2014年02月06日

【内閣府職員変死】犠牲者と思われた高山直樹さん、なんと生きている事が判明!!!

【内閣府職員変死】犠牲者と思われた高山直樹さん、なんと生きている事が判明!!! ⇒ だとすると「米ミネソタ大学留学の予算は1名分」の点で完全に辻褄が合わない…驚愕の仮説が2つ登場 2ch「内閣府の※※※※※※という問題が生じる」「※※※した誰かということ?」
541 :名無しさん@13周年:2014/02/03(月) 18:29:37.04 ID:VnjqAYAj0
なんだって!
高山さんは
ミネソタで生きてる?
509 :名無しさん@13周年:2014/02/03(月) 18:15:05.82 ID:6R5rV5WF0
おいおい、2chやまとめサイトに流れている内閣府職員の名前が大学院の同期なんだが、元気に過ごしている本人から確認取れてるから、顔写真まで晒すのやめろよ。苗字が在日韓国人の通名に多いとか適当過ぎだろ。
https://twitter.com/yoshikawanori/status/430017603721912320
内閣府職員の件、留学時期も年齢もデタラメな情報が「ネット上では○○さんではないかとの噂もある」みたいな形で写真までつけて互いに引用しあってポジティブフィードバック効きまくって拡散していく様子気持ち悪いなぁ。
https://twitter.com/yoshikawanori/status/430185134499713025
532 :名無しさん@13周年:2014/02/03(月) 18:24:58.62 ID:enL5n07l0
>>509へ
職員は30歳キャリアだとすれば
平成18年(2006)に入省(22)
平成26年(2014)に死亡(30)
となる。
留年がなく順調コースたどっていた順風満帆コースね
内閣府職員(30)とまできれいに一致するが。
2010年採用っていうソースもあるは知ってるが・・・
文句があるなら報道機関にいったほうがいいよ。


ころせー
(;Д;)
ころせー


ちゅうか
横から覗かれたのが
大変ショック
もうだみだ


_| ̄|○il||li ガックシ・・il||li


景気よくなったんだろ
この有様はなんだ


生きてても国家破綻しか楽しみがない


終わったな
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セシウム134 137合算値

購入日・品目・産地(工場)・セシウム134 137合算値(単位はベクレル/Kg)
H26.1.10 レンコン 土浦市 9
H25.12.16 精麦 栃木県 8.7
H26.1.14 タラ 岩手県 4.5
H26.1.17 サワラ 房総沖 3.1
H26.1.17 サワラ 房総沖 1.1
H26.1.20 ゴボウ 茨城県 1.2
 
H26.1.20 干しいも 製造所:茨城県 2.7
H26.1.21 サメ 青森県 14
H26.1.21 サツマイモ 茨城県 6.2
H26.1.15 りんごジュース 製造・加工場所(福島県二本松市) 3.4
H26.1.15 りんごジュース 製造・加工場所(福島県二本松市) 4.5
H26.1.21 脱脂粉乳 二戸市 1.9
H26.1.14 タラ 加工所:宮城県 7
H26.1.23 サツマイモ ベニハルカ 茨城県 2.5
H26.1.23 生シイタケ(菌床) 長野県 6
H26.1.20 大豆 千葉県 9.3
H26.1.20 原木シイタケ 登米市迫町 5.8
H26.1.22 マダラ切身 岩手県 2.2
H26.1.21 マダラ 岩手県 8.4
H26.1.20 干柿 福島県 16
H26.1.27 マイタケ 新潟県 4.4
H26.1.27 マダラ 宮城県 12
H26.1.28 マダラ切身 岩手県 2.6
H26.1.21 しいたけうどん 製造・加工場所(福島県浅川町) 3.4
H26.1.22 りんごジュース 製造・加工場所(福島県二本松市) 3.3
H26.1.20 大豆 千葉県 9.3
H26.1.27 漬物(梅干) 製造所(群馬県高崎市) 46
H26.1.30 干しイモ 茨城県 2.1
H26.1.20 茶葉 静岡県 6.1
H26.1.30 タラ 三陸南部沖 11
H26.1.30 レンコン 茨城県 4.5
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸の街には「10代ヤリマン少女」と「非モテ男子」があふれていた

江戸の街には「10代ヤリマン少女」と「非モテ男子」があふれていた

実際の江戸時代の男女はどうだったかというと、恋愛もセックスもかなり自由奔放であったことが数々の資料によって残されている。

 江戸期においては、女性は初潮がきて陰毛が生えそろえば、もう大人の女性とみなされたようだ。身体が出来上がっていて、しかもティーンともなれば恋愛やセックスへの関心も急速に高まる時期である。さらに、日本ではセックスについてとても寛容である。処女を特別視する考えなど明治時代以前にはカケラもなく、「セックスした娘は傷物」などという認識などはどこにもなかったのである。

 実際、当時の10代女子はセックスに対して極めて積極的だったようだ。男と知り合ってほどなくセックスするなどということは、ごく普通に行われていたようだ。そうなると、未婚女性の妊娠も増加する。そこで江戸の街には、「中条流」なるものが林立した。この中条流または中条とは、妊娠中絶が専門の漢方医のこと。当時の川柳にも「中条の門に立っているのが相手」などという作品がある。相手の男を付き添いにするために中柔流医院の前に待たせてあるというわけである。

 このように、女性たちは10代前半からセックスの経験をさんざん重ねていたわけである。当時は17歳くらいまでに結婚する女性が多かったというが、それまでにすでにひと通りどころか十分な経験と知識を蓄えていたのである。

 一方、男のほうは女性のように勝手気ままにセックスを楽しむというわけにはいかなかった。まず、江戸の街は男女比で女性の数が少なかった。江戸中期ですら、男性の数が38万人程度に対して、女性の数が13万人ほど。さらに、モテる男はいわゆるイケメンやテクニックの長けた男たちに集中したため、あぶれた男たちが街中にゴロゴロしていた。そうした非モテ男子たちが、そのうっぷんを川柳に遺したり、あるいはフーゾクに走って梅毒に冒されたりという事態が頻出したという。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ