2015年05月30日

年収1億円から困窮生活へ

年収1億円から困窮生活へ――芥川賞作家・柳美里が告白 「なぜ、私はここまで貧乏なのか」

携帯電話の普及に伴い本が読まれなくなり、だんだんと収入が減っていったことです

電車に乗るたびに、絶望的な気分になりますね。
昔はたくさんの人が文庫や週刊誌を読んでいたのに、今はスマホ。
それも電子書籍が読まれているわけではありませんからね



東京都心 5月の夏日日数最多記録更新 2日連続30℃超えも  ウェザーマップ 5月27日(水)10時0分配信

 今年の5月は全国的に気温が高く、記録的な暑さになっている所がある。きょう27日も各地で気温はハイペースで上がっており、東京都心でも午前8時前に25℃を超えて、夏日となった。
 東京都心の今月の夏日日数はこれで19日となり、観測史上最多記録を更新したことになる。

 きょうも梅雨前線は南の海上に位置し、日本付近は広く高気圧に覆われているため、東京都心は朝から強い日差しが降り注いでいる。
 きのうは気温が30℃を超えて、今年はじめての真夏日となったが、きょうも最高気温は31℃の予想。2日連続の真夏日となれば、2004年の5月以来、11年ぶりのこととなる。
 予想最小湿度は30%で、湿度はそれほど高くはないが、熱中症には十分な注意が必要だ。


放射線物質基準超の原因不明、原町の平成25年産米

 南相馬市原町区の平成25年産米の一部から食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、農林水産省は26日、汚染原因を特定できなかったと明らかにした。
 同日、市内のJAそうま原町総合支店で開かれた市地域農業再生協議会総会で同省の担当者が示した。汚染原因について「土壌の巻き上がりや用水の可能性は低い」とした。一方、東京電力福島第一原発のがれき撤去に伴い飛散した放射性物質が汚染源になった可能性について、原子力規制委員会の報告を基に否定した。
 出席していた農業者からは「原因不明のまま調査を終えるのは納得できない」と不満の声が上がった。一方、担当者は「原因特定に至らなかったのは残念だが、放射性物質の吸着防止対策で安全なコメを生産できる」と述べた。
 同省は今後、大気中の粉じんや農業用水のモニタリングを継続する方針。
posted by РМН at 21:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃国民的アイドル2名が性病検査を受けていた!

人気者でも普通の女の子。多少の色恋沙汰は仕方ないにしても、"禁断ウイルス"に感染するのは、話が別!?

本誌編集部に衝撃的な情報が飛び込んできた。
日本人なら誰もが知る、国民的アイドルグループの人気メンバー2人に、なんと性病検査を受けていた疑いが浮上。今年3月に都内の病院を訪れていたというのだ。
情報を提供した音楽関係者が、こう明かす。
「2人のうち片方は、過去に男性問題が報じられたこともある人気メンバーのA。彼女は長らくグループを支えた古参メンバーの一人です。グループ愛とガッツがあり、一部ファンから根強い支持があります。多少、やんちゃはあったにせよ、まさか性病検査とは……」

このAが検査を受けたのは、都内の有名病院Bだったという。
「でも、不思議なんですよ。本来、あのグループのメンバーたちは、医療設備が整った都内のC病院をかかりつけにしているはずなんですが、今回、なぜかB病院だったといいます。事前に、関係者が病院に問い合わせをし、Aはマネージャーらしき人物と病院を訪れた。採血などの検査をして帰ったそうです」(同関係者)
そして、もう一人、検査を受けたことがわかっているのは、運動神経に定評のあるメンバーDだという。
「このDが検査を受けたのは、本来のかかりつけのC病院だったそうです。同じように性病検査を受けたといいます」(同)

ここで気になるのは、なぜ2人が揃って同時期に、性病検査を受けなければいけなかったか、である。夕刊紙記者が言う。
「風俗嬢じゃあるまいし、グループのメンバーたちが定期的に性病検査を受けているというような事実は、まずありませんからね。2人には何か身に覚えがあるか、すでに自覚症状が出始めていたと考えるのが自然でしょうね」

この事実を知るのは、ごく一部の関係者のみ。厳しい箝口令が敷かれているため、それ以上の詳しい情報はなかなか伝わってこないというが、
「一人だけならともかく、2人が同時期に揃って検査を受けたとなると、考えられるのは、2人が同じ男性と関係を持ち、あとになって、その男性が性病に感染していたことが判明したということでしょうか。
posted by РМН at 19:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの女子がだまされる、男子の鉄板口説き文句4選

多くの女子がだまされる、男子の鉄板口説き文句4選

新人女子会はもう「辞めたい病」

嵐以上に不仲のジャニーズグループは
恋愛には「事故」がつきものです。

今回は、事故を起こしてばかりいる女子(25歳・アパレル)に、どんな口説き文句にだまされてきたのかについて、教えていただきました。

ちなみにこの女子は、かっこよくて男らしくて優しいお金持ちの男子に「付き合ってよ」と言われて、付き合ったら、1カ月で音信不通になり、彼がテレビのニュースに出ていた……という経験をもつ、事故のプロ。お口がうまい男子にコロッと落とされてしまうのがお得意なようですね。

でも他人事だと笑っていては大変なことになるかも! さっそく以下を参考になさってみてはいかがでしょうか。
1:「信用してよ」
「男子が一生懸命口説いている最中に『おれのこと信用してよ』と言われたら、もう信用するしかないように思って、つい信用しちゃうんですよね」

詐欺師の最終の口説き文句みたいですよね。「信用してください、絶対に損はさせませんから」とかなんとか……。

2:「元カノとは連絡とってないからさ」
「元カノとは連絡とってないからさ、と言う男性に限って、ちょこちょこ連絡とってるんですよ」

これは男女お互い様かもしれません。淋しいという感情を自己処理できないひとは、わりと安易に連絡をとりがちでしょう。若いうちは精神的に未成熟だったりするので、男女お互い様ってことです。


3:「かわいいね」
「かわいいね、は、もう聞き飽きましたが、やっぱり言われると悪い気はしないです。だからつい……」

たとえば「かわいいね」を聞き慣れているキャバ嬢は「かわいいね」にはなびかないと思われますが、聞き慣れていなくて、かつ、褒めてもらいたい願望のある優等生チックな女子は、「やっぱり」注意したほうがいいように思います。

4:「浮気なんてしたことないし」
「たいていの男子は、当然こう言ってくるものです。浮気したことある? と聞くだけ無駄だなと最近感じます」

泥棒に泥棒ですか? と聞いて「はい、そうです」という答えを得るのを期待しても無駄だということです。

口説きの「押し」に弱いひとは、考え方がわりと優等生チックです。たとえば詐欺被害に遭うひとの特徴は「ひとにノーと言えないひと(ひとについいい顔をしちゃうひと)」らしいですが、それとおなじこと。

嫌われたら、もっとステキな出会いが次に待っている。こう信じることが騙されない心得の第一歩と言えます。脱優等生ってことです。
posted by РМН at 00:00| Comment(0) | 某掲示板より転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ