2013年08月24日

クレヨンしんちゃんの映画「電力会社社長を倒すストーリー」公開前に

20 :名無しさん@13周年:2013/08/17(土) 15:57:12.07 ID:MbgDwt130
クレヨンしんちゃんの映画「電力会社社長を倒すストーリー」公開前に、
作者が落下事故で亡くなっていた、とありました。なんともいえないのですが・・
https://twitter.com/deep_deep_red/status/360245658944409602

人気漫画「あたしンち」は原発を批判した直後に連載が終了していた
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7270099.html

“食べて応援”は農水省→電通の23億円丸投げ広告利権
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7267664.html

事故責任者が六億持って逃亡の中、復興はなし、食べて応援てのは何かのジョークかの
https://twitter.com/aitaiwan101/status/367245635181092864

勝俣恒久会長→日本原子力発電の社外取締役に再任(現在家族と共に海外在住) 
清水正孝社長→関連会社・富士石油の社外取締役に天下り (現在家族と共に海外在住) 
武井優副社長→関連会社・アラビア石油の社外監査役に天下り(現在家族と共に海外在住) 
宮本史昭常務→関連会社・日本フィールドエンジニアリングの社長に天下り(現在家族と共に海外在住)
木村滋取締役→関連会社・電気事業連合会の副会長に再任(現在家族と共に海外在住)
藤原万喜夫監査役→関連会社・関電工の社外監査役に再任(現在家族と共に海外在住)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1375939071/139
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

日本軍と戦わない屈折が反日に

★筑波大学大学院教授・古田博司 日本軍と戦わない屈折が反日に

 近代史上、韓国は日本軍と戦ったことがない。韓国が主張する戦いは1920年の青山里戦闘1回きりで、敵は
 朝鮮人匪賊だった。当時の満州には、このようなアウトサイダーがあちこちにいた。対日戦争を独立戦争として戦ったのは
 北朝鮮の故金日成国家主席と仲間たちだけだ。青山里の戦闘で勝ったというウソを定着させようと韓国は骨を折って
 きたが、戦場に残ったのは日本軍であった。敗けた方が戦場に残る道理はない。

 韓国が英雄として誇るのは、あとは爆弾魔のテロリストだけだ。有能な人材は全て日本の近代化に参画したから、
 放浪者しか残らない。その放浪者の爆弾テロリストを英雄に仕立てなければならないのは、今の韓国の悲哀である。

 長く英国支配に抗してきたアイルランドでは、このような卑劣を正義とは見なさない。ダブリンにある旧英総督府は、
 1916年の「イースター(復活祭)蜂起」の記念館になっているが、掲げられている英雄たちはみな蜂起の指導者で
 処刑された者たちである。

 中国人で日本軍に正面戦を挑んだのは、国民党軍であり、共産党軍ではない。中国研究者たちは1990年代後半から
 戦いを主導したのは共産党だという恥ずべきウソに加担したが、今では正常心に戻っている。
 中国にいた日本軍を勝者として武装解除したのは、国民党軍であり、満州の方を武装解除したのは、旧ソ連軍である。
 共産党軍は日本軍の武器をソ連軍から供与され、この火力で戦後、国民党軍を台湾にたたき出した。
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101703180000-n1.htm


★筑波大学大学院教授・古田博司 日本軍と戦わない屈折が反日に

 近代史上、韓国は日本軍と戦ったことがない。韓国が主張する戦いは1920年の青山里戦闘1回きりで、敵は
 朝鮮人匪賊だった。当時の満州には、このようなアウトサイダーがあちこちにいた。対日戦争を独立戦争として戦ったのは
 北朝鮮の故金日成国家主席と仲間たちだけだ。青山里の戦闘で勝ったというウソを定着させようと韓国は骨を折って
 きたが、戦場に残ったのは日本軍であった。敗けた方が戦場に残る道理はない。

 韓国が英雄として誇るのは、あとは爆弾魔のテロリストだけだ。有能な人材は全て日本の近代化に参画したから、
 放浪者しか残らない。その放浪者の爆弾テロリストを英雄に仕立てなければならないのは、今の韓国の悲哀である。

 長く英国支配に抗してきたアイルランドでは、このような卑劣を正義とは見なさない。ダブリンにある旧英総督府は、
 1916年の「イースター(復活祭)蜂起」の記念館になっているが、掲げられている英雄たちはみな蜂起の指導者で
 処刑された者たちである。

 中国人で日本軍に正面戦を挑んだのは、国民党軍であり、共産党軍ではない。中国研究者たちは1990年代後半から
 戦いを主導したのは共産党だという恥ずべきウソに加担したが、今では正常心に戻っている。
 中国にいた日本軍を勝者として武装解除したのは、国民党軍であり、満州の方を武装解除したのは、旧ソ連軍である。
 共産党軍は日本軍の武器をソ連軍から供与され、この火力で戦後、国民党軍を台湾にたたき出した。
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/121017/kor12101703180000-n1.htm
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カネボウ美白化粧品 白斑についてのひとつの考察

カネボウ美白化粧品 白斑についてのひとつの考察
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/e27a7485ec45182a36a50cd33e75ce76 より

わたしは、むしろユーザーである消費者の側に、
白斑を引き起こす要因があるのかもしれない、と疑っています。
つまり放射線障害による甲状腺機能の異常や免疫系の異常によって、
これまで問題にならなかった健康障害が出てきたのかもしれない、
という憶測です。

この化粧品はたしかに
生体内のメラニン生成を阻止する強力な新成分を含んでいます。
しかし2008年に発売されるまえに、当然、かなり大規模な実証試験を行なって
安全性を確認していたわけだし、
発売後も今年まで白斑の発生は報告されていなかったようです。

発売は2008年、つまり震災の3年前です。
震災前に、この化粧品は出回っていたけれど、何ともなかった。
しかし、震災2年経って、急に白斑症の人が出現した。


希望の牧場 〜ふくしま〜 2012/09/13
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2012/09/post_1af1.html より

牛の体毛に
斑点が出始めている


「(こんな症状は)みたことがない」
と吉沢


希望の牧場にいる牛は約380頭
内10頭弱に同様の症状がみられる


都民の顔に白斑
https://twitter.com/mahalo66096618/status/369372125179559936
写真:福島の鳥にも白斑
http://www.wbsj.org/activity/conservation/research-study/radioactivity/situation_tsubame201305/
写真:チェルノブイリの鳥にも白斑
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011042603


サウス・カロライナ大学の生態生物学者ムソー教授共著の、
チェルノブイリ事故の放射能汚染により鳥のアルビニズム(白色症)と
腫瘍が増えたという論文。 https://docs.google.com/file/d/0B9SfbxMt2FYxLWtLSV9QMVROTTA/edit
「アルビニズムと腫瘍は、放射線被ばくのバイオマーカーである」
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メガヒット仕掛け人・秋元康氏守護霊が語る「AKBは女の子たちの東大なんだ」

AKB48のプロデューサーとして知られ、作詞4000曲以上、80曲を超える作品がチャート1位、シングル総売上げも歴代1位と、「天才」の名をほしいままにしている秋元康氏(55歳)。

その「ヒットし続ける秘訣」は、どこにあるのか?「時代の仕掛け人」にマーケティングの秘密や成功の秘訣を聞き、さらに「霊的なルーツ」をも聞こうと、秋元康氏の守護霊インタビューを試みることに。

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁による公開霊言によって、秋元氏の「本心」が明かされた。そして意外な「過去世」も。

※本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中。また8月21日から全国書店で発刊予定。


◇天才ヒットメーカーの「本心」を探る

 秋元康氏は、いわずと知れた「AKB48の仕掛け人」。AKB48は今や「社会現象」とも言える大ヒットグループになり、「AKB総選挙」は本家の国会議員選挙も顔負けな盛り上がりを見せるなど、そのヒットし続ける手法は各界から注目を浴びている。

 秋元氏についても、様々なメディアが取り上げ、その「秘密」を探ろうとしているが、秋元氏自身はなかなか「本心」まで明かそうとはしてないようだ。また、そのマーケティングの手法は、どの世界でも成功する秘訣を秘めているが、いまだナゾの部分が多い。

 なぜ、秋葉原の小劇場からスタートした素人集団のAKBが、スターダムにのしあがり、社会現象にまでなったのか。秋元氏自身は「結果論です」「戦略を持っていないことが成功の秘訣」など、煙に巻くような発言を繰り返すが、その「本心」を探りたいところだ。

 大川隆法総裁は、史上最高の霊能力者でもあり、故人の霊や、生きている人の守護霊をたちどころに呼び出して、「霊言」をさせることができる。「守護霊」とは、本人の過去世の魂でもあり、潜在意識の一部でもある。つまり、「本人以上に本人を知っている存在」であり、本人が表面上語らないことも「本心」として語る。マンガのふきだしで言えば、点線で「心の声」として出てくる部分だ。「本音と建て前」を使い分けている、その「本音」の部分と言ってもよい。

 果たして、天才プロデューサー、秋元康氏の「本心」は、どのようなものだったのか?


◇「一塁打でも振り逃げでも、やれることは何でもやっている」

 大川隆法総裁に招霊された秋元康氏の守護霊は、最初は戸惑った様子で、「本心」を語るのをいやがっていた。

「まだ呼ばれるような立場じゃないと思うんだけどなあ」「私は、裏方なんです」「人物研究され始めたら、だいたいもう終わり、というか、棺桶に入る」

 など、あくまで黒子に徹し、表に出るのをいやがる素振りを見せた。

 だが、対話者が「ターゲットを明確にしているんですか?」と質問すると、少しずつ、AKBのマーケティングの「秘密」を語り出した。

 AKBが小劇場の会いに行けるアイドル」からスタートし、徐々に口コミやネットで広がり、社会現象にまでになるには、並大抵の努力や方法論ではあるまい。秋元氏の守護霊はその方法論を明かしつつも、大川総裁が冒頭に「イチローみたいに一塁打を打ち続けている」と自身を語ったのを受けて、「いや、こっちも一緒ですよ。一塁打、ないしは振り逃げばっかりやっているので。とにかく、もうやれることは何でもやってますよ」と、泥臭い努力の大切さを強調した。

 このようにスターたちを生み出す秋元氏の「人生観」は、どのようなものなのだろうか?

 霊言の中で、たった一回、守護霊が気色ばんだ部分がある。それは、対話者が「中学受験の時に、開成中学に失敗したということが……」と質問しようとした時だ。

「ずいぶんキツイ弾が来るなあ」「そこから来たかあ」

 秋元氏にとって、ここを突かれるのは、かなりのアキレス腱のようだ。やはりコンプレックスがあるらしい。

「まあ、もう一つの出世コースつくってんだよ、はっきり言えば。だからさ、AKBは、もう一つの東京大学なんだよな。女の子たちの東大だ。そこへ入学すれば、みんながスターになれるという」

 秋元氏が開成中学から東大というコースから外れたという「劣等感」をバネにして、自らの「夢」をAKBに託し、スターになりたくてもなれない大多数の女の子の「夢を追える存在」として、AKBをつくり上げたという、「秘話」が明らかにされたのだ。


◇秋元康氏の過去世は、教科書に載っている歴史上の人物

 秋元氏の守護霊は、その後も、さまざまな質問に対して答えてくれた。

「一見普通の女の子の中に、ダイヤモンドになる素質を見つけていく秘訣は?」

「そういう子を見つけるチェックポイントは?」

「現代における人気者をつくり出す秘訣は?」

「人気がない時から、成功をしていくための秘訣は?」

「時代の読み方について教えていただきたい」

「飽きられないための工夫は?」

 などの質問に対して、秋元氏ならではの「秘訣」や「秘密」を、守護霊が明かしていく。どれも、目からウロコのような話ばかりだ。

 そして、話が「過去世」に及ぶと、「歌舞伎や能や、そんな系統の人だろう」と言い、教科書にも載っていて、日本人なら誰でも知っている人物の名前を明かした。

◇「大川先生は、日本人としては別格ですよ」

 さらに、幸福の科学や幸福実現党に対しても論評し、大川隆法総裁に対してどのように見ているかについても、こう語った。

「私は、大川先生はね、ちょっと異業種ですけど、畏敬の念を持って見ていますので。やっぱりすごいですなあ。日本人としては、別格ですよ」

 芸能の分野でトップを走り続ける秋元氏は、本心では、現代の宗教のトップランナーとなっているばかりか、数々のオピニオンで日本と世界をリードする大川隆法総裁に対し、畏敬の念で見ているようだ。

 本来、能や歌舞伎も宗教から派生したものであり、現代の芸能界の俳優やスターたちも、「その人になりきる」という意味では、一種の「霊媒」のようなものだ。数々の作詞も手掛ける秋元氏は、その根本において神仏や霊界からのインスピレーションを受け取り、それをこの世で「多くの人に夢と希望を与える」という形で表している、一種の宗教家と言えるかもしれない。

 実際、秋元氏の守護霊は、こんな言葉も口にした。

「私たちだって、ある意味での、宗教の別形態かもしらん。宗教っていうのはもう、国丸ごと広がることがあるからねえ」

 秋元氏の守護霊は、「人気」の秘密を語りつつ、幸福実現党、幸福の科学に対してもエールを送り、「AKBの次」についての戦略も考えていることも匂わせた。



東大は政治家とか霞ヶ関とか公務員とか
税金でかっ食らってる連中しか
認めてもらえない気がする
すごい民間人で灯台卒って聴いたことない


なんと! 前田敦子・守護霊からもメッセージが

 霊言終了後、さらにびっくりする事態が起きた。

 なんと、AKBのセンターとして活躍し、"卒業″後も女優・歌手として大活躍中の前田敦子さんの守護霊がメッセージを送ってきたのだ。

「はじめまして。前田敦子の守護霊です」

 で始まるこのメッセージは、本霊言の書籍の中に「付録」として収録される。ぜひ書籍をご一読いただきたい。


まあイタコをぱくった
ビジネスですね
他カな女は信じるのかなw


東大というより
戸塚ヨットスクールだな


東大卒の大川隆法がそう言うんなら間違いないんだろ。


大川の霊言って便利だな。
生きてる人もおkなのかw


秋元氏語録:
「太いものには巻かれろ」
「細いものには巻かれない」
「巻かれて太くなれ」


AKBは
風俗界の東大


ほこxたて
ドリルVS超硬金属
早く見せろやあ
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の真実

@戦前は若くて綺麗な女は全部中国に取られて、
自分たちはカーチャンやバーチャンとしかセックス出来ず、
近親相姦を繰り返して精神疾患だらけになってる。

A戦前はわらぶき屋根の小屋に住んで、
糞尿で顔を洗い、泥水で洗濯し、
ホンタクやトンスルで飢えをしのぐのがやっとだった民族。
精神的に未熟なのはもちろん、
ここまで発展させたのも日本人の支援があってこそ。
今の時代も日本や世界中から技術者を買収してパクらないとなにも出来ない企業ばかり。
その現実を受け入れられず、企業の収益を水増ししたりする。

B日本国内、特にマスゴミ内で在日が闊歩し、
弱小な祖国を鼓舞しようと日本とライバルであるかのように報道し続けて来た歴史があるため、
無駄にこっちを見ている。

C未来思考とは口ばかりで相変わらず幼少から日本人を悪魔のように洗脳教育。
国民の100%が日本人は悪い、謝罪と賠償しろ。の精神でストップしてる。

日本という対象は恐れでもあり、在日同胞が沢山住んで悪さ出来る、軽蔑の対象の国でもあり、
一方では憧れでもある。
そんな国より小さく弱い、その現実から来る劣等感が彼らを異常な行動に駆り立てる。
近親相姦の繰り返しでおかしくなった頭で。。。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ