2014年06月11日

神主って、地方公務員より給料が安いのか

神主って、地方公務員より給料が安いのか
「国麿氏は現在、別表神社(大規模な神社)である出雲大社の禰宜(ねぎ・会社の部長クラス)ですから、月給は25万〜27万円程度でしょう。神社によっては家族手当、住居手当、時間外手当、臨時手当などもつきますが、国麿氏と同世代でも、小規模の神社では年収300万円に満たない者も少なくなく、兼業を余儀なくされる場合も」(神職関係者)


神職の待遇

 神社は現在は宗教法人ですが、何か公的なものという意識が神社側にも一般の人にもありますので、神職はなんとなく公務員のようなイメージを持っている方も多いと思います。そういう面もありますが、待遇に関しては正直なところ公務員ほど恵まれていません。

 給与はもちろん高くありません。公務員以下のところも多いです。驚くかもしれませんが神社によっては月給13万円とかもあります。(神社はあまりお金がないのです、、、。)
 それから違うのが休みはかなり少ないことです。大きな神社でも私の知る範囲で神職が完全週休二日のところはあまり聞きません。大祭の前だとしばらくぶっ続けで仕事ということもあります。
 最も、待遇は神社によってかなり違いはあります。

 また、税金から必ず給料がもらえる公務員と違って、神社はどこかからお金を得ないといけません。安定していると思われるかもしれませんが、熱心にお金を出してくれるのは戦前生まれの人とかが多く、今後はどうなるでしょうか。当然各神社も努力していますが、やりすぎると商売みたいになってしまって、これもいけません。

 公務員と似ているところもありますが、給与、休日、安定を重視するだけの人にはお勧めできない仕事で、やはりやる気がないと続きません。


>帳簿に乗らない収入があるんじゃないの?

というより
質素な暮らしを良しとする神主は
食材は奉納のおすそ分けあるし
神社の必要経費はご祈祷料で
まかなえるし
金がいらん生活だよね


勝手に賽銭入れてくれるんだから
ボロ儲けよのう
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「素晴らしい制度なら公務員にも残業代ゼロ制度を導入すべき」民主党議員の提案

「素晴らしい制度なら公務員にも残業代ゼロ制度を導入すべき」民主党議員の提案
厚労省官僚「とんでもないと」拒否

公務員にも残業代ゼロ制度を導入すべき」という
民主党議員の提案に厚労省官僚は「とんでもない」と
一斉に手を振って拒否 民主党の山井和則議員がTwitterで報告
http://news.livedoor.com/article/detail/8910208/

「残業代ゼロ制度を公務員にも導入してはどうか」という国会議員の提案を、
厚生労働省の官僚が一斉に「とんでもない」と手を振って拒否したと、
民主党の山井和則議員がTwitterで報告した。
6月4日の厚生労働委員会で、政府が成長戦略の一環とする新雇用制度に
疑問を掲げる民主党議員から官僚に真意を問うやり取りがあった。
委員会前日の山井議員のTwitterには、厚生労働省の田村憲久大臣に
残業代ゼロ制度について民主党から質問することが予告された。


さらに山井議員は15分後、雇用の現場の人間関係などによる実態に対し、
制度の方針が脆弱であることを危惧するツイートを連投した。
その後、厚労委員会を終えた山井議員はTwitterで、委員会答弁の様子を報告した

答弁では、残業代ゼロ制度は「生産性の上がる素晴らしい制度」という主張に対し、
「素晴らしいのならば公務員にも残業代ゼロ制度を導入すべき」と柚木道義議員が提案したという。
ところが、厚労省官僚は一斉に「とんでもない」と手を振って拒否したと、山井議員は報告している。

同制度の見直しを求める民主党だが、厚生労働省の役所担当者は「どう対応するか今後、検討」と答弁したという。

(ツイッター文は長いのでサイトにて)


欧米と逆行公務員は適用外「残業代ゼロ」のマヤカシ
 アベノミクスの成長戦略に盛り込まれる可能性が高い「ホワイトカラー・エグゼンプション」。サラリーマンの残業代をゼロにしてしまう、とんでもないシロモノだ。「時間」ではなく「成果」に対して、賃金が払われることになる。ノルマを果たすために延々と働くことになり、過労死が急増するのは間違いない。

 ところが、公務員には適用しないことが分かった。6日国会で民主党の山井和則議員が「残業代ゼロは公務員も対象なのか」と質問したら、「原則として公務員は対象ではない」と内閣官房が明言したのだ。

 安倍政権はホワイトカラー・エグゼンプションを、「残業しても残業代が出ないので労働時間が減る」「生産性が上がる」「成果さえ上げればいいので自由な働き方が可能になる」などと、いいことずくめのように喧伝(けんでん)して導入しようとしている。それほど素晴らしい「労働制度」だと言い張るなら、まず「公務員」に適用すればいい。なのに、身内の公務員は適用外、残業代を払うというのだから、フザケるにも程がある。

■サラリーマンいじめ

「安倍政権が指摘するように、日本人の“生産性”が低いのは事実です。“生産性”だけを比較するとOECD加盟国のなかで19位。長時間働いている。でも、日本人の残業時間が長いのは、残業代があるからではありません。むしろ、欧米に比べて残業代は安い。日本は残業の割増賃金が25%なのに対し、アメリカは50%、ヨーロッパには75%の国もある。

つまり、欧米では長時間働かせると残業代が多額になるので、とにかく時間内に仕事が終わるように企業が工夫せざるを得ない。それが高い“生産性”に結びついているのです。もし、“生産性”を上げたいなら、日本も残業代を75%にすればいい。残業代をゼロにしようなんて、どうかしています」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏)

 まずは、公務員と国会議員こそ“成果主義”にすべきだ。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴキブリ「発生リスク」が高い街はどこか? 有効な対策は

ゴキブリ「発生リスク」が高い街はどこか? 有効な対策は

 “家庭の大敵”ゴキブリが活発化する季節がやってきた。そんな中、ゴキブリ駆除の相談サイトを運営する大阪市の会社が日本初という「都道府県別ゴキブリ発生リスク」を発表したり、ゴキブリを萌え系美少女に擬人化したキャラクターを登場させたりと、ユニークなゴキブリ対処法を提示して注目されている。ゴキブリの生態や出没頻度をよく知った上で、適切な対応をとってもらおうという狙いとか。ゴキブリに悩むあなた、参考にしてみては−。(格清政典)

 ■ゴキブリが活発化するのは気温25度

 ゴキブリのほか、ネズミやシロアリなど害獣・害虫駆除の相談を受け付けている「マイスタースタジオ」という会社で、都道府県別ゴキブリ発生リスクは、同社が運営するサイト「ゴキブリ駆除マイスター」に寄せられた相談件数をもとに算出した。昨年4月から今年3月までに同サイトに全国から寄せられた相談は1042件。これを各都道府県ごとに世帯数で割り、全国平均を1として相対化した数値が発生リスクだ。

 相談件数は東京(302件)と大阪(162件)だけで半数近くを占め、それぞれの発生リスクは東京2・35、大阪2・11となった。全国平均に比べ、東京と大阪は2倍以上も発生リスクが高いことになる。これに続くのが京都府と神奈川県の1・51。

 一方、北海道からの相談はゼロ(発生リスク0)で、青森、岩手、山形の各県がそれぞれわずかに1件(同0・1〜0・13)。データは、発生リスクが都市部で高く、寒冷地で低いことを改めて示したと言えそうだ。

 「ゴキブリが生息する最適な気温は25度。相談は夏になれば都市部を中心に圧倒的に増えてくる」とマイスタースタジオの上田満さん。同社は、提携する駆除の専門業者60社も紹介している。

 ■最大の有効手段は自宅に入れない

 「嫌いな虫ランキング」では、必ずといっていいほど、トップに君臨するゴキブリ。自宅でゴキブリを見つけて大パニックにならないためにも、事前に生態を知っておくことは重要だ。

 その第一歩は当たり前だが、もともと野生で生息しているゴキブリを絶対に家に入れないこと。上田さんは「水と食料があり、外敵から身を守る隠れ場所がたくさんある家が、ゴキブリの生息に適している」と指摘する。


ゴキブリ「発生リスク」が高い街はどこか? 有効な対策は
侵入経路は玄関や窓だけでなく、クーラーの室外機につながるエアコンのホースや換気扇、床下などにも及ぶことから、なかなか目が行き届かない場所も警戒する必要がある。「ゴキブリは数ミリの隙間さえあれば、簡単に侵入してきます」と上田さん。

 さらに、ゴキブリが寄りつかないように清潔な環境を保つことも必要。庭やベランダの植木鉢の下は、ゴキブリの絶好の隠れ家になるので、それらは室内に持ち込まない方が賢明だ。少し意外なところでは、不要になった段ボール。隙間がたくさんあり、保温効果があるなど、ゴキブリが好む環境がそろっており、なるべく早く処分した方がいいという。

 ゴキブリはかなりの雑食で、野菜などの食べ物はもちろん、床に落ちた人間の髪の毛やせっけんなどまで食べてしまう。調味料も含め餌になるようなものは、密閉された空間に置いておくことも大切だ。

 ■大量発生させないために…

 ゴキブリは繁殖力が強いため、注意していても気がつけば大量発生していたということも。家庭で見かけるのは、ほとんどがチャバネゴキブリとクロゴキブリといわれるが、チャバネゴキブリは約1カ月に1回30〜40個の卵を、クロゴキブリは5〜6日間隔で約25個の卵を産む。しかも、1回の交尾だけで何度も産卵することができるというから恐ろしい。


ゴキブリ「発生リスク」が高い街はどこか? 有効な対策は
「一匹だけ見かけたのならそう問題はないが、頻繁に見かけるようなら、どこかにゴキブリの巣ができている可能性がある」と上田さん。

 ■なぜかマスコットキャラが人気

 同社は昨年12月、ゴキブリを擬人化したマスコットキャラクター「黒羽(くろはね)いつき」をホームページに登場させた。

 触角のように飛び出した前髪が特徴で、64人きょうだいの59番目、年齢は「人間なら15歳」という設定。食べることが大好きで、特技はかけっこ(時速300キロで走るとか…)や壁のぼり、危険察知…と、まさにゴキブリそのものだ。

 サイトでは、突然カサカサと逃げ出したり、触角に落ちたパンくずを食べたりといった、いつきの突拍子もない行動も紹介。いつきは英語圏のほか、スペインやチェコ、インドネシアなどのサイトでも紹介され、その特異なキャラが海外でも注目されているという。

 また同社はいつきをデザインした抱き枕も製作。プレゼントキャンペーンを実施したところ、約1カ月間で約2000件の応募があった。キャンペーンでは、実物のゴキブリの生写真をプリントした抱き枕も同時出品され、応募者には選択権がなく、どちらかが当たるという趣向で、サイト上には「ゴキブリ生写真抱き枕の当選者に幸あれ!」といったコメントも見られた。

 「もともとゴキブリ自体に悪意はありません。ただ人間の都合で嫌われているだけ。だからこそ、かわいいキャラクターでゴキブリの生態を知ってもらえればと思った」と上田さん。

 この夏を快適に過ごすためにも、まずは黒羽いつきの行動を参考にゴキブリについて勉強してみてはどうだろう。


匿名掲示板廃止やの


おはよう
曜日の間隔がないよ


もう寝なさい!


月曜は、久しぶりの「ハラハラ時計」が動くと言っておきましょう


まゆゆは
(´・ω・`)
処女ですか


最近、夜のSA使うんだが客層がトライサルやドンキ並みに悪いよ。
俺も含めて、ドキュンとその家族しかいね〜
深夜にガキ連れた家族多すぎ、それも全てドキュン。
ネクスコは取り締まれよな。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ