2014年01月27日

基準を超える汚水の排出容疑で養豚場社長を愛知県警が逮捕

基準を超える汚水の排出容疑で養豚場社長を愛知県警が逮捕。で、なぜ汚染水を排出した東電社長は逮捕されないのか?
きょう21日、愛知県警は基準値を超える汚水を養豚場から赤羽根漁港(愛知県田原市)に排出した容疑で、「増田ファーム」(愛知県豊橋市)の増田康夫社長を(60)を水質汚濁防止法違反の疑いで逮捕した。

このニュースを見て、あれって思った人も多いことだろう。

だったらなんで、東電社長は逮捕されないの、っていう。

ごく単純で、ごく常識的な疑問だよね。

あきらかにヘンだ。

養豚場の排水で社長逮捕なら、福島原発からの汚染水排出で、東電の社長はもう少なくとも100回以上は逮捕されなくてはならない。

しかも、東電は原発事故直後から、汚染水が環境問題になることを認識していた。

これは福島県警の管轄だよね。

これ、職務怠慢じゃないのか。

こういう警察というか公務員の対応を取り締まる法律はないのだろうか。


法の下の平等に反する逮捕こそが違法だよな。
台風が来たとき壊れる堰で汚水貯めときゃいいやん。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍総理のお膝元、山口で進む「安倍道路」建設のムダ

「アベノミクス」効果で、景気が上向いているという。しかし一部の人にしかその実感はなく、消費税が上がり、社会福祉も削られるなど、厳しくなる一方だ。それもそのはず、インフラの老朽化対策や耐震性強化などの喫緊の課題ならばともかく、到底そうは思えない事業にまで国民の税金がこんなにムダに遣われているのだ。

 そんな「ムダ事業」の最たるものが、「安倍道路」を筆頭にした安倍首相のお膝元における数々の公共事業。

 安倍晋三首相の地元で工事中の「下関北バイパス」の予定地に立つと、国際港湾になるはずだった人工島「長州出島」方面から巨大な橋梁群が立ち並んでいた。本州と人工島を繋ぐ6.8kmの道路建設費は720億円にも及ぶ。

 人工島計画は、首相の父・安倍晋太郎氏の代から推進されてきた、まさに“安倍アイランド”。「大型船入港が可能な国際港」を旗印に、安倍首相直系の江島潔下関市長時代(’95〜’09年)に工事が進み、755億円が投入された。しかし、船舶の入港はたった59隻。期待していた外資のコンテナ船はゼロ。利用がほとんどない状態だというのに、巨大アクセス道路が整備されることになった。下関北バイパスもその一つ。市内の渋滞緩和も建設目的になっていたが、下関市の人口は約32万人から約27万人に減少傾向。高齢者増加も重なり渋滞は解消されつつある。

 お膝元のムダ遣いはほかにもある。

 安倍家の故郷・長門市を通る“安倍道路”、山陰自動車道(山口県下関市〜鳥取市)の全線開通だ。未開通区間(100km)の推定事業費は4500億円にも及ぶが、沿線の3市1町の人口は36万人しかいない。東西を結ぶ高速道路としては、山口県内にはすでに山陽自動車道、中国自動車道があり、山陰自動車道は3本目となる。渋滞もなく過疎地と過疎地を結ぶ道路のため、建設が見送られてきたのだ。それが安倍政権になって急に進み始めたのである。

 下関と九州を結ぶ巨大架橋「第二関門橋」(約3000億円)も、’08年にムダだと批判されて調査が打ち切られていたが、安倍首相が担ぎ出した山本繁太郎県知事になってから調査費がついた。

 下関北バイパス、山陰自動車道、第二関門橋の事業費は計8220億円以上。これらの事業が「アベノミクス」で急展開を見せている。


アベノミクス効果「実感ない」67・9%
 安倍内閣の経済施策「アベノミクス」について、千葉銀行関連のちばぎん総合研究所は、消費者ら個人対象のアンケート結果をまとめた。アベノミクス効果のプラス面を「実感していない」とする回答が大半を占めた。

 昨年十二月十〜十三日、インターネットを使って県内在住の男女各五百人から回答を集めた。

 安倍内閣発足後の景気を「横ばい」と受け止めているのは53・9%。「改善」と「やや改善」は計29・9%で、「悪化」と「やや悪化」を合わせた16・2%を上回った。

 だが、アベノミクスのプラス効果をどう実感したかとの問いには、「実感はない」の回答が67・9%で突出した。「景気に関するマスコミや周囲の声」が16・5%で次ぎ、三番目にようやく具体的な「金融商品の運用益が出た」を11・4%が挙げた。

 一方、マイナス効果を実感した場面では「円安の影響で輸入商品の購入価格が上昇」が57・7%で最も多く、「電気料金の上昇」が51・4%で迫った。「実感はない」は23・8%だった。 
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島原発事故後に相次ぐ心不全と脳卒中!流山市で女児が心不全!茨城や福島、宮城などで異常数が急増!

東日本の放射線量が高い場所で若い人が心不全で突然死するケースが相次いでいます。ホットスポットとして有名な千葉県流山市では9才の小さい女の子が心不全で亡くなり、線量が高い宮城や福島などではバスの運転手が相次いで心不全で事故を起こしました。

特にバスの運転手が運転中に突然死するパターンは大規模な衝突事故に繋がる可能性があるため、非常に危険です。チェルノブイリでも心臓の病気が激増しましたが、遂に日本もチェルノブイリと同じ状態になってきたと言えるでしょう。
ただし、チェルノブイリは人口密度が少なかったのに対して、日本は物凄い人口密集地なので、チェルノブイリよりも日本の方がかなり深刻な事態になる可能性が高いです・・・。


☆重体の女児死亡 千葉・流山のマンション
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130728/crm13072815200000-n1.htm
引用:
2013.7.28 15:19
 千葉県警流山署は28日、流山市の公務員女性(44)宅のマンション居間で倒れているのが見つかり、意識不明の重体だった小学4年の長女(9)が死亡したと発表した。

 同署によると、死因は多機能不全による心停止。長女は26日午後に顔がうっ血した状態で見つかり、帰宅した長男(11)が119番した。女性は長男と長女の3人暮らし。室内に荒らされた跡はなく、詳しい状況を調べる。


また湿疹が出ました
今度は足のスネです
もうダメだ


福島原発事故後に相次ぐ心不全と脳卒中
☆バス、衝突から2キロ弱走行 運転手は心不全か
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130704/dst13070418280010-n1.htm
引用:
宮城県蔵王町の東北自動車道でのバス事故で、バスが最初にガードレールに衝突した後、約1・6キロ走行していたことが4日、県警高速隊への取材で分かった。前方座席の30代男性の乗客が、運転手に声を掛けたが応答がないため、ブレーキを踏んでバスを止めた。

 この事故で、運転手の土田義昭さん(37)=東京都板橋区=が病院に搬送されたが、死亡が確認された。死因は急性心不全の可能性があるが、高速隊は5日にも司法解剖し、詳しい死因や事故との関係を調べる。


東北道で夜行バス事故相次ぐ 運転手2人死亡
URL http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/05/kiji/K20130705006152560.html
引用:
 宮城、栃木両県の東北自動車道で4日未明、夜行バスの事故が2件相次ぎ、それぞれの運転手2人が死亡、乗客ら計16人が重軽傷を負った。

 午前3時25分ごろ、宮城県蔵王町の東北自動車道下り線で東京発新庄(山形県)行き夜行バスがガードレールに衝突、続いて中央分離帯にぶつかった。衝撃で目を覚ました前方座席の30代男性乗客が運転手に声を掛けたが応答がなかったため、ブレーキを踏んで止めた。バスは最初の衝突から約1・6キロ走行。運転手は事故前に意識を失い、急性心不全で亡くなった可能性がある。


児童、生徒の心電図異常増加…茨城
URL http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=70617
引用:
茨城県取手市の市立小中学校の学校検診で、心電図に異常がみられる児童、生徒の数が、昨年度から増加していることが、生活クラブ生協取手支部など市内3団体の調査でわかった。

 メンバーは福島第一原発事故との関連を懸念し、市に調査を要請するという。


急性心筋梗塞1.7倍,急性心不全2倍―発症増加時期に違い
URLhttp://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1304/1304003.html 
引用:
 2011年3月11日に発生した東日本大震災後の心疾患発症状況について,前2年と比較し急性心筋梗塞は1.7倍,急性心不全は2倍に増加したことが明らかになった。岩手医科大学心血管・腎・内分泌分野教授の中村元行氏らのグループが,岩手県の5医療圏における総合病院の診療録と同地域での死亡診断書に基づいて実施した調査から明らかにしたもので,両疾患の発症増加の時期が異なる実態も浮かび上がってきた。


フクシマって人口あと1000人くらいか


すでに統計結果がでていて
放射能による影響は証明されてるのに
放射能は安全とギャアギャア嘘ついて喚いても
無駄ですよ


鼻血が出たら放射能。
動悸がしたら放射能。
癌で死んだら放射能。
風車が落ちたら放射能。
何でもかんでも放射能。


前の記事を書いた後、『院長の独り言』のエントリをいろいろ見ているうちに、白血病に関してまともなことが書かれているエントリもあるのを見つけて、「院長」氏が白血病に関して無知なのではないかとの私の疑念が誤りであることがわかったところでした。しかし、知っていたのならなおさら、「院長」氏はなぜ、東電福島原発で8月に復旧作業に当たって白血病死した人に関して、あんな変なエントリを上げたのかと疑わざるを得ません。

職業上当然とはいえ、医学に関するまともな知識を持っているにもかかわらず、なぜあんなトンデモエントリの数々を上げたのか。特に福島に行ったことが原因で白血病で亡くなったわけでもない方に関するデマを撒き散らした件は悪質で、いろいろ考え合わせると、やはり知っていてデタラメを書いているのではないかとの疑いが拭えません。

というわけで、id:carechi1964さんに耳よりなお知らせです。「院長」氏が勤務している病院がわかりました。deborarabodeさんが上げて下さったURLからたどれます。熊本市の「小野・出来田内科医院」で、院長氏のフルネームは小野俊一氏ですね。


id:meditation2011さんから下記のコメント*2をいただいてますけど、「KAZU」さんとおっしゃる方が白血病を発病して急死された件に関する「院長」氏の記事を読んで、私は「院長」氏に対する信頼を完全に失ったことだけ申し上げておきます。全く信用できない人のブログ記事について議論する気力がすっかり減退してしまった次第です。


両足とも出てますが
右足のほうがひどいです


両足とも出てますが
右足のほうがひどいです


放射能が原因


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85


ヨウ素131による初期被曝の検証
2011年の3月14日から3月15日に、放射性ヨウ素131が大量に放出された事が後に判明した。飛散した地域と時刻の解析(シミュレーション)をNHKが番組『埋もれた初期被ばくを追え』(2012年3月11日)内で放送した[29]。解析によると、2011年3月14日に2号機で事故が発生し、通常の2500倍(1立方メートル当たり1万ベクレル)を超える放出した放射性ヨウ素が初期は風向きで海側へ流れていたが、3月15日0:00より南側の風向きに変化し、茨城県、そして栃木県を通過した、という内容であり、放射性のヨウ素131は、SPEEDIによる放射性セシウムの飛散予測とは全く異なる地域となっていた事が判明した。
全ヨウ素放出量試算結果の未公表
時事ドットコムは、「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内で計測されたヨウ素を基に推計した2011年3月15日の同原発からの放出量が毎時10兆ベクレルという高い値となっていたが2012年4月3日まで未公表であった、と報道した[30]。3月15日のヨウ素131乳幼児臓器被曝線量分布を含む事故当時のデータが公表された[31][32][33][34]。


ハゲは放射能のせい


福一作業員で具合の悪くなった方々が、口から血を出しながら次々と救急で運ばれて来ているらしいです。福島県内では対処しきれなくなって、その病院で既に軽く100人は超えている、皆 急性白血病・・


@yoshiyukimurase
村瀬喜之
北海道旭川市生まれ、名寄高校、北大をへて赤旗記者40年、退職後、団地でうたごえ、9条の会、悠友クラブを中心に活動、囲碁ライター


本当に日本人は鬼畜だ。滅ぶべき民かも

「カネのためなら人も殺すし、放射能巻き散らかして永久に住めない破局を自分で作り出すし、戦争すれば軍事性奴隷(=従軍慰安婦)を調達する制度まで創るし、残虐非道な人体実験する組織(731部隊)まで創るし、本当に日本人は鬼畜だ。世界中の国から国交を断絶されてもおかしくない。滅ぶべき民かも」(Fibrodysplasia
‏@Fibrodysplasia)


放射能は吸えば吸うほど元気になります


今年福島の人口はゼロになります
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ