2014年06月26日

日本を皮肉る韓国=「気持ちのいい朝だ」「ごみどもがやっと終わった」「さっさと帰れ!」

 捜狐体育によるとブラジルで開かれているワールドカップ(W杯)で、日本がギリシャと引き分け、グループリーグ突破が非常に厳しくなったことについて、韓国のメディアやサポーターから日本を皮肉るコメントが相次いでいる。この試合で日本は終始ボールを支配し、数多くのチャンスを作り出した。38分にはギリシャの選手が退場となり、数的優位に立ったことでさらに攻勢を強めたが、結局最後までゴールを奪うことができずに、0−0の引き分けに終わった。

 試合後韓国のウェブサイトOSENは「絶対的な数的優位も勝利に結びつかなかった。日本の攻撃にリズムはなく、もはや絶望的な状態に陥っている」と伝えた。また、別の韓国メディアは「日本には必ず勝つという信念がなく、試合は重苦しく退屈だった」と報じている。このほか韓国サポーターからは以下のようなコメントが寄せられた。

「日本はもう帰る準備だな」
「ごみどもがやっと終わった」
「なんて気持ちのいい朝だろう」
「万歳!ギリシャはよくやった。カッコいい!今日は偉大な日だ」
「日本のベスト4入りの自信はどこから来たんだ?」
「おれたちのロシア戦のゴールがラッキーだなんて言えなくなっただろう」
「四強?はははは」
「日本は弱すぎ。これが君たちの言う攻撃サッカーか?」

また韓国SBSはこの試合で顔に旭日旗のペイントを施した日本のサポーターがいたことを猛烈に批判。これについて、韓国ネットユーザーは「日本はもう敗退決定。戦犯はさっさと帰れ!」と怒りをぶちまけている。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国は先進国っぽい様で実態は全然違うからね

韓国は先進国っぽい様で実態は全然違うからね
俺が韓国に行って、驚いたこと、感じたことまとめ

@アジアで唯一の未だ戦争状態の国であり、北朝鮮との関係に一般人も未だに常にピリピリしてる
A最低賃金が時給430円、しかし守っている企業は少なく、アルバイトの時給は深夜でも300円などが普通
Bそれなのに加工食品はインフレでクソ高い、ポッキーが500円くらいする、2時間深夜働いてポッキー一箱買える
Cなので、半額程度の粗悪なパクリ菓子が出回る
D意外と女性は日本人より優しい人も多い、困ってる若者がいると、取りあえず米とキムチを渡す
E男性は民度がマジで低い、粗暴、プライド高い、その割に頭悪い、理由をつけて働かない
Fソウル大学等を出ている高学歴層の若者は結構まとも、日本で働きたいと思っている
G絶対口にしないが、韓国がクソすぎて、日本にどうしようもない程、憧れを持ってる
Hそのため、日本に難癖つけてけなしたり、賠償金を勝ち取ることでしか、プライドを保てない
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

トンキンはセシウムでみんな狂い始めてるwww

この度は、私 林沙織が起こした行動によりファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

特に、アクセルワン所属の皆様やスタッフの皆様には、入ったばかりなのにこのような不始末を起こしてご迷惑をおかけしてしまい心よりお詫び申しあげます。
アトミックモンキーさんは何も悪くありません。
鬱病を患った私が勝手に思い込んで書いた被害妄想です。
一ミリも悪いところなんてありません。
あんなに素敵な会社はありません。
アトミックモンキーの皆さんは非常に寛大で、深く感謝しております。

アトミックモンキーさんのおかげで目が覚めました。
人生を変えてくださったアトミックモンキーさんに心よりお礼申し上げます。
一命をとりとめたとはいえ、首を吊ったせいでこのような顔になってしまったのでもう声優には戻れませんが、
今まで応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

林沙織は引退します。

なお、林沙織はアクセルワンを辞めたので、この件に関してアクセルワンさんへ問い合わせなどをすることはやめてください。
アクセルワンはもう辞めたので私とは関わり合いはございません。
今まで本当にありがとうございました。

さようなら。

http://ameblo.jp/nikushokumiffy/entry-11882839153.html


ピンポーンと
玄関の呼び鈴が鳴ったが
出てやらない


ピンポーン
・・よし誰もいねいな
玄関ガチャ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高田延彦「線量計持って福島行ってきた」

高田延彦「線量計持って福島行ってきた」
モニタリングポスト→3.8μSv 高田測定→20μSv
さらにモニタリングポストはまったく人気のない沿岸にポツンと

<アメリカの除染の専門家が明らかにする、本当の汚染状況!>
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b303336f0039ab87dd09739feb58a9ea

★南西にある福島県白河市、通常の1,000倍の放射線濃度。
 ここがもしアメリカなら、あわてて防護服着用し完全防備するが、
 何も知らない日本人はいつもと変わらない様子で歩き回っていた。

<福島の偽装偽造工作の実態>
★福島県庁からやって来た当局者に、
 「馬鹿言っちゃいけない。公表するのは平均値などではなく、
  測定した中で、最も低い数値だけだ!」
 不正確・不誠実なやり方に従うよう求められた。


【偽装】線量計を分解すると細工が!!
メーカ社長『文科省から、放射線量低くでるよう改造依頼あった
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8b74339b5346f28bba5e3c42d82dbe50

線量計に細工が!−− 石岡市内100箇所以上の放射線量を定期的に
        測ってきて、線量計を分解してみてわかった!
 └──── 東海原発の廃炉を求める石岡市民の会 合田寅彦

 私たちは一昨年から石岡市内の100箇所以上の通学路、公共施設、農道、コ
ンビニなどの地表の放射線量を定期的に測ってきました。事故から2年が経とう
というのに放射能数値は下がるというよりむしろ上がっている状態です。例を挙
げると、石岡保健センター:2・545(24・5・2)、「ひまわりの館」裏
駐車場:5・495(24・8・7)、石岡第一病院側溝:1・019(24・
8・9)、自然休養村センター:7・450(24・10・16)、八郷南中学
校給食出口:1・560(24・11・22)・・・・。数値はマイクロシーベ
ルト、カッコ内は測定日です。
 Aさんの線量計、Bさんの線量計、市役所から借りたC、Dの線量計をもとに
会員数人がそれぞれ手分けして測定するのですが、最近になって同じ場所を測定
していてそれぞれの線量計の数値にばらつきがあることに気づきました。いちば
ん高い数値が出るAさんの線量計以外の線量計にはおそらく基盤にカビでも付着
したのだろうと思い、B、C、Dの線量計を分解してみて驚きました。いずれも
センサーとおぼしきプレートの上に意味のないマジックの黒い線が引かれている
こと(計測にばらつきが出ることを想定してか)、それと線量計の先端の白くマ
ーキングしてある調整部分(ルーペでなければわからないが、4段階になってい
る)がいちばん低いところに合わされてあったのです。極小のドライバーで
時計周りにいちばん右に動かし、マジックの線をアルコールでふき取り、その上
で測定しなおしたところ、Aさんの線量計と同じ50パーセントほど高い数値に
なりました。これとは別に、地元の中学校で使っている線量計は、分解しても肝
心の調整部分のところが接着剤で固定して調べられないように細工が施されてい
ました。
 市が購入したC、Dの線量計はもとより、Bさんが購入した線量計にもこうし
た細工が施されているとしたら、メーカーが出荷にあたってなんらかの細工をす
るよう、どこか上の方からの指示があってはじめて出来ることではないか、と思い
ます。


このフランスの東電原発事故の報道すごい。 http://www.youtube.com/watch?v=M8526fNSU98 … … … 福島の学校等に線量計が2台あってその数値が全然ちがって、文科省がメーカーに線量をさげて表示するよう指示書を出して裁判になっている、と報道してる。12分くらいから、

http://liveinhope0727.wordpress.com/2014/06/14/%e3%81%93%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%9d%b1%e9%9b%bb%e5%8e%9f%e7%99%ba%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%81%ae%e5%a0%b1%e9%81%93%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84%e3%80%82%e7%a6%8f%e5%b3%b6/


東電不正
【偽装】線量計を分解すると細工が!!
メーカ社長『文科省から、放射線量低くでるよう改造依頼あった』2014.01.28 東海原発の廃炉を求める石岡市民の会 合田寅彦  
福島発の<偽装><偽造><捏造>の嘘が次第に暴露されてくる


>細工

日本国家など
全て信用するなとあれほど
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小保方反論」をバカ正直に伝える大メディアの非常識

一体、どれだけの証拠を突き付ければ「観念」するのか。理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が作製した「STAP細胞」の問題。論文共著者の若山照彦・山梨大教授が16日に会見を開き、実験に使われたマウスの遺伝子解析の結果、若山氏の研究室が提供したものではないマウスの使用が確認された――と衝撃の事実を公表した。「STAP細胞」の存否をめぐる論争に終止符を打つ“決定打”と思われたが、小保方氏は18日、これに反論。まだ観念していない。往生際の悪さには呆れるが、そうした小保方反論をバカ正直に伝えるメディアもどうかしている。

「(マウスは若山氏の)研究室以外から入手したことはない」

「再現・検証実験に参加し、人為的な間違いが起きない環境で存在を証明することで説明責任を果たしたい」

 今も体調不良で入院中という小保方氏。代理人弁護士を通じて、コメントした中身はこうだった。国民の多くは「もういい加減にしてくれ」とウンザリではないか。若山氏が明かした内容も驚愕だったが、それ以外も次々と判明した事実に国民は目をむいている。

 例えば、公表されている「STAP細胞」の遺伝子データが、本来は生まれてこないマウスの遺伝子の特徴を示していたこと。つまり、「生後1週間のマウスを使った」という論文内容と完全に矛盾するのだ。小保方研究室にあった「ES細胞(胚性幹細胞)」と書かれた容器内の細胞と若山氏が保管していた「STAP幹細胞」の一部の特徴が同じだった――ことも驚きだ。わかりやすく言えば、雪男を発見したとして提出した証拠写真がシロクマだったようなものだ。理研の改革委員会が「『STAP細胞』は世界の3大研究不正に認定されかねない」と危惧するのも当然だ。

「世界中でいまだに『STAP細胞』の再現実験に成功したラボ(研究室)はない。若山教授も会見で<今後実験したいとは思わない>と話したように、科学界では『STAP細胞』はない、でケリがついている。私もクロ(無し)だと思っています」(東大医科学研の上昌広特任教授)

 それなのに小保方氏だけが「STAP細胞はある」「200回以上、実験に成功」と言い張り、その上、理研の検証実験に「参加して存在を証明したい」と言っている。

「不正は本人が認めない限り認定されないから、『STAP細胞はある』と言い続けるしかない。不正を認めれば多額の研究費の返還を求められるため、それを避けたいのだと思います」(上昌広特任教授=前出)

 そのリスクを回避するために、わざとスットボケているなら確信犯だ。

 チヤホヤされた「リケジョの星」の仮面の下に詐欺師の顔が隠れていることになる。

■子供たちはどうやって人を騙すかを勉強している

 ただ一方で、今の日本社会を見ていると小保方氏の言動は決して珍しいことではない。政界、財界、官界など、あらゆる業界で“詐欺行為”が蔓延(まんえん)し、多くの国民が欺かれているからだ。

 筆頭は安倍首相だ。東京五輪誘致のスピーチで、福島原発は「完全にコントロールされている」と平然とウソをつき、集団的自衛権の行使容認をめぐる会見でも、ありえない事例の説明を続けた。取り巻きからもペテン師のにおいがプンプンだ。政府の産業競争力会議のメンバーに入り、自身の業界に有利なように規制緩和を働きかけている竹中平蔵・パソナ会長をはじめ、その竹中を通じて政官財の要人を接待漬けしてボロ儲けしている南部靖之・パソナ代表…など、人を騙してカネを儲けることしか頭にない連中ばかりだ。

 こんな大人を見ているから、子どももおかしくなる。警察庁によると、昨年1年間に振り込め詐欺事件に関与して摘発された少年は262人に上り、09年の約8倍に急増した。4月に4億円の詐欺容疑で逮捕されたグループの元締も17歳の少年だった。

 政治評論家の森田実氏がこう言う。

「30年ほど前、米国で『平気でうそをつく人たち』という本が出版され、話題になりました。資本主義による自由競争の下で『自分さえよければ主義』が生まれ、カネ儲けのためなら人を騙すのもいとわない、との風潮が広がったためです。今の日本社会と似ています。『STAP細胞』の問題も、実績が欲しくて小保方氏を大々的に売り込んだ理研の責任は重い。小保方氏以外も、それぞれが思惑で『ウソつきゲーム』を繰り広げ、それがバレたので責任転嫁しているのです」

 小保方騒動は、安倍を頂点に日本社会の縮図であると認識すべきだ。


澤と宮間さへいれば
最強
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ