2015年01月05日

調査・・・意外な事実 年齢差●歳の夫婦が 「最も離婚しにくい」 と判明

調査・・・意外な事実 年齢差●歳の夫婦が 「最も離婚しにくい」 と判明


米・エモリー大学が3,000組のカップルを対象に行った調査によると、

一番離婚率の低いカップルの年齢差は“0”。そう、同い年のカップルだそうです。

しかし、年齢差が大きくなるにつれて離婚率は上昇。1歳差でも3%多く、10歳差で39%、20歳差では同い年カップルの95%も高確率! 

30歳差婚というのはあまり耳にしませんが、なんと172%のアップだそうです。

理由はいろいろ考えられますが、やはり上記のように「ライフスタイルに共通点が少ない」「将来設計が違う」

「人生の別のステージにいる」「相手は子どもがほしくない」ことなどが考えられるでしょう。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家計貯蓄率がマイナスになった日本 「国民の消費性向が再低下している可能性も」

家計貯蓄率がマイナスになった日本 「国民の消費性向が再低下している可能性も」=中国メディア
中国メディアの和訊網は12月26日、2013年4月−14年3月までの日本の家計貯蓄率がマイナス1.3%になり、比較できる統計のある1955年以来、初のマイナスになったと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディアの和訊網は12月26日、2013年4月−14年3月までの日本の家計貯蓄率がマイナス1.3%になり、比較できる統計のある1955年以来、初のマイナスになったと伝えた。

 記事は2014年4月1日の消費増税を前に日本国民が駆け込み消費を行ったと伝え、「消費増税後の日本国民の消費性向は再度低下している可能性が高い」と論じた。

 続けて、日本の大和証券のチーフアナリストの発言を引用し、日本の家計貯蓄率がマイナスに転落したことは「日本の内需において中期的に警戒すべきこと」とし、国の借金を維持していた国内の高い貯蓄率という支えが揺らぎはじめているとの見方を示した。

 さらに記事は、日本の国の借金は国内総生産(GDP)の220%に達し、世界最悪の水準だと指摘。また、日本の借金は国内の貯蓄と国債に対する投資家によって支えられており、国債の利回りは世界でも有数の低さと指摘した。

 日本の家計貯蓄率がマイナスに転じたということは、日本国民の支出が所得を上回り、貯蓄を取り崩し始めていることを示すが、同結果について中国ネット上では「日本国債を買い支えていた貯蓄が尽きれば国債は暴落し、金利が暴騰するのではないか」、「アベノミクスがもたらした災難だ」などといった声があがっている。


安倍に惹かれる人
百田に惹かれる人
これらの人は
自分は馬鹿だということを
自覚する必要がある
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小保方晴子さんは何者かにES細胞を混入する罠にハメられた

理化学研究所の調査委員会がSTAP細胞の正体は別の万能細胞「ES細胞」だったと発表したことで、小保方晴子さんが細胞をすり替えられ、何者かにハメられた可能性が濃厚になってきた。

1.誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。

小保方さんは実験にあたって若山照彦(山梨大学)教授の研究室に協力を依頼しており、関係者なら誰でも細胞をすり替えられる状態にあった。

実際に小保方さんがSTAP細胞と主張したものは、その後の理研の調査により、若山教授の研究室にあったES細胞と同じものと判定されたのだ。ということは、すり替えらたのは若山教授の研究室に出入りしていた人物ということになる。

2.嘘をついているようには見えない。

記者会見での小保方晴子さんの様子をみて嘘をついていると感じた人はいるだろうか。まっすぐ前をみて、ときには涙を流しながら切に訴える様子は本当にSTAP細胞はあると信じているように見えた。不幸にもこのときはまだ何者かに細胞をすり替えられたことに気付いていなかったのだ。

3.嘘をつく動機がない。

新しい万能細胞ができたなどと嘘をつく理由がどこにあるというのか。小保方さんは順調に研究者としての道を進んでいたのでわざわざ墓穴を掘るような嘘をついてキャリアを台無しにする理由はどこにもなかった。そもそも、正確で緻密な論理を追求する科学者がこんないつか簡単にばれる嘘をつくはずがない。

4.再現実験にも堂々と挑んだ。

細胞がすり替えられてES細胞になっていたことを知る由もない小保方さんは再び実験に挑戦するも、どうしてもうまくいかない。「おかしい…本当に何度も成功していたのに急にできなくなった。どうして?何が違うの?」。今になって気付いてももう遅い。

肝心の小保方さんを卑怯な罠にハメた人物。それは小保方さんが失脚することで得をする研究サイドにいる人物だ。

早稲田、ハーバードと華々しい経歴を歩み、若くして理研のプロジェクトリーダーに抜擢された小保方さんを相当憎んでいたものと思われる。

マスコミは小保方さんや両親の動向を面白おかしくスキャンダラスに報じているが、それよりも今回の騒動で最終的に「誰が得をするのか」をしっかり調べて調査・報道すべきであろう。関係者は少ない。自ずと容疑者は浮かび上がってくるだろう。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ