2015年05月28日

放射能雲が関東地方を襲った3月15日夕方以降

 「放射能雲が関東地方を襲った3月15日夕方以降、さいたま市、川口市では(外の)空気さえ吸ってはいけなかった」。こう語るのは埼玉県の中学校で理科教師をつとめる川根眞也さんだ。風が福島から関東方面に吹いたこの日、川根さんは放射能測定器で両市の放射線量を計った。

 「安全だ、心配ない」を繰り返す行政の発表やテレビの報道とは裏腹に関東地方は、やはり高濃度の放射性物質で汚染されていた。市民有志からなる「放射能防御プロジェクト」が首都圏150か所の土壌を測定したところ、35地点でチェルノブイリ原発事故の「一時移住区域」「希望移住区域」「放射線管理区域」と同じレベルのセシウム(合算値)が検出された。

 調査方法は表面から5cm、砂場は15cmを採取した。期間は6月初旬から7月中旬。市民150人が1人1カ所ずつ身近な場所の土壌を採取し、すべての検体を横浜市内の民間調査機関に持ち込んだ。

 調査地点のうちセシウム汚染が最高値を記録したのは埼玉県三郷市早稲田植え込みで91万9,100Bq/平方メートル。チェルノブイリ事故の「一時移住区域」(移住・立ち退きの義務がある)と同じレベルだ。


東京在住の友人のFacebookに、どうも昨年あたりから
「ちょっと子供が体調を崩して」という話がよく出るので、
「体調不良が多くないか?」と聞いてみたら、「いやいや、
うちの子だけじゃなくて、学校で流行るんだよ。色んな病気が」
との答え。ああ、もう「赤信号」を渡り始めているんだな。


あべのせいで日本滅亡やで

知らんで


正造@etosha0824(伊豆の眼科医) 5月23日
@pecko178 こんにちは。スタッフも患者も抑制が
きかなくなったような言動が増えています (--;)

地下鉄ペッコ@pecko178 (大阪の救急病院看護婦) 5月23日
そうですね。こちら大阪でもスタッフの罵声・暴言で患者より
苦情があり、患者はスタッフに罵声・暴言…気が短くなってるみたい。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相馬市のある小学校に子供達が戻ってきた。なぜ?

子供の靴ひものセシウム汚染はとんでもなく高く、80ベクレルも検出されている。子供には、靴を触らないように徹底させること。靴を触った手で食事をしたら、内部被曝に直結する。

★放射線防護の仕方35の補遺 東京大学 小豆川助教 「つむじ風の中にシンチレーションサーベイメーターを突っ込んだら、2桁上がった(目黒区駒場のキャンパスで)」100倍!(被曝したくなければ、風のある時は外出しない。)


相馬市のある小学校に子供達が戻ってきた。なぜ?

本当の理由は、その子供達が福1が核爆発を起こした直後、外で遊んでいたため大量に被爆しており、身体から7マイクロシーベルトの放射能を発していることで、避難所にも受け入れてもらえないから。小学校に隔離されたに等しい。

医師に「もうこの子達を救えない 手遅れ」と言われたと。

これは 母親から聞いた。「でも外には口外しないように言われている」と。

口止め料については、確認できなかった。


本当に驚くような計測値ばかり、200カウントを超えて警報が鳴り続けるいわき市内で小学生が楽しそうに下校する姿を見て、本当にショックを受けた。もの凄い線量のなか、みんな平然と日常生活を送っている。だが結果の出るのは数年後だ。早ければ9月頃から小動物・家畜の奇形出産ラッシュ、10月には人間や大型動物に人々を殴り倒すような凄まじいショックが襲うだろう。
数年後には、この子らの首にチェルノブイリネックレスが刻まれる。
ここは死の街になっているだろう。


ホットスポットから3kmのところに住んでいます。

4月頃、息子のサッカークラブの同級生が、突然目が見えなくなり失明しそうになりました。手術の結果なんとか見えるようになりましたが、原因は不明です。

うちの子どもも、311以降酷い下痢と嘔吐を繰り返し、放射線の影響なのか、物忘れがひどくなり、毎日遊びにいっていた友達の家に行こうとして、迷子になりました。

娘は中学生ですが、下痢、口内炎、筋肉痛、リンパの腫れ、生理が月に2回くるようになってしまいました。

同級生に話をしたところ、友達も同じように生理が月2回きたり、咳や喉の痛み、下痢をしている子が多いといいます。

ちなみに娘が通っている学校の校庭は区の検査で0.24μ/hも出ていました。

世田谷区内でも、引っ越す人が増えているように感じます。

私が住んでいるマンションは現在半数が空き部屋になっていたり、子どもの同級生も最近マレーシアとインドネシアに引っ越していきました。

うちも来月引っ越しを予定しているため、先日車の買取業者さんに来てもらった時、「この地域を担当しているんですが、この9月、10月はお客様と同じように海外に引っ越されるために車を売却される方がもの凄い多いですよ。今までないぐらい多いですね。」と


野村レポート

親が放射線に暴露すると、突然変異のみならず、
ガンや奇形までもが 子孫に誘発され、
その生殖細胞の変異は 次世代に遺伝していく。

これは、マウスの実験で実証されている。


チェルノブイリ原発から30〜35kmにあった
ノビミール村は、事故から6年後
1992年に全員が強制移住させられ
原発から南へ200kmの非汚染地域にある
コヴァリン村へ

1986年5月〜12月にノビミール村で生まれ、
現在は母親になっている女性の家族から
我々は聞き取り調査を始めた。

行ってみると、若い男性の墓が・・・
40代で亡くなった人がたくさんいた。

・・・・

いろいろ聞いてみると、全員が病気を抱えていた。


6年汚染値に住んでいたのだから、
これは理解できる。

ところが、非汚染地帯で生まれた4歳の子が
「足が痛い」と言う。

おかしいな、と思いまして一転、
原発から西に125kmの場所(少し汚染されているところ)に
行って、取材に行った。

学校に突撃取材に行って、
子供達は元気ですか、と聞いてみた。(校長先生に)

ところが、とんでもない、みんな病気だ、と。

校庭で元気そうに遊んでいる子供達に集まってもらって、
「足が痛い子」と聞いたら、半数近くが手を挙げた。

校庭の横の草地の上0.12μSv/h

一番高いのは、校庭のコンクリートの上0.21μSv/h

この村(モジャリ村)の畑と林を20箇所で測定
平均0.115μSv/h


ちなみに、埼玉の私の事務所0.12μSv/h


被曝した親の世代よりも
子どもたちの方が病気にかかっています。

チェルノブイリでは、
事故処理で多くの人が被曝しましたが−

その子供たちは、親以上に
遺伝子上の異変が見られます。

そして、孫たちの世代では
さらに異変が増えています。

・・・

>遊べるの?走れる?
 女の子B「いいえ」
>なぜ?
 女の子B「息が苦しいの。
       走るのがつらい。
       目の前が真っ黒になる」


先々日発表になりましたけれども、
第一原発の二号建屋の井戸水から、46万ベクレル、過去最高の汚染の地下水が
くみ上げられたということで問題になっておりましたが

高速道路の現場で、人のいない場所で、
イノシシが繁殖しています。

これが建設機械にぶつかって死亡する。

これを測ると、なんと、50万ベクレルという、
イノシシの死骸なんですね。

この死骸を片付ける人が現実にはいない、というんです。

どうしたらいいんでしょう。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慢性疲労症候群 患者の3割が寝たきり

慢性疲労症候群 患者の3割が寝たきり

強い疲労感が半年以上続き、日常生活に支障が出る慢性疲労症候群の患者について、厚生労働省の
研究班が実態調査を行ったところ、患者の3割が寝たきりの重い状態であることが初めて明らかになりました。

慢性疲労症候群は、血液や脳などの検査では異常が見つからないのに日常生活を送れないほどの強い
疲労感が半年以上続く病気で、患者は国内に30万人以上いるとみられています。

しかし発症のメカニズムが解明されておらず、根本的な治療法がないほか、「難病」に指定されていないため
公的な支援が受けられないのが現状です。

厚生労働省の研究班で、聖マリアンナ医科大学大学院難病治療研究センターの遊道和雄教授のグループが
全国の11歳から84歳までの患者251人について実態調査を行ったところ、30%が寝たきりで、家から出る
ことができない重い状態であることが初めて明らかになりました。

また75%が、眠れないほどの激しい痛みや強い痛みを感じていて、63%が痛みの影響で眠りが浅い状態だと
回答しました。

このほか、就学時に発症した患者の57%が通学を続けられないと答えるなど生活に大きな影響が出ている
実態が明らかになりました。

遊道教授は「今回初めて明らかになったこの結果を、治療や診断、それに患者支援に生かしていきたい」と
話しています。

25年前に発症した篠原三恵子さんは「この病気は認知度が低く、怠けているなどと誤解され苦しんでいる
患者がたくさんいる。今後理解が広がってほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010056941000.html

間違いなく放射能の影響だよ、ぶらぶら病。


なるほど
人体に影響のない放射能を
デモ隊に落とすつもりが
安倍は失敗したのか


そうだな
ドローン生還失敗運転ミスも放射脳のせいだな
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ