2015年03月30日

27日深夜に放送の「朝まで生テレビ!」

1 名前:ひろし ★@\(^o^)/:2015/03/28(土) 23:16:05.64 ID:???*.net

27日深夜に放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で堀江貴文氏が、不況で失業に悩む高齢者を「自己責任」と一喝した。

番組では、「ピケティ旋風と日本の格差」をテーマに、日本の格差と貧困の問題が話し合われたが、そのなかで経済ジャーナリスト萩原博子氏が、失業者であふれる神奈川県・横浜の寿町の例を取り上げた。

萩原氏は寿町の日雇労働者を「昔、みなとみらいを作る時に良い給料でガンガン働いていらっしゃったかたたちなんだけれども。ご高齢(60歳以上)になると働けないですよね」と、実態を訴えた。

すると、堀江氏が意見を挟み「稼いでたときに、つまり『r』に、どんどん(お金を)入れれば良かったんですよ」と、失業者の投資意欲の欠落を指摘した。

堀江氏の言う「r」とは、経済学者トマ・ピケティ氏の提唱する資本主義の方程式「r(資本収益率)>g(経済成長率)」の「r」のことだ。ピケティ氏は、資本主義社会では、労働から得られる所得「g」より、株や不動産収入など、資本による収益「r」が上回ることを指摘している。堀江氏は、格差に対して個人は余裕のあるうちに、賃金を資本収益に転換すべきと指摘したのだ。

堀江氏は「とにかく消費にね、バンバン金使っちゃって、何も投資をしてないわけじゃない。でも本当は投資できたわけでしょ? めちゃくちゃ稼いでたっておっしゃいましたよね?」と、萩原氏の発言に噛み付いた。さらに、堀江氏は「そこで贅沢をして、夜の街とかで散財したりパチンコやったりとかして、めっちゃ金使ったんだと思いますよ。だけど、それは半分くらい何か、株式に投資をしとくとか、できたんですよ」と、まくしたてた。


番組初登場となった8.6秒バズーカーは、スペシャルとあって多くの出演者が見守る中で「ラッスンゴレライ」のネタを披露。

ローラは目の前で繰り広げられる「ラッスンゴレライ」をジッと真剣な眼差しで見つめていたが、ネタ終了後にダウンタウンの
浜田雅功(51歳)から「ローラ、どうやった?」と感想を求められると、真顔で「おもしろくなかった」と直球を投げ込んだ。

この一言にスタジオがざわつくと、「ごめん! ちょっと笑えなかった。なんでだろう」とかぶせるなど、ローラらしさ全開。

正直者やあ
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

道端アンジェリカ「結婚条件は最低年収5000万円」発言で視聴者ドン引き

 3月24日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演したモデル・道端アンジェリカ(29)が、自身の結婚観や相手に求める条件を語った。その中で「子供はベビーシッターにみてもらいたい」「年収は5,000万はないと」などと発言し、ネット上には「求めすぎ」「子供は自分で育てようよ」というような呆れ声が上がっている。

 番組内で行われた“結婚の理想と現実座談会”。未婚側で理想を語ったフィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(26)や、既婚側として元女子プロレスラー・北斗晶(47)、モデル・大沢ケイミ(21)などが出演。アンジェリカは現在、昔から知る男性に「結婚する?」と言われて意識していることを明かし、理想の結婚生活についてもノリノリで語った。

◇高飛車すぎる態度に非難殺到

 しかし、その内容が「子供は絶対、ベビーシッターに預ける」「夫婦が男女でいることが一番大事」「お掃除のおばちゃんも来てほしい。お掃除やりたくない」など奔放な考えばかりだったため出演者はドン引き。さらに、結婚相手に求める年収は「結構稼いでないと無理。年で5000万はないと」と年収5000万円が最低条件とした。また、自身がモデル活動で得る収入については「私のお金」と強調。これらの発言に世間の反応は、

「調子にのるなよ!」
「希望年収、家政婦さんは良いけど、子供は自分で育てようよ」
「家庭のことも子育てもしないんだったら独身のままでいればいいじゃん」
「子供は作らない方が良い。ベビーシッター頼るようじゃ母親にはなれないだろうな」

 などの批判や、子どもを授かった場合の心配が飛び交っている。なかには、「姉のジェシカが年収22億とか稼ぐF1ドライバーと結婚してるし、それくらい求めたくなるかもね」と、2014年に結婚した姉の“セレブ婚”に憧れているのではないかという意見も見られたが、そもそもこの「高飛車な態度」への反感の方が強いようだ。

 このような理想を語ったアンジェリカに対し、会社社長と結婚して都内の高層マンション最上階に住む“リアルセレブ妻”の大沢ケイミが「将来的に私みたいになりたいのは伝わってきた」と発言したことで、火花を散らす場面も。大沢が自身を“成功例”とし「私の方が若い」と言うと、アンジェリカも負けじと「中身は私の方がキレイだから大丈夫!」と反論。この女同士のバトルにも、

「正直、どっちもどっちすぎて笑えた」
「似た者同士(笑)」

 と呆れて笑う者ばかりだった。都合の良い理想の連発でお茶の間の反感を買ったアンジェリカだが、見事“理想の男性”と結婚できる日が来るのだろうか。


高度10キロに鳥いるわけねーだろ

パイロットがコンビニに買い物に行った可能性が高い
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アベノミクス】日清製粉業務用の小麦粉値上げへ

製粉最大手の「日清製粉」は、輸入小麦の政府の売り渡し価格が引き上げられることなどを理由に、ことし6月からパンなどに使われる業務用の小麦粉を値上げすることになりました。

発表によりますと、日清製粉はことし6月19日の出荷分から、業務用の小麦粉を値上げします。値上げ幅はいずれも25キロ当たりで、▽パンに使われる強力粉が平均45円、▽うどんや菓子に使われる薄力粉や中力粉が平均125円としているほか、▽国産の小麦粉も、輸入小麦と連動して平均で65円値上げするということです。

日清製粉が業務用の小麦粉を値上げするのはおととし12月以来、およそ1年半ぶりですが、今回の値上げの理由については、政府が来月から輸入小麦の売り渡し価格を平均で3%引き上げることや、電気料金などのコストが上昇しているためとしています。

業務用の小麦粉ではこのほか、「日本製粉」や「昭和産業」などの製粉会社でも値上げを検討しています。

食品を巡っては、来月以降も牛乳や食用油などの値上げが予定されていて、当面、身近な食品の値上げの動きが続きそうです。


安倍のせいで
パンも
食べられなくなった
もうだめだ
(;Д;)
死ぬしかない


デパ地下のコロッケ
何店舗でか売ってて
色々買ってみて食うと
中にはうめいのもあるけど
やっぱり肉屋で買うより相当割高やあ


コロッケとか揚げもんは
揚げたてを食べると
たいがい
うまいね
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は純粋な韓国人ですが

私は純粋な韓国人ですが、
韓国の地下鉄や製鉄所や水道やダムや
道路や港や漢江の奇跡もすべて日本からの
莫大な援助金(累計で約60兆円以上も!!)と日本の技術で作られたとは
韓国の学校では反日ファンタジー歴史教育ばかりで、このような歴史的事実は
教えてもらえないので、ぜんぜん知りませんでした。
韓国が昔のヤンパンによる奴隷制国家から近代的な国家に
なったのも欧米の植民地ににもならなかったのも日本のおかげだったんだ。
台湾ではダムの近くの山の上にダム建設に尽くした
感謝の印として日本人像が建てられているそうだ。
私たち韓国人も間違いだらけの慰安婦問題などで騒がずに
全員日本人に土下座して感謝しないと恥ずかしいよね。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

【移民】”コンビニを外国人実習生の職種に”協議へ

コンビニエンスストア業界の海外展開を後押ししようと、経済産業省は外国人スタッフが日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の対象にコンビニの店舗運営に関する職種を加えるよう関係省庁と協議を進めていくことになりました。

経済産業省によりますと、日本のコンビニ各社はアジアで合わせて1万店余りを運営していますが、各社は今後の海外展開を強化するには売り上げや在庫の管理など、日本の店舗運営を学んだ現地の外国人スタッフが欠かせないとしています。

このため経済産業省は、コンビニ各社と検討を進めた結果、発展途上国の人材育成を主な目的としている「外国人技能実習制度」の対象にコンビニの「店舗運営管理」という職種を新たに加えるよう、厚生労働省や法務省と協議を進めていくことになりました。

経済産業省は、実習生としての受け入れはコンビニ各社の海外展開を後押しするだけでなく、発展途上国の流通業の発展にも貢献できるとしています。

ただ「外国人技能実習制度」を国内のコンビ二の人手不足を補う目的に利用するのではないかという批判も予想されることから、経済産業省は、実習生が日本で学んだことを帰国後に実務にいかしているか、検証する方法などをコンビニ各社と検討することにしています。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ