2013年08月26日

世界中に配信された福島原発(汚染水流出事故)

中国外務省(ショック)

ロイター通信は、中国外務省に対して、今回の福島原発汚染水流出問題につき、質問し、中国外務省は、『ショックを受けている』との発言を引き出しています。

ロイターが大々的に福島原発問題を取り上げれば世界中に現実が知りわたり、世界中から避難される事態になりかねません。


世界中に配信された福島原発(汚染水流出事故)

福島原発で発生し、今も流出し続けています猛烈な濃度の【汚染水】ですが、<原子力規制委>が国際的事故評価レベルを≪重大な異常事象≫という、【レベル3】に引き上げる検討を開始したと報じられています。

ただ、この評価も「健全な施設」での評価であり、今の福島原発がこれに該当するかどうかは分からず、場合によりましては、より深刻なレベルに引き上げられるかも知れません。

また、この汚染水を入れていたタンクは日本の技術で作り、膨大な費用がかかっているはずですが、日本の技術はそんなに低くなったのでしょうか?

勿論、緊急という要因はあったにせよ、『日本の建築コストは高い、けど技術・施工・仕上がりは世界一』とも言われていましたので、5年持つと言われていたタンクが僅か2年余りで問題を起こすは一体どうなっているのでしょうか?

今回の汚染水流出は、単なる国内問題ではなく、世界的な問題に発展するのは避けられず、すでに韓国は、福島空港とのチャーター便運航を停止しており、この運航停止の原因を今回の汚染水流出としており(実際には客がいないだけなのですが)、この発表が世界中の航空会社に流れ、マスコミに取り上げられれば、日本=汚染国家、というレッテルを張られ、いまだに解決できない日本は世界から糾弾されましても何ら不思議ではありません。

国会が休み、安倍総理はゴルフ三昧している間に、事態は益々悪化しており、今後安倍政権に激変が訪れるかも知れません。


福島県いわき市で海開きをした砂浜からセシウム合計で最大 3167 Bq/kg 検出

福島県いわき市が7月12日に発表した資料によると

海開きをした四倉海水浴場の砂浜を今年3月に測定した結果

セシウム合計 3167 Bq/kg(砂浜の深さ 30cm)が検出されました。

他にも、1000 Bq/kgを超えた試料は5個ありました。

1000 Bq/kgを超えた試料に共通しているのは、砂浜の深さが深ければ深いほど

汚染度が高いということです。

http://ameblo.jp/misininiminisi/image-11595830521-12612275436.html

http://ameblo.jp/misininiminisi/image-11595830521-12612275437.html

ソース
平成25年度いわき市海水浴場の開設について
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/mimiyori/016155.html

四倉海岸における放射能に関する調査報告書
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/dbps_data/_material_/localhost/08_shoko/1030/kaisuiyoku/yotsukurachosakekka.pdf

経産省資源エネルギー庁の試算によると、福島第一原発からは人体に

有害な放射性物質トリチウム、ストロンチウムなどを含んだ汚染水が

少なくとも毎日300トン、海に流出している。

ソース
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MRHVNA6JTSED01.html

汚染水流出発覚後、なぜ中止にしなかったのでしょうか?


最終日の四倉海水浴場は正午ごろまでに約500人が訪れた。

家族連れや友人同士らのグループが思い思いに夏の一日を満喫した。

今夏、同海水浴場で2回目の海水浴を楽しんだ

福島市の安田優希君(11)=蓬莱小五年=は「楽しく遊べた。

夏休みの良い思い出ができた」とはしゃいでいた。


〈チェルノブイリ事故のベラルーシ・ゴメリ地域と福島の甲状腺がん比較〉
事故後5年経過のゴメリ地域⇒10万人の子どもあたり11.3人
事故後2年半近く経過の福島⇒10万人の子どもあたり24.9人

幾ら隠蔽を企てても
数字は嘘をつかない

福島は人類史上
修復不能な最悪の事故


そして 今起こっている
事は人災
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

避難区域内でも大半の場所が、「賠償など許されない」

「事故で飛び出した放射性物質(セシウム)は、ウチの所有物じゃない。
だから除染をする義務もなければ、カネも払えない」

そう言い張っているのは、福島第一原発の事故を起こした東京電力である。

この驚くべき「論理」が飛び出したのは、
福島県内でゴルフ場を経営する企業が、東電に対して起こした裁判でのことだ。
「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」の山根勉・代表取締役はこう語る。

「東電さんとその弁護団のメチャクチャな主張には、正直、耳を疑いました。
あちらの弁護士さんは、日本有数と言われる有名弁護士事務所の方々なのに・・・・・・」


6月に二本松市役所が場内の放射線濃度を測定してくれたのですが、
2つの機器の平均数値が、毎時2.2マイクロシーベルトと同3.2マイクロシーベルトでした。
そのため予定されていた公式戦も中止となり、な
らば一般のお客さんも入れるわけにはいかないという結論に達し、休業を決めたのです。
以来、現在まで営業はしておりません」

コース内では、カート置き場の雨樋付近で毎時51マイクロシーベルト以上という高い放射線量を記録しており、
最近では芝生や草を検査に回した結果、1kgあたり20万ベクレルという、
チェルノブイリの強制避難区域を超える汚染箇所があることもわかったという。

ただ、休業により経営は傾いた。
サンフィールド社は、東電に補償を求める書類も提出したが、取り合ってもらえなかったという。
そのため8月に、東電に対し約8700万円の損害賠償と、放射性物質の除染を求め、
東京地裁に仮処分の申し立てを行ったのだ。


するとこの裁判において、
東電側の弁護団(梅野晴一郎、荒井紀充、柳澤宏輝、須藤希祥、井上聡各弁護士)が出してきたのが、
前出の「セシウムはウチのものではない」といった論理だ。


●「放射線の測定精度がそもそも信用できない」

件のゴルフ場では、前述の通り二本松市が、コース内の52ヵ所で放射線濃度の測定を行った。
ところが東電弁護団によれば、「たった52ヵ所」だと言う。

〈測定が行われた場所は52ヵ所に過ぎず、その結果にばらつきがあることも考慮すると、
前記の測定の結果のみをもって、本件ゴルフ場全体の汚染状況を推測することは許されない〉

確かにゴルフ場は広い。
しかし、数ヵ所や10ヵ所程度ならともかく、52ヵ所も測った記録を用いるのを「許されない」という主張は
かなり強引な印象を受ける。
しかも、行政機関が測定した公的な数値だ。
そんなことを言われたら、たとえ避難区域内でも大半の場所が、「賠償など許されない」ことになってしまう。

「無主物」なんだって


サンフィールドが主張する基準を超える空間線量を計測した地点は、
福島県内だけでも広範囲に及ぶが、営業を行っているゴルフ場は多く存在する〉

つまり、「セシウムを怖がって休業する必要はなかった」という。
しかし、そんなゴルフ場で長時間プレーする客がいたか、甚だ疑問だ。
同じ理屈で東電は、原発事故で故郷を失った人たちに対し、
「セシウムを怖れて逃げる必要などなかった」と言えるのだろうか。

●「放射性物質は無主物≠ナある」「除染は自分たちでできるはず」


これが「セシウムは誰のものでもない」との論理である。

〈放射性物質のようなものがそもそも民法上の「物」として独立した物権の客体となり得るのか〉

〈その点が肯定されたとしても、債務者として放射性物質を所有しているとは観念していないことに鑑みると、
もともと無主物であったと考えるのが実態に即している〉

放射性物質は東電がそれをコントロールし、支配している所有物ではない。
だから、責任を取って取り除けと言われても困る---。

恥ずかしくありませんか


この無責任な主張を、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は強く批判する。

「東電は、実に恥ずかしい会社だと思います。
いくら法律上、そうした用語なり概念があるとは言え、誰が考えてもおかしい理屈です。
もともと東電がウランを買ってきて所有し、それを核分裂させて生成されたのが、セシウムなどの放射性物質。
れっきとした東電の所有物とみなすべきです。
だいたい、これまでずっと東電は
『原発は絶対に安全です。決して放射性物質をバラ撒いたりしません』と、主張していたのですよ。
なのに結局は無主物どころか、強烈な毒物をバラ撒いたわけです。
これで『自分たちには責任がない』と言うとは、どういう精神構造をしているのでしょうか」

さすがに、この東電サイドの「セシウム無主物論」は、東京地裁に認められなかった。
裁判所も詭弁が過ぎると判定したのだろう。


東京地裁(福島政幸裁判長)は、
「サンフィールド社が東電に除染を求める権利はある」としながら、一方で「除染は国や自治体が行うもの」だから、
東電はやるべきではない、だから申し立ては認められない、というのである。

では、国や自治体が東電に代わってすぐに除染をしてくれるのかと言えば、そうでもない。
「除染の方法やこれによる廃棄物の処理の具体的なあり方がいまだ確立していない」ので、すぐにできないという。

同様に、8700万円の休業補償の請求についてもあっさり却下された。
こちらも東電の主張そのまま、
「文部科学省が4月に出した学校の校庭使用基準である毎時3.8マイクロシーベルトを下回っているから、
ゴルフ場を休業する必要はない」と言うのである。

裁判官もしっかりしないと


放射能の所有者じゃないから知らん、という論理は
まるで朝鮮だな


放射能に汚染されたゴルフ場など
誰も来ないよ


東日本は全部
汚染されているし
住人も放射能にやられているんだよ
もう手遅れです


トンキンが責任もって食べるように
県内外へ鮮魚初流通 相馬双葉漁協の試験操業 【福島民報】


ぶっちゃけもう福島とかなくなれと思う
正直言って迷惑


   ii iiミ
   ll iiミ
  (・ω・`メ)⌒ヽ ヒャッハー!大戸屋の客は消毒だー
 O┬Oc )〜
 (*)ι_/(*) =3
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電幹部からのリークです

どうしたらこうなるのか。東京電力は福島第1原発のタンクから漏れた放射能汚染水の量を当初「少なくとも120リットル」と推定していたのに、20日になって「300トンに達する」と変更した。一気に2500倍に増えたことに絶句だが、汚染水の漏出量はこんなものでは済まない。

 東電はダダ漏れになっていた地下貯水槽の汚染水を、6月上旬までに地上タンクに移し替えた。タンクは直径12メートル、高さ11メートルの円柱状で、容量は約1000トン。漏れた300トンは大体、25メートルプール1つ分だ。

 実はこのタンクは当初から“ヤバイ”と指摘されていた。部材を溶接ではなく、ボルトでつないで組み立てる構造のため、ボルトが緩んだり、止水用パッキンが劣化すると、汚染水が漏洩するんじゃないかと懸念されていたのだ。

「過去に4回、タンクから汚染水漏れが起きていて、いずれもつなぎ目部分から見つかっています。今回はまだどこから漏れたか分かりませんが、恐らく、つなぎ目に原因があるのでしょう」(ジャーナリスト・横田一氏)

 東電によると、パッキンの耐用年数は5年ほど。交換するにはタンクそのものを解体しなければならないが、漏洩が見つかるたびに解体するのは非現実的だ。外側から止水材を塗るなど、その場しのぎの対応に追われることになりそうだ。

 問題はボルトとパッキンだけではない。タンクが“鋼鉄製”なのも大きな懸念材料という。日本環境学会顧問・元会長で元大阪市立大学大学院教授(環境政策論)の畑明郎氏が言う。

「汚染水は原子炉冷却に使われた水で、当初の海水冷却により塩分を含むものです。鋼鉄製のタンクは錆びやすく、腐食して穴が開き、漏れた可能性があります。安全性を考えるのであれば、東電は鋼鉄製ではなくステンレス製のタンクにすべきでした」

<錆びて腐食、止水用パッキンの寿命はたった5年>

 東電がそうしなかったのは、鋼鉄製の方がコストがかからないからだ。さらに言うと、溶接型ではなくボルト型にしたのも、短時間で増設できるから。いかにも東電らしいドロナワ対応といえるが、このボルト式の同型のタンクは敷地内に350個もある。もし、今回と同じ300トンの汚染水がすべてのタンクから漏れ始めたら、10万トンではきかない計算になるから、考えるだけでもゾッとする。


959 名前:地震雷火事名無し(西日本)[] 投稿日:2013/08/23(金) 16:41:46.41 ID:jMT3wBSD0 [4/4]
真偽は不明だが ありうること 野呂美加氏の情報
http://inventsolitude.sblo.jp/article/73113427.html

2013年8月21日
東電幹部からのリークです。
証拠はありません。

先ほども日記に書きましたもが
1号機〜3号機の処置が出来なくなりました。
注水が出来ないのです。
放射線強度が強すぎて作業出来ないのです。

覚悟してください。

まず、福島県そして栃木県、茨城県、千葉県そして東京都の方は即刻避難してください。

福島原発1号機、2号機、3号機がコントロール出来ないということは、4号機もコントロール出来ないという意味です。

そうすると、5号機、6号機もコントロール出来なくなります。
合わせて1万本以上の核燃料がメルトダウンします。


福島原発の汚染水問題
東電が放置を決定!

2013年8月21日
東電幹部からのリークです。
証拠はありません。・・・東電の本音はこのとおりだろう。

先ほども日記に書きましたもが
1号機〜3号機の処置が出来なくなりました。
注水が出来ないのです。
放射線強度が強すぎて作業出来ないのです。・・・確認できない。

覚悟してください。

まず、福島県そして栃木県、茨城県、千葉県そして東京都の方は即刻避難してください。・・・避難できる人はできるだけ早く避難をと私は以前から書いている。群馬県、埼玉県、神奈川県、北では宮城県、山形県が少なくとも抜けていないか。

福島原発1号機、2号機、3号機がコントロール出来ないということは、4号機もコントロール出来ないという意味です。

そうすると、5号機、6号機もコントロール出来なくなります。
合わせて1万本以上の核燃料がメルトダウンします。・・・福島第一原発の収束作業から全面撤退ならそうなる。

今まで忠告したことが現実となります。

避難準備と買い出しが必要です。・・・同意しうる。
最後まで生き抜きましょう!

放射能は「直ちに危険が及ぶことはありません。」
騙されないでください。・・・そのとおり。
もう2年半経ちました。

東電、政府は何時、どの様に発表するのか?・・・ネットで知れ渡るまで発表しないと思う。

現代のノアの方舟です。
当時もノアの忠告に耳を貸す人は居ませんでした。


やっぱり
関東からとうほぐは
政府管理地になるのか
覚悟しとかねば


 大地震や富士山の大噴火が起きれば、粉塵と火山灰で何も見えなくなります。ゴーグルは必需品です。
 火災のときにもゴーグルがあれば目を煙でやられることなく、安全な場所まで走り切ることができます。
 でも、災害の備品に日本ではゴーグルを入れるようなマニュアルはなく、「ゴーグルがいるよ」と言うと、みんな笑い出します。想像力の欠落がここまで来ると、こっちが笑えます。みんな、ちょっとおいしいものを食べたいとか、お金を少しでも多く稼ぐことに夢中で、災害に対する想像力は「無」に等しいです。
・・・ゴーグルは有用。この指摘は正しい。

 明日も、今日と同じ日が過ごせるとは限らない。
 そう、心に言い聞かせておくべきです。
 今年は、これから想像を絶する災害の年となるのです。
 今までに日本が経験したことのない大きな災害が発生します。
 備蓄や水の貯えもせず、ただ日々を過ごしていると、とんでもない目に合うかも知れません。いや、備蓄をしていても、すぐに避難しなければならなくなり、それすらも役に立たないのかも知れません。
 とにかく、誰もが経験したことのない大災害が起きるため、瞬時に対処できる人はいないと思います。
 まして、政府は何もしてくれませんし、何もできません。
 誰かに頼らずに自分の力で生き残るしか方法はないのです。・・・そのとおりだろう。
 
 いざ、本当に大地震が発生したら、最初の数時間は誰もがパニックに陥ります。
 しかし、あらかじめシュミレーションをしていた人は、その数時間が数十分に短縮できるのです。
 これが現代版「ノアの方舟」です。自分の想像力と推察力をフルに使用して、いざというときのためのシュミレーションを描いておく。そして、そのための準備をコツコツと今のうちからしておくことです。・・・上にあるように注水作業ができなくなっているのならコツコツ準備している段階ではない。
 
 命さえあれば、再スタートができます。
 いくらでもやりなおしがきくのです。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイベックス社長・松浦勝人氏に薬物使用疑惑

エイベックス社長・松浦勝人氏に薬物使用疑惑

松浦氏の薬物使用疑惑と、派手な“女性交遊”生活について、本日(8月21日)発売の
週刊文春(文藝春秋/8月29日号)が報じている。

同誌記事によれば、松浦氏が以前住んでいた南青山の地上3階・地下1階の大豪邸で頻繁にパーティが開催され、
松浦氏はいつも地下1階のダンスクラブで酒を飲むと2階のベッドルームの女性を連れ込み、
行為が終ると部屋の外に置かれた特等席のソファで大麻を吸うのがパターンだったと語る、
元パーティー常連の証言が紹介されている。

また、「松浦さんが常習的に大麻を吸っていることは社内では有名でした」という元エイベックス社員
の証言のほか、松浦氏が以前所有していた“秘密クラブ”で、当時小室哲哉と破局したショックのせいか、
薬物服用で完全に酔った状態でフラフラと全裸で徘徊する華原朋美を、松浦が指差しながら
「小室の彼女をヤッてやったぜ」と自慢する姿を目撃したという衝撃的な証言まで掲載されている。


創業25年を迎えた今年3月の決算で、売り上げ・営業利益ともに過去最高益を達成した大手レコード会社・エイベックスだが、同社の松浦勝人社長の決して表沙汰にはならない女とクスリの“履歴”について、「週刊文春」(文芸春秋)8月29日号が報じている。

 同誌によると、かつて松浦氏は都内のプライベートバーや、音楽プロデューサー・小室哲哉が全盛期に借りていた都内の高級マンション、さらには以前住んでいた都心にある地上3階、地下1階の大豪邸で大麻を吸い、女性を連れ込んでセックスに及ぶ“ドラッグパーティー”を頻繁に行っており、大麻とコカインを常習していたそうだ。さらには、MDMA(合成麻薬)も好きで、懇意にしているヤクザに調達を頼んでいたという。

 松浦氏の素行は同社内でも問題視され、2004年には当時会長だった依田巽氏が松浦氏の素行を徹底的に調査しようとしたところ、アーティストを味方につけた松浦氏がクーデターを起こし、依田氏を会社から放逐。当時は専務だった松浦氏が、自らが社長のイスに座ってしまったというのだ。

「以前は常にラリったような状態で、顔もむくんでいた。そんな状態で浴びるように酒を飲むものだから、泥酔を通り越して昏睡状態に。飲んだ後は側近が抱きかかえて自宅に搬送していたので、業務に多大なる悪影響を及ぼしていたそうです。最近は顔のむくみも以前よりはマシになったようなので、量を減らしているのでは」(レコード会社関係者)

 同誌では同社の看板アーティスト・浜崎あゆみと共に歩んだ半生についても触れている。浜崎は、福岡から上京した売れないアイドルだったが、松浦氏は「ルックスが完璧」と夢中になり、1998年にデビューさせ社運をかけて売り出したところ、大ブレーク。松浦氏は周囲に「俺のオンナ」と吹聴し、同誌には松浦氏の腕に浜崎が絡みつく写真も掲載されている。


疑惑やなしに
常習犯やろ
しょっぴけ


浜崎あゆみ 他 「女とクスリ」 エイベックス社長 松浦勝人 文春 本日発売画像
http://ch-2.biz/img/news_887.jpg
<内容(一部のみ)>
・松浦勝人のプライベート・バー(呼称「並木橋」)(現在は閉鎖)は渋谷区東にあった
・通称”並木橋”は東京で最もセレブが集まる秘密クラブだった
・華原朋美 は以前 ”並木橋”内で全裸徘徊していた
・「小室の彼女をヤッてやったぜ」(松浦 と 千葉(エイベックス・グループ・ホールディングス副社長))
・音楽業界では 松浦勝人と浜崎あゆみ が恋人同士だったことは公然の秘密
・浜崎あゆみ はかつて中洲のクラブで働いていた、当時 松浦氏以外の男性とも二股交際
<全盛期 小室哲哉のシークレット・パーティ>
・常連:TRF globe 安室奈美恵 浜崎あゆみ 華原朋美 HIRO(EXILE) 〜etc〜
・場所:小室が借りていた 港区芝 にある高級マンション内
・「小室さんはいつもラリっていましたね」(パーティの常連)
<安室奈美恵 と SAM との結婚>
・小室哲哉のシークレット・パーティ がきっかけ
・バスルーム内で半裸の安室を羽交い絞めにしているSAMが目撃される
・後に安室 と SAM は”できちゃった結婚”
<hitomi>
・エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役CSO 千葉龍平 の愛人だった
<ドラッグ 薬物>
・松浦勝人 は 大麻 コカイン MDMAなどを常習 / ・”専務”当時 松浦勝人 は社内でも大麻のようなものを吸引
<沢尻エリカ>
・「松浦さんと一緒にハーブ(のようなもの)を吸った」(avex側は事実無根と否定)
<松浦勝人 語録>
・「金は腐るほどある」「女にも不自由したことがない」
・(自分のことを)「暴走族上がりの不良」
・「かかってこい。俺がぶっつぶしてやる」(松浦氏の口癖)
・「ふざけんな。なめんじゃねぇぞ」(松浦氏の口癖)
・「ヤクザだって警察だって、どうにでもなる」(屈強なボディガード帯同)


関東連合

90年代にエイベックスがクラブイベントのセキュリティから運営で雇う
ここで芸能界と接点
そして
バーニング周防がボディガードで雇う
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ