2014年11月30日

安倍首相がまたまた小物ぶりを発揮

安倍首相がまたまた小物ぶりを発揮 自身のFacebookに屯するネトウヨを批判した国民の声をブロック


盛田隆二 ?@product1954 ・ 11月25日
安倍首相のFBにアクセスして「あなたには閲覧する権限がないため、表示できません」と案内された時、
コメント欄にネトウヨが大量発生してる事態を首相も憂慮してFBを閉鎖したのかな、と一瞬思いました。
まさか批判的な書き込みをしただけで自分がブロックされたとは夢にも思わず

beast 8230@beast8230
"@product1954: ぼくも同様に、安倍首相のFBのコメント欄のあまりにもひどい嫌韓嫌中発言について指摘したところ、
ブロックされました。国民の意見をブロックする首相笑


党は消えても喜美は消えず。


党は消えても熊手は渡さず。


それにしても古舘や一部の日本のマスコミはどうなってんだろ

沖縄の問題では沖縄独立を煽るような言動や報道をしてみたり

いったい彼らは何がしたいのか? 


■頭の洗いずぎがハゲを招く
 ・毛根に詰まった脂はバイ菌や毛ジラミから守ってくれる
 ・脂を洗い落とすと、アンドロゲンという男性ホルモンを分泌する
 ・アンドロゲンは額の毛根の転換酵素によって薄毛ホルモンになる
 ・皮膚科医もシャンプーは週2回といっている
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『集団的自衛権を問う』 手出せば倍返しされる 蛭子能収さん

『集団的自衛権を問う』 手出せば倍返しされる 蛭子能収さん


「正直、難しいことはよく分かりませんが、報復されるだけなんじゃないですか。
『集団』っていう響きも嫌いですね。集団では個人の自由がなくなり、
リーダーの命令を聞かないとたたかれる。
自分で正しい判断ができなくなるでしょ。(略)手を出すと倍返しされ、
互いにエスカレートして、ナイフを持ち出すことになりかねません。
歯止めがかからなくなり、最後には死を想像してしまう。
漫画ならいいけど、現実に起きてはいけない」

「ここ最近の右翼的な動きは、とても怖い気がします。
安倍首相は、おそらく中国と韓国を頭に入れた上で、
それ(集団的自衛権)をとおそうとしているのでしょうけれど、
僕はたとえどんな理由であれ、戦争は絶対にやってはいけないものだと強く思っています」

「戦争ほど個人の自由を奪うものなんて、他にはないんですよね。
誰かの自由を強制的に奪うようなものは、いかなる理由があっても断固として反対です」
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国のサンゴ密漁で小笠原の海底が「白い砂漠」に「涙が出た」「魚の棲息場所が・・・」地元の漁師ガックリ

中国の漁船によるアカサンゴの密漁で、小笠原諸島(東京都)の漁師らがその深刻な被害を訴えている。あまりにも無残な姿を晒していたというのだ。

「海底の映像を見ると、まるで砂漠のようで涙が出た」

報道によると、密漁の現状を訴える緊急集会が東京都内で2014年11月26日にあり、地元漁師の男性(40)がこう怒りをぶつけた。

◇NHKの撮影で、砂漠のような惨状が判明

集会には、超党派の国会議員や地元の議員、漁師ら約300人が参加した。漁師らからは、「生態系が壊されている」などと抗議の声が上がり、政府には、海上警備を強化することなどを訴えた。

「中国密漁船団から小笠原諸島・日本の海を守れ」とうたったこの集会は、小笠原村議会の有志を中心に立ち上げた実行委員会が主催した。実行委員長の高橋研史村議は、J-CASTニュースの取材に応じ、漁師の男性が見たという海底の映像は、NHKの取材班が撮影したものだと明かした。

この映像は、NHKで19日朝に放送された「おはよう日本」の中で流された。

NHKでは、最新鋭の水中ロボットカメラを使って、中国の漁船が夜間操業していた場所で延べ15時間にわたって水深約200メートルの周辺海底を撮っていた。番組の映像を見ると、白く砂のようになっている海底の様子が映され、漁船が使ったとみられる青い網が何かに引っかかっていた。海底では、20か所近くこのような網が見つかったという。

さらに、折れたアカサンゴも見つかった。専門家によると、断面が新しいため、最近折られたものだという。海底では、ほかにアカサンゴの姿が見つからず、根こそぎ獲られていたことが分かった。この惨状ぶりに、出演した漁師は「酷いですね、これ」と嘆いていた。

地元の小笠原島漁協では、J-CASTニュースの取材に対し、密漁の酷さを次のように話す。

◇魚がいなくなって、深刻な漁業被害の予想

「中国の漁船は、多いときでは、最高200隻以上も押し寄せて来たと聞いています。昼は領海外に出ていますが、夜になると、領海内に入ってきます。夜は無灯火で操業していますので、レーダーで見なくてはならず、とても怖いんですよ。向こうは、50〜100トンの鋼鉄製の大きな船で、こちらは10トン未満のFRP(繊維強化プラスチック)製の小さな船です。もしも、ぶつかったら、ひとたまりもありません」

わざと追いかけてくるそぶりも見せるため、地元の漁師らは、怖くて操業ができなかったという。
「1週間前に海保が取り締まりに本腰を入れてから、中国の漁船は減ってきています。ここ2、3日は見ないほどです。今後については、何とも分からず、もう来なければいいのですが...」

サンゴが荒らされれば、魚の棲息場所がなくなり、深刻な漁業被害が出ることが予想される。現在はエビ漁が中心だが、騒ぎが落ち着いて通常の漁を再開したときに、その程度が分かってくるのではないかという。

前出の高橋研史村議は、次のように懸念を明かす。
「30年ほど前に、台湾の漁船が何百隻も押し寄せて来たときも、サンゴが大量に密漁されて、魚が急に釣れなくなりました。今になってやっと魚が獲れるようになったというのに、残ったサンゴもやられて、魚がいなくなるのを危惧しています。中国の漁船が最初20〜30隻ほどだったときに政府が動いてくれれば、こんなことにはならなかったと、みんな怒っていますよ」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

<この2年私たちは衆院選>町工場に円安しわ寄せ

 路地を歩くと、そこかしこから「ガガガッ」と金属を削る音が聞こえてくる。東京都大田区南部の住宅地には、一階が作業場、二階が住居の町工場が点在する。「羽田上空の飛行機から図面を投げれば、着陸した時には製品ができている」と評されるほど技術力の高い工場が多い。「蒲田の町工場」ともいわれる、都内有数のものづくりの集積地だ。

 「冗談じゃねえ。大企業ばかりもうけさせて」。衆議院解散の前日の二十日、地域の一角にある工場で木戸群市さん(69)が憤った。横ではテレビから「円相場は下落し、一ドル一一八円台後半で取引されました」とニュースが。「円安のしわ寄せは、わしらがかぶっている」。木戸さんが吐き捨てるように言った。

 木戸さんの工場では、輸入したアルミなどの原材料から工作機械のネジや金具を作っている。円安のあおりで原材料費は値上がりを続ける。例えば研磨用ネジでは、第二次安倍政権発足前の一本六千五百円が、八千円になった。

 「これでは給料を上げられないし、ボーナスも出せない」。木戸さんは二人の従業員に目をやり、悲しげに話した。

 原材料費の高騰を招いた円安は、第二次安倍政権の経済政策「アベノミクス」が引き起こした。円相場はこの二年で、一ドル八五円から一二〇円をうかがうまでになった。

 狙いは輸出企業の業績を好転させること。二年前に八五円だった一ドルの商品が今、海外で一二〇円の高値で売れれば、大企業の業績が上がり、下請けの町工場も発注増で潤う。こんな連鎖を狙ったのだ。

 しかし、シナリオは狂った。実際には多くの町工場が円安の恩恵から取り残されている。納入先の大企業は買値を上げてくれず、原材料費の値上がりばかりがのしかかる。

 「親会社は『加工賃を中国並みに下げてくれ』と言う。赤字続きで給料なしの月もある」。蒲田に工場を構え、旋盤加工技術で区から「大田の工匠」に認定されている佐々木忠義さん(68)は頭を抱える。

 大田工業連合会長の舟久保利明さん(70)も「結論から言うと、アベノミクスの恩恵はなかった」と厳しい評価だ。好決算が伝えられる多くの大企業と違い、会員の中小企業約八百社の85%は赤字か、もうけが出ていない。

 「道を歩けば、従業員二、三人の工場がこっちもやめた、あっちも閉めた、だ」。舟久保さんが半ばあきらめ顔で嘆く。「政府は経団連の大企業と仲良くしても、わしらの声には耳を貸さないですから」 (辻渕智之)

<円安と原材料費の高騰> 一般的に円安になれば、日本製品を海外で安く売ることができ、国内の輸出産業には有利になる。逆に海外からの輸入品は相対的に値上がりする。金属類も円安の影響で高騰しており、アルミ地金の場合、ロンドン市場での価格は2年前とほぼ同じ水準だが、国内での輸入価格は約25%高くなった。この値上がり分を製品価格に上乗せできなければ、企業の経営は厳しさを増すことになる。


阿蘇山噴火中
噴火ブームきてる


>納入先の大企業は買値を上げてくれず

言葉厳しいけど
買値を上げてくれない理由を考えないと
とりたて必要じゃないからでしょ
どうしても
あんたの会社の商品じゃないと
困るぐらいにならないとね
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆業界が急激な円安に悲鳴  「値上げできない、業者が倒産したり悲劇的な状況が続いている」

大豆業界が急激な円安に悲鳴  「値上げできない、業者が倒産したり悲劇的な状況が続いている」


値上げできないならそもそも需要がないのよねー
逝ってよし業界


>大豆業界が急激な円安に悲鳴 
円高の時何してたの?w


大豆業界
急激な円高に歓喜しなかったの?


確かに円高は
大したメリットが無かった

ガソリンが50円になったわけでもないし


大豆業者
国内の農家ツブシテ
輸入で儲けてた糞業界?


海外の大豆が高くなったら
国内の農家に作らせれば
いいだけじゃん


円高の時のほうが円安より産業界全体ではチビシイはずだ
産業構造的にそうなっているので円安でも文句言わないの めっ


大豆なんか北海道でないとつくれないあるよ


>大豆業界が急激な円安に悲鳴 

悲鳴って 「きゃああ〜」「ふぎゃああああ」てか
苦悩の色を深めたとか平たい表現あんだろ ばか


ソーラーなんて
やめて北海道で作れば
いいじゃん


円安は国内農家に良策だわな


日本人は古くから、米、魚、大豆などを食べ続けており、大豆をうまく食生活に取り入れ てきたことも、現在の長寿につながっていると考えられます。 次のグラフのように、大豆( 乾燥)の約30%はたんぱく質です。この大豆たんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく ...


●大豆の消費量と自給率

平成17年では、日本国内の大豆消費量は年間約434万トン。このうち国産大豆は約23万トンですから、ほとんどの大豆を輸入していることになります。
434万トンのうち約308万トンはサラダ油など精油用の原料に使われました。残りの約125万トンが豆腐、味噌、醤油などの食品用に使用されました。
平成17年ベースの自給率は、精油用・食品用を合わせた全体で5%、食品用に限った場合は21%です。

●大豆の国内主要産地・生産量

・2006(平成18)年産の大豆収穫量 ベスト5 単位:トン

北海道 秋田  宮城  新潟  栃木  全国
70,100 13,400 12,900 9,570 9,360 229,200


畑は畑に使う
ソーラーなんてばかげてる
大豆作れ


大豆無くても
生きていける


北朝鮮では食糧不足解消のため
遺伝子組み換えにより、超大きな大豆の作付けに成功したらしい
大豆一粒がボーリングのボールほどの大きさになっている


大豆を食べないと
ハゲる



いや
大豆ないと脳梗塞になる
大豆があるから健康
心身ともに強健で逞しく
健やかにいやらしく
生きられる
大豆
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ