2014年08月06日

建設業で労災死亡3割増加 背景に人手不足

建設業で労災死亡3割増加 背景に人手不足


ことし6月までの半年間で労災で亡くなった人は、建設業で159人に上り、去年の同じ時期に比べて3割近く増えたことが厚生労働省のまとめで分かりました。
厚生労働省は景気の回復などで建設需要が高まるなか、人手不足が深刻になっていることも背景にあるとみています。

厚生労働省によりますと、ことし6月までの半年間に建設業で起きた労災の死傷者は去年の同じ時期より4%多い6922人に上り、死亡した人は159人と去年の同じ時期に比べて35人、率にして28%増えました。
都道府県別では、東京が7人増えて17人、次いで埼玉が8人増えて11人、兵庫が5人増えて9人などと主に都市部での増加が目立っています。
建設業で働く人は平成9年の685万人をピークに去年は499万人にまで減っているということで、景気の回復や東日本大震災の復興工事などで建設需要が高まるなか、人手不足が深刻化しています。
厚生労働省は、建設業で労災が増えている背景にはこうした深刻な人手不足もあるとみて現場の監視を強めています。
建設業界に詳しい芝浦工業大学工学部の蟹澤宏剛教授は「人手不足のため長時間労働になっていることや作業員だけでなく監督者も減っていることが労災の増加につながっていると思われる。どの業界も人手不足で人材の取り合いになっているので、働く人の環境をよくして教育や訓練を充実させるなどの対策が必要だ」と話しています。
五輪に向けて東京での労災増加懸念

6年後にオリンピック・パラリンピックの開催を控える東京では、都市再開発の工事が数多く予定され、今後、さらに労災が増えることが心配されています。
東京労働局は現場での警戒を強めていて、東京・港区の34階建てのマンションの建設現場では、先月、担当者2人がパトロールに訪れました。
ここではおよそ300人の作業員が働いていますが、建設会社によりますと人手不足の影響もあり経験が浅い作業員が増えているということです。
労働局の担当者は、鉄筋を運ぶ大型のクレーンが置かれた現場で、クレーンを操作するときは作業員どうしが声を掛けあって事故を防いでいるという説明を受けました。


工事現場で一日一人くらいが死んでいる
やはり生活保護最強か


なあ、台湾のガス爆発の続報はないのか?


しかし

糞の役にもたたないコテハンがおおいな


1300度の液状高温合金鉄浴び男性死亡

22日午前5時20分ごろ、徳島県阿南市橘町、日本電工徳島工場で「労災が発生した」と110番があった。
阿南署によると、作業中の社員多田一輝さん(23)が約1300度の液状の合金鉄を全身に浴び、やけどを負って死亡した。

阿南署によると、当時は多田さんら4人で鉄球を作る作業をしていた。
合金鉄を冷却するために高さ約2・8メートルの器に移動させる際、容器から合金鉄があふれ出した。

同署は事故の原因などを調べる。

日本電工は「亡くなった社員に申し訳ない。原因を究明し、徹底的に安全対策に努める」としている。


糞の役にもたたないコテハンがおおいな

役に立たないから
ここに搬送されてるのです


世間で全く相手にされず
ここで糊口を凌いでいるのです
爺様向け駆け込み寺です

優しく構ってあげましょう


さっそく

耐えられなくなって

反応しました


遼寧省の製鉄会社で惨事 1500度の溶鉄が32人を飲み込む 〔2007年04月19日掲載〕

 18日遼寧省の清河特殊鋼有限公司で、落下した溶鉄炉から1500度に熱されたドロドロの鉄30トンが流れ出し、会議室にいた作業員を飲み込むという惨事が発生した。この事件で32人が死亡、6人が負傷している。 
  負傷した人の内、最も重傷者は全身の60%にやけどを負い、他の負傷者も40〜20%のやけどを負っている。事故から7時間以上たった後も、事故現場には熱気が立ち込め、流れ出て固まった鉄の熱さが足元から伝わってくる状況だったという。特に直径2メートルの溶鉄炉は2メートルほど離れて立った場所でも息苦しさを感じるほどの熱を放っていたという。事故の悲惨さが伺える。
 警察は現在現場の責任者や担当者4人の身柄を拘束している。
 今回事故を起こしたこの会社は80年代までは国有企業で、鉄の生産能力は年間14万トンの地域の中核企業だった。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!

奪われた金は10億円! 元X JAPANのToshIが「洗脳地獄」告白!

元X JAPANのToshIが壮絶な洗脳体験を告白した著書『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)が話題を呼んでいる。

 ロックシーンの頂点に上り詰めたX JAPANが、突然のToshIの脱退によって崩壊してしまったことは周知の通りだが、その根源にあったのは、強烈な“洗脳”によるToshIの変貌だった。

 著書にはYOSHIKIをはじめとするメンバーとの確執や、解散までの経緯なども書かれているのだが、最大の注目は、やはりすべての元凶となった“洗脳”の手口だろう。自己啓発セミナー「ホームオブハート」のMASAYAに心酔していく過程の告白は、当事者ならではのリアリティに満ちている。
 
 そもそもの始まりは、舞台で共演した新人女優・守谷香との出会いだった。当時のToshIは、個人事務所の社長を務めていた長兄との喧嘩別れや、バンドの事務所社長に多額の金銭トラブルが発覚するなど問題続き。「多額のお金が手に入れば、周囲の人間、家族や友人でさえも変貌し、信じられない事態が起こる」「メンバーとの間にも、深い溝のようなものが自分の中にできていた」という状況で、そんなToshIの孤独感を癒す「心の拠り所」となったのが彼女だった。

ほどなく交際を始めたToshIは、次第に影響を強く受け始めていく。精神世界やヒーリングミュージックを好んで聴くようになり、望まれるまま守谷と入籍し、X JAPANも脱退してしまう。特にバンドの脱退は「守屋との人生のスタートと引き換えに、それまでのX JAPAN=YOSHIKIとの人生を終りにするという選択をしたのだ。それは守谷のたっての望みであった」という。ToshIはこの頃の自分の精神状態をこう書いている。

「『僕のことを本気で考えてくれているんだ……信じられるのは彼女だけだ』と思うようになっていった。そして僕は次第に周囲の人間と距離を置くようになり、まるで守谷という洞穴にこもるかのような精神状態になっていった」

 この頃であれば、まだギリギリ後戻りができたのかもしれないが、バンドから離れ、周囲のスタッフからも孤立したToshIをとめることができる人間は、もういなかった。

 ここから本格的な洗脳がスタートする。入籍直後、旅行に誘われた屋久島のホテルでは、わけもわからぬうちに涙を流すような体験をさせられているが、これは明らかに洗脳への地ならしとなる手引き。そのうえで、すでに守谷が心酔していた教祖・MASAYAと引き合わされることになる。

 これはなにかおかしな宗教の集まりかもしれない──最初にMASAYAのステージを見たときはそう思ったはずが、守谷をはじめ、他の観客が全員、涙を流しながら感動に浸る様子を見るうちに、こう思い始めたという。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの支給基準

アメリカの支給基準

・ 外国人への支給は通算90日まで(人道上の緊急避難として支給)
・ 申請した外国人は例外なく母国の領事館および国際組織へ通報
・ 一度でも支給を受けた外国人は、再入国および帰化を認めない
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ