2014年03月13日

「日本と中国が戦争」「大地震が2つ起きる」

ジョセフ・ティテル2014年の予言 〜日本に関する9個の重大なお告げ〜- tocana(2014年3月10日13時00分)
米国の著名なサイキック、ジョセフ・ティテル氏は、毎年、その年に世界でどのようなことが起きるかを予言する。

 2011年の予言の時には、「3つの大きな津波が12〜14カ月の間に起こり、その地域は完全に壊滅し」「1つは日本、中国、メキシコを襲うかもしれない」と語り、東日本大震災の津波を予言していたことで、日本でも一躍知られるようになった。

 2014年の予言については、年頭にインターネットラジオで発表されたが、その完成版が3月3日にブログに掲載された。「世界と著名人の予言」と題された予言は、「世界」のものだけで59項目あるが、今回はその中で日本に関連したものや特に重要と思われるものをピックアップして紹介したい。


■1、げっ歯類問題で新たな病気が日本か中国で発生!?

【予言1】げっ歯類の問題が浮上する。マウス(ハツカネズミなど小型の鼠)またはラット(ドブネズミなど大型)で、恐らくラットが特定の地域に侵入する。ニューヨーク市か、もっと可能性が高いのは米国外。

【予言2】(前項の続き)このげっ歯類が原因で、新たな病気が蔓延する。この問題の一つは、日本か中国、もっともあり得るのは中国での発生。

【筆者:解説】ネズミがもたらす感染症といえばペストぐらいしか思い浮かばないが、日本では80年以上も発生していないので、起きるとしたら中国だろうか。


■2、放射汚染でマグロが死滅!? 日本で2つの大地震も

【予言4】 福島原発の背後にある真実に、私は心痛を抱いている。放射汚染された数千キロの水が海に流れ込んでいる。この毒性の強い水が大幅に生態系に影響を与え、高線量の放射線で魚に感染している。今後数年間に、ある魚は食べられなくなる。たとえばマグロのような魚が死滅してしまう。

【予言5】 2014年中旬から2015年に、福島原発で更なる問題が生じる。新たな地震が福島周辺を襲い、さらに混乱が生じる。今後18カ月の間に日本で2つの大地震が起きる。2つ目の地震は反対側(日本海側)の海で起き、大きな被害をもたらす。原発を保護し、汚染水が海へ流出するのを防ぐ方法を試すが、失敗に終わる。食料はますます汚染される。

【筆者:解説】太平洋側の東日本余震域と日本海側で一度ずつ大地震が起きるということのようだ。日本の予言者・松原照子氏によれば、今年は大きな被害をもたらす地震は日本では起きないとのことだが、そちらが的中するのを願うしかない。


■3、悪天候が日本を襲う

【予言6】水に関して、2014年は記憶に残る年になる。記録的な洪水や水に関する問題が起きる。暴風雨、洪水、天候関連の問題。それらのいくつかは、中国、日本を襲う台風となる。

【筆者:解説】昨年以上に世界中で洪水が起きるということのようだ。日本に毎年台風が来るのは当たり前のことで、日本の場合はよほど大型でないと的中したとは言えないだろう。


■4、3.11以上の巨大津波が起きる

【予言10】疑いなく、2014年は、2011年3月11日の日本の津波災害よりも大きな津波が(世界のどこかで)起きると私は信じる。

【筆者:解説】3.11以上の大津波がそう頻繁に起きるとはあまり思えないが、さてどうなるだろうか。


■5、ある国の女王が暗殺されそうになる

【予言22】王室に大きな危険があるのを強く感じる。ダイアナ王女が殺されたが、(その事実が)隠蔽されたのとちょうど同じように。女王は危険な状態にある。ライフル銃の照準のようなものが見えた。特別なお祝いの時にバルコニーに出て手を振っている時、ライフル銃で狙われる。暗殺未遂で終わる可能性がある。

■6、宇宙人について、重大な秘密が明かされる!?

【予言27】この銀河系内の同胞たちと他惑星の真の生命が、我々の意識上でゆっくりと光が当たりつつある。米国、ロシア、中国、カナダといった国々が隠してきた秘密が公開されようとしている。我々のすみかである地球は、生命と文明が進歩した唯一の惑星ではない。いくつかは我々よりずっと進化している。少なくとも他に3つの惑星上に、進化した存在がいる。一つは、グレイ(thegrays)として知られる。必ずしも地球人ほどに親切で優しいとは限らない。この数百年間に地球上で、それほどナイスとは言えないことをしてきた。現在は過去に頻繁に訪れていたほどには地球には来ていない。まるで各国の政府が彼らを追い払ったかのように。他の2惑星に住む存在は、我々に対してより温和で優しく愛情深い。彼らは我々を援助するために地球に来ていて、この数年目撃報告が多い。日本の大津波の時に、海岸上空に浮かぶ宇宙船のフィルム映像がある。彼らは我々の手に負えない問題解決と、水の浄化のための技術を駆使するために訪れている。彼らは数千年前に我々の祖先を援助したのと同様に、現在我々を援助している。

【筆者:解説】 UFOと異星人問題に関して大国が秘密を守り続けていると以前から言われているが、ティテル氏もそれを認めていることになる。ティテル氏の予言通りとなるとしても、その秘密がどういう形で公表されるのか興味深い。


■7、3月までに大地震が起きる!?

【予言33】 大地震の一つは今年3月末までに起きる。2014年に少なくとも3つの大規模で破壊的な地震が起きる。恐らく2つの大きな津波が発生する。


■8、日本と中国は戦争する!?

「日本と中国が戦争」「大地震が2つ起きる」さん 2014年3月11日 2時5分12秒【予言45】 米国は中国との輸出入問題に影響する問題に悩まされる。中国は、日中関係の複雑さを増している間にロシアとの関係を深め、それによって日本との戦争を望む結果となるかもしれない。

【筆者:解説】 日中関係については、松原照子氏も戦争勃発の可能性を懸念しているようだが、松原氏が言うところの「恐怖の男・安倍氏」は、たしかにその方向に向かっているように思われるのが恐ろしいところだ。


■9、ガン治療の研究が進歩する

【予言50】 2014年は、我々がガンの治療にますます近づく助けとなる驚くべき発見の始まりとなる。科学者たちは最終的に、ハーブ、樹皮、ある種の魚のような自然の素材を使用したホリスティックな(包括的な)方法を発見しようとする。

 というわけで、今年もあまり明るい予言がないが、【予言50】のようなものは的中してほしいものだ。日本での大地震については、もちろん的中してほしくないが、たとえ起きるとしても津波を伴わない遠方の海溝型地震ならば被害は少なく済むだろう。


「日本と中国が戦争」「大地震が2つ起きる」
原発再稼働で地震が起きその結果、福島と同じようになる。
もう日本は死滅だな。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ掠奪開始

453 :名無しさん@13周年@転載禁止:2014/03/09(日) 21:25:54.93 ID:6xqV5KjB0
ウクライナ掠奪開始   Paul Craig Roberts (元経済政策担当、財務次官補 ・ ウオール・ストリート・ジャーナル元共同編集者)
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-5543.html

コメルサント-ウクライナ報道によれば、政府を装うアメリカ政府傀儡のキエフ財務大臣は、
ウクライナに金を貸す欧米銀行家が、ウクライナの貧乏人を犠牲にして返済が受けられるようにすべく、
ウクライナの年金を160ドルから、80ドルに削減する経済緊縮政策を準備中だ。http://www.kommersant.ua/doc/2424454 またもやギリシャの繰り返しだ。

選挙で選ばれた政権を打倒するのに利用された、抗議行動に参加した、だまされやすいウクライナ人は、
EUに加盟さえすれば、たやすく金もうけができるようになるという、
アメリカ政府の財政支援を受けたNGOがついた嘘を信じていたことを想起願いたい。
ところが今や、彼等は、年金を削減され、IMF緊縮政策に見舞われる。

腐敗した欧米マスコミは借款を“支援”と表現している。ところが、
EUがキエフに提供しようとしている110億ユーロは支援ではない。借款だ。
しかも、キエフがIMF緊縮政策を受け入れることを含め、様々な条件付きだ。

緊縮政策では、社会福祉、教育資金が削減され、政府職員が首切りされ、
通貨は切り下げられ、ロシアのガス、電気を含む輸入品の価格が上がり、
ウクライナの資産を、欧米大企業による乗っ取りに開放する。

ウクライナの農地は、アメリカ・アグリビジネス企業の手に落ちるだろう。

ウクライナ、あるいはロシア側にくら替えしなかったウクライナの部分に対する
アメリカ政府/EU計画の一部は成功した。
国に残されたわずかなものは欧米によって徹底的に収奪される。


佐藤優

毒蛇と毒サソリが戦っている場合に、どちらかを応援しなくてはならないという義理はない。

現下のウクライナとロシアのいさかいは、まさに毒蛇と毒サソリのにらみ合いだ。


626 :名無しさん@13周年@転載禁止:2014/03/09(日) 22:48:05.79 ID:Zwo2v//c0
ウクライナ・キエフ騒乱 狙撃手の背後に親欧米の現政権
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140306/frn1403061530001-n1.htm
ウクライナの首都キエフの騒乱で多数の人命を奪った狙撃手が、
親欧米の現政権側の人物に雇われた可能性を指摘しており、
エストニアで緊急の記者会見を開き、会話内容を認めた。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天木直人「村山談話見直しを図る安倍首相

【人民日報】天木直人「村山談話見直しを図る安倍首相、このような人物が二度と日本に出現せぬよう法文化する」[11/29]
1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/29(金) 15:57:54.83 ID:???
日本の有識者は11日、「村山談話を継承し発展させる会」を設立した。
「村山談話」は日本政府が日本軍国主義によるアジア侵略の事実を認め、謝罪した初の談話だ。
「村山談話」を発表したことで、ようやく日本は本当の意味で戦後に入ることができたのだ。
(話:天木直人・「村山談話を継承し発展させる会」共同代表、元駐レバノン日本大使。
インタビューと編集:劉軍国・人民日報駐日記者)

日本は過去の過ちを認め、謝罪して初めて、かつて侵略したアジア各国の政府と民衆から和解の精神で許され、
受け入れられることができる。こうしてのみ、アジアは過去に縛られず、未来志向で、
平和と互恵の精神で共同発展を実現することができると私は信じる。
私は「村山談話を継承し発展させる会」の設立が、アジアの平和的発展を促進することを期待している。

だが、安倍晋三氏を総裁とする自民党政権は「村山談話」に挑戦し、歴史事実を歪曲し、
戦後の国際関係・秩序の変更を試みている。これはアジア各国の激しい反発を招いたのみならず、
日本最大の同盟国である米国も警戒心を抱かざるを得なくなっている。さらに深刻なことに、
「村山談話」が実現を望んだ信頼と共生に満ちたアジアの夢が打ち砕かれた。

私はかつて日本の外交官だったが、米国のイラク攻撃に反対し、
米国を支持した当時の小泉純一郎首相を批判したために解任された。日本外交の観点から見ても、
「村山談話」の見直しを図る安倍氏の考えは完全に間違っている。

「村山談話」を大いに発揚し、「村山談話」の精神を否定する指導者が日本に二度と出現しないようにするためには、
「村山談話」を日本の政府と国民が遵守しなければならない法的文書に変えなければならない。
これは私が「村山談話を継承し発展させる会」の共同代表に就任した理由でもある。

大変残念なことに、日中関係は深刻な困難に直面している。特に釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題をめぐり、
両国関係は緊張が続いている。このような時にあって、両国民は日中関係の平和・友好実現のために冷静に努力すべきだ。
35年間の外交官人生で私は多くの国で働き、そうした国々の国民がいずれも各国の平和と友好を望んでいることに気づいた。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ