2013年12月05日

軍事ジャーナル【11月27日号】中国空軍の敗北

軍事ジャーナル【11月27日号】中国空軍の敗北


一口にいえば、空自のF15が出撃した瞬間に中国空軍は敗北したのである。中国が防空識別圏を設定したとの報を受けても動揺せず通常の手続きに従って緊急発進した空自のパイロットや現場指揮官の勇気は称賛に値する。

これが民主党政権だったら、岡田幹事長みたいのが、中国を刺激するなとか言って緊急発進を中止させたに相違なく、そうなれば中国の防空識別圏は公式に承認されたものとなり、中国空軍は台湾、尖閣、韓国に勢力を広げていた。安倍政権は東アジアを救ったとも言えるであろう。


在日中国大使、外務省に呼び付けられる ⇒ 怖がって呼び出し拒否www

嘘のような本当の話
支那が防衛識別圏を勝手に策定したと発表した後の25日午前、外務省の齋木昭隆事務次官は支那に抗議するため、程永華駐日大使を呼び付けた。その際、こんなやり取りがあったという。

齋木次官 「本日、日本側は強く抗議するから、早く外務省に来て下さい」

程永華中国大使 「行きたくありません」

齋木次官 「なぜ来ることが出来ないんだ!」

程永華中国大使 「・・・・(齋木次官が)怖いのです」

齋木次官 「いいから、2時に早く来て下さい」

ソースは山村明義さんのFacebook


怖がる程永華が日本の外務省に訪れたのは、2時間半も遅刻した午後4時半だったという。
彼は、日本側が防空識別圏を設定したことに強く抗議すると、相手の目を見ずに用意してきた文書を、ただ直立不動で読み上げるだけで帰って行ったそうだ。

これは、ジャーナリストの山村明義氏が、氏のFacebookで明らかにしたストーリーである。
ご本人は「事実です」と書いておられるので、間違いはないのだろう。
齋木氏は過去の日朝交渉において、いい加減な対応をする相手に、机を叩いて詰め寄ったという過去をお持ちの、外務省きってのタフ・ネゴシエーターと言われる。
当然ながら支那の駐日大使はそのキャラクターについて知っているだろう。
程永華が失禁せずに帰れたかどうか、本人のみぞ知るところだ。


鳩山「中国が防衛識別圏を設定したことは、固有の領土権利を鑑み当然のことであり、我が国といたしましてもそれを踏まえて、さらなる友愛を確認していかなければなりません。
 過去の事実に目を瞑るのではなく友愛精神でお譲りするところはお譲りして日中間の諸問題を解決することが大事でないかと思います」

  こんな声明だした可能性捨てきれないぞ、おい


程永華中国大使ってさ
日本人ソックリな顔してるけど
満州時代の生き残りかな
日本に忠誠誓ってくれれば
日本人にしてやってもいいとおもイカ略


程永華大使,創価大学から名誉博士号受ける


2012/04/06


 4月2日、程永華駐日大使は第42回創価大学、第28回創価女子短期大学の入学式に招かれて出席し、新入生に祝意を表した。式で山本英夫学長が程永華大使に名誉博士号を授与し、創価学会の池田博正副理事長が池田大作名誉会長のメッセイーを代読した。教師・学生1800人が入学式と授与式に出席した。程大使は記念講演を行った。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

著作者の経済的利益を守るために設けられた「私的複製補償金」制度

著作者の経済的利益を守るために設けられた「私的複製補償金」制度をめぐり、大論争が起きている。きっかけは今月、JASRACなどでつくる著作権利者団体が新たな補償金制度の創設を提言したことだ。

この提言は、特定の機器や空ディスクなどを対象とする現在の制度が、次々と登場する新製品やサービスに対応できなくなっていると指摘。新たに「機能」を対象とした補償金制度をつくることで、今後どんな機器やサービスが新たに生まれてきても、安定して金を徴収できるような仕組みを整えるべきだ、としている。文部科学省の審議会も、この提言について議論する予定だと報じられている。

今回提言された新しい補償金制度は、具体的にはどのような内容なのだろうか。また、一般個人にとって、どのような影響があるのだろうか。著作権問題にくわしい桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●あらゆる媒体・機器・サービスが補償金の対象に
「提言の第1のポイントは、補償金の対象を、私的複製に使用される『機器』や『媒体』から、私的複製に供される『機能』に変更するよう求めていることです。

つまり、録音・録画の『機能』を備えている限り、HDレコーダー、PC、MP3プレーヤー、クラウドサービスなど、あらゆる媒体、機器、サービスが補償金の対象になり得ます」

これは裏を返すと、PCやスマホのように用途が限られていない機器からも、補償金が徴収される可能性がある、ということだ。実際に録音や録画をしなくても金を取られるとなれば、違和感はぬぐえない。


食品偽装
音楽会の口パクは偽装じゃないのかな?
ほとんど口パクなんだけど


食品偽装より醜い
音楽業界の口バク
歌手のイヤホン  注
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂東語録(笑)

坂東語録(笑)

〈“世の中金やない”とか、“金よりも愛だ”なんて言っている人間を見てごらんなさい。ほとんどが金のない者たちである〉

〈(作った会社で)何を売る? いえいえ、何でもええんです。まあ友達と相談して、大企業のやり方をまねしてください。
つまり、儲けた金は関連企業や子会社に出資したり発注したり、内輪で金を回す〉

〈普通商売ちゅうのは2割儲かったら成り立つんですわ。けど、税金は5割も持っていきよる。
そしたら、商売に身を入れるより脱税、いやいや節税に力入れるのはあたりまえです〉

〈ネズミ講や先物取引のニュースを読んで、「悪いやっちゃなぁ」と思ってしまったらそれまで。
「何はともあれ金儲けしたのは偉い!」と単純に素直に見ることができる感性が必要です。
「他人の不幸より自分の幸福」。これですよ、これ。幸福になるのは自分だけでよろしい〉

〈夜中に、しめてあった水道の元栓開きに行きましたんや。バレへんもんですねえ、長い間タダで使わせてもらいました〉


PC高くなったよな
全部安倍のせいだな
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ