2012年12月26日

戦後最低の投票率?

戦後最低の投票率?

 
ひょう吉の疑問 2012-12-22

総選挙の疑問点

1 戦後最低の投票率、というのが最大の疑問。投票総数ではなく入場者数を示すべき。特定政党への投票が抜き取られたのではないかという疑惑。


2 1にもかかわらず、投票所に長蛇の列ができたこと。こんなことは今までになかったこと。都知事選と重なった東京以外でも長蛇の列ができている。事前の世論調査でも、国民の関心が高かったことが裏付けられている。

3 1にもかかわらず、多くの投票所で、投票終了時間の繰り上げで、さらに投票率が低下したこと。

4 ネット上の世論調査では未来の党が1位か2位を走っていたいたにもかかわらず、選挙結果との隔たりが大きすぎること。

5 消費税増税・TPPが選挙の争点から隠されていたこと。大手マスコミによる世論操作の疑い。

6 ある選挙区では、筆跡が同じ投票用紙が多数あったという声が上がっていること。

7 圧勝した自民党の得票数自体は惨敗した3年前の総選挙と変わっていないにもかかわらず(比例区では全体の27%)、自民党が過半数をはるかに超える294名の当選者を出したこと。そのことはライバル政党への投票が抜き取られた可能性とも符合すること。その辻褄を合わせるために、大手マスコミが投票日の午前中から戦後最低の投票率を強調したのではないかという疑惑。

8 自民党参議院議員の三原じゅん子氏が、投票終了時刻の30分前に出口調査の結果として『自民党が厳しい』状況にあることをブログで公表していること。ところがその30分後のテレビの選挙報道番組では、出口調査の結果として逆に『自民圧勝』と伝えられたこと。

9 ここ3年間、大手マスコミによる執拗な小沢一郎叩きが続いていること。

10 維新の会への過剰なる応援報道が続けられたこと。小沢叩きと好対照をなしていること。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京18区(武蔵野市、府中市、小金井市)の横粂勝仁議員を語るスレ

東京18区(武蔵野市、府中市、小金井市)の横粂勝仁議員を語るスレ。

09年、民主党に属し神奈川11区から出馬。小泉進次郎氏に小選挙区で敗れるも比例復活。
11年5月に菅政権混迷の中、離党表明(後に除名)。ドサクサに紛れて小泉より少しは勝てる
見込みのある菅の選挙区(東京18区)に国替え。小泉は敵ではなく同志ということにする。

震災後にはアイドルプロデュース、ラノベ執筆、バラエティ番組出演と議員活動以外で大活躍。
同じく震災後にホテルで出会い系パーティを催していたことをブブカに抜かれて東スポで釈明。

離党時に政党政治を批判しながら新党「改革の志士」旗揚げ。さっそく国民に1億円をたかる
プロジェクトをはじめるも、選挙が近づいた途端、大阪維新に擦り寄りを開始。掲げていた
反大阪都構想を訂正し、実質的に撤回。「ご都合主義」と維新の地方議員達に失笑される。

TPPも維新が賛成しているため、断固反対の立場から「イエスともノーとも言えない」立場に変節。
これら保身に過ぎる動きや、かつて選挙区の小金井市長選に秘書が出馬した際に「橋下」の名前
を無断使用し、橋下から「明らかに虚偽」ときられる失態なども影響してか、いまだ維新の会に加
われないままでいる。

尖閣問題で日中関係が戦後最高にこじれる中、かつて小沢訪中団にも参加し「外交の横粂」を自称
していた議員は、秋葉原でニューハーフらとコンドームを片手に記念撮影。アナルセックスの議論
に耳を傾けた。

その他、震災被災者を中国で雇用させると言った「栄成市プロジェクト」などやりっぱなし企画多数。
3年使った議員無料パスを、今さら使わない宣言したりと選挙に向けてパフォーマンスには余念が
ない。一人会派でコッソリ月65万の立法事務費を余分に得ていたが、その後、同じ離党組と改革無
所属の会を結成。まとめて維新入りを狙っている。


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/giin/1348251561/
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍「TPPに反対とか言ってたな。もちろんウソだ」 

安倍「TPPに反対とか言ってたな。もちろんウソだ」 
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1356163242/

自公、TPP「最善の道求める」 連立合意書案 公約より前向きに

 自民党と公明党が25日に署名する連立合意書の文案が20日、明らかになった。
環太平洋経済連携協定(TPP)について「国益にかなう最善の道を求める」と明記し、
自民党が先の衆院選で掲げた政権公約よりも交渉参加に前向きな表現となった。
金融政策では2%の物価上昇率目標を設定し、デフレ脱却をめざす方針を打ち出した。

 TPPについては自民党が公約に盛り込んだ「『聖域なき関税撤廃』を前提に
する限り交渉参加に反対」との条件がなくなった。
公明党の公約も「TPPは国会で十分審議できる環境をつくるべきだ」との
言及にとどまっていたが、連立合意書ではより交渉参加しやすい表現に変わった。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2002O_Q2A221C1PP8000/


反日の
自民叩きが始まっただけです
慣れましょう


・池田信夫 ?@ikedanob

 公約なんか信用できないから、政治家はIQで選ぶしかない。
 その点では、橋下>野田>小沢>渡辺>>>>>>>>>>>>>>>安倍かな。
 2012年12月8日 - 21:41
 ttps://jp.twitter.com/ikedanob/status/277649217734983680



      _,,.. - 、 
     ,.-'      `' 、.
   ,r'       ,rfn、 \
    ,'  ,rffn.   '"     ヽ
   .i  '"     ,riiニヽ.   ',.
   {  ,riiニヽ      _.    ',   
   !   ,..  _,,.. -‐' _,..r'  i
   ',   '、., __ ,.. -‐''"゙  }  |
    `、  ヽ        !   } 信夫の言う通りでした
     '、  ヽ      ./   !
     \  `ヽ==='゙    ,'
       ' 、        / .
        `''‐   . r' \  
         /    く    \        \
         |     \     \         \
          |    |ヽ、二⌒)  \          \



少し早いが
参議院選はどこに投票したら
いいかな?
自民党は糞だし困ったな
何か良いアドバイスを頼む 
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK「あさイチ」でも話題の“貧困女子”、出会い系売春の実態

『彼女たちの売春(ワリキリ)−社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社) NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、11月5日放送に放送された特集「サイレントプア 声なき女性の貧困」。放送後も話題を呼び、同時期に雑誌『現代思想』11月号でも「女性と貧困」と題し特集が組まれるなど、女性の貧困問題が各所で注目を集めている。

 「サイレントプア」とは、当事者が声をあげない(あげられない)ため、手助けを求められず、貧困から抜け出せない状態のこと。日本では税金を除いた年収が112万円未満である場合を貧困とするが、これでいくと現在の独身女性の3人に1人は貧困状態となり、さらに母子世帯の場合は、貧困率が48パーセントにものぼるという。「あさイチ」では、一例として、病気により働けなくなった際の借金を返済するために、風俗店で働く40代の女性を紹介。人に頼ることもできず、社会から孤立するこの女性の姿は衝撃的なものだった。

 しかし、貧困を理由に身体を売るのは、風俗店で働く女性だけではない。11月29日に発売された『彼女たちの売春(ワリキリ)−社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社)によれば、出会い系サイトや出会い系カフェなどを利用した売春によって生計を立てる女性も多いというのだ。


 ワリキリは、出会い系メディアを使い、個人で売春を行うことを指す言葉で、「お金で割り切った体の関係」を意味する。本書はワリキリを行う女性100人以上にインタビューを実施しているのだが、ワリキリで得たお金のほとんどを子どもの将来の資金として貯金しているという女性や、子どもが小さいため外出できず、自宅に男性を呼びワリキリを行っているという女性など、シングルマザーのワリキリ事情も紹介。なかには貧困が母親から娘へと連鎖している例も取り上げられている。

 また、本書では、日本においては女性の売春を「道徳」や「気持ち」の問題として捉えて憤る人の多さにも触れ、「今の日本はすでに豊かな先進国のはずなのだから、それでも困難な状況に置かれているという者は、どこかで甘えているような例外的な人物」とされている現状にも言及。「売春する女性」は取り締まる対象として論じられこそすれ、福祉の対象として論じられる機会は少ないのではないかという問題提議を行っている。

 本書にもあるように、近年、メディアがクローズアップしてきた「年越し派遣村」や「ネットカフェ難民」などのワーキングプア問題は、その多くが「貧乏になってしまった男性の物語」として語られてきた。女性の場合、ホームレスになるには危険が伴うため、ワリキリで出会った男性の家を転々とする者も少なくはなく、目に見えにくいという問題もあるはずだ。働く女性の半数が非正規雇用であるという不安定な社会のいま、「女性の貧困」はもちろんのこと、「望まない売春」についても考えていく必要があるのではないだろうか。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ