倉優子に『日本一、打算的なニュータイプアイドル』とキャッチコピーをつけられるぐらいの腹黒キャラでした。実際かなり打算的で、仕事をもらうために、当時所属していた事務所・アヴァンギャルドの牧野昌哉社長の愛人疑惑が出るほど媚びを売っていたので、グラドル仲間からは嫌われていました」(グラビア誌編集者)

その甲斐もあってか、彼女はロリータキャラとしてグラビアを中心に活躍。また売れっ子の小倉優子の妹分的存在として露出を増やしていった。しかし2010年3月に牧野社長が脱税で逮捕されてからは、芸能活動も徐々にフェードアウト。

「社長が逮捕されてからは、株、パチンコ、ボートレースと趣味を生かしたジャンルで細々と活動していたのですが、番組で知り合った人気ボートレーサーの中野次郎と交際を開始。同時に佐々木は芸能界から引退しました。中野がイケメンなのに加え、2011年の獲得賞金が5,000万円を超えるなど、高収入なのが決め手になったようですね。しかし佐々木は、中野の稼ぎだけでは満足せず、今年に入ってからは代官山にネイルサロンをオープン。もちろんその開店資金の大半も彼の金ですよ」(芸能記者)

それだけの関係があったにもかかわらず、発売中の「週刊文春」(文藝春秋)では交際を否定している。

「出馬に当たっての売りがルックスしかないのですから、男の存在は邪魔だと判断したんでしょう。そのような性格のため彼女には敵も多く、早くもいろんな週刊誌にいろんなネタがリークされていると聞いているので、今後さまざまなスキャンダルが出てくるでしょうね。芸能活動中の年齢詐称も足を引っ張るでしょう」(週刊誌記者)

「わたしたちなら、変えられる!」というキャッチコピーで、現在選挙活動中の彼女。しかし本当に変えないといけないのは、彼女自身の性格なのかもしれない。


佐々木りえ
全く性格悪そうに見えないよ


佐々木理江ちゃんは
(;Д;)
処女やあ


あの笑顔を見ると
悪女とは思えない
(´・ω・`)


理工学部
完全にアイドル化
(´・ω・`)
こんなかわいいこが男ばかりのところに
何人の御男たちが胸しめつけられただろうか
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州を街ごと“コピー”する中国世界遺産が危ない

参拝客らの立ち入りが禁止になっている和歌山県那智勝浦町の那智の滝 世界遺産がおかしなことになっている。オーストリアの湖岸の美しい町が中国に“コピー”され、日本では和歌山県の那智の滝でロッククライミングをした男らが礼拝所不敬容疑で逮捕されるという珍事件も。一方で、中東では内戦が続くシリアで戦闘による直接的な被害が出たほか、パレスチナ自治政府が推薦したキリスト生誕地とされる「聖誕教会」の登録が決まり、対立するイスラエルとの新たな政争の具となりそう。人々のエゴや無知に翻弄されながらも今年で世界遺産条約採択から40年。大阪では府内初の登録を目指す百舌鳥・古市古墳群で本格的な測量が80年ぶりに行われたのだが…。(篠田丈晴)

 ■町並みを“コピー”

 直接的な被害ではないのだが、ブランド品からテーマパークまで何でも偽造してしまう「コピー天国」の中国が今度は世界遺産の町までもまねてしまった。

 “被害”にあったのは、オーストリア中部の湖岸にある美しい世界遺産の町ハルシュタット。2千年以上続く岩塩の採掘や湖岸の歴史的な町並みで知られ、1997年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。町の狭い路地は多くの観光客らでにぎわい、特に中国人の年間宿泊客は同国の経済発展を反映して2005年の約50人から昨年は約2400人に急増していた。

 
こうした中、中国南部・広東省の広州市近郊に、湖のほとりに教会やホテルなどハルシュタットの中心部や通りをまねた分譲地「ハルシュタット・ビラ」が登場した。販売価格は地元の高級住宅の3倍以上だが、初回分譲400戸の大部分が契約済みという。今年6月の記念式典には、ハルシュタットの町長らが招待された。

 ただ、経営するホテルと同じ建物が建設された男性は「無断でコピーされたなんて信じられない。この町には人々が積み重ねてきた歴史がある。建物はまねできても、歴史や暮らしまでまねすることは絶対にできない」と反発する。

 そんなことを訴えたところで、中国人には「のれんに腕押し」なのだが、これが恒常化しないよう欧米の人には教訓にしていただきたい。

 ■戦火で観光地も打撃

 一方、昨年3月から内戦状態にある中東シリアは深刻だ。激戦地・北部アレッポで9月末、世界遺産に登録されている旧市街のスーク(市場)がアサド政権と反体制派との戦闘による出火で甚大な被害を受けた。

 アレッポのスークは、路地の長さが約13キロにも及ぶ屋根付き市場。13世紀ごろから現在の形に発展、観光の目玉としてだけでなく、市民生活の場として根付いている。反体制派活動家らによると、9月28日から29日にかけて起きた火災で、市場内の商店1500軒以上が損傷。直接の原因は不明だが、反体制派は同月下旬から、アレッポ制圧に向け旧市街にも部隊を展開、これに対し政府軍が集中砲火を浴びせていた。


 シリアにはアレッポ旧市街に加え、ローマ時代の遺跡パルミラなど計6カ所の世界遺産がある。内戦が始まる前は日本の旅行代理店も各種ツアーを組むなどしており、人気の観光地だった。しかしロイター通信によればユネスコは、うち5カ所が戦闘などで損壊したと推定している。

 日本の外務省は昨年4月26日付で、シリア全土に対して危険情報を出し、渡航延期を呼びかけている。今年10月末に国連などがイスラム教の祝祭「犠牲祭」期間に呼びかけた4日間の一時停戦も実現しなかった。日本人が安心してシリアを訪れる日は遠い。

 ■中東の火種になるかも

 同じ中東では、ユネスコの世界遺産委員会が6月29日、パレスチナが推薦していた、キリスト生誕の地とされるヨルダン川西岸ベツレヘムの「聖誕教会」とその巡礼路を世界遺産に登録することを決めた。パレスチナ自治政府は、パレスチナの主権が国際社会に支持されたとして、「パレスチナの大義への希望と自信を与えるものだ」(ファイヤード首相)と歓迎する声明を出した。

 昨年10月にユネスコへの正式加盟が承認されたパレスチナは、聖誕教会が「(1967年の第3次中東戦争以降から続く)イスラエルの占領政策で危機的な状況にある」と、保護の必要性を訴えていた。

 世界遺産の推薦は原則、国単位で行われるため、今回の決定は教会周辺の土地をパレスチナの「領土」と認める意味合いも持つ。今年9月に国連での位置づけを「オブザーバー組織」から「オブザーバー国家」に格上げすることを目指す方針を示すなど、国際機関での国家承認を求めるパレスチナにとっては追い風だ。

 
だが、和平交渉の当事者であるイスラエルのネタニヤフ首相は、パレスチナ側のこうした動きを「一方的だ」と非難し、今回の世界遺産登録についても、「文化ではなく政治的な動機によるものだ」と批判した。

 聖誕教会は4世紀に、キリストが生まれたとされる洞窟の上に建てられ、キリスト教徒にとってはエルサレム旧市街の聖墳墓教会と並ぶ聖地でもある。

 ■罰当たりな岩登り

 日本人も騒がせた。著名なロッククライマーを含む男3人が7月、和歌山県那智勝浦町の世界遺産、那智の滝でロッククライミングをしていた。県警は3人を軽犯罪法違反(禁止区域への立ち入り)と礼拝所不敬容疑で書類送検したがその後、起訴猶予となった。

 那智の滝は、熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体で、落差は133メートルと、日本一を誇る。

 3人の逮捕容疑は、敷地への立ち入りが禁止になっている那智の滝の滝つぼ近くにある「立入禁止」の札がかかった柵を乗り越え、岩を登ったとしている。県警や同大社によると、ロープなどを使いながら、滝の約3分の2の高さ約100メートルまで登ったという。

 3人は当初「日本一の那智の滝に登りたかった」と供述していたというが、その後「こんな大ごとになるとは思わなかった」と反省の言葉も口にしたようだ。


 朝日芳英宮司は「ご神体を土足で汚すとはけしからん。こんなことは初めてで許せない」と憤った。

 罰当たりな行為は、熊野那智大社と同じく熊野三山の熊野速玉大社(和歌山県新宮市)でも一昨年発覚。同大社所有の山林を無断伐採したとして、市議らが文化財保護法違反容疑などで書類送検され、その後起訴猶予となった。

 ■エゴや無知に翻弄され…

 1972年の世界遺産条約採択から40周年の今年、ユネスコは本部(パリ)での開幕行事を皮切りに、世界各地で記念会合を開催。11月6〜8日には、最終の会合が京都市で開かれ、ユネスコや調査機関のイコモス、締約国の政府関係者が集まり、世界遺産の保全と地域の生活水準を両立させる取り組みの重要性などをうたった提言「京都ビジョン」をまとめた。

 一連の記念会合のメーンテーマは「持続可能な発展と地域社会の役割」なのだが、“世界遺産”たちは政治に利用され、人々のエゴや無知に翻弄されてきた。そんな中、大阪府教委などは9月、府内初の世界遺産を目指す堺、羽曳野、藤井寺3市を中心に広がる百舌鳥・古市古墳群の航空レーザー測量図を作成したと発表した。測量は登録に必要なデータの取得のため実施された。古墳の半数近くは、宮内庁が管理する陵墓や陵墓参考地で立ち入り調査ができないため、本格的な測量調査は80年ぶりだったという。こうした地道な努力が実を結んだのち、「世界遺産」がないがしろにされることがないよう望みたい。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ