2014年01月25日

オバマ大統領 「マリフアナがアルコールよりも危険が大きいとは思わない」

オバマ大統領 「マリフアナがアルコールよりも危険が大きいとは思わない」


米国で解禁の動きが広がっているマリフアナについて、アルコール以上の危険はないとの見方を示した。
オバマ大統領はインタビューの中で、「何度も紹介されている通り、私も子どもだった頃に大麻を吸ったことがある。
悪い習慣だという点では若い時から大人になるまで長年吸っていたたばこと大差ない。
アルコールよりも危険が大きいとは思わない」と語った。


いちいち
保存してある過去ログ
引っ張り出して貼り付けるばか


オバマ大統領が「大麻はアルコールほど危険ではない。私も吸っていた」と発言し、大きな話題となっているのである。

・オバマ大統領「私も吸っていた」
オバマ大統領は、米誌『The New Yorker』のインタビューで大麻合法化について聞かれた際、「大麻吸引は健全な行為とは言えないが、個々の消費者に与える影響という点では、アルコールほど危険ではない」との見解を示した。

さらに、「今まで報道されてきた通り、私は子どもの時に大麻を吸ったことがある。悪習慣という意味では、私が大人になっても吸っていたタバコと大差はない。しかし大麻を勧めはしないし、娘たちにも大麻吸引は悪いことだと諭している」と釘をさした。

・有色人種の若年層への罰則を懸念
またオバマ大統領は、有色人種の若年層への不当な罰則について、以下のように懸念を示している。

「中産階級の若者は、大麻吸引で服役することはない。しかし、経済的に裕福でないアフリカ系やラテン系の若者は、同罪で逮捕された際、保釈金を払えずに厳しい罰則を受けることになってしまう。法律を扱う人たちでさえ、おそらく大麻を吸ったことがあることを考えれば、大麻吸引で若者たちを長期にわたって刑務所に入れておくべきではない」。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が暫定基準で食事をとり続けた場合の平均寿命

日本が暫定基準で食事をとり続けた場合の平均寿命

ウクライナ保健省が出した数値
2012年 男 79 女 86
2017年 男 63 女 72
2022年 男 48 女 55
2027年 男 40 女 43
2032年 男 35 女 31
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都内から、若い男性が、急性リンパ性白血病で、わずか数日で亡くなった事例の報告がありました。

東京都内から、若い男性が、急性リンパ性白血病で、わずか数日で亡くなった事例の報告がありました。

=========================================

24歳、都内在住、男性。
金曜日(2月8日)まで通常に勤務(事務職)
勤務時間 午前9時から午後6時まで 超勤はほぼなし

金曜の夕方、体調が悪いからと早退し、病院へ。
大きな病院へ転送され、火曜日(12日)死亡。

病名:急性リンパ性白血病

============================================


「放射線による白血病の発生率増加は、固形がんよりも大きいこと(しかし白血病は比較的まれな疾患なので、高線量被爆者の間でさえも絶対的な症例数は少ない)。次に、白血病は被爆後、早期に増加(特に子供で顕著)したことである。過剰白血病は被爆後約2年で発生し始め、被爆後約6−8年の間にピークに達した。」
「年齢の違いによって白血病のタイプにも違いがあり、急性リンパ芽球性白血病は若年者に多く見られるが、慢性および急性骨髄性白血病は高齢者に多く見られる。」

こうした被曝症状の影響として、急性の白血病の症状が出始めている場合にどんな症状として立ち顕れてくる可能性があるのか。滋賀医科大学小児科血液腫瘍グループのホームページが分かりやすいので引用します。


泉田知事定例記者会見要旨(震災がれきに含まれる放射性物質の管理について)

 がれきに含まれる放射能管理の問題ですが、先日の知事コメントで、「犯罪行為」とコメントしたと思います。どういったことがあるからこそ犯罪行為とコメントしたのかをわかりやすく説明してください。
A 知 事
 昨日、福島県で甲状腺ガンになった方が3人と公表されました。もう手術された方もいるわけです。子ども(の甲状腺ガンの発症率)は100万人に1人と言われています。そのほかに疑いある方が7人で、計10人です。福島県の人口から見ると、子どもの数はおそらく40万人を割っています。そこで10人も見つかるということは一体どういうことなのでしょうかと。あのときに政府は一体何をやったのかと言えば、甲状腺検査を事実上ストップするに近いような通達を出したわけです。本当にこういった事案が福島原発事故と関係がないのかどうか。のう胞が見つかる率が異常に高いという話は会見でも言いました。「直ちに健康被害はない」と言いながら、結果として中長期的には影響があるということかもしれません。セシウムに関して言うと、心臓や血管にたまるわけです。日本の平均寿命は今縮んだようです。


原発30キロ圏内で猫の大量死
福島に来ています。何人かの30キロ圏内の方からこんな話しを聞きました。「猫がたくさん死んでるのよ」。


公園でノラネコに餌をやっていた人は8匹いた猫が2匹になったといいます。


猫を3匹飼っていた方は、「顔が歪んで毛がみんな抜けて、居なくなったと思ったら3匹とも床下で死んでた」といいます。


別の方は「うちの猫は平成21年生まれなのに去年死んだ。早すぎると思いませんか」と言います。


口を揃えていうのは「たまり水を飲んでた」。


「原発と関係あるだべか?」皆さん心配しています。


福一「口から血を出しながら次々と救急で運ばれて来ている。軽く100人 ...
www.asyura2.com/13/cult11/msg/134.html‎キャッシュ2013年4月22日 ... デマの元「Fibrodysplasia ‏@Fibrodysplasia


福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなく板垣英憲◆〔特別情報�〕
 東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。
 それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、新潟県内にある分院に移送されて、静かに死期を迎えるまで過ごす。放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。  
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ