2015年05月21日

経済的にセックスを諦めざるを得ないという声が多く聞かれた

経済的にセックスを諦めざるを得ないという声が多く聞かれた。貧困と“セックス難民”の関連について男女の出会いに詳しい婚活アナリストの古田ラジオ氏はこう指摘する。

「35歳以上で年収300万円未満の場合、その人は派遣社員など非正規雇用である可能性が高いですが、これがまず致命的。出会いのきっかけの約30%は職場や仕事であるという統計もあります。そこでの立場が弱いことがそのままセックスの機会損失につながっていることも見逃せません」

セックス難民になる独身アラフォーの実態 ところで彼らにセックスしていない理由を聞いてみると多いのが、「モテない」で51%、続いて「女性とコミュニケーションを取るのが面倒」という声が39%。この2つが他の理由を圧倒している。

「若い子には相手にされないし、かといって売れ残った同世代の女は男の条件にあれこれうるさいので面倒くさいから、『もういいや』になっちゃいましたね」(39歳・IT)

「おっさんの場合、女のコにそれなりの投資をしないとヤラせてくれないので貧乏人には厳しいですね。飲みに誘うだけでもそれなりのお店を期待されるし。それに投資したからといってセックスできる保証があるわけじゃないしね……」(41歳・広告代理店)


 しかし意外なことにセックスレスの理由を「お金がない」に挙げる人は全体の15%程度。これは予想よりも少ない印象もあるが、前出の古田氏は言う。

「(研究実績が重きを置かれる学術分野ですら)小保方問題でも明らかになったようにコミュニケーション能力への評価偏重が進んでいるのが今の社会です。コミュ力の高い人間ほど新卒時に良い職に就けるため、経済力もコミュ力も高い人と経済力もコミュ力もない人の二極化が進んでいます。回答者は自分の貧困以上にコミュ力がないことの問題に気付いているだけで、二極化の傾向はセックスにおいても如実に表れていると思います」

「コミュ力が足りないから女にモテない」

「お金がないから女にモテない」

「コミュ力がないからお金がない」

 結局はセックスできないという結末にたどり着く悲劇。

セックス難民になる独身アラフォーの実態 多くの回答者は既に再びセックスをすることを諦めている。アンケートに協力してくれた500人のうち321人、実に64.2%は「この先セックスできると思うか?」という質問にNOと回答している。

 格差社会の縮図がアラフォーのセックス難民増加であるとすれば、その流れは今後さらに加速していきそうである。


うう
女子高生のピンクのパンティが見れないから
(´・ω・`)
今年はまだ春がこないよ
うう


冬眠明けのクマ、車並み速度で国道走る  日本テレビ系(NNN) 5月14日(木)20時34分配信

 新潟県村上市で12日夜、国道をクマが走る様子が撮影された。冬眠から覚めたばかりのツキノワグマとみられている。

 毎年、山間部の集落などで目撃されることのあるクマ。県には今年度も52件の目撃報告がある。12日午後7時頃、村上市の国道7号線ではツキノワグマがトンネルを走る様子が撮影された。走るクマを、クマに詳しい新潟大学農学部の箕口秀夫教授に見てもらうと、「すごいですね。車と同じくらいの速度で走れるんですね。大きさからいうと小グマというよりは若グマ、さらにはもう少し成長した程度のクマと考えられます」と話した。

 箕口教授によるとクマが冬眠から覚めたばかりの時期ということから、国道の近くで冬眠していた可能性があるという。初夏に向かうこの時期、野生動物の活動も活発になる。県庁では14日、野生鳥獣保護管理対策検討会を開き、研究者や行政の担当者などがクマなどの出没情報を共有し、県民への注意喚起を協力して行っていくことを確認した。

 箕口教授「トンネルですから自動車がたくさん走っている中、クマが利用しているっていうので、人の活動とクマがすごく近いところにいるんだと改めて感じさせるものだと思いました」

 国道を走るクマは、クマが人間社会のすぐ近くで活動していることを教えてくれる。冬眠から覚めて間もないクマは空腹で気性が荒い可能性があり特に注意が必要だという。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州はウクライナを「破綻国家」とみなし始めた

現在雇用されている従業員の将来年金は15%削減され、また、年金受給年齢は5年引き上げられる。

以上の措置に加え、為替(フリブニア)の大暴落により、この1年の間に実質購買力は大幅に低下した。例えば、国会議員経験者や学術研究者といった人たちの年金の購買力は2013年末に比較して2015年4月には85%低下している。すなわち2013年末に月額2千ドルの年金を支給されていた上記の人々の現在の年金の価値は月額3百ドルまで落ち込んでいる。EUの平均時給が23ユーロ(約3000円)なのに対し、ウクライナの平均時給は0.2ユーロ(約28円)となっている。

年金カットは1400万人に上る年金生活者とその家族の生活に影響する。これに国営企業従業員の解雇を加えると、影響を受ける人口は約2千万人、即ちウクライナの現在の国内居住者の45%に上る。
これまで国営企業従業員の年金は物価の上昇に比例して引き上げられてきていた。2014年になって、年金の物価に連動した上昇は廃止され、生活必需品の価格は政府が発表する最低生活水準の3倍となっている。生活必需品価格の上昇率は年率5%となっており、更に、以下の通り個別の商品価格は上昇している。

砂糖 40%、りんご 67%、卵 260%、料理用油 150%、牛肉 150%、暖房費 160%、地下鉄及びバス料金 200%。

2015年初頭には為替の下落とともにパニックが発生し、銀行への取付け騒ぎとなった。インフレは1月と2月の2か月間だけで65%に達した。2月5日に中央銀行は政府の反対にもかかわらず為替をフロート制に移行したが、2月末までに通貨の価値は約半分となり、長らく1ドル=8フリブニアだった交換価値は1ドル=33フリブニアまで下落した。店頭から商品が消えてしまい、商品が帰った時には以前よりもずっと高い価格となっていた。アメリカのエコノミスト、スティーブ ハンケの計算では、年率35%という政府発表の物価上昇率は大幅にインフレ率を過小評価しており、ウクライナの年間物価上昇率は272%で、世界最高となっている。ウクライナ国立銀行が最近公定歩合を16%引き上げた結果、3月3日時点では利率は30%に達し、国内の信用供与は停止した状態になっている。最近の世論調査では、給与所得者の20%が「時折食物を買う金がない」と言っている。


明治がチョコ10品目を7月に追加値上げ 最大20%、「マカダミアチョコ」など
明治は4月にも「チョコレート効果」シリーズ5品目を10%値上げしており、チョコの値上げは、それに続き今年2度目となる。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」

世の中は残念ながら、不公平。自分の力でどうにもならないこともある。でも、自分には才能がない、環境に恵まれない、チャンスがこないと嘆いていては何も始まらない。今の状況を認め、それを打破するために前進し続けた者だけが成功を手にするのだ。

世界は君のプライドを気にかけてはくれない。世界は君の気分に関係なく、君が何を成し遂げられたかを見ている。
学生の頃は努力した過程も誰かが、褒めてくれるかもしれない。しかし社会に出れば結果がすべて。世界に影響を与えたいと思うなら、気分がのらないなんて言い訳はやめて、とにかく結果を出せるように努力しよう。

君の両親は、君が生まれる前は今のように退屈そうではなかった。君のために学費を支払い、服を洗い、君の自慢話を聞いているうちにそうなった。だから、君が熱帯雨林を寄生虫から救う前に、まずは自分のクローゼットのダニ退治をしなさい。
両親が疲れたように見えるのは、いつでもあなたのために身を削ってきたから。あなたがもっと自立すれば、両親の人生も再び輝き始めるはず。まずは自分のことは自分で。少しずつでも自立できるようにしよう。

学校は勝者と敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校は君が落ちこぼれそうになったら、正しい答えが導き出せるまで、何度でもチャンスをくれる。実際の人生とは似ても似つかない。
間違いを教えてくれたり、やり直すチャンスを何度も与えてくれる学校教育。でも社会に出れば、それは通用しない。はっきりと勝者と敗者に分かれるようになり、敗者になっても誰も救ってはくれないのだ。

結局のところ、人生は誰にも頼らず自分の力で歩いていくしかない。

人生は学期ごとに分けられていない。夏休みはないし、君が自分自身を見つけだすことにボスは興味がない。
それは自分の時間でやることだ。
人生は、マラソンのように走り続けなければいけないもの。ひたすら自由に過ごせる長期の夏休みはもう訪れないかもしれない。

それに、あなたの自分探しに会社は付き合うことはできない。気分がのらなくたって、きちんと仕事をしていかなければならないのだ。

オタクには優しくしなさい。彼らの下で働く可能性は高い。
一つのことに夢中になり技を究めるオタクたち。彼らはいつか大物になる。これからロボットや、オートメーション化が進む中では、一つのことを極めている人の方が、平均的に何でもできる人よりも重宝されてくる。

学校で教えてくれない、人生で大切なこと。ビル・ゲイツがこのすべてを語ったか、真偽は定かではありませんが、納得できる点も多いのでは?

ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ