2015年05月03日

関東地方在住者の80%が、3年後に死亡するのか?

関東地方在住者の80%が、3年後に死亡するのか?
(1)関東地方在住者は3年後に80%が死亡か 2012年2月20日 サイエンス

 現在、関東地方に在住している住民の80%が放射性物質によって3年後に死亡する そんな驚愕のデータをベラルーシ共和国放射線対策委員ヨハネスク氏が発表した。

 同氏によると福島第一原発爆発後から関東に在住し、福島や北茨木など高濃度に汚染 された地域の食材を摂取している場合、関東地方の人口の8割が3年以内に死亡する 可能性が高いと言う。

 事故後、関東地方には放射性物質が大量に降り注いでおり、空 気中の放射性物質の濃度や広範囲に広がる杉の汚染花粉等の環境を鑑みると、とても 人類が生活できる環境ではないと語った。

 また日本政府に対しても直ちに精神論や感 情論による非科学的な政治をやめ人命を救う対策をしなければ結果として大量殺人者 になってしまう結果が待っていると警鐘を鳴らした。


(2)ベラルーシ、ロシア、ウクライナで多くの住民が被曝

 チェルノブイリ原発事故で放出された放射能は、ベラルーシ、ロシア、ウクライナで多くの住民が被曝し、その影響は染色体の異常など遺伝子的な損傷をもたらしていることは多くの研究によっても明らかにされています。

 また、東欧や北欧まで放射能が拡散したチェルノブイリ事故は、とりわけベラルーシに甚大な被害を及ぼし、爆発した放射能の80%が国土に降り注ぎ深刻な土壌汚染や地域住民への健康上の問題を投げかけています。

ベラルーシ共和国のミンスク遺伝性疾患研究所では、放射線による妊婦の染色体異常が確認されており、それが子供の先天性障害につながる可能性に言及しています。

 ウクライナでは放射線被ばく者の孫が、心臓弁膜症とダウン症を患い、原発事故と関連するとの認定を受けており、被ばく者の遺伝子変異が体細胞のみにとどまらず、子孫に影響を与え続ける生殖細胞にも及んでいる可能性が高いといえます。

 今回の福島原発事故後にもキエフ小児産婦人科研究所、核戦争防止国際医師会議スイス支部(PSR)の元支部長マルティン・ヴァルターをはじめとする、医師、専門家らが放射線被ばくによる遺伝変異の危険性を主張し続けています。

 また、チェルノブイリ原発事故後の調査では、Dubrovaが「ベラルーシの汚染地住民のミニサテライト(DNA)突然変異率は対照群の2倍。また、地表の Cs137 汚染レベルと有意に相関して増加している。」との報告をしています。

 ネット上では、チェルノブイリで広範囲に奇形児が生まれていると言う話がある。

 ネット上では、ベラルーシで2割しか健常者がいないと言う話がある。

(3)浜松大学健康栄養学科の金谷節子教授

浜松大学健康栄養学科の金谷節子教授『チュルノブイリ原発から200Kmはなれた村(低い放射線量被ばくの村民)は、まず疲れ、無気力から始まり、心臓病や様々な病気にかかり、ついにはがん、白血病になるという事態が25年たった今も進行している。』
『住民の寿命は短く、奇形が、鳥や動物、人間に遺伝し数世代に渡って発生している。』
(東京は福島第一原発から約220キロ離れています。)
(東京も同じような経過をたどる可能性があります。)

(4)福島はチュルノブイリを超える汚染レベル

 ヨーロッパのチームは原子炉爆発直後に現地入りし、入念に放射能を測定して2週間後には報告書を作った。それによれば、福島第一原発から200Km圏内で今後10年以内に22.4万人にがんが生じる(50年以内で41.7万人)としている、(Tondelモデル)。


  7ヶ月後Nature誌(注£)は、Stohl氏の研究チームがグローバルなデータを使い日本政府公表値に挑戦した。分析結果は放射性キセノン-133排出量はチュルノブイリを超えたこと、セシウム-137の総排出量は3.5×10^16で日本政府6月公式発表の1.5×10^16の2.3倍、チュルノブイリの1/2である。セシウム134(半減期2.1年)が同程度の比率で存在するので、3/11以降現在の福島はチュルノブイリを超える汚染レベルである。4つの燃料プールからのXe-133排出量が地震のみの損傷によっておこり、津波による水没以前に原子炉の損傷と放射能排出が確定しているというエビデンスである。東電=日本政府は何らかの訂正や言い訳が必要になってきている。

 今後、日本で起こることは以下の悲劇的な経験から学ばなくてはならない、チュルノブイリ原発事故は周辺700Kmに被害を与え、世界に放射能をばらまき、ソ連崩壊に導いた事故と言われる。

 ヨーロッパは放射性降下物(fallout)による 遺伝的損傷(genetic damage)により100万人が死亡したと言う(86-2005)。


(5)脱原発の日

 (2011.5.17)脱原発の日のブログ『女性は生まれたときから卵母細胞を持っていて、出世後に自分で新たに生成することができないということです。・・・わかりますか?
幼少期に被曝して、卵母細胞にダメージを受けた女の子がどうなるか・・・。一度被曝してしまったら、取り返しがきかないんです。』『男の子の場合、精母細胞は放射線の感受性が高く、低線量でも細胞死が起こり一時不妊になってしまいます。』『今まさに、子ども達の未来が奪われようとしています。』

 
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


(5.18)週刊現代『現在
、チェルノブイリ原発から西へ約70km離れたウクライナ・ナロジチでは、チェルノブイリの事故当時、子どもや胎児だった人が、出産の時期に当たっており、不妊と流産が深刻な問題になっている。』(これだけの事実が揃いながら、ナロジチやベラルーシよりもはるかに深刻な汚染状況にある福島県民が、いつも通りの日常を送っている。酷い悪夢を見ているような気がしてくる……)

 チェルノブイリ原発から西へ約70km離れたウクライナ・ナロジチ地区の学校「うちには健康な子供は一人もいません」

(7)人類史上最大の人災:福島原発事故

おおよそ1年前迄、1986年4月26日のチェルノブイリ事故は、その規模と影響からみて人類史上最大の人災と考えられていた。

前述の通り、「福島はチュルノブイリを超える汚染レベル」なので、現在、福島原発事故が、人類史上最大の人災と言える。

(8)ベラルーシでは

 ベラルーシは欧州全体で最大の被害をこうむった国だ。チェルノブイリ原発4号炉で起きた事故の結果大気中に放出された放射性物質の約70%はベラルーシ共和国の領土の23%以上に当たる部分に降下し、そこを汚染した。

 この地域では現在、子ども26万人を含む約140万人の住民が暮らしている。

 いまだに放射能汚染について大きな問題を抱えている地域が散見される。最も危険なのは放射性物質セシウム137とストロンチウム90を含む食材の摂取である。
 これらの放射性核種が内部被ばくに寄与する割合は70−80%に達する(バズビー&ヤブロコフ 2009年)。

 死亡率の上昇と出生率の低下により、1993年以降のベラルーシの人口は、2002年は-5.9‰、2003年は-5.5‰、2005年は-5.2‰と、マイナス傾向になっている。

ベラルーシ共和国における心臓病患者数推移(日本は異様に早く被曝によるとしか思えない突然死が出ましたので、増加も早いのでしょう)↓


メルトダウンと言うのは圧力容器内にある核燃料が、冷却が出来ないなどの要因で溶け出してしまうことを意味します。
そしてその溶け出した核燃料やそれを覆っていた被覆や制御棒などが溶けたものが圧力容器内底部に溜まります。それは非常に高温な為、圧力容器の底部を溶かして行きやがて圧力容器外に漏れ出してしまうのです。これがメルトスルーと呼ばれる現象です。
そして更に圧力容器から漏れ出した核燃料などは今度は格納容器内に溜まりますが、ここでもまた高温の為に格納容器を溶かして、原子炉建屋も溶かし、最終的には外部に流出してしまいます。これがメルトアウトと呼ばれる現象です。
これらは冷却が全く機能しない状況で起こりうるものですから、しっかりと冷却さえ継続して行えればこういった事態は防げます。
この他にもこういった事態に陥ると水素爆発や水蒸気爆発などの危険性もありますが、それぞれに窒素を注入したり圧力を逃がすなどの対応がそれぞれ存在します。


もう十分冷えてるから、
余計な水を掛けたくないのだが、
下から、横から、地下水が大量に、
あちこちから入り込んでいて、困ってるのです。
大きなタンクが二日に一個増えていきます。
おまけに漏れ出してきた(*_*;

しかも、その侵入した地下水が、
たっぷりと放射能に汚染され海にあちこちから流れ出てしまうから、
近隣の海の線量は一向に下がりません。
フクシマの漁民は怒り心頭、東北の、日本の、世界の・・・か?
食物連鎖で我々も危険です(*_*;
放射能はコントロール不能です。

川で核燃料を付けて冷やしてるようなもんですから・・・
海への汚染は必至です。
いつまでも汚染水の拡散です。

対応として、川から取り出して池に入れるか、
核燃料を何かで密閉するか・・・
どっちも難しくて、困難です。殺人的放射能レベルですから。
人智を超えた状況です。

山の手のお気楽なお坊ちゃまは自信あり気に申しておりますが・・・
人の手を離れた核はしばらくどうにもなりません、
残念ですが。

先代の親達の尻拭いをするには、国策として、早急に
世界的な英知をフクシマに結集すべきです。
それが為政者のとるべ決断です。
逃げてはいけません。
まして嘘をついてもいけません。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元SKE48鬼頭がMUTEKIデビュー、過去にNEWS手越とキス写真報道のメンバー。

アイドルグループ・SKE48の元メンバーで、在籍時はグラビアでも活躍した鬼頭桃菜(21歳)が、三上悠亜に改名し、MUTEKIデビューすることがわかった。それに伴い、現在発売中の写真週刊誌「フライデー」にはヘアヌードが掲載されている。

鬼頭は2009年に行われた第2期SKE48追加メンバーオーディションに合格し、同年グループの一員としてデビュー。2014年4月の卒業まで、約5年間にわたり活動した。グラビア方面でも活躍し、週刊漫画誌や週刊誌の表紙を飾ったこともある。

また、2013年7月には「週刊文春」が、「SKEグラビア女王・鬼頭桃菜と ジャニーズ肉食男・手越祐也の泥酔キス」と報道。東京・六本木の会員制バーで開かれた合コンにおける、複数の“乱れた”写真が掲載され、その中には鬼頭と手越がキスしている一枚もあった。

SKE48は2014年4月に卒業。卒業を決めた理由について、「自分のやりたいこととか、これから先にどうなって行きたいのかとか色々考えた結果、もちろんアイドルというお仕事が大好きで、やっていたんですけども、皆さんとお別れするのも、メンバーとお別れするのも寂しいんですけど、自分のやりたいことをやって行こうかなと決断をして、卒業を決めました」とコメントを発表していた。

MUTEKIの公式サイトによると、出演するのは1本限定とのこと。タイトル名は「Princess Peach」で、6月1日に発売されるという。


どんけん
まじ怖過ぎ
住民日本人なのか
謙譲の心はないのか
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゴミ屋敷」に老夫婦、年金使い込む息子… 認知症社会

「ゴミ屋敷」に老夫婦、年金使い込む息子… 認知症社会

写真・図版昨年冬、「ゴミ屋敷」から助け出された認知症の夫婦。いまは車いすで生活する夫に妻が寄り添い、穏やかに暮らす=16日、岡山県内、仙波理撮影

 「お願いです。病院に連れていって」

特集:認知症社会

 昨年の冬、岡山県内の自宅で自治体の職員に保護されたとき、70代の妻はそう叫んだ。そばには80代の夫。ともに、認知症を患っていた。

 自宅は「ゴミ屋敷」になっていた。捨てられずにたまったゴミの袋が山積みになり、古くなった弁当や汚れたオムツが床を覆っていた。同居していた40代の息子は外出していた。

 夫婦は二十数年前、夫の定年を機に故郷の岡山県に移り住んだ。年金は夫婦で月約30万円あり、安心した老後を送れるはずだった。

 だが、2人の暮らしは、認知症によって大きく変転した。

 移り住んで10年ほどすぎた頃、夫は脳梗塞(こうそく)を起こし、車いすでの生活になった。妻の話を忘れる。過去の記憶と現在を混同する。脳梗塞の後遺症で認知症も進んだ。

 「老老介護」は重労働だ。妻はデイサービスも利用しながら夫の生活を支えた。介護疲れから酒を飲むようになり、やがて認知症になった。家が荒れ始めたのは、数年前からだ。

 そんなときに、県外にいた息子との同居が始まった。

 それからの夫婦の暮らしぶりについて、福祉関係者の記録にはこう残っている。「何カ月も入浴できず、適切な食事もとれず、ネグレクト(介護放棄)状態であった」

 息子は独身で無職。借金もあった。夫婦の年金が振り込まれると、決まって20万円が消えていた。夫名義のカードの借り入れも約300万円にのぼった。

 近所などからの通報で、自治体もこの家の異変に気づいた。昨冬、自治体職員が息子の留守を見計らって家に入り、夫婦の保護に踏み切った。

 夫婦はいま、自治体などの支援を受け、同じ老人ホームに入っている。息子は同じ家に住み続けている。

 今月、記者が夫婦を訪ねた。

 「お父さん、昔は気難しくてね」「息子はしっかり者だったの」。苦しんだころの記憶は抜け落ち、妻が語ってくれたのは楽しかった時代の思い出ばかりだ。部屋には、夫がリハビリで書いた手紙が貼ってあった。震える字で、こう書かれていた。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ