2014年06月14日

桐生のクマ、基準値上回る放射性セシウム

県が6日、10市町村で捕獲した野生の獣計15検体を調べた結果、桐生市のツキノワグマで1キログラム当たり260ベクレルと食品の基準値(100ベクレル)を上回る放射性セシウムを検出した。ほかの14検体は不検出か基準値以下だった。

 桐生以外の検査地域は前橋、沼田、渋川、安中、南牧、長野原、片品、昭和、みなかみ。ほかの検査対象はイノシシとニホンジカ。


ウクライナ政府の避難基準で日本の汚染を見ると・・
http://i.imgur.com/y58l84T.jpg


クマったなこりゃ(o・(ェ)・o)


間違ったこと言ってないじゃんw

リンパ節転移が多数〜福島県の甲状腺がん
投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 06/10/2014 - 07:14

東京電力福島第一原子力発電所による健康影響を調べている
福島県民健康調査の検討委員会で10日、甲状腺がんに関する専門部会が開催され、
スクリーニング検査によって、多数の子どもが甲状腺手術を受けていることについて、
前回に引き続き過剰診療につながっているかどうかで激論となった。
議論の過程で、手術している子どもに、リンパ節転移をはじめとして深刻なケースが多数あることが明らかになった。
 
福島県民健康管理調査では、原発事故が起きた当時18歳以下だった子ども36万人を対象に
甲状腺の超音波診断が行われている。事故から3年目となる今年の3月末までに、
対象となる子どものうち約29万人が受診。2次検査で穿刺細胞診を受けた
子どものうち90人が悪性または悪性疑いと診断され、51が摘出手術を実施。50人が甲状腺がんと確定している。


http://gyazo.com/c51eeb959eaef06e0b9c31ad17dd8b3b

トンキンおわっとる


着工1週間で暗礁…専門家も危惧する原発「凍土壁」の重大欠陥
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スターバックスで

スターバックスで、ストロベリー&クリームフラペチーノなどに使用されている赤い液「コチニール」と呼ばれる着色料を段階的に取りやめると発表し波紋を呼んでいる。この着色料赤い色をしているのだが、その原材料となる物体が仰天。なんと昆虫から採取されていたのだ、コチニールが昆虫からしぼりとられているというのは割と有名な話だが、その姿は実に敬遠したいものだ。

何これ?王蟲?そう、こちらがコチニールカイガラムシ。見た目はモロに昆虫。利用方法としては、乾燥させたカイガラムシを熱水等で溶かして抽出する。できた着色料は、お菓子やかき氷のシロップ、かまぼこなどの色を染めるためなどに使われる。コチニールと記載があればそれは上記の虫である。天然成分で何よりといった感じだ。

さて、そんな中スターバックスにおいてストロベリー&クリームフラペチーノやストロベリーバナナスムージーなどが段階的にコチニールの使用を辞めると発表。裏を返せば現段階でコチニールが使われているということになる。特段、カラダに悪い影響がでなければ見なかったフリをしての見過ごせばよいわけですが。そういう問題ではなさそうだ。

CNNによると辞める理由としては「消費者の期待に反していた」と言う理由だという。やはり相当なクレームがあったに違いないが、いまさら昆虫から抽出したものだと言われても、スターバックスファンにとってこれまでと何ら変わらず注文するであろう。

今後は別の着色料を使うとのことだが、虫であろうが他の食材であろうが、結局ストロベリーではないことには変わりはなさそうだ、それ以前にコチニールが人体に無害かどうかは、まだ判っていない。むろん他の着色料もしかり。世の中には知らないほうが良いことが多すぎるのが現状。


・広島では、ヤクザばっかりだ。
・広島では、いつも誰かがどこかでシゴされている。
・広島では、必ず毎日ヤクザの事務所に鉄砲玉が撃ち込まれる。
・広島では、菅原文太が神として崇められている。
・広島では、「仁義なき戦い」を必ず見なければならない。
・広島では、小学・中学・高校・大学と毎日がケンカの日々だ。
・広島では、学校に入ったら男も女も暴走族に入らないといけない。
・広島では、刑事や検察、判事とヤクザの区別がつかない。
・広島では、アメリカを憎まないとヤクザに連れて行かれる。
・広島では、「もみじ饅頭」があるものの地元民は名物だとは特に認識していない。
・広島では、放射能がまだ残ってる。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米とぎ汁乳酸菌はお勧めです。

ブヒ太郎のハゲ確定
当サイトで認知されました


飯山一郎

放射能地獄からの避難を呼びかける形で
中国の新天地への疎開の同志を呼びかける投稿がされていました。


飯山一郎

,『米とぎ汁乳酸菌運動』の同志諸君は,将来の運動拠点が大きく拡大しつつことがイメージとしては理解できると思う。すなわち,雷州半島と,陝西省の省都・西安が,われわれの新運動拠点だ。この「新運動拠点」という言い方は格好いいが,まぁ「疎開先」ということだ。つまり,放射能地獄から何としても避難したい! と願う人たちの逃げ場所だ。いったん危険な場所から逃げてから,新しい人生を開拓していく新天地! と積極的に考えていただければ,なおいい。


飯山一郎

さぁ,いよいよ海外雄飛=中国大陸に移住する!という計画が動き始める!この『未来は明るい.希望をもとう!』という連載の意味がお分かりと思う。ただし,そうは言っても,なれない外国で生活していくのは簡単ではない。言葉,生活習慣,文化,風土,社会規範,…大きな壁がいくつもある。当面は,何と言っても,長期ビザの取得が先ず必要になる。そのために西安の投資家が用意してくれたのが『就労ビザの取得方法』である。中国に移住したい! という方は,是非とも上の文書を熟読してほしい。

あと提案なのだが,中国への移住希望者のお世話をする仕事=ビジネスを
やってみたいという方は,私と色々な打ち合わせをしてほしい。打ち合わせは,スカイプか電話でお願いしたい。長期ビザの取得から,中国での住居や仕事の斡旋をする仕事=ビジネスは,人助けでもあるし,有望なビジネスだと思う。住居は,西安の投資家が,一ヶ月3万円程度のアパートを建設してくれる。仕事は,各自が各自の方法で生きていく方法を個別指導する体制をつくる。


飯山一郎

そんなこんな,やること,やらなければいけないことが無限にある。中国移住の話は,先ず自分の胸の中でじっくり考えてほしい。家族でも配偶者でも親友でも下手に相談すると,ロクなことはない。「謀(はかりごと)は密にせよ!」 …この格言を常に念頭に置いてほしい。ようするに,何事も騒いではいけない! ということ。騒ぐのは,中国に来て,安心の酒盛りの席がいい。
「乾杯! 乾杯!」
大酒を呑んで,陽気に大騒ぎするのが好きな中国人と一緒に騒ごう!


風がすごいや
ビュンビュビュン


咳が出て胸が痛かったのが、米のとぎ汁乳酸菌を
始めたら直ったので米とぎ汁乳酸菌はお勧めです。

ただ、黒かびが発生するのですが、あれはどうなんでしょうか?
ご本人は害はないと言っているみたいですが・・


分38秒飯山さんが、福島の原発問題以降、紹介されているのが、. 約1週間ほどで米の
とぎ汁を発酵させ、. 霧吹きして肺内に吸い込み、. その乳酸菌や光合成細菌や酵母
によって. 放射性物質を痰として出させる、という被爆対策法。


肺に吸い込んだ放射性物質を何としても痰にして体外に出す!
そのための乳酸菌だ.米のとぎ汁だ!」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ