2015年03月10日

安倍内閣は“総汚染”か…塩崎厚労相にも「違法献金の疑い」浮上

 次々と発覚する閣僚の「違法献金」疑惑に、新メンバー加入だ。塩崎恭久厚労相が代表の自民党支部が13年、国の補助金の交付決定を通知された2社から寄付を受けていたことが日刊ゲンダイ本紙の調べで分かった。どちらも補助金の交付決定通知から1年以内の政治献金を原則的に禁じる、政治資金規正法に違反する可能性がある。「博友会」疑惑を抱える下村文科相も含め、安倍政権は総汚染状態だ。

■補助金受領の地元病院と談合企業から

 政治資金収支報告書によると、塩崎厚労相の「自民党愛媛県第1選挙区支部」は13年4月15日に、松山市の「松山リハビリテーション病院」から12万円の寄付を受けた。その約2週間前、同病院は国交省が自動車安全特別会計から拠出する「自動車事故対策費補助金」の交付決定を通知され、161万1918円を受け取ったばかりだった。

 同病院は塩崎厚労相の献金リストの常連で、11〜13年の間、毎年12万円、計36万円を自民党支部に寄付。12年2月にも前出の補助金を交付されており、12年分の献金も法に抵触する可能性がある。

 同病院の事務長は当初「法の規定を意識して献金したことはなかった」と話していたが、その後、文書で<ご指摘の補助金は利益を伴うものではなく、規正法の適用外と認識している>と回答を改めた。規正法には<(補助金が)性質上利益を伴わないものを除く>などの例外規定はあるが、補助金受給先の政治献金は「政業癒着」と「税金還流」をいさめる法の趣旨を逸脱している。

 疑惑は同病院からの献金だけにとどまらない。塩崎厚労相の自民党支部は13年5月8日、大阪市の総合設備工事会社「ダイダン」の四国支店から12万円の寄付を受けた。同社はその8カ月前、12年9月18日に経産省・資源エネルギー庁所管の「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金」の交付決定(金額は非公表)を通知された。同社はこの補助金を使って、埼玉県内に新築した研究施設に太陽光パネルなど発電設備を導入した。

 ダイダン四国支店は「弊社は北陸新幹線の談合事件により、当局から営業停止処分を受けており、取材には応じられません」とコメントした。

 塩崎厚労相と献金企業・団体との奇妙なつながりは、まだある。13年5月に塩崎厚労相の自民党支部に12万円を寄付した1社は約6カ月後、国交省所管の補助金交付が決定。約131万円を受領した。また、13年に同支部へ献金したうち、少なくとも3法人は、民主党政権下で打ち切られた国からの補助金交付が今年度までに復活しているのだ。

 塩崎厚労相は昨年秋の大臣就任直後、地元の社会福祉法人の特養老人ホーム計画をめぐり、厚労省への口利き疑惑が浮上。依然、疑惑はくすぶったままだ。塩崎厚労相の“スポンサー”が次々と国の補助を受けるのは「単なる偶然」なのか。日刊ゲンダイ本紙の取材に対し、塩崎事務所は松山リハビリ病院、ダイダンからの寄付について文書で「規正法の適用除外にあたる」と回答した。


「消費税率17%に」経済同友会が提言

経済同友会は3日、財政再建のために消費税率を今後17%まで引き上げることなどを求める提言を麻生財務相に手渡した。  

 経済同友会が麻生財務相に手渡した提言では、1000兆円を超える債務を抱える日本にとって財政再建は喫緊の課題で、問題を先延ばしすれば「破綻に突き進むことになりかねない」としている。

 その上で、消費税率を今後、段階的に17%まで引き上げることや、医療や介護など社会保障分野で大胆な改革を行い、毎年5000億円の歳出削減を行うべきだとしている。そのため、医療費の自己負担を70歳以上でも3割にすることや、介護サービスの自己負担を2割にすることなどを求めている。

 提言ではこうした取り組みを確実に実施するため、歳出削減についてのルールを定める「財政健全化法」を制定するべきだとしている。


もう
内閣総辞職しか
ないだろ
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人旅行者の減少で韓国旅行業界に赤信号

 韓国メディアのデイリー韓国は2日、日本政府観光局(JNTO)の報告書を引用し、日本を訪れた韓国人旅行者数は過去最高を記録したことを伝える一方、韓国を訪れた日本人旅行者数は1998年末の水準まで下落し、韓国旅行業界に赤信号が灯ったと報じた。

 JNTOによれば2015年1月おける韓国からの訪日外客数は、前年同期比で40.1%増の35万8100人という結果で「国別の訪日外客数では1位を記録した」と報じた。

 記事は訪日外客数について、他のアジア地域と比較。中国は前年同期比45・4%増の22万6300人、台湾は前年同期比10・2%増の21万7000人などであり、「単一国家で、訪日外客数が1か月あたり30万人を突破したのは、日本が訪日外客数の統計を始めた1964年以来初めての出来事である」と伝えた。

 さらに、記事は、「2月中旬に、韓国で旧正月の連休があったことをふまえると、2月に日本を訪れた韓国人旅行者数の記録は更新されるだろう」と報じた。

この結果についてJNTOの関係者は「格安航空会社の新規就航や増便、外客を対象とする免税制度の拡大と円安の影響。またテレビを通じ宣伝の拡大などが影響しただろう」と述べたと報じた。

 一方1月の訪韓日本人旅行者数は前年同月比18・9%減少の13万9632人となり、「29ヶ月連続で減少。2015年1月の訪韓日本人旅行者数は1998年の10万3633人以来の低い水準となった」と報じた。

 この結果から韓国の旅行業界について、記事は「大打撃を受けている」と紹介。訪韓日本人旅行者数が激減したことについて、「円安の影響で日本人は海外旅行を控えている」と指摘した。また2012年8月中旬以降の日韓関係の悪化や北朝鮮の核問題に対する安全への不安が複合的に作用した結果だと韓国旅行業界の関係者は見ていると伝えた。


使い切ってカラカラになっていた消臭剤の亡骸に……

使用後のビーズタイプ消臭剤

水を加え……一晩そっと置いておいたら……

不死鳥のように、華麗に復活!

ぐんぐんと膨れ行くビーズ状の塊を、じっと観察していると楽しくて仕方なかったです。

できることなら、一日中、ビーズが水を吸い行く様を眺めて暮らしていたい。

水のプールの中をただよう塊を観察していると、妙に和むのです。

まるで、水槽の熱帯魚を眺めているような気分を味わえました。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人?

自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人?

九州に有名な元在日韓国人の富豪がいる。パチンコ事業を展開する七洋物産の吉本章治社長(81)だ。今は日本に帰化しているが、2002年12月に韓国政府から国民勲章槿(むくげ)賞を授与された。韓国人留学生・日本人留学生に奨学金を出していたという功労での叙勲だ。

安倍晋三・自民党新総裁の地元にある下関事務所ビルは、吉本社長の妻が経営する会社の所有だ。吉本社長と安倍新総裁の関係は、安部氏の父・安倍晋太郎(1991年死去)元外相時代にさかのぼる。晋太郎氏の福岡事務所も、七洋物産本社ビルにあった。「安倍吉本」関係は、1980年代末に癒着批判が出るほど緊密だった。


http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
安倍晋三がやろうとしている政策は、もうみなさん既にお気づきの通り、下のようなものです。

●日本の国体を根底から解体すること。
●日本人を奴隷化し、日本人からむしり取るシステムを構築すること。
●日本人を徹底した監視下におくこと。
●日本の国内に残るあらゆる富や技術や文化的な強みを海外に流出させていくこと。
●外国人をどんどん日本列島に送り込み、混血を進ませ、長期的に日本人を「原住民の少数部族」にしていくこと。


安倍晋三は、このような国家破壊を、ありとあらゆる嘘を並べて平然と国民を騙し、「インチキな仕立て屋」を使って組織的かつ長期的に国民を洗脳し、国民の判断能力を奪った上で、断行しようとしているわけです。

安倍晋三は、6月にロンドンで、まるで日本人を嘲笑するかのように、「政治家になって以来私の中に流れる一貫した哲学」に基づいて日本のグローバル化を断行するのだと語り、自分自身を「ドリルの刃」とすら呼んで、日本の国体破壊を完遂する宣言を行いました。

平気で嘘をついて全く悪びれない日本人ばなれした姿勢。

日本や日本人に対する悪意に満ち満ちた、日本人を極限まで虐げる破壊的な政策の数々。

これらから判断すれば、安倍晋三が朝鮮人であるという噂は、あながち嘘ではないのではないでしょうか。

といっても遺伝子の話をしているのではありません。

安倍晋三の遺伝子がどうかは私は分かりません。

そういう医学的なレベルの話ではなく、安倍晋三の思想と行動と文化に限って話をすれば、これは完全に日本人のものではないと断言してよいと思います。

アメリカへの事大主義、日本人に対する酷薄な姿勢、平気で嘘をつくずぶとい神経、あらゆることが朝鮮的です。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ