2014年01月26日

中国選手の負傷に韓国歓喜、中韓ネットユーザーは舌戦 「棒子は世界一の無恥」

中国選手の負傷に韓国歓喜、中韓ネットユーザーは舌戦 「棒子は世界一の無恥」


ソチ五輪で金メダルが期待される王濛選手の負傷について、
韓国メディアが喜ぶような報道をしたと伝えた。同選手の負傷が、
両国ネットユーザーの舌戦を巻き起こした。

記事は、中韓両国はショートトラック競技での激しく争うがゆえに遺恨が生じたとしたうえで、
韓国ネットユーザーのコメントを以下のとおり紹介した。

「スポーツマンシップに欠けたゴミがそもそも試合に出る資格はない」
「卑劣な手段で金メダルを取ったのだから、因果応報だ」
「王濛の負傷はわが国の推進力になる」

「こいつの金メダルは大便同様だ」
「王濛などどうでもいい。最後に勝つのはわれわれだ」

これに対して、中国国内のユーザーも続々と反撃を繰り出した。

「棒子(韓国人に対する蔑称)の汚さはみんな知っている」
「棒子は世界で最も無恥な国だ」
「韓国人はどうしていつもスポーツで度量の狭さをみせるのか」



「フジの大みそかは東京五輪を見据えて、オリンピックネタを中心に今年を振り返るというものでしたが、視聴率が0%台の瞬間もあったように、惨敗を喫しました。

0%台・・・
(^Д^)9mぷぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ

AA略


「棒子(韓国人に対する蔑称)の汚さはみんな知っている」
「棒子は世界で最も無恥な国だ」
「韓国人はどうしていつもスポーツで度量の狭さをみせるのか」


シナチクのくせに良いこという奴もいますね
(^Д^)7m
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反日だが利益のため日本を利用せよという韓国の深刻背景

反日だが利益のため日本を利用せよという韓国の深刻背景

 冷え込んだ日韓関係の改善を念頭に、「用日」という表現を使う韓国メディアが現れた。自国のために相手を巧みに利用するというのは外交上、必要な術だろう。だが、そうした言葉を使い出したのも、日本からの直接投資が激減するなど、日韓関係の冷却化がボディーブローのように効いている現状があるからに違いない。韓国側の“悲鳴”のようにも聞こえるが…。

「首脳会談開くべきだ」49・5%

 中央日報(電子版)は3日付で、韓国の外交政策が取るべき方策を「親米、連中、用日」と表現した。記事は1880年に清国の外交官が示した、「親中国、結日本、連米国」という戦略をもとに、現在の米国、中国、日本との外交関係をいかにさばくかを論じている。

 その中で河英善・東アジア研究院理事長は「60年間同盟を維持してきた米国との関係を維持し、中国との連帯も強化しなければならない。韓日関係を復元し、韓日米協調を固めて中国を導いていくのが核心」と発言している。同紙は9日の社説(電子版)でも「政府、『用日』の世論に耳を傾けるべき」と題した社説を掲載している。

 社説などの根拠となっているのは、峨山政策研究院世論研究センターが、安倍晋三首相による靖国神社参拝直後の世論調査結果だ。それによると、安倍首相の靖国参拝について「周辺国を考慮し、靖国を訪問するべきではない」が87・6%、日本の安全保障の役割拡大についても否定的な意見が66・8%をそれぞれ占めた。一方で、49・5%が日本と韓国が首脳会談を開くべきだとし、反対(40・7%)より多かった。


 また、中国の軍事拡大、北朝鮮の核問題などを念頭に、日韓の安保協力が必要だとする回答は63・9%に及び、「日本との積極的な関係改善のために(朴槿恵)大統領が積極的に動くべきだ」とする意見は57・8%だった。これらが日本を利用する、活用するという「用日」が必要だとする根拠なのだ。

変わらぬ「反日」姿勢

 これまで散々、「反日」報道を繰り返しておきながら、「用日」というのも違和感はないか。韓国側はそれを本当に望み、そうした考え方が醸成されているのだろうか。韓国の教科書採択をめぐる「反日」ぶりに、その答えの一端が示されている。朝鮮日報(電子版)によると、今年3月から全国1714の高校で使われる韓国史の教科書の出版社は89・7%が左派系で、10・3%が比較的中道とされる2社だという。

 保守派の教科書は昨年検定に合格したものの、韓国の近現代に関する記述で、日本の「抑圧と搾取」への抵抗の歴史という従来の歴史観を否定した。この結果、「親日」教科書として左派の攻撃を受け、採択した高校が次々と撤回に追い込まれた。

 例えば、軍需工場の労働者と慰安婦を区分していなかったり、日本の初代首相の伊藤博文氏暗殺で英雄として扱われる安重根の扱いが“小さい”ことが批判の対象になったとされる。朝鮮日報によると、慰安婦に関する写真説明で、「前線の変更で日本軍の部隊が移動するたび、ついていくケースが多かった」と記されていた個所は「軍駐屯地で搾取されただけでなく、前線に動員され強制的に連れていかれる場合が多かった」に修正されたという。


 採択された学校は保守系教科書に反対する団体の嫌がらせを受けた。インターネット上でも非難を浴び、ある学校の前には「親日」「独裁美化」などと書かれたプラカードを並べたデモも出現した。こうした行為をするのは一部の人かもしれない。だが、偏向教育が偏向報道につながり、やがて人々に偏った「反日」意識を植え付けることになる。だとすると「用日」などという考え方が醸成されるはずはない。

苦しむ経済…断末魔の悲鳴

 昨年の輸出額と貿易黒字が過去最高を記録した韓国経済は、輸出や民間消費の鈍化、投資の不振、失業率の悪化などの問題が山積している。聯合ニュースなどによると、昨年初めから1月初旬にかけ、ウォンが円に対して20%以上も上昇し、韓国の輸出競争力は低下。日韓関係の冷却化も影響し、昨年の日本企業の韓国への直接投資額は激減し前年比40%減となった。13年1〜11月に日本から訪れた観光客も253万2千人と、前年同期比で23・1%減った。

 いずれの数値も、韓国経済の先行きが決して明るくないことを示している。外交戦略として「用日」を持ち出すのも、こうしたことが背景にあるとみられる。だが教科書採択にみえる「変わらぬ反日ぶり」を見る限り、米国、中国の両大国の顔色をうかがいつつ、日本を攻めたり、すり寄ったりする従来の姿勢が変わるとは思えない。

 もっとも、韓国のありように学ぶことがないわけではない。互いの利益になるように相手を活用するのでなければ信頼感の醸成など到底無理だという意味だ。「用日」という表現は、長らく地盤沈下が叫ばれる大阪を含め、まさに日本にとって「反面教師」の言い回しではないか。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題番組「明日ママ」提供表示なし…一部CMが中止

■CMは放映
問題番組「明日ママ」提供表示なし…一部CMが中止

物語の舞台となった児童養護施設の描写などをめぐり、今月15日のスタート直後から賛否両論を
巻き起こしている日本テレビの連続ドラマ「明日、ママがいない」(水曜後10・00)の第2話が22日に放送されたが、提供表示がなかった。

初回放送で提供スポンサーとして社名が表示されたのは8社。番組冒頭、タイトルバックの後に紹介された。
しかし、この日はタイトルバックの後に提供表示はなし。また、一部CMがAC広告に差し替えられ、3度放送された。


●喧嘩上等!弱者を笑い物にして視聴率を稼ぐ屑番組の強欲スポンサー

日清食品
花王
NTT東日本/西日本
三菱地所グループ
富士重工業(SUBARU)
小林製薬


官兵衛もショコラも凍りつく 「大寒波襲来」の冬ドラマ2014
岡田准一、松本潤、石原さとみ、天海祐希、向井理、檀れい…


本誌アンケートでは中止すべき42%

芦田愛菜
養護施設ドラマ 放送中止騒動のウラ事情

日テレは確信犯か「仕掛け人はあの男」
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人は人間不信、「他人を信用する」のはわずか2割、大多数が「他人は敵」とみなす―韓国紙

韓国人は人間不信、「他人を信用する」のはわずか2割、大多数が「他人は敵」とみなす―韓国紙

2014年1月2日、韓国の中央日報中国語版サイトによると、他人を信用する韓国人はわずか2割程度しかいないことが、調査の結果分かった。

韓国統計庁は1日、「2013韓国の社会動向」を発表。「あなたは一般に他人を信用しますか?」という問いに、対象者のわずか22%が「他人を信用する」と回答。大多数の対象者が他人を「自分を傷つけ、利用しようとする存在」と位置付けていることが分かった。


韓国人の幸福感が国民の収入レベルよりも低いのは、韓国人の社会不信と大いに関係があるといえる。今回の調査で、韓国人の社会に対する信頼度は31%、政府に対する信頼度は56%だった。国民が国を信頼できなければ、法律や政策の制定や執行に多大なる費用がかかることになる。

さらに、他人について「きちんと法律を守っていない」と答えた回答者は26%だったが、自分について「きちんと法律を守っていない」と答えたのはわずか2%しかなく、韓国人の自己中心的な態度も明らかになった。


韓国は、選手村で他国選手への執拗なストーカー行為を繰り返し、
オリンピック史上初の、国を名指しで、「韓国選手は他国の選手に付きまとってはならない」
との公式発表を受けています


オリンピック選手村の食堂では、あまりに他国選手への嫌がらせが激しく、
やむなく注意した英国人コックさんに、集団で殴る蹴るの暴行を働き
、以後、オリンピック委員会はオリンピック終了までの期間、
他国の選手が集まる公共の場に、韓国選手は出入り禁止と通達が出されました。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ