2015年05月23日

日本中が知らんぷり

2015/05/17(日)  日本中が知らんぷり


あちこちに降る黄色い粉…
黃粉 提供:アグネス(@agnes2001hisae)氏
「各地に降る黄色い粉の原因は、海水に無限に含まれる硫黄だ!」 と鷲は書いた。 (記事)
しかし…、
だれもかれも、日本中が知らんぷりなのだ。
いや…、
実際、黄色い粉の真相・真実を誰も知らないの鴨。
知ろうとしないのだ。考えようとしないのだ。知識人ですらも。
日本人は…、
危機や危険を察知し…、逃げるか?闘うか? いち早く対処する生物本能すら失ってしまったの鴨。
もはや、
日本人は生物ですらないのだが…、
近い将来…、日本人を一気に目覚めさせるための一大キャンペーンのシナリオを描く人物が、世界には、いる。
彼は…、
白馬の騎士ではなく…、真っ黒い獣(ケモノ)に乗って現れるだろう。

15日夜から大量の水蒸気が…
fukuichi 5月16日 AM11:51 ↑福1・TBSカメラ (記事)
福島原発にあった新燃料も最早 中性子を吸って臨界しているでしょう。崩壊熱は小さいなんて言える状態じゃありません。
水蒸気(湯気)の出処は、1号機側カメラからみて 3号機手前、3号機建屋、そして共用プールです。
これだけの湿度は、核燃料以外に考えられません。


http://grnba.com/iiyama/index.html


じつに↓簡単なことだ。
 1.原発がメルトダウン!
 2.大量の核燃料が地下に沈み、再臨界
 3.超高熱で煮えたぎる核燃料に海水が流入
 4.大量の(放射性)水蒸気が地上に噴出!
 5.風下にはモヤが出て、湿度が100%になる
 6.黄色い粉が残る。これは海水中の硫黄だ!

こんな↑簡単な流れなのに、みなが知らんぷり。

あまりに恐ろしいコトなので…、「魔坂!」 と思うだけ。
それ以上は考えないのだ。考えても言えないのだ。
これって四猿? 見ざる、言わざる、聞かざる、考えざる。

フクイチ産の放射性水蒸気は、各地に流れて…、すでに数千万人が吸ってしまった。

この先、どうなる?

数千万人が10年以内に死んでゆく。

フクイチの地下にある「火の玉」(ミニ太陽)は…、
「チャイナ・シンドロームの法則」に従って、さらに地下へと沈んでゆく。

そうして…、
(大爆発することがなければ)地下の深いところで埋め殺される。
「時すでに遅し!」 というタイミングで…。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いくら真面目にAVをやってるからって

■新井エリー(晶エリー、大沢佑香 他)
「いくら真面目にAVをやってるからって、恥ずべきことをしているわけですよ。
テレビに出るにしても、自分を『恥ずかしい人』とわきまえて出なきゃいけないと思う。
それが社会の見方だから…! そこは勘違いしちゃいけないところだと思う。
社会に対して大威張りできる仕事じゃないんだよ。
それは女として忘れないで欲しいな。エロの世界に羞恥を感じないのはおかしい」

■緒方凛
「私は綺麗でも可愛くもない、アラサーのむちむちした売れ損ないの女です。
私はAVに出るからには、中途半端な真似はしません。覚悟をもって出演しています。
出来損ないの娘のやっとできる小さな親孝行なんだ。
まあ、AV女優だから親不孝なんだけどね(苦笑)。
そして、AVに出ると決めた日に、結婚も出産も諦めました」

■乃亜
「結婚は相手の親族にも重いものを背負わせるから、出演した時点で
結婚するつもりはない。だから私に本気で惚れる男は即振るわ」


AKB48の小笠原茉由と伊豆田莉奈が ライブ中の 「お漏らし」 経験を明かす
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本大震災からの復興を願って秋田市中心部で開かれる「東北六魂祭」

 東日本大震災からの復興を願って秋田市中心部で開かれる「東北六魂祭」初日の30日に行われる航空自衛隊の飛行チーム「ブルーインパルス」の展示飛行が、福島、山形での飛行より
縮小されることが自衛隊関係者への取材で分かった。秋田空港が救難機以外の自衛隊機の着陸を拒否しているため、給油できないことがネックになった。

 関係者によると、ブルーインパルスの展示飛行は午後3時5分から25分まで、県庁第2庁舎前の山王大通り上空を飛行の中心である「ショーセンター」に定め、
6機が桜の花を描く「さくら」や2機が巨大なハートを描く「ビッグハート」など、水平旋回飛行を中心に8課目前後を披露する。

 一昨年の福島、昨年の山形の六魂祭では12課目の展示飛行が行われたが、ブルーインパルスの本拠地である松島基地(宮城県東松島市)からの航続距離が、
福島(約100キロ)、山形(約80キロ)に比べ秋田は約170キロと長いため、燃料消費の関係で縮小する。

 秋田空港の滑走路を使用する航空自衛隊秋田分屯基地で給油すれば、12課目が可能だが、基地が設置された際に「軍事利用」への反発があり、県と防衛省の協定で救難機以外は使えない。

 予行飛行は前日の29日の同じ時刻に実施する。天候不良の場合は当日の午前10時10分から行う。

 当日はメーン広場の八橋健康広場に自衛隊秋田地方協力本部のブースができ、ブルーインパルスの日高大作隊長ら搭乗しないパイロットによるサイン会が行われる。
ドラマ「空飛ぶ広報室」のモデルとして知られる航空幕僚監部広報室の隊員も参加する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150522-00000034-san-l05


氏ね売国秋田
posted by РМН at 12:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独島自生の韓国固有植物に「タケシマ」名、「頭にくる」と韓国ネット

独島自生の韓国固有植物に「タケシマ」名、「頭にくる」と韓国ネット、日本ネットは「誰が見ても日本の島」
れこーどちゃいな 2015年5月9日(土)8時9分配信 Record China
記事画像
韓国メディア・SBSは、独島(日本名・竹島)に自生する韓国固有の複数の植物に「タケシマ」の名が付けられている、と報道。このニュースに日韓両国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は中国で開催された竹島関連の写真展。 [ 拡大 ]
2015年5月8日、「独島(日本名・竹島)に自生する韓国固有の複数の植物に『タケシマ』の名が付けられている」。韓国メディア・SBSが、こんなニュースを伝えた。これに韓国のネットユーザーは「ムカつくし、頭にくる」などと反発。日本のネットユーザーからは「世界の誰が見ても日本の島」などの声が上がった。


SBSによると、「タケシマ」の名が付いた植物は、日本でホタルブクロ、ハタザオ、キリンソウと呼ばれる花の一種。独島に自生する韓国固有の植物だが、いずれも学名の一部が「タケシマ」となっている。

これは、朝鮮半島の植物の多くが、日本統治時代に日本人学者によって名付けられたためで、独島が属する鬱陵(ウルルン)郡の植物のうち、「タケシマ」や、発見した日本人学者の姓を学名に含むものは32種あるという。

これについて、韓国のネットユーザーの反応は、さまざま。
「学者たちは何をしてるんだ。国のために何ができるか考えろ」
「ムカつくし、頭にくる」
「こんなことでは、世界の誰が見ても日本の島だな。韓国はほんとに外交能力がない」
などの怒りのコメントが相次ぐ一方で


「記事の内容自体は悔しいが、たくさんの人が読めば、きれいな花たちがきれいな韓国語の名前を持てるようになるだろう」
「日本統治が36年間続いたせいもあるだろうけど、無関心と事なかれ主義がこうした事態を生んだと思う。問題を指摘するときはいつも、もう一歩先を行っている日本を遠く見つめるだけが韓国の現実。指摘するだけでなく、問題を覆すだけの努力をすべき」
「国力がなかったとただ嘆くのではなく、植民支配された時代の名残を一つずつなくしていこう」
「難しい問題だ。最初に発見して学会で発表した人が学名を決めるということは、日本統治時代に日本人が先に発見して名前を付けた過去はどうしたって変えることができないし、今になって変えろと騒いだところで変えられる問題でもない。かといって、ただほっておいていい問題でもない」
などの冷静な意見も少なくなかった。

日本のネットユーザーはSBSの報道を知ると
「世界に発信しましょう。竹島は日本の島」
「これでは世界の誰が見ても日本の島そうですが、何か」
「どう見てもあなた方が竹島のことを何も知らなかった証拠でしょ」
「植物の名前でさえ頭にくるんだね(笑)。おーこわ…(笑)」
「大丈夫。いつものやつがあるではないか。植物の起源も貴国なんでしょ」
「自分たちがいかに無知だったか思い知るがよい」
「まだ、現実が直視できないの?受け入れないと先に進めませんよ(笑)」
「韓国にとって不都合な『真実』が、次々と明らかになってますね」
「その学名、本当にわずか36年の間に決められたのか、きちんと検証する必要がありますね。日本による併合前に決まっていたとしたら、韓国の領有権主張が荒唐無稽だと、世界に知らせることができます」
「地図での記載要領や生えている植物の名前を変えたら、その地域は占領できるのか?もう言い訳苦しいぞ、韓国!いいかげん、国際司法裁判所で争い、事態を収拾して未来に一歩踏み出そうではないか」
などと書き込んでいる
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ