2014年01月23日

東京都知事に相応しい人調査田母神氏が75.6%で一位

 ラジオNIKKEIが現在「東京都知事にふさわしいのは誰?」という調査を行っている。17日正午現在、4409票が投じられているが、暫定結果は以下の通り。

 田母神俊雄氏:75.64%
 舛添要一氏:9.93%
 細川護煕氏:6.17%
 宇都宮健児氏:3.33%
 ドクター・中松氏:1.09%
 関心なし:1.95%
 その他:1.88%

 ここでは田母神氏が圧倒的な票を獲得中だ。これに対し、ツイッターでは「圧倒的じゃないか我が軍は…」や「よく見ろ…これが現実だ」のほか、「ネットは無力ではありません。どんどん投票しましょう!」といった声も出ている。

 メディアの報道では舛添氏と細川氏が有力候補扱いされているが、「圧倒的だな、TVじゃ泡沫候補あつかいだけど」と、マスコミ報道に疑問を抱く人もいる。


「進撃の巨人」立ち読み不可は「消費者をばかにしてる」 言いがかりにツイッターで批判殺到

ある女性がコンビニで、紐で縛られていて漫画雑誌を立ち読みできなかったとして、
ツイッターで文句を言ったことが、ネットで批判されて炎上する騒ぎになっている。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発より安く早くできる

原発より安く早くできる

第四に、原発より安く早く建設できるとのことです。ガスコンバインドサイクル発電所を一基造るのに、かかる費用は原発の1/10〜半分、工期も約一年で建てられるとのことです。また原発や風力発電のような広大な敷地を必要せず、わずかな敷地でも建設できるそうです。原発と違い安全なため住民のコンセンサスも得やすく、当然余計な交付金のばら撒きも必要ありません。さらにわずかな人員で操作できるため人件費も大幅カットでき、テロの脅威も薄れるため原発を守るため巡視船を貼り付けておく必要もなく、警備人員も限りなく少なくできます。


オリンピックは中止にして
その予算でガスコンバインドサイクル発電所を
建設すろ


値上げしたとか
言ってたのに
牛乳160円に下がってる
なんで?


福島産


キズナたっぷり
ブレンド牛乳


都は東電の大株主

東京に送電してるから株主だ
3〜4番目の大株主だが
だからと言って事業に口出し
できるわけでなし
提言はで、きるがの


>原発より安く早くできる

既存の停止中の原発と新規の発電所比べてどううする
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

311直後から原発立地周辺の救援活動や、以降は収束作業にあたってきた。

311直後から原発立地周辺の救援活動や、以降は収束作業にあたってきた。

このような人々に「穢れているから近寄るな」と仰り社会的な差別を展開しようと目論んでいるのか。

わたしも身近な友人からそのような扱いを受けた。

当然、その友人とは縁を切った。



「伝染(うつる)」というおどろおどろしい表現でヒバクシャへの差別感情を掻き立てて何をなさりたいのか。

はだしのゲンの描写で「ピカの毒がうつる」という表現の不当性・差別性、更には非科学性を作者は告発している。

真逆の評価をすることによって二重の貶めを行なっている。(後略)



【忌避申立人告発書】



小野参考人が主張する論を適用するならば、私は「放射線源」である。

無用な貶めはやめよ。

収束作業に従事している私達に失礼なものいいだ。



私は子どもはいない、いまのところ作ることも考えてはいない。

しかし、いずれ作ることもあるかもしれない。

仲間にもこれから作ろうと考えている者もいる。



私達収束作業員に「子どもを作るべきではない」ということを仰るのか。

身の毛のよだつナチスばりの優生思想の持ち主だとお見受けする。


福島で病気になったりバタバタ死ぬ人が増えていく。という予想を立ててる人 がいます。※ 東海アマって人とか群馬大学の早川由紀夫とか小野俊一医師とか。 この人たちは心の病気にかかっていると推測しています。「放射能は何が何でも危ないはずだ」と思い込んでいるので、その結論に向けて無理やりそれを裏付けるような材料ばかり信じて集めて思考して、皆も巻き込んで行こうとしているのです。※これについてはまた詳しくページを割きます。

事故後1年半以上経過した今でも上記のような科学の常識をほっぽりだしてデマを流す人たちを信じてる人は、もうマトモな思考力は失っていると判断して、最近になって方針を変更し、こういうおかしな人たちを指摘することにしました。※今までは少しでもマトモな方へ戻ってきて欲しいと思い、表現を柔らかくしておいたつもりです。

このサイトの管理人は 福島で病気になったりバタバタ死ぬ人が増えていくことは無いであろうという予測 を立てています。 その理由 を列挙していきます。

0.本当に福島で(この線量で)病気や死が増えると思うなら、世界中の研究者が注目するはず

実際には反原発運動やってる自称医師とか自称専門家しか来ていません。もちろん研究する気なんてなくて、脅かすようなこといって講演して帰っていくだけです。鼻血や下痢も調べようとしないんですよ。おかしいと思いません? つまり反原発運動やってる自称専門家でさえ、調べようとしないほど「ありえないのはわかってる」ってことじゃないでしょうか。


放射能安全坊は安心させて
人を大量に放射能で殺す極悪人
こういう人間のクズはいずれ天罰が下る


推進派の工作員がいるなら、晒してやればいい。

なんで、小野俊一氏とか「工作員がいる」と言っておいて逃げ回っているんでしょうか。不思議です。
工作員がいるならば、そいつが嘘をついていることを暴きだせばいい。Twitter上で議論してやればいいんです。それから逃げて、信者の耳を塞ぐために都合の悪いことを言う人間を信者たちに「工作員だから無視してブロックしなさい」というのです。

本当に日本を救うためなら、工作員を暴き出して戦えばいいんです。そんなこともできないで逃げている正義の医師ってインチキだと思いませんか?
小野俊一先生が「工作員を暴く」という気になられたら掲示板でご連絡ください。Twitterに復活して議論してTogetterで皆さんに見てもらいます。

9a.心筋にセシウムが溜まって大変なことになる。というのはウソ

バンダジェフスキーっていう査読が通らない論文らしきものを書いた人がいて、その人が「セシウムが心筋に溜まるんだ」という説を唱えて、それを真に受けた人が騒いでますが、この論文が怪しいと世界の研究者から相手にされてません。※本当のことだから原子力マフィアに黙殺されているんだ。と真剣に思っている人がいます。

確かにセシウムは筋肉に蓄積しますが、浪江町に放置された牛が全く元気だからです。※セシウムが蓄積するといっても時間とともに排出されます。
http://www.gepr.org/ja/contents/20121001-01/


小野俊一氏のブログに対しては、全国のあちこちで小野俊一氏批判がごうごう起きています。
よく、これで医者やっていけると思います。皆さん、小野俊一医師に、医療受けたいと思いますか。

熊本県熊本市横手 周辺にお住まいの方、病院の選択にはくれぐれもご注意を。

お暇な方は、下記URLを読んでください。

いちいち、田島さんの主張に反論するのも疲れる。というか無意味。人生無駄にするだけ。

*******************************************
正しい放射能情報を【見つけるため】のサイト
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/176.html

デマを発信する医師、小野俊一(タグ)関係ページ一覧

•小野俊一氏 (7) 妄言「風力プロペラ落下はセシウムが関連してる」
•小野俊一氏 (6)「放射能による奇形植物だ!」と煽る様子
•小野俊一氏 (5) 小野俊一またまたデマ「チェルノブイリから五年後に起きた広範囲の人口減少」
•小野俊一氏 (4) 放射能の不安を利用し、科学から信者を引き離すカルト的手法
•小野俊一氏 (3) 芸能人有名人の病気や死を放射能と結びつけるデマ
•小野俊一氏 (2) :デマ「低線量被曝でも癌になるという調査結果」
•小野俊一氏 (1) デマの発信源:熊本の医師 小野出来田内科医院 小野俊一氏
•「放射能による奇形だ」というデマ


http://togetter.com/li/453780
【大激怒】許されざるデマ医師・小野俊一
あまりにも悪質すぎるんで別にまとめた。


お前は人殺しだろ
放射能が安全と言って
人間のクズ


http://blog.goo.ne.jp/tnnt_1571/e/91f47416131540de416762ccd3bd58d2
小野俊一 > いちゃもんをつけるな!(1)
コメント
読みました。感想をいうと、彼はレベルが相当低いです。おそらく、材料力学も構造力学もほとんど理解できていないはずです。ましてや、振動論や、地震応答解析など、チンプンカンプンでしょう。こんな東大出身者もいるのですね。技術レベルは低いのにプライドだけは人一倍高いのは困ったものです。
彼は思いこみの激しい人物です。思い込んだら命がけです。このような人は自然科学には不向きです。医師としての資質も疑わざるを得ません。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ