2013年06月30日

三保松原登録、ユネスコへの寄付と交換条件で合意

 ユネスコの諮問機関「イコモス」から除外を求められていた三保松原も、富士山と一緒に逆転登録された。吉報が舞い込んだ先週末は「GW並みの混雑」(土産店)というから笑いが止まらない。それにしても一度はダメと言われ、「覆すのは不可能と思っていた」(川勝平太・静岡県知事)という三保松原はどうして登録となったのか。 

 TVのワイドショーなどは、前ユネスコ事務局長の松浦晃一郎氏(元駐仏大使)らの「地道なロビー活動が実った」と紹介していたが、各国のユネスコ委員に「天女の羽衣伝説」をどれだけ説明しても、理解されるとは思えない。実は、日本は絶好のタイミングで“実弾”をブチ込んでいたのだ。 

 イコモスの登録除外が伝えられたのは、5月1日のこと。その直後、日本はユネスコに対し、「小渕恵三研究奨励金プログラム」を発表。ユネスコに寄付すると明らかにしたのだ。発展途上国の若手研究者に1人年間6000〜1万ドルを無償給付する内容だ。 

 「現在、アメリカがパレスチナのユネスコ加盟に抗議して拠出金の支払いを拒否しているため、約31億円を拠出している日本は、今や最大の拠出国。外務省には『ユネスコ人的資源開発日本信託基金』というプール金もあり、小渕恵三研究奨励金以外でも援助金をばらまいている。ユネスコにとって日本は大スポンサーなんです。小渕恵三プログラムからの寄付金は、ダメ押しになったはずです」(外交関係者)つまりそういうことなのだ。まあ、世の中は「熱意」や「誠意」で動くほど甘くはない。


2ch書き禁辛いやあ
槇沿いくらわすな
近未来の2013年やぞ


>2ch書き禁

わそのプロバなんて
巻き添えだらけで
書き込める方が珍しい


2年後には
バックトゥザヒューチャーだと
空飛ぶチャドンチャと
浮くスケボー
日本ではジェッターマルス誕生
なのにいまいち未来感が
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国汚染食品で人類滅亡!?

■増え続ける奇形児
 中国では毎年、80万から120万の奇形児が誕生しており、その数は年々増加傾向にある。原因は、深刻な環境汚染や危険物質が含まれた食品だろうと言われている。先天性の心臓病が最も多いがそれ以外にもさまざまな奇形が報告されている。世界最多の手足合計29本の指を持つなど、手足の数が多い赤ちゃん。双頭、単眼症、シャム双生児、妖怪「ぬっぺほふ」のような肉の塊のような姿の児童……。およそ人間からは程遠い姿となっている子どもたちが多い。さらに、中国では生まれた子が障害児だった場合、捨ててしまう場合が多いという……。

■中国汚染食品で人類滅亡!?
 もはやこれは、世界的規模の食品テロである。中国の毒まみれ汚染食品で人類滅亡などという恐ろしい結果にもなりかねない。因果応報という言葉がある。自分でまいた種は、自分で刈り取らなければならないのだ。このままだと中国自身が自ら撒いた悪の種によって自滅する可能性もある。危機を感じて、自国のモラルを考え直す必要があるだろう。


激昂すること火の如し
   ノ)ノ,(ノi        
.  (    (ノし      
 . .┐) ∧,∧  ノ
  ..|( ( ....:::::::) アリエナス! 
   ̄⊂/ ̄ ̄7 )      


むすめさん
おとーしゃん
かっけえ〜


不貞寝すること山の如し
  _,,..,,,,_
 /    ⊃ヽ-、__
 l     /      ヽ
/`'ー-/____/


  :('ω`;):  今日も致命傷で済んだ
  :ノヽV ):
  | :< < ::


          |//|: :l: : : /|\:/ |: : : :,'   |: :{: : : : :│  | : l: : : : : : :|: : : : : : : :ヽ
          |/ :|: :l: : / :|: /\|: :/l:|__,、|: ハ: : : : |  | : |: : : : : : :|: : : : : : : : : \
          | i八:ハ :│ |/ィ≦i示坏、ヽ |/  \ ^'|\ ヽハ: :∧ : /: : : : : : : : : : : :
          |   ヽl: ∧ {{. {{//..:::ー'}      \| ,x≧==∨ニ| /|: : :/: : : : .:ト、 : :
          /   /|ヽ:ハ  '⌒)しイリ        ´ /爪...:::(心、│ /| : : ∧ 〈 \
           |/  / :|: ;' : iとこゞ辷ン          {{///..::jノ}ハ∨ |: : / ハ:∨|
         /  / _|/: : '   ー─''           '⌒)_イトリ }}  /:/ :j : |`ヽ!
           /  /´ /: : :i ////    ,            `''ー‐てつ   |: : :.:i : | ノ|
.          /  /   /: : : :{        ′        ` ー‐      |: : :.:i : |く /
         /  /   / : : : 八                     //////   |: : :.:i : | \
.       /  /   |: : : : i: :|\      ^ヽ__,. --、           イ|: : :.:i : |   ヽ
      │ {    | : : : :i: :|  |>,、     、            イ /│: : :i :


/   //   /   //    ______     /   //   /
 / //   /|   r'7\ ,.ヘ‐'"´iヾ、/\ニ''ー- 、.,   /    /
  /   / |  |::|ァ'⌒',ヽ:::ヽrヘ_,,.!-‐-'、二7-ァ'´|、__
`'ー-‐''"   ヽ、_'´  `| |:::::|'"       二.,_> ,.へ_
         /  //__// / / /      `ヽ7::/
 か っ も  |  / // メ,/_,,. /./ /|   i   Y   //
 ァ  て う.  |'´/ ∠. -‐'ァ'"´'`iヽ.// メ、,_ハ  ,  |〉
  |  約 中  ヽ! O .|/。〈ハ、 rリ '´   ,ァ=;、`| ,ハ |、  /
  |  束 国   >  o  ゜,,´ ̄   .  ト i 〉.レ'i iヽ|ヽ、.,____
  |  し  金  /   ハ | u   ,.--- 、  `' ゜o O/、.,___,,..-‐'"´
  |  た  融  |  /  ハ,   /    〉 "从  ヽ!  /
  |  じ  問  |,.イ,.!-‐'-'、,ヘ. !、_   _,/ ,.イヘ. `  ヽ.
 ッ .ゃ .題   |/     ヽ!7>rァ''7´| / ',  〉`ヽ〉
 ! ! な  は   .',      `Y_,/、レ'ヘ/レ'  レ'
   い  解    ヽ、_     !:::::ハiヽ.   //   /
   で  決    ./‐r'、.,_,.イ\/_」ヽ ',       /  /
   す  し   /    `/:::::::/ /,」:::iン、 /    /
      た   〈  ,,..-‐''"´ ̄ ̄77ー--、_\.,__  /
      ,.:'⌒ヽ ´         | |  , i |ノ   `ヾr-、
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<関東連合>六本木事件や組織の全貌は…元幹部インタビュー

<関東連合>六本木事件や組織の全貌は…元幹部インタビュー

毎日新聞 6月28日(金)15時1分配信


「関東連合」OBをめぐる主な動き

 東京・六本木のクラブ襲撃事件や歌舞伎俳優の市川海老蔵さん暴行事件でメンバーらが逮捕された暴走族「関東連合」のOBグループについて、元幹部の30代男性が毎日新聞の単独インタビューに応じ、「事実を話してグループを解散に追い込みたい」と六本木事件の真相や組織の全貌を明かした。東京都杉並区と世田谷区を拠点にしていたギャング集団が成人して六本木かいわいに進出。指定暴力団の看板に頼り、闇金融などをシノギ(資金獲得活動)にしていた実態が初めて浮かんだ。

【スーツ姿でインタビューに答える元幹部】

 「あ、違うかも……と思ったけどとりあえずぶん殴っておいた。裁判が終わるまで海外で様子を見る」。未明に六本木事件が起きた昨年9月2日の夜。男性は事件を主導したとして殺人容疑で国際手配されているOBグループのリーダー、見立(みたて)真一容疑者(34)から直接そう打ち明けられた。

 男性によると、事件のきっかけは2008年3月16日未明にさかのぼる。都内で開かれた見立容疑者の誕生パーティーの帰りに、参加者の関東連合関係者の男性が西新宿の路上で襲撃され、死亡した。今も未解決の犯行を対立グループの仕業とみた見立容疑者らはリーダー格の兄弟への報復の機会をうかがっていた。六本木事件は被害男性をこの弟と誤った末の出来事だった。


 男性は「この西新宿事件で危機感が強まった。見立(容疑者)君は世田谷出身者を中心に住吉会、杉並出身者を中心に山口組の系列組織の配下に入れていった」と振り返る。

 捜査関係者や男性によると、関東連合は生まれた年ごとにリーダー(総長)がいる。見立容疑者は1978年のリーダーで、この年から83年までの「6世代」が近年の主な登場人物という。男性も6世代のリーダーの一人。「6世代とそれ以外の関東連は別物というプライドがあった」。渋谷などのクラブで乱闘を繰り返したという。

 成人したメンバーは先輩OBの仲介で六本木や西麻布などの繁華街でシノギを得るように。男性のようにアダルトビデオ制作や芸能プロ経営という「正業」についた者もいたが、残りは闇金融や振り込め詐欺など「裏のシノギ」にのめり込んでいった。男性は「正業で成功した人間からは、みかじめ料のような『連合経費』という金が徴収された。使途は見立(容疑者)君にしか分からないが、緊急連絡用の携帯電話『連合携帯』の購入や示談金などに使われていたようだ」と振り返る。

 男性は27日、自身の活動などをまとめた手記「いびつな絆」(宝島社)を出版。「残ったメンバーにできることはグループを解散し、事実を話して罪を償うことだ」


関東連合に接点があるライターは、「工藤氏の正体は、見立容疑者の後輩に当たるS氏ではないか。出会い系サイトなどで成功して財を為し、今は不動産事業やコンサルティングをしているといわれています。
すでに逮捕・起訴されている関東連合元リーダーの石元太一被告の面倒を昔から見てきた兄貴分で、石元ルートでさまざまな情報が集まったのでしょう


柴田がカンジの弁護士をつけた事から見立に脅される
見立は危機で殺人予告する
平原はバットマンズ事件で弘道会に睨まれるわ、工藤や田丸や稲川会高村の名前まで出して逃亡、四面楚歌
柴田、準指定で裁判で争う姿勢で、中村に相談
工藤からの苦情に苦しむ
柴田は社会的復帰を希望するため文春に暴露
工藤と柴田は社会的地位を脅かせられたため、偽名や仮名で名前を消す意見で一致した
同時に柴田は見立にこれ以上、関わるなら出るとこ出るぞと宣言、紙面に登場
見立は柴田に手を出せなくなり、工藤と中村を使って必死に先手を打った
中村は名前消しの達人
中越ルートで田丸は堺組に入ったが、中越の出所前に縁を切る為に発砲
これが事実と真相

見立真一 国際指名手配
工藤明生 闇金の帝王
佐藤幹二 見立の同級で永福卍だったが、バットマンズ事件で敵対
柴田大輔 クリエイジェント創業者
田丸大 幸平一家堺組事務局長、永福卍中越と兄弟分高村有柾 稲川会佃政一家本部長


秋○(放送作家)
重人や田丸、一部関東連関係者の面倒をみていた
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘ばっかりついてると

「嘘ばっかりついてると、朝鮮人になるで」
「本物の日本人に、卑怯者はおらん。お前は朝鮮人か?」
「人に感謝できんもんは、朝鮮人といっしょや」
「日本人はお互いさまやけど、朝鮮人は、勝ち負けでしか物事を考えよらん」
「朝鮮人に貸しをつくったらあかん。親切そうに恩を売りよるだけや。あとで恩知らず、ゆうてゆすられるで」
「朝鮮人に、絶対金をみせたらあかん。盗まれるで」
「朝鮮人は、他人のものは自分のものや思とる。盗みがばれてもケロっとして、返せばええやろっていいよる」
「朝鮮人に、優しくしたらあかん。弱い奴や、ゆうて恩を仇で返されるさかいな」
「朝鮮人には、絶対に謝ったらあかん。あいつら勝った、と思たら居丈高になって一生嫌がらせしよるからな」
「日本では、世の中のためになる人が偉人やろ。朝鮮では、日本人をいじめたり、殺すもんが偉人になるねん」
「朝鮮人は、強いもんには笑いながらすり寄りよるけど、弱いと思たら、襲いかかってきよるで」
「朝鮮人は、自分がついたウソを信じ込むねん。差別とか、歴史がどうとかいう時は、ぜんぶウソやで」
「朝鮮には、誇れる歴史があれへん。そやから歴史を守ろうとせんで、かってに創ろうとするねん」
「朝鮮人は、劣等感のかたまりや。おのれの自尊心が傷つく事を一番恐れとる。だから自分にウソをつくんや」

「とにかく、朝鮮人と関わったら絶対あかん」


ありきたりだがロレックスの腕時計とかはどうか
すでにアベノミクス効果ってことで紹介されちゃってるけどね


高級品が売れてます!とかマスコミがアホさらしてたけど
知ってれば気が付いたよね
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

【卓球】・・・わざと負けた? 「一強状態」からの脱却を画策する中国

【卓球】・・・わざと負けた? 「一強状態」からの脱却を画策する中国

卓球界に異変が起きた。5月の世界選手権でのことだ。
中国が男子ダブルスとミックスダブルスで金メダルを逃したのである。
世界選手権4大会連続で全種目優勝を続けてきたことを考えれば、「まさか」と言ってよい出来事だ。

しかも、男子ダブルスで優勝経験を持つペアが別の選手と組んで出場するなど全力で勝ちに来ていないかのような姿勢に、
「わざと負けたんじゃないか」と考える向きもあるほどだ。

それが単なる勘ぐりとは言い切れない事情がある。卓球は、中国が他を圧倒する成績を残し続けている。
さらに中国からの帰化選手が各国代表に名を連ねてきた。まるで中国勢のみで五輪を含めた国際大会が
争われているかのようなありさまが人気低迷につながりかねないと、国際卓球連盟も対策を講じている。

'08年には国籍を変更した選手の出場制限を設け、同年の北京五輪で中国が男女個人戦の表彰台を独占したことから、
'12年のロンドン五輪では出場枠を1国あたり各3名から2名に減らしたのだ。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ