2013年12月09日

警察官僚のための特定秘密保護法 公安は笑いが止まらない

警察官僚のための特定秘密保護法 公安は笑いが止まらない(女性セブン) 

「法案を主導した内閣情報調査室は、出向してきた警察官僚のたまり場です。
彼らの狙いは、国家秘密を守るのではなく、警察の権益を広げて拡大すること。
まさに警察官僚による警察官僚のための法案であり、
情報収集を担当する公安警察は笑いが止まらないでしょう」

「テロ対策などという名目をつければ、なんでもかんでも秘密になってしまいかねません。
原発の警備活動から交番の場所まで、警察に関するあらゆる情報がテロ対策名目で秘密となり得ますから、
取り締まりを担う警察はやりたい放題です」 



川口春奈で
毎日オナニーしてるよ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【秘密保護法案】特定秘密とは隣り合わせ自衛官の胸騒ぎ

◆法律施行なら 日常会話にも影響

 特定秘密保護法案が成立すると、秘密に携わる公務員の一家は、日常会話にもこれまで以上に神経をすり減らすことになる。例えばこうだ。四歳の息子と妻、そして自衛官の夫の三人家族はつつましやかに暮らしていた。

 夫 「パパは明日から出張に行ってくるからね。いい子にしているんだよ」

 息子 「えっ。パパ、明日からいないの? どこ行くの?」

 夫 「ごめんな。言えないんだ。お土産もこれからはないから」

 息子 「なんで?」

 夫 「だって、お土産で行った先が分かってしまうだろ」

 妻 「あなた、出張先も言えないの? 前は教えてくれたじゃない。本当に出張なの? まさか…」

 隠されたショックと両親の険悪な雰囲気に息子が泣きだした。

 仕方なく自衛官の夫は言う。「パパはね、明日からハワイ沖でアメリカ人のお友達とおしゃべりをしてくるんだ」−

 ハワイ沖での任務が特定秘密に指定されていた場合、家族が誰かに話したら処罰対象になる可能性がある。

 国会審議の中で、森雅子担当相は「特別管理秘密を取り扱うことができる職員数は警察庁、外務省、防衛省でおよそ六万四千五百人」と答弁。「都道府県警察職員のほか、契約業者も対象になる」と述べている。

 多くの公務員とその家族の間では、これまで普通だった会話さえ、躊躇(ちゅうちょ)することになりかねない。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「特定機密保護法案」をめぐる世論の状況に日本の混迷が露呈している

●「特定機密保護法案」をめぐる世論の状況に日本の混迷が露呈している。ネットでは賛成論が
圧倒的。そこには中韓の傲慢無礼と膨張主義への警戒感があり、同時に、反対論者たちのこれ
までの言説に対する不信がある。そこまではいいのだ。

●だが、この法案は国防に限らず、「外交」などいくつかの分野の機密性も保障するものだ。
自民党は法案を「愛国の自民党」安倍政権と「売国のサヨク」という対立軸に仕立て上げ、反対=
サヨク・売国奴とイメージ戦略の拡大に成功している。

●だが、法案には同時に「官」が恣意的に扱う情報を一方的に「国益」と名付けて、「民」から隠蔽
するという本質的な性格が秘められてる。実は「官」対「民」の構図がもう一つの論点なのである。
仮に法案が成立すれば、自民党政権による対中援助7兆円の闇(寄生した政治家・官僚が日本に
もいる)も北朝鮮による拉致と日本から北朝鮮経済援助の内幕はほぼ永遠に表にはでることはな
い。なぜなら、今後これらは「外交機密」となるからだ。……

●法案が成立すれば、一番喜ぶのは米国だけでなく、「草の根保守」の大嫌いな「シナ」と「チョン」
である。国内に民主制度がないからこそ、彼らはこの法案の成立を大歓迎する。
指導者が日本の援助に一族がらみで寄生している事実をこれまで以上に日本側が隠ぺいしてくれ
るからである。
特定機密保護法案はそういう内容を含んでいる。
仮にそうした実態が明らかにされた場合、それは即、犯罪と認定され、情報提供者も逮捕されるだ
ろう。日本の「国益」が犯されたからである。……地獄への道は善意で敷き詰められているという。
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界中から韓国がどのように思われているのか?

世界中から韓国がどのように思われているのか? それを調査したBBCの結果が興味深かったので
取り上げたいと思う。その内容は各国の人が韓国をポジティブに思っているかネガティブに思って
いるか回答したもの。要するに好きか嫌いかである。

当然1位は隣国の日本であろうと思いきや意外にも1位は日本ではなかったのである。ではどの国が
1位だったのだろうか。韓国を最も嫌っている国はドイツ。では日本はその次くらいかな? と思い
きや実は13番目という控えめな嫌韓度に落ち着いた。あれだけ嫌韓デモを行いネットでも批判されて
いる韓国だが、世間は意外にも冷静なようである。嫌韓のランキングは次の通り。

1位:ドイツ
2位:フランス
3位:メキシコ
4位:カナダ
5位:トルコ
5位:イギリス
7位:ブラジル
8位:アメリカ
9位:オーストラリア
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ