2014年02月19日

3号機の燃料が核爆発したことで

・3号機の燃料が核爆発したことで広範囲に燃料ペレットを含む物質がかなりの広範囲に飛散
・この物質は、空路でここまで運ばれた

東電がこの爆発に気がついていないはずはありませんから、黙ったわけです。
なぜ、空路の可能性を無視しているのか(空路は、陸路に含まれると考えているんでしょう。たぶん)。
だとすれば、このような物体は楢葉町に限らず、あちこちで見つかるはず。
双葉郡は、もはや死の大地になっているのです。


あの「ヒルナンデス!」に“ヤラセ疑惑”が浮上

出演したモデルの告白ブログが物議


13万ベクレル:最悪を記録(セシウム濃度)

東京電力福島第1原発の護岸から約60メートル内陸にある観測用井戸で、同日採取した水から1リットル当たり13万ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しており、これは井戸の地下水のセシウム濃度では過去最悪と報道されています。


どこまで汚染は深まるのでしょうか?
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「身の危険を感じた」、韓国からの執拗な脅迫に英選手がツイッター閉鎖

「身の危険を感じた」、韓国からの執拗な脅迫に英選手がツイッター閉鎖
「民族的な病」「クリスティ選手を応援しよう!」

ソチ五輪で13日行われたショートトラック女子の500メートル決勝で、韓国選手などを巻き込んで転倒した英国のエリス・クリスティ選手がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で謝罪の声明を出したところ、韓国ネットユーザーから批判のコメントが殺到し、脅迫的なコメントまで書き込まれたという。中国・広州日報が17日伝えた。

韓国選手のパク・スンヒ選手はこの転倒で銅メダルに終わった。クリスティ選手の謝罪に対して、パク選手の金メダルを期待していた韓国ネットユーザーは「パク選手の金メダルを盗んだ」「彼女の4年間の努力をぶち壊した」といった批判コメントが殺到。「死んでしまえ。韓国人は永遠にお前を許さない」といった脅迫的なコメントもあった。

クリスティ選手はこうした批判が殺到したことで自身のアカウントを閉鎖。「身の危険を感じた。ここ数日、とてもつらい日々を過ごしている」と表明している。

一連の報道を受けて、中国のインターネット上では韓国人を非難する声が噴出した。一部を拾ってみる。

「イヤなやつらだ」
「韓国人は恥知らずで偏狭、卑屈だけど負けず嫌いな民族」
「金メダルは大事だが、五輪精神はもっと輝かしいものだ。試合の最中に故意でなくぶつかってしまったのなら、仕方がない。韓国人が偏狭で自信を持てないのは、民族的な病か」

「心ある中国人はクリスティ選手を応援しよう」
「韓国人は他人が上手くいっているのを見るのが嫌いなんだ」
「民度低すぎる。その上、恥知らず」

「クリスティ選手に感謝。彼女の勢いのために中国の2人は上を狙えなかったが、李堅柔が金メダルを手にできた」
「韓国人、狂ったのか? 意味不明」
「彼女に感謝したいけど、ツイッターもフェイスブックも閉鎖」

「韓国人は“不注意で”中国選手にぶつかっても謝らない。英国人が謝ったら罵倒された。民度が分かる」
「韓国と北朝鮮、これ以上にイヤな国ってある?」
「中国の最近の流行り→韓国人を罵倒、日本人を称賛」
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんなドバイは、たくさんの「世界一」があることでも知られている

 そんなドバイは、たくさんの「世界一」があることでも知られている。ドバイにある「世界一美しいスターバックス」でコーヒーを飲んできた。

そのスタバは「イブン・バットゥータモール」にある

 ドバイの市内を北東から南西に結ぶドバイメトロ。その終点近くにある「イブン・バットゥータ」という駅前の巨大ショッピングモール「イブン・バットゥータモール」に、そのスタバはある。

 イブン・バットゥータと聞いてピンとくる人もいるだろう。そう、14世紀モロッコ生まれの大旅行家、『大旅行記』を著したイブン・バットゥータの名を冠したショッピングモールなのだ。

 そんなわけで、このショッピングモールには彼が旅をした(かもしれない)さまざまな国の意匠が凝らされている。

ペルシャ風の青いタイルと、細かな文様で彩られたドーム天井。英語とアラビア語でそれぞれ「STARBUCKS COFFEE」と書かれた緑色の看板。トルコ風のモスクにも似た美しい空間が広がっている。世界一美しいスタバはこれだ、間違いない。


道案内を頼んだ男が「胸大きいね」と女子生徒に対して声をかける事案
男が女児に「心臓の音を聞かせて」と声をかけ、胸に耳を当てたり、膝の上に乗せたりする事案
小学校高学年女子児童が、見知らぬ男に「スカート汚れているよ」と声をかけられる事案が発生


男が女子生徒に「すみません、付き合ってください。」と声をかけ、生徒が「できません。」と答える事案


ドバイにある「世界一美しいスターバックス」でコーヒーを飲んできた。


男が女子生徒に「すみません、付き合ってください。」と声をかけ、生徒が「できません。」と答える事案

(´・ω・`)羨ましい
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ