2014年03月31日

薬局のサプリメントコーナーに行くと

薬局のサプリメントコーナーに行くと、「関節痛に」「足腰の痛みに」といったキャッチコピーでコンドロイチンやグルコサミンなどの商品が売られています。

 確かに軟骨は、コンドロイチン硫酸やグルコサミンなどの成分で構成されています。

 以前、当サイト記事『高額コラーゲン商品の嘘〜サプリは老化防止効果なし、化粧水で肌に雑菌繁殖』にて、「コラーゲンを食べてコラーゲンが増えるのなら、薄毛の人が毛を食べて毛が生えるのと同じ」と書きました。

 鶏肉ばかり食べていれば鳥人間になれ、牛肉を食べ続けるとミノタウロスになるなどと考える人はいないでしょう。しかし、ちょっと難解な化学物質名が出てくると「なんとなく」効果があるような気がしてしまうから不思議です。


消費者庁の外郭である独立行政法人 国民生活センター(http://www.kokusen.go.jp)の調査によると、グルコサミン配合をうたったサプリメントの大半で、容器に表示された配合量に遠く及ばない分量しか入っていないことが確認されています。

 ひどいモノではパッケージに表示された分量のわずか0.4%、多くても35%という実態が明らかになりました。

 しかし、こういった不正をしても、現行法では注意以上の厳しい処分等はありません。医薬品であれば、内容量と表示が異なれば厳しい処分がありますが、食品では行政も「改善するように」としか言えないのです。

 医薬品として十分な内容量を配合すると、低価格では販売できないので、ライバル商品に負けてしまいます。そこで不当表示をしても注意を受けるだけで済む健康食品としての販売に終始しているのでしょう。

 グルコサミン商品に関しては、「医薬品」と明記されたもの以外は、配合量も信用ならないというのは覚えておくとよいでしょう。

 このように、まともに商品を売る気がないメーカーが大半で、効能も期待できず、内容量も信頼できないのがコンドロイチンとグルコサミンの商品です。それでいてCMでは、あたかも関節痛の特効薬といわんばかりのイメージ宣伝をしたり、医薬品のような効能をうたっているのですから極めて悪質な商売です。


鳥人は確か
焼き鳥食い過ぎで
なった筈


中学の連れの
鶏肉屋の息子は
鶏みたいな顔してたし
親父はさらに鶏みたいな顔だった


犬や猫を飼っていると
顔が犬顔猫顔になってくるよね
オイラの友達でハムスターを飼っている子が
いるけど
ねずみ顔だし


ミキプルーンも中井貴一もくたばれ


香川が
万田のCMに出ている件


そもそも
国がトクホなんて
インチキ商品承認してる時点で


臨床で効果ないから
健康食品なのにね


【特定保健用食品】は厚生労働省の天下り組織がお金を得るツールですから


まあ
父ちゃんがグルコサミンを飲んで
気が済むのなら
いいやという感じ


ブラック国家日本


厚生労働省

インチキなど
ない
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京五輪の工事で地中のセシウムが掘り起こされる!

2020年の東京五輪開催に向け、都内のあちこちで工事が始まっている。

東京がさらなる発展を遂げるこの工事に期待を膨らませている人も多いだろうが、実は予想外の危険が発生する可能性もある。それは「放射線量の上昇」だ。

福島第一原発の事故で、セシウム134、セシウム137といった放射性物質が撒き散らされ、それは風に乗り、首都圏にも降り注いだ。当初の発表だと、こうした放射性物質は地中50cm〜1mに沈むとされていたが、事故の1年後、日本原子力研究開発機構が発表した調査結果によると、セシウムの大部分が5cm以内の浅いところでとどまっていたという。

琉球大学理学部・古川雅英教授(環境放射線学)が実施してきた都内43ヵ所の定点測定で、実際に3年間の測定を行なってきたジャーナリストの有賀訓氏は言う。

「今年に入って線量値が高めに出る定点では、だいたい100m以内の場所で必ず道路工事かビル建設工事をやっていたのです」

特に線量の上昇が目立ったのは、土の地面を掘り返すか、道路と歩道の「舗装」を剥(は)がす作業を伴った工事現場だったそうだ。つまり、地表面5cmのところに居座っていたセシウムが、工事で再び大気中に舞ったと考えられるのだ。

「神宮外苑の線量が前回0.11μ(毎時マイクロシーベルト)から0.15μへ上がったのは、国立競技場西側の公園エリアで傷んだ植栽などを掘り返す土木作業をやっていた1月29日でした。見た目は小規模な工事なのに、競技場を中心とした1km以上の範囲で線量が上がり、今もそのままです。神宮外苑の大改造と新国立競技場の建て替えが本格化すれば、都内広域にも影響が及ぶでしょう」(有賀氏)

東北復興計画のアドバイザーなどを務めてきた都市防災建築の専門家・三舩康道氏(工学博士、一級建築士)は、こう語る。

「原発事故の影響を受けた東北地方南部の都市で、放射性物質の健康被害に配慮して建物の解体や特別な整地作業をやっているという話は聞いたことがありません。せいぜい発がん性物質のアスベスト建材を使った古い建造物を壊すときに、全体をシートで覆ったり瓦礫(がれき)に放水しながら作業するくらいです。とにかく建設業界は別経費を投じてまでよけいな対策はやらないのです」

ましてや「原発事故の危険など消え去った」という建前で猛進する都心部の大規模工事ラッシュで、今さらセシウムの心配をする役所や業者などいるはずもない。

都心部で進行中の再開発は、東京オリンピック工事と相まってさらに加速化・大規模化していくはずだ。そしてそれは、地面すれすれに潜む「厄介者」たちを目覚めさせてしまうかもしれない。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドンキがデビュー当時からの大スポンサーであったことは事実

「ドンキがデビュー当時からの大スポンサーであったことは事実。ただ、積極的に支援していたかといえば疑問。むしろAKSのプッシュに仕方なく……といった感じだった。ドンキ側の人間がAKSのスタッフに『テメーら、早くやめろよ!』と罵声を浴びせることもあった。売れてきて手のひら返ししただけで、ファンは今回の報道を冷めた目で見ていますよ。京楽がパチンコ台でボロ儲けしていることをひがんで提訴したのでしょう」とは出版関係者。

 とはいえ、AKBの“生家”がドンキ所有のAKB劇場であることに変わりはない。

「(賃貸)契約が切れるのはまだ先のようですが、このまま仲たがいが続けば、いずれ消滅ということもありえます。あれこれ理由をつけて、劇場公演に横ヤリを入れてくることも考えられます」(同)

 AKSサイドが恐れているのは、それだけではない。グループに近い関係者の話。

「AKB黎明期からの関係だけに、表も裏もすべて知り尽くしている。これまで封印されてきた超ド級のスキャンダルが飛び出すかもしれません。事実、スポンサーや広告代理店、テレビ局幹部の“接待”に、人気メンバーが駆り出されたこともありましたから。そこでの乱痴気騒ぎは、伝え聞くだけでも、シャレにならないものですよ」

 AKBグループにとっては、頭の痛い話のようだ。


k→←y @kosk_yuri
フォローする

【超拡散希望】 3月27日に南海トラフ大地震がくる可能性が90%らしい 南海トラフ大地震の予想死者 愛知県2万3000人らしい あくまでテレビで言ってた情報です 違っても安全意識のため みんなに伝えたいだから回してください
2014年3月19日 2:28 AM
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「セレブ女性とデートして稼ぐ」で被害男性続出

うまい話にはウラがある!! 最近、首都圏の主要駅付近の繁華街などに「セレブ女性とデートして稼げます」として「男性募集」をうたう広告ポスターが貼られているのをよく目にする。金銭欲とスケベ心に突き動かされて、この広告に応募してしまい、揚げ句“たけのこはぎ”のような被害に遭う男性が続出している。専門家は「警察沙汰にも裁判にもしにくいので、手を出さないのが一番!」と注意を呼び掛けている。

 ある被害男性Aさんは「電話したら、普通の事務員みたいな男性が電話に出て『担当から電話します』と言われて、連絡先を教えるハメに。しばらくして、中年の女性から電話がかかってきて、女性の好みのタイプなどを聞かれました」と明かす。

 電話口の中年女性はすぐに「Aさんとお話をさせていただきましたら、しっかりとしたすてきな男性ということが分かりましたから、当会にお迎えさせていただきます。ただ、きちんとした会員制組織なので、入会金が必要です。でも、好みの女性のプロフィルが3人分送られてくるので、代引きで3万円をお支払いください」と言ってきたという。


相手の事務所の住所を教えない代わりに面接も不要というのだ。

 詐欺事情に詳しい本人訴訟コンサルタントの野島茂朗氏は「対人商売なのに、面接や身元確認をしないのはおかしいと分かるのに、つい支払ってしまうのは、対面面接を煩わしいと思うカモの心理を察した戦略です」と指摘する。

 そして数日後、代引きで女性のプロフィルが3人分届くものの、肝心の顔に目線が入っていたり、プロフィルの一部が隠されていたという。

 Aさんは「免許証等の写しと登録用紙、女性との面会申込書の記入と女性1人につき1万5000円のアプローチ料の送金を求められました」と語る。しかし、送金後にも女性とは一向に会えるようにはならなかったので、クレーム電話を入れたという。

 すると中年女性は「登録データは相手の女性に渡してあります。当人同士の相性ですから、当会が関与することではありません。皆さんは多くの女性にアタックしています」と説明。次々と1万5000円を追加請求された。

 だまされたと分かったAさんは警察に行って事情を説明したものの、警察は「女性のプロフィルは送られてきているから、詐欺ではないでしょう」と取り合ってくれなかったという。

「楽してモテて稼ぎたいという男性の“スケベ心”を悪用しているので、被害者は警察や訴訟沙汰にしにくいので、悲しいものです。駅前の不法ポスターに発情するとやけどするのです」と、最初から手を出さないのが最善策だと野島氏は説明している。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ