2015年03月28日

政府関係者「安倍政権を批判する人が減ってきている」

 安倍政権にNOを突きつけるデモ「民主主義を取り戻せ! 安倍政権NO!☆0322大行動」が22日に都内で行われ、約1万人が国会を包囲し「安倍は辞めろ」とシュプレヒコールを挙げた。政府関係者は政権への影響を楽観しているが、安倍晋三首相(60)は無視を決め込んで大丈夫なのか?

 デモは国会を取り囲むように行われ、多くの団体や個人が参加。「生活の党と山本太郎となかまたち」に所属する山本太郎参院議員(40)も姿を見せ、マイクを握った。

「ふざけた党名だと国会でいじめられている。しかし、一番ふざけた党名はどこですか。そう、自由民主党です。何が自由で、何が民が主役だと。恥を知れってことなんですよ」と自民党批判。慣れた演説ぶりでデモ隊を鼓舞した。

 これに対し、政府関係者は「今回の反安倍デモは脱原発やら反TPPやら、護憲やらと何でもあり。これまでは個別にやっていたものを安倍政権にNOという一点でまとめています。逆に言えば、個別のテーマでは人が集まらなくなったということ。これ以上は広がらないのではないか」と指摘する。

 このデモは参加団体だけで10以上。賛同団体も含めると50ほどになる。「原発」「集団的自衛権」「沖縄米軍基地」「雇用・労働法制」「農業・農協改革」などなどのイシューにおいて、反安倍勢力が結集した。

「週末の官邸前の脱原発デモは、まだ続いています。一時期より数は減って300から400人ってところでしょうか。少ないと思いますよ」(前出政府関係者)

 大規模デモとは裏腹に安倍政権を批判する人が減ってきているという。野党関係者は「大手メディアが政権批判をしなくなった。何か弱みでも握られているのでしょうか」。もっとも、永田町関係者は「安倍政権スタート時に比べれば、大臣スキャンダルも出てくるようになった」と報道の萎縮はないとみている。

 今回のデモは統一地方選も視野に入れたもの。定期的に行われたら、安倍首相も無視はできないだろうが…。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKが揺れている。

1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)03:16:09 ID:HhP

NHKが揺れている。
何かと問題発言の多い籾井勝人会長が、私的なゴルフで使用したハイヤー代をNHKに請求していたことが発覚。
批判が出てから料金を支払ったようだが、監査委員会は、以下のようにNHK経営委員会に報告したという。
「受信料で成り立つNHKにとって公私の区別は極めて重要」
だが、そのお題目に反してNHKの金銭感覚がおかしいことは、多少なりとも付き合いのある人間なら分かるはず。
報道にしろドラマにしろ、番組制作費が民放の数倍なのは、まだ「質の高い番組製作のため」と理解できる。だが……。
「すごい家だね。持ち家じゃないの? じゃあ家賃数十万円はするだろ?」
都内有数の高級住宅地にある友人Q君の自宅に招かれ、思わず下世話なことを口走ってしまったのは大学生時代の筆者。しかしQ君は涼しい顔。
「俺の親父NHKで、ここは社宅。家賃なんてタダみたいなもんだよ」
こうしたNHKの借り上げ社宅が都内だけでも数多あり、職員は相場の10〜20%で住むことができる。
2012年度のNHK職員の平均年収が1185万円と指摘されて衝撃を呼んだが、こうした住宅補助等の福利厚生、
保険料の援助、さまざまに手厚い手当などを加えると、1780万円まで跳ね上がるという。
これはもう完全に特権階級、つまり「貴族」だ。となると当然、既得権を世襲させようとする。

再びQ君と筆者の大学時代の会話。4年生となり、就職活動真っ盛りの頃だ。
「Qは就職どうするんだよ?」
「あ、俺はNHKで決まっているし、勤務地も希望通りになる」
「おまえの親父がNHKなのは聞いたけど、そこまでワガママが通るのか?」
「だって俺の親父、NHK労組委員長だもん」
さすがにこれらは古い例なので、最近の話を。こちらも就職活動中の女子大生がNHKを受験。横柄な態度だった面接官が、彼女の名前と履歴書を見て急に慌てだした。
「〇〇さんって…もしかして〇〇局長のお嬢さん? ですか?」
Q君と違い、彼女は幹部職員である父親の名前を出さずに受験していた。途端、面接官が敬語を使いだしたので、呆れてしまったという。
莫大な受信料を、職員の高待遇と公私混同した用途に使う。さらに社屋建替え資金3400億円という常軌を逸した金額の捻出のためか、
テレビ受像機の有無と関係なく、全国民からの受信料徴収の野望を隠さない。上ばかり見るヒラメ職員が横行し、既得権を世襲させようとする。……
公共放送というのもおこがましい。放送で偉そうに政権批判を繰り返す前に、まず徹底的な浄化と自己反省が必要だろう。
ある有名女子アナウンサーは公然と司会や講演といったバイトにいそしみ、旧知の筆者にこう言ってのけた。
「NHKの給料なんて手をつけないで暮らしていける。お金貯まるわよ」
もはや実態に則してキャッチフレーズは変えるべき。<みなさまのNHK>ではなく、<NHKのために国民のみなさま働け>と。
http://dmm-news.com/article/930263/
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

社会人として「沖縄人は嫌いだから合わないし話さない」は通用しない。

社会人として「沖縄人は嫌いだから合わないし話さない」は通用しない。

しかし、それをやってしまうのが安倍政権

古来より自分の回りをイエスマンで固めた君主はおよそ哀れな末路を辿った。歴史をみればそうである。耳の痛いことを言う奴でも会って話を聞いてやろうじゃないかというくらいの大器がないと国を任せるに足る政治リーダーとしては無理があるわけだ。

その点で、近年、稀にみる器の小さいリーダーが安倍首相である。会見を求める沖縄県知事を追っ払ってしまうというのは、リーダーなどではなくガキの対応だろう。

少なくとも、かつての自民党トップなら、会って話を聞いてやろうじゃないか、ぐらいの器があった。そして それだけ 敵を味方にし、あるいは、相手を巧みに丸め込んで対立を緩和するのが上手だった。

一方、沖縄県知事と会おうともしない安倍政権の度量の無さというか、小物ぶりは異常としか言いようがない。沖縄が「日本の安全保障の根幹」であると唱えているにも関わらず、これではますます溝が深まるばかりだ。

そもそも、沖縄の基地負担問題は、中国・朝鮮に対する抑止力担保、という題目が今では、中東紛争参戦のためなどと 方向性がすり替わってしまっている。さらには、サンゴの海に基地建設を強行するのは米国内の基準でもあり得ないという矛盾もある。

沖縄県知事との会見で痛いところをつかれるのを逃げているのかしらないが、これが本当に民主主義国家の政権なのかと思うと、情けないとしか言いようがない。(政治部関係者談)
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小倉優子の肺に影が映る 「今は心配ない」が最悪がんの可能性も

小倉優子の肺に影が映る 「今は心配ない」が最悪がんの可能性も

22日放送の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」(TBS系)で、小倉優子が人間ドックを受け、胸部CTの結果、肺に影が映っていることが判明した。

番組では「超人間ドック2時間SP」と題し、9名の芸能人を最新検査機器で徹底検査した。その中で「呼吸器」での深刻度が1位だった小倉の日常をVTRで検証した。

小倉は起床するなり、レモン水を飲み「レモン水を絞ると体がアルカリ性になって、体がスッキリします」と語った。この習慣は母親の影響で、よく小倉の母親は体調が優れないと体が酸性っぽいと言っていたそう。

ほかにも「ラタトゥイユを食べるのは、トマトが活性酸素を除去していい」「朝に食物繊維をとると、お昼ごはんの吸収をバーンってしなくなる」「クラシックを聴くと食事スピードがゆっくりになる」など、あやふやな健康法を試していたが、すべて母親から教わったことだそうだ。

VTRが終わり、スタジオトークになると森田豊医師が「けっこう正しいとは思うんですね」と、小倉の健康法に理解を示した。しかし「ただひとつ気になったのは、レモン水を飲むと体がアルカリ性になるというのが…。そもそもレモン水は酸性だし、体は食べたもので酸性やアルカリ性にならないですよ」と指摘した。

この指摘を受けてウーマンラッシュアワーの村本大輔は「じゃあ、こりん星もアルカリ性も全部ウソってことですか?」と発言し、司会の久本雅美は「そうですね。まあバカってことですね…」とイジって笑いを誘った。

小倉が、呼吸器で深刻度が高いという診断になったのは、肺のCT画像に影が映っていたからだという。最悪の場合はがんの可能性もあるが、影自体は小さいので「今は心配ない」と細井孝之医師から伝えられたが、小倉の表情は驚いた様子だった。その後、再検査や定期観察をしたほうがよいと医師が小倉にアドバイスした。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★鳩山邦夫先生 名言集

★鳩山邦夫先生 名言集

「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30〜40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」 (宮崎勤死刑囚にたいして)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」
「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「死刑を行わないことに民主党政権の左翼体質が如実に表れている。 
  民主党は120人の死刑囚の”仕分け”をすべきでしょう」
「わたしの兄は大バカだ」
「兄は菅さんに騙されたw」
「わたしの友だちの友だちはアルカイダだ」
「いとこの妻のいとこが、龍馬の姉のひ孫」
「兄の嫁は国産だがわたしの嫁は舶来だ」


俺は自民党でいいと思う
プロパガンダ?
いいんじゃない
日本は結局独裁国家
アジア型の独裁国家でいいんだよ
自民党独裁国家
お飾りの野党


くにおの嫁は
何人なん?
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ